2015年11月22日

三島由紀夫、再び

産経新聞の一面に「三島由紀夫」の文字が躍る。何かと思えば、自衛隊市ヶ谷駐屯地に乗り込み、自決してから、25日で45年になると云う。

へええ、もうそんなに経つのか、と驚く。衝撃的な事件だっただけに、今も記憶は生々しい。まるで昨日の出来事のようだ。

しかし、ここで三島の自決を語るつもりはない。正直なところ、自衛官相手に青ざめた表情で演説する姿や、総監室の床に置かれた本人の首など、思い出したくもない。

壮絶な死に様は、世間を騒然とさせた。しかし三島の死後、いつまで、玩具の兵隊みたいな軍服姿ばかりが、取り沙汰されるのか。

三島由紀夫は文学の世界における天才だった。狂気にも似た美意識で、めくるめく虚構の舞台を構築し、鬼気迫る人間ドラマを描き出す異能だった。

若い頃からの三島文学の熱心なファンとして一言云わせてもらう。彼の自決を讃え、憂国の思想を誉めそやす風潮には、違和感を覚える。なぜなら、あの死は・・・

と書き出して、ふと、思い出す。あれ?2年前にエントリしてるじゃないの。それならいっそ、再掲載すればいい。決して手抜きじゃないことは判って欲しいw

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

戦前の軍部には、共産主義を妄信する将校達がいた。1931年の三月事件、十月事件は、陸軍将校が引き起した国家転覆クーデター未遂事件だ。翌1932年の515事件では、海軍将校が犬養毅首相を暗殺した。1936年の226事件は、皇道派の陸軍将校が1500名近い兵を引き連れて閣僚を襲い、警視庁、参謀本部や東京朝日新聞を占拠した。


mishima yukio's death.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 10:33| Comment(44) | TrackBack(1) | 指定なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月20日

ウソつき国家の言論弾圧

慰安婦は売春婦だ。こう書けば、左巻きどもが「極右」のレッテルを貼りたがるが、事実は事実。

特亜の反日宣伝と日教組の洗脳教育の影響か、強制連行や性奴隷みたいな荒唐無稽なウソを鵜呑みにする若い世代もいるが、冗談じゃない。

売春が合法だった時代、兵隊さんが大枚叩いて、娼婦相手に遊んだ。現代のサラリーマンがソープランドで遊ぶのと変わらない。ただ、それだけの話だ。

戦争世代が元気な頃は、兵隊相手に商売する娼婦がうじゃうじゃいて、日本人娼婦のみならず、大陸の娼館に朝鮮人や支那人もいたことは、世間の常識だった。

かっては韓国でも常識が通用した。併合時代を知る爺さん婆さんが、朝日の捏造記事を知り、軍隊が婦女子を拉致する筈がないと笑い、朝鮮人を馬鹿にするなと怒った。

世代交代くらいで、勝手に歴史を塗り替えちゃいけない。韓国で「帝国の慰安婦」を著し、文中で売春婦の表現を用いた学者の朴裕河さんは、そう考えたのだろう。


korea's oppression of free speach.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 13:18| Comment(36) | TrackBack(2) | 韓国・北朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月18日

「移民反対」は「極右」なの?

パリ同時多発テロの衝撃と恐怖がじわじわと広がる。突然の惨劇で家族や友人を奪われた市民の悲しみや憤りが、共鳴し合い、うねりとなって欧州社会を包む。

移民・難民の流入を拒否せよと、多くの一般市民が望むのは当然だ。不逞外国人による治安悪化を見過ごせば、自分たちの命が危なくなる。


giso nanmin.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 11:27| Comment(52) | TrackBack(2) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月16日

業界人、テロリストに寄り添う

パリで凄まじい同時多発テロが起きた。爆弾や銃撃で、大勢の罪もない市民がむざむざと殺された。

血まみれの惨劇に慄然とする。そして、凶悪なテロリストに対して、むらむらと怒りが湧く。ふざけるな、コノヤロー!と血が騒ぐ。

ところが、日本国内の報道に目を転じると拍子抜けする。テロに対する怒りが、どこにも感じられないからだ。

日照りか台風みたいな自然災害を報じるように、淡々と被害の様子を伝えるだけ。農耕民族相手はコレでいいと、マスメディアは高を括る。

仮に解説しても、調子っぱずれだ。過激派も悪いが、フランスの空爆も悪いと、一刀両断にするかと思えば、双方よく話し合え、と非現実的な提言に終始する。

なかには、虐げられしイスラムの人々に寄り添え、と意見する奴までいる。普通の西側先進国なら、人前で披露出来る主張じゃない。


news by terrorist.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 10:09| Comment(60) | TrackBack(1) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月14日

男と女とトイレの話

サンフランシスコのある小学校が、男女別トイレを廃止し、全て共用にすると発表した。男女どちらでもない、性同一障害の児童が在校するからだと云う。

校長は「全員を平等に扱いたい」と説明して、全米を仰天させた。トイレの男女別は当然じゃないかと、良識派は怒った。女子生徒を保護すべしと、デモ行進する保護者も現れた。

それから数ヶ月、米人校長の異様な方針に刺激されたのか、わが国でも、性同一性障害を自称する男性職員が女性用トイレの使用を求めて、勤務先の経産省を提訴した。

報道によれば、40代の職員は「戸籍を変更しなければ女性用トイレは使用不可」とした役所の対応は不当だと主張し、国に処遇改善と1655万円の損害賠償を求めた。

本人は重大な権利侵害を被ったつもりらしいが、戸籍上の男性を男性として扱うのは当たり前だ。訴えられた経産省は驚いたろう。まさに、びっくりポンだ。


toilet for men & women.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 10:05| Comment(30) | TrackBack(1) | 指定なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月12日

MRJと零戦の勇姿

国産初のジェット旅客機MRJが空を飛んだ。その美しい姿に惚れ惚れする。さすがは名機零戦を生んだ三菱だ。

リージョナルジェットと呼ばれる小型機だが、その範疇では座席数も多いし、天井も高い。その上、新設計や新素材で、燃費の低減や騒音・排ガスの削減も可能した。

技術大国・日本が生んだ新鋭ジェット機に人気が集まるのは当然で、早くも海外からも予約が殺到する。

気が早いようだが、ビッグビジネスになること間違い無しだ。裾野が広い航空産業が盛んになれば、経済効果も大きい。


MRJ zero.jpg

続きを読む
タグ:MRJ 零戦 三菱
posted by yohkan at 10:50| Comment(41) | TrackBack(1) | 国防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月10日

左巻き爺さんたちの悲しい犯罪

はすみとしこさんファンの個人情報を晒して世間を騒がせた「ぱよちん」男や、脅迫状をばら撒いたお仲間は、共に50歳代後半だ。

還暦を目前にして、歳甲斐もなくお馬鹿さんだねえ、としか云いようがない。本人たちが如何に正義漢を気取ろうと、やったことは単なる犯罪だ。

共産主義者には、この手の身勝手な奴が多い。普段は自由だ、人権だとヌカすくせに、他人様の思想や言論、表現の自由や権利を尊重しようなんて気は更々ない。

己の思想や言論や表現の自由は貫きつつ、暴力や脅迫で反対意見を封じるのが、彼らの遣り方だ。スターリンや毛沢東、ポルポトあたりになると、思想弾圧のためなら大量虐殺すら厭わない。


payochin ondo_3.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 11:12| Comment(42) | TrackBack(1) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月08日

アンジーを擁護したけれど・・・

アンジェリーナ・ジョリーがメガホンを取った話題の映画「不屈の男、アンブロークン」が、来年2月、日本国内で封切りとなる。

今時、大抵のハリウッド映画は、世界中でほぼ同時に公開される。米国の封切から1年以上も遅れたのは、上映反対の声が日本国内にあったからだ。

「アンブロークン」の原作本は、確かに反日的な記述を含む。ストーリーの時代背景を説明する箇所は、特亜のプロパガンダを真似ているようだ。

しかし、原作はどうであれ、映画は別物だ。ネットの噂だけで、監督のアンジーを激しく罵倒するなんて、間違っている!そう思い、1年半ほど前にエントリしたのが、「あえてアンジーを擁護する!」だ。


unbroken_2.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 10:08| Comment(36) | TrackBack(1) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月06日

ぱよちん音頭

セキュリティ企業の幹部社員が大量の個人情報をネットに晒した事件については、前回の「渡る世間の個人情報」でエントリした。

そこでは触れなかったが、犯人はツイッター上で頻繁に「ぱよぱよち〜ん」なる奇妙な言葉を発していたらしい。意味は不明だ。

でも、幼稚で間抜けな響きが人々の心をつかんだのか、ネット界に「ぱよぱよち〜ん」が飛び交う。本年度の流行語大賞候補と云っても過言ではない。

局部3Dの前衛アーティスト、ろくでなし子さんに至っては、「ぱよちん音頭で、ぱよぱよち〜ん♪」と唄いだし、しばき隊が激怒したと云うニュースもある。

「ぱよちん音頭」とは何を意味するのか。いや、そもそも「ぱよぱよち〜ん」とは如何なるメッセージか。反日勢力が激怒する理由は何なのか。さっぱり、わからない。


payochin ondo.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 13:20| Comment(40) | TrackBack(2) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月04日

渡る世間の個人情報

ネットでは話題沸騰だが、報道らしい報道がないので、事の顛末がはっきりしない。聞きかじりのまま書く。

女流作家の Facebook に激怒した馬鹿が、作品を評価した人たちの個人情報をかき集め、ネットに晒したらしい。

「いいね!」をクリックしたくらいで、名前から住所、学歴や勤務先まで勝手に公開されたら、誰もが仰天する。そもそも、FBの利用規約違反だ。


fb kojin joho.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 11:12| Comment(96) | TrackBack(1) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする