2023年05月11日

不法滞在者を蹴り出せ!

テレビの政治報道にムカッ腹が立つ。何がLGBT法案だ、利権とカネ狙いで差別のでっち上げか。何がキッシーの「胸が痛む」発言だ、奴らは出稼ぎ募集工だぞ、バカバカバカ。

かと思えば、ウクライナの戦況を報じながら、日本の国防強化に繋がらぬよう話を逸らす態度が胸糞悪い。おっと、気づけば呼吸がヘンに荒い。血圧が上がっている。

ではではと、ネットを眺めれば、エマニュエル米駐日大使の度重なる内政干渉か。やたらと不快なニュースが続くな。で、ナニ?次は中国大使も問題発言?

この野郎、今春着任早々「『台湾有事は日本有事』は荒唐無稽で極めて有害。日本の民衆が火中に連れ込まれるアルヨ」と脅し文句を口にしたんだとか。

発言を問題視し「中国大使を追放せよ」と主張したのが立民議員で、林外相は素っ気なく「厳重抗議した」と答えたのみと知り、現政権の不甲斐なさに落胆する。

もう嫌だ。不用意に血圧を上げ、胸糞悪さに身悶えするくらいなら、いっそテレビもネットも、政治ニュースなんぞ見るのを止めようと思ったりもする。

勿論、中には喜ぶべき報道もあって、例えば入管法改正案の衆院通過は朗報だ。法案成立により、民主党政権が開けた入管制度の抜け穴を適切に塞げるのが嬉しい。

しかしそもそも外国人の不法滞在を延々許す間抜けな国など、世界中どこを探してもないゾw。滞在許可も得ず居座る犯罪者を国外に蹴り出すのは当然じゃないか。

国際標準ではごく常識的な管理体制を整えるだけのに、マスゴミ含むパヨク勢力が示した執拗な抵抗は一体何だ。コレこそ、わが国の政治にまかり通る不条理と非常識の証左だ。


immigration regulation のコピー.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 13:04| Comment(33) | TrackBack(0) | 憲法・司法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年05月06日

打ち出の小槌の消失

新コロ騒ぎが終わった。半ば強制的な行動制限もなくなり、鬱陶しいマスクもワクチン接種もPCR検査も無縁になった。漸くフツーのまともな生活に戻れるのが嬉しい。

インフルエンザ同様「5類」扱いへの変更は、わが国の軽微な感染状況に照らしてより早い時期にすべきだったが、取り敢えずは今月8日の実施でヨシとしようか。

今後はワクチン被害の訴訟や、10億人分(!)も過剰購入したワクチンの大量廃棄を続ける政府の失態追及などが始まりそうだが、喫緊の課題ではない。先ずは開放感に浸ろう。

もっとも、新コロ終焉を歓迎しないヒトもいる。「まだ普通の病気ではない」「5類にしても感染者が直ぐにゼロにはならない」と語る尾身会長の表情には不快感が滲む。

独立行政法人地域医療機能推進機構こと厚労省の天下り団体の理事長サンとしては、騒ぎが長引けばまだまだ甘い汁が吸えるのにィ、との気持ちが強いのだろう。

マスゴミの針小棒大報道で情弱庶民の恐怖感を煽りつつ、医師会に弱い政治家を動かして莫大な血税を投入させ、赤字病院の黒字化で利権を拡大した厚労官僚らしい発想ではある。

無論、世間は尾身発言を快く受け止めない。ホリエモン氏が「いつまで言ってんだこいつ」とバッサリ斬って捨てた途端、「その通り!」とネット民が歓声を上げる。

ソコに参戦したのが8割おじさん≠アと京大大学院の西浦センセイだ。ホリエモン発言に対し余程立腹したか、「うるせーばか」と簡潔にして品性下劣な言葉をツイートした。

その激しい怒りぶりを見て、ヘンに納得する。尾身・西浦両氏はじめ厚労ムラの住民にとって、新コロ終焉は大事な「米櫃」か「打ち出の小槌」の消失を意味するのだろうナと。


omi corona money のコピー.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 09:48| Comment(20) | TrackBack(0) | 指定なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年04月28日

「犬自認」者用トイレ

4月中旬、総合エンタメ施設として華々しく開業した東急歌舞伎町タワーが、ビル内で催す各種イベント各種より、むしろ2階のジェンダーレストイレで注目を集めると云う。

もともとビル側は多様性への配慮云々で、時代の先取り感を演出したかったのだろうが、性別を問わぬトイレゆえ、何かと混乱もあるらしく、評判は決してよろしくない。

深夜ともなれば、ジェンダーレストイレに多数の男性がたむろするとか。どことなく不穏な臭気、いや空気が漂うようで、女性なら近付きたくないだろう。

ちなみに歌舞伎町タワーの全トイレが男女兼用と云う訳じゃない。他のフロアは普通仕様で男女別々だし、2階にも男女夫々の専用個室があるので、両性兼用は全館の一部に過ぎない。

ゆえに何故オトコどもがジェンダーレストイレに群がるのか、確たる理由は不明だが、物珍しさに惹かれた連中に混じり、変質者がいるなら怖い話ではある。

昔は巷に男女兼用のトイレも存在したが、性犯罪防止などの観点から、設備を刷新しジェンダーがキッチリ区分けされた近年の歩みを振り返ると、逆戻りする理由が分からない。

詰まるところ、建築業者や娯楽施設が今流行りのLGBT運動に迎合するだけで、その荒唐無稽さは、国会論戦に登場するLGBT理解促進法とやらにも共通するのではないか。

そもそも誰が言い出したのか、「性自認」なんて奇妙な概念でトレイから男女の区別を取っ払ってどうするのだ? 何を思おうと個人の自由だが、ソレを他人様に強要するな。

冷静に考えれば、自分が男(女)だとも思えば男(女)なんて、妄想か狂人の戯言だろう。自分は神だ、あるいは犬だと信じれば、現実にそうなるか?と云えば、絶対にならないw

LGBTのためにジェンダーレストイレの設置を要すなら、いずれは己を犬と思い込む人々、通称「犬自認」がトイレにマークング用の電柱を立てろ!と喚くだろう。

民間施設がお遊びか悪ふざけで電柱トイレを設置するのは勝手だが、ごく一部の稀な連中を喜ばすために政府や公共団体が同じ真似で血税を浪費してはならない。


toilet for dogs のコピー.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 14:30| Comment(22) | TrackBack(0) | 指定なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年04月24日

衆参補選の結果に思う

衆参補欠選挙が終了し、自民党が衆院の千葉5区、山口2区、山口4区、参院の大分選挙区で計4議席を獲得。衆院和歌山1区では維新が勝利した。

この結果にマスゴミが喜ぶ筈はなく、各地で接戦激しく自民の圧勝とは云い切れぬ、あるいは投票率の低さから民意が反映されたとは認められぬ、と報道に蛇足をつける。

うふふふ、悔しいのう、悔しいのうw。野党第一党たる立憲ミンスがひとつの議席も獲れぬ現実が受け入れ難いのか。選挙速報を伝える連中の落胆ぶりが可笑しい。

それほど悔しければ、怪文書片手のくだらないパフォーマンスや地域差別のヘイト発言で有権者を呆れさせた立民議員の失策を先ずは責めるべきだろう。

ソレをしないから、無能な輩がマスゴミに甘えて増長し、世間に不安感や不快さを撒き散らすのだ。コレこそ、自民党が実力以上に集票する原因と云っても過言ではない。

そう考えると自民党の4勝1敗は、茂木幹事長が記者会見であえて「岸田政権に一定の評価を頂いた」と胸を張るほどの成績ではないようにも思える。

和歌山1区で維新に完敗したのはミットモナイ話で、先の奈良県知事選を落とした際、高市大臣の責任を糾弾した党内勢力が、なぜ二階さんを責めないのか不思議なくらいだ。

千葉5区は各政党が夫々候補を立てたから辛勝しただけで、仮に野党統一候補が登場すれば、幾ら大物が応援演説に駆けつけたとて、英利アルフィア候補は惨敗しただろう。

帰化一世でも立候補可能な法制度下とは云え、いろいろと怪しい噂が囁かれる候補を平気で擁立するあたり、自民党にもマスゴミへの甘えと慢心が垣間見える。

補選の結果に自信を得て、さらには5月のサミットで支持率がアップすれば、岸田政権は解散総選挙に打って出るだろうが、楽勝可能と過大に期待しない方がいい。


abe kishi yoshida のコピー.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 14:48| Comment(11) | TrackBack(0) | 自由民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年04月18日

テロリスト如きは即刻射殺せよ

或る時は検討使、また或る時は財務省の操り人形と、度々、岸田首相を批判する当ブログではあるけれど、決して現政権を倒したいと望む訳じゃない。

国防・経済・内政外交いずれも懸案事項が山積みする今こそ、行動力や指導力を発揮し、出来ることなら安倍路線を踏襲して欲しいと願うからこそ、辛口評価を綴るに過ぎない。

ゆえに数日前、地方遊説中に首相がテロ遭遇とのニュースには驚愕した。その後、無事と知って胸を撫で下ろしたが、一時は悪夢の再来かと焦りに焦った。

報道によれば、地元の漁師さんが咄嗟の気転で犯人を取り押さえたとか。要人が民衆と触れ合う選挙運動中だからこそ、警察はもっと確り警護せよ、と憤りを覚える。

キッシー暗殺未遂事件の容疑者は弁護士を通じて語ると生意気をヌカし、黙秘中とやらで詳細不明ながら、安倍総理暗殺テロの「模倣犯」なのは明白だろう。

察するに、安倍さんの暗殺犯が同じく引きこもりの容疑者にとって憧れの存在だったか。遊説中の首相を襲う犯行は勿論、顔つきや服装までコピーしたようで気味が悪い。

アイドルの髪型や服装を真似するノリで凶行に及ぶとは狂気の沙汰だが、テロリストを持ち上げるマスゴミやパヨクの異様な姿勢に触れ、その気になったとしても不思議はない。

アベガー族の卑しい習性か、彼らは安倍さんの死を自業自得と嘲笑い、その一方で暗殺犯の心情や主張に寄り添ってきた。まさに被害者を貶め、加害者を持ち上げたのだ。

屁理屈の如き犯行理由を大々的に報じ、テロリストを新興宗教の犠牲者だと祭り上げて擁護し、ワイドショーではパヨク弁護士どもが社会正義を訴えて、政府を糾弾した。

遂には世直しの英雄だと褒め称えたり、暗殺犯を主人公に映画を作る馬鹿まで現れる始末。減刑嘆願に加え、励ましの便りや多額の寄付が獄中に寄せられたと聞く。

猿真似男はコレを見て「ふむふむ、ああやって首相を斃せば、メディアにモテ囃されてヒーローに成れるのか!」と錯覚し、キッシー目掛けて手製爆弾を投げつけたに違いない。


monkey terrorist のコピー.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 08:30| Comment(39) | TrackBack(0) | 指定なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年04月13日

剣豪・洋一先生がバッサリ!

出版不況と呼ばれる現代にもかかわらず、バカ売れするのは村上春樹の新作だけじゃない。2月初旬に登場した「安倍晋三回顧録」(中央公論新社)も業界を救う大ヒットとなった。

発売直後は書店で売切れが続出し、出版社も在庫払底現象が起きた。その後2ヶ月を経ても尚、Amazonの政治カテゴリで堂々のベストセラー第1位に輝く。

暗殺された安倍晋三総理が如何に多くの人々から慕われているか、よく分かる。生前の声を聴きたい、そんな庶民の願望に応えたからこそ回顧録は売れるのだ。

モリカケだ、桜だと、反日野党とタッグを組んでネガティブ報道に徹してきたマスゴミは歯噛みする思いか。ざまあ見やがれ。お前らの悪巧みなどマトモな国民には通じないw

当ブログ読者の皆様は既に回顧録をお読みになったと察するが、内政・外交に関するご自身の経験談のうち、財務省に対する辛辣な批判が記憶に残った方々も多いだろう。

財務官僚が緊縮増税偏重で国民経済を貧しくする実情や、スキャンダルネタの拡散含め、あの手この手で安倍さんを総理の座から引き摺り下ろそうとした彼らの画策。

「省益のためなら政権を倒すことも辞さず、国の財政を預かる自分たちこそが一番偉い」と信じ込む役人どもの性癖を、平易な表現で分かりやすく解説している。

コレを読んだ財務官僚たちは、ギャっと叫んで椅子から転げ落ちたのではないか。コイツら馬鹿と悪党の集まりです!と、公衆の面前で暴露されたとの同じだもの(笑)

で、いずれ全力で回顧録を否定してやると息巻いたに違いない。つい先日、齋藤次郎元大蔵事務次官なる87歳の爺さんの反論が文藝春秋に掲載されることに相成った。

(気づけば、かって矢野現事務次官が「ワニの口」の喩えで緊縮財政の必要性を主張する論文を載せたのも、文藝春秋だったっけ。なぜか財務省をヨイショする出版社らしい)

斉藤爺さんはエリート意識丸出しで語る。「安倍晋三回顧録で『財務省悪玉論』が世間に広がることを危惧する。優秀な人材が財務省を避けてしまえば、日本の国益が揺らぐ」

大物たる自分がこう書けば、政財界はじめ民草に至るまで、誰もが財務省にハハーッとひれ伏すとでも考えたか。うふふふふ、そうはいかない。我々には助っ人がいる。

「お願いします」との言葉も終わらぬうち、さっと現れ、爺さんをぶった斬った剣豪を見よ。現代日本の用心棒にして救世主、誰あろう、高橋洋一先生だ。


takahashi samurai のコピー.jpg

続きを読む
ラベル:財務省 高橋洋一
posted by yohkan at 11:03| Comment(22) | TrackBack(0) | 税・社会保障 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年04月09日

墜落したヘリの謎

一昨日、宮古島の上空で陸上自衛隊のヘリが消失した。直後に機体の残骸が一部発見されたから、墜落したのは明らかで、現在も捜索が続く。搭乗者の無事救出を祈りたい。

なぜ堕ちたかは謎だ。ヘリコプターを危険視する向きもあるようだが、観光や取材に使用するチャチな代物じゃない。大型の軍用ヘリはとびきり頑丈で安全性も高い。

未だ詳細不明ゆえ、軽々に詮索は出来ないが、何らかの攻撃を受けたか?と多くの人々が感じたことだろう。勿論、日常的に領海領空侵犯を繰り返す中共軍が怪しい。

蔡英文総統の訪米で台湾情勢が緊迫する最中でもあり、自国領海と信じる沖縄周辺海域に日本軍機が現れたため、咄嗟の判断で撃ち落とした可能性がある。

かって朝鮮半島沖で北鮮船への密輸作業中、偶々飛来した自衛隊の哨戒機に慌て、南鮮軍が無謀にもレーダー照射で対抗した事実を思えば、中共軍の暴発は充分に有り得る。

銃の引き金に指をかけて威嚇するか、その指をグイッと引いてしまうかの違いだけとすれば、臨戦体制下の中共軍兵士が躊躇いもなく後者を選んだとて不思議はない。

もっとも、仮にミサイル攻撃なら、地上からの目撃情報や宇宙衛星による状況確認がある筈。ソレらしいニュースが皆無なのは、報道管制が敷かれているからか?

操縦を混乱させるサイバー攻撃や、爆発物の装着など自衛隊組織内テロの可能性も否定出来ない。緊急事態のコールもなく墜落したのだから、単純な故障や誤作動が原因ではない。

それにしても九州沖縄地域を統括する師団長はじめ6名の幹部が同乗するのに、護衛機もつけず単独飛行したのは何故なのか?危機管理に問題はなかったか?


jsdf black hawk crash のコピー.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 09:06| Comment(26) | TrackBack(0) | 国防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年04月02日

ヒール役か、虚言癖か?

政治家は票を集めてナンボの人気商売だ。支持者を得なければ議員に成れないから、相手構わず笑顔を振りまき、耳に優しい政見を語って好感度アップを図るのが常だ。

とは云え、善良さや健全さをアピールする政治家ばかりとは限らない。あえて卑怯な反則技を繰り出し、強いスターに歯向かって、存在感を示すヒール役もいる。

幅広い人気が獲得出来ないなら、いっそ一般大衆に嫌われ蔑まれたとて、地下アイドルの如く一定数の熱狂的ファンをガッチリ掴んで当選圏に滑り込みたい。

かかる思惑も成り立つ筈で、察するに今注目を集める立民の小西洋之議員は、コレぞ自分のハマり役と信じ、身を挺して政界のヒールを演じているのだろう。

そうとでも考えないと、コニタンの支離滅裂さは説明がつかない。役所内部のメモ書きを「超一級の極秘文書?」と称し、居丈高に大臣の辞職を求める頓珍漢ぶり。

国家公務員法の守秘義務違反をハナから無視するほど法律に暗く、博士号もなければ学会で認められた訳でもないのに、平然と「憲法学者」を自称する異様な図々しさ。

さらには安倍・高市が報道を萎縮させたと喚きながら、己の暴言を報じたNHKとフジに対し法的措置を取ると恫喝したり、新聞記者を脅して記事書換えを強要する傲慢さ。

さすがに立民幹部も呆れたか、参院憲法審査会の野党筆頭理事役をクビにしたが、如何にも処分が軽い。即刻除籍し議員辞職を勧告してこそ、ヒール役の面目が立つだろうにw

あるいはコニタンの行動は演技ではなく自然体か。一連の虚偽発言や度重なる恫喝に加え、まともな謝罪が出来ぬ性格から、嘘つきなのは明白。ピノキオなら鼻が伸びる。


pinocchio konishi のコピー2.jpg

続きを読む
ラベル:小西議員 虚言癖
posted by yohkan at 14:05| Comment(25) | TrackBack(0) | 立憲民主党(民主党) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年03月29日

汚染水と放送法

北朝鮮が韓国内の工作組織に対し「放射能デマを広げて反日感情を刺激せよ」「福島第一原発の処理水を汚染水と呼べ」と指示を出していた、との報道が目を引いた。

噂や推測の類じゃない。韓国の公安当局が先月、同国内で北主導の世論操作に励む革新系政治団体の幹部らを国家保安法違反容疑で逮捕したのは事実だ。

北朝鮮の指示は日本国内の工作員にも届いただろう。現在に至るも「汚染水」を連呼するメディアや政界の顔ぶれ、活動家やプロ市民を思い浮かべれば、すとんと腑に落ちる。

わが国にもスパイ法さえあれば、あの手の連中は一網打尽だ。法律の不備を放置したまま、国内に巣食う工作員どものヤリタイ放題を許す現状が、残念でならない。

察するに北朝鮮による世論操作は、反核・反原発のみならず反基地・反自衛隊気運の拡大、人権・差別ネタを用いた言論封殺、戸籍制度の改廃まで広範囲な対象を持つ。

小西議員が怪文書片手に高市大臣を攻撃するのも、北朝鮮に命令されたからと考えれば判り易い。セキュリティークリアランス制度の推進を阻止すべく保守派の筆頭を潰せとの命令か。

捏造文書頼りの幼稚で無理筋な主張は所詮お笑い種だが、刈り上げ如きの指示に従って全工作員が組織的に連携し、一糸乱れずマスゲームを演じる姿は薄気味悪い。

その上、政界・官界・業界が癒着する日本独自の「鉄の三角形」に守られる形で、北発信の撹乱情報が拡散浸透する。これを阻止するには、腐った制度や法律を改正するしかない。


kim jong un osensui のコピー.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 10:39| Comment(18) | TrackBack(0) | 憲法・司法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年03月23日

悪魔と天使

WBC実況放送中に突如「岸田首相がウクライナを電撃訪問」の速報が流れた。一部の野球ファンはテロップが邪魔だと怒ったらしいが、そりゃキッシーが気の毒だ。

勿論、幾つか批判すべき点はある。電撃、極秘と称しつつキーウ到着も待たず、ポーランドで鉄道に乗り込む姿まで報じられたのは、情報ダダ漏れ体制ゆえに他ならない。

2016年のリオ五輪閉会式で安倍マリオ登場の際、事前報道をシャットアウトした情報管理の徹底ぶりを思えば、キッシーの指導力不足が官邸パワーを劣化させたのがよく判る。

また、武器供与を求めるウクライナに対し、わざわざ「殺傷能力のない」装備品を渡すとヘンに強調し、へーわ国家のヘナヘナぶりを国際社会に晒したのは無様だった。

法律の不備とやらでわが軍(自衛隊)は只の一人も同行せず、警護と安全確保はウクライナ側にお任せしましたなんて話は、その腰抜けぶりが余りに情けない。

しかしいずれにせよ、戦地訪問には相当な覚悟を要した筈。水面下で相手国・関係国との事前折衝を進めた上で、ゼレンスキー大統領と面談したキッシーの英断を賞賛しよう。

どうせ行くなら、もっと早い時期にすべきだったとの声もあるが、半人前国家たる戦後ニッポンも、やるべき時はちゃんとやるんだぞと、ここで世界に示した意義は大きい。

加えて故意か偶然か不明ながら、習近平の訪露を合わせてウクライナに向かい、中露首脳会談とほぼ同時に日ウ会談を行ったのは、絶妙にして最高のタイミングではなかったか。

金ピカ宮殿で悪の巨魁ふたりが踏ん反り返る時、質素な会議室でトレーナー姿の大統領と向き合い、支援と協力の継続を約束するとは素晴らしい演出だ。

ヤクザな版図拡大で隣国を蹂躙する専制国家群と、わが国を含め結束して抗う自由主義国家群の対比が明確で、どちらが悪いか瞬時に分かるヴィジュアルメッセージとなった。

アジアの両大国、中国と日本の違いは鮮明だ。子供たちの目には、戦争犯罪人プーチンと居並ぶ近平が悪魔に、ゼレさんに寄り添うキッシーが天使に見えたとて不思議はない。


kishida angel Xi devilpsd のコピー.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 15:39| Comment(26) | TrackBack(0) | 世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする