2023年12月20日

「ゴジラ-1.0」がいいぞ!

近頃は映画館に出向くのが億劫になった。話題の封切り作も暫く待てば、WowowやAmazon Prime、Netflixなどでやってくれる。自宅でごろごろとTV画面を眺める方が楽ちんだ。

ソレでも大きなスクリーンで楽しみたい作品が偶にあり、ブログ主は今年、シアターで「スラムダンク」と「スーパーマリオ」、加えてついさっき「ゴジラ-1.0」を観た。

あれれ、何だ、アニメと怪獣映画か?いい歳こいて、オマエはガキか?と笑われそうなチョイスだがw、いずれも抜群の興行成績を誇る世界的なヒット作品だ。

なかでも「ゴジラ-1.0」が素晴らしい。1954年の初登場から数えて30作目、ゴジラ70周年記念作品は、手に汗握る感動と涙の超大傑作と呼んで決して過言ではない。

と云うことで、この映画を語る。11月初旬の公開作品ゆえ、既に多くの方がご覧になったと思うが、映画館から帰宅したばかりで興奮気味なせいか、黙っちゃいられない。

ストーリーは明快。空襲で焼け野原と化した戦後の東京に突如出現した巨大怪獣ゴジラ。雄叫びを上げつつ、漸く復興しつつある銀座の町並みを粉々に破壊する。

この状況下、軍備を喪失した政府は無力。占領軍(米軍)も国際情勢を理由に知らん顔を決め込む。そこで祖国日本を守らんと立ち上がるのは、民間の有志たち。

主人公の元特攻隊員(神木隆之介)の凛々しさ。ともに暮らす女性(浜辺美波)の健気さと可憐さ。周囲を固める青木崇高や佐々木蔵之介、安藤さくらなど名優陣が素晴らしい。

しかし最も褒めるべきは、脚本やSFXをも担った山ア貴監督か。これまでの監督作「ALWAYS 三丁目の夕日」や「永遠の0」にも優る作品を易々と生み出す才能は驚異的だ。

巧みなストーリー性とスピーディでリズミカルな展開、意外で劇的なエンディング、さらにはリアルなCGなど、ハリウッド映画と並ぶ、いやいや、凌ぐ感すら漂う。

そして何より敗戦直後のゴジラ劇仕立てで、アテにもならない米軍に頼りきる現代日本の国防体制の脆さと危うさを、キッチリ抉り出した手腕が見事だ。

映画館を出る時、誰しも憂国の情を抱きつつ、いざとなれば我が身を捨てて祖国を守らんと、決意を新たにするだろう。何たって日本を守るのは日本人なのだ。


godzilla minus one のコピー.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 17:50| Comment(48) | TrackBack(0) | エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月13日

令和のリクルート事件?

マスゴミが鉦や太鼓で囃し立てる自民党のパー券裏金問題。本日の臨時国会閉会後、東京地検特捜部が疑惑議員への一斉聴取に乗り出すそうだから、当分騒ぎは続く。

もっともこの話、所詮は政治献金の収支報告書記載漏れゆえ、首相や閣僚が語る通り、精査して法に従い適切に処理すべき筋合いで、現時点では全て捜査待ちの筈。

金額の多寡によっては逮捕騒ぎの可能性もあり、当事者にとっては大事だろうが、逆に事務方の略式起訴で落着かも知れず、所詮は政界における「コップの中の嵐」に見える。

で、小さなコップに嵐を起こすのは一体、誰なんだろ? 所得税減税やガソリン税トリガー条項凍結解除の必要性に突如目覚めたキッシーに対し、怒り狂う財務官僚か?

あるいは、ここ3か月かけて自民党の収支報告書を調べ上げ、多額の不記載を突き止めた教授センセイなる謎の人物の告訴に、精一杯応えようと異様に頑張る検察官か?

いやいや、年明けの台湾総統選を控え、台湾有事を日本の有事と捉える安倍派議員を閣外に追放し、彼らの発言権を徹底的に封じ込めたい中共政府か?

いずれにせよ、この話題が不人気の政権をさらに迷走させるのは間違いない。自民党を下野させ日本を弱体化したい勢力にとっては、念願の状況と云えるだろう。

勢いづく彼らが度々発する台詞「令和のリクルート事件」。1988年の随分古い事件を持ち出して、自民党政権に未曾有の激震を与えた大スキャンダルになぞらえる。


recruit mr ezoe のコピー.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 12:35| Comment(47) | TrackBack(0) | 自由民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月06日

影に怯える敵

5日前、朝日新聞が掲げた「安倍派、裏金、1億円」の大見出しを皮切りに、マスゴミ各社が雪崩を打って「政治資金パーティ疑惑」とやらを大々的に報じて耳目を集める。

聞くところ、自民党の各派閥が政治集会を催す際、パーティ券の販売促進目的か、議員の割り当てノルマ以上の収入は、組織が各人に戻すのが慣例だったとか。

このカネの流れが収支報告書に未記載だったとマスゴミは問題視するが、確か政治資金規正法上、20万円以下なら、購入者の氏名や金額は記載不要じゃなかったか?

パーテイを通じた資金集めは政党や政治家にとっては至極当たり前の活動だし、全てが報告義務の対象でない以上、記載漏れと指摘されるケースも出てくるだろう。

他党でも似たような例は散見されるようだし、実際に先頃、立憲民主の安住氏がパーティー収入記載漏れを陳謝する姿をTVニュースで見掛けた記憶がある。

そう考えれば、目鯨立てる筋合いではない筈。にもかかわらず、突如、「安倍派」の名をあげ「裏金」と称して犯罪性を匂わせ、糾弾するマスゴミの作為がイヤラシイ。

「1億円」も2018〜22年の総計だそうで、年平均2千万円じゃ誰も驚いてくれないから、5年分纏めて世間をアッと云わせてやるゾ、みたいな凄まじい悪意を感じるw

しかも、政治資金の報告書漏れで地検特捜部が政治団体や議員を立件可能か現在調査中と云うだけで、大袈裟な報道に価する類のニュースでは決してない。

で、ふと気付く。コレってモリカケ再びだよねと。重箱の隅を突いて掘り出したネタを針小棒大に報じ、アベガー!アベガー!と新聞TVが揃って騒ぐ姿はまさにデジャブだ。


shadow of abe のコピー.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 11:58| Comment(37) | TrackBack(0) | 自由民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年11月29日

ダダ漏れLINE

池袋のパスポートセンターで窓口業務を担当した際、旅券申請者1920人分の個人情報等を盗み取った派遣社員の中国人女を、警視庁公安部が窃盗の疑いで書類送検した。

申請者の戸籍謄本に記された氏名・住所・電話番号をを別紙に書き写したり、窓口での会話も録音をしていたそうで、決して事務手続き上のミスの類じゃない。

この女が今春、該当業務に就いたのは僅か3日間とか。仮に長期間、パスポート申請窓口に居座ったなら、どれだけ膨大な情報が盗まれたかと思うと背筋が寒くなる。

残念なのは、明白なスパイ行為にもかかわらず、罪状が「付箋1枚の窃盗」とされたことだ。女の身元や犯行の動機を公安が調べるにせよ、不起訴で一件落着だろう。

派遣会社に業務を丸投げする外務省と東京都の杜撰さは許せないが、コレもスパイを取り締まる法律も手段もない国で呑気に暮らす子羊国民の間抜けさゆえか。

さて、2000人足らずの個人情報なら漏れてもいいじゃんか(?)と云う気分にさせてしまうのが、桁違いの44万人にも上るLINEユーザーの情報漏洩だ。

韓国ネイバー社のサーバーが悪質なサイバー攻撃を受けたため、傘下のLINEヤフーも同様の被害に見舞われたとの報道に違和感を抱き、あれれ?と首を捻る。

LINEは似たような漏洩問題を度々起こし、先日も、今後は利用者データを日本国内のサーバで管理し、もう韓国(ネイバー)と情報共有しません、と詫びていた筈。

2004年のヤフーBBによる500万件の個人情報漏洩はじめ、ソフトバンク系の管理の杜撰さは群を抜くし、もしや意図的な情報窃取かと疑いたくレベルではある。

実は今回の問題も1ヶ月前にLINEヤフー社内で分かっていたらしく、わざわざ中国女のスパイ行為を瑣末な事柄と錯覚させるタイミングで公表するのも何だか怪しい。

個人がパスポートセンターのスパイ行為を防ぐのは不可能だが、スマホの情報管理なら難しくはない。LINEやTikTokなど悪評紛々の危ないアプリは避ければいいのだ。


dadamore line のコピー.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 10:02| Comment(40) | TrackBack(0) | ソフトバンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年11月22日

安倍晋三vs財務省

マスゴミ発表の政権支持率は鉛筆舐め舐めデッチ上げの数字かも知れず、然程信用出来ないが、岸田人気が凋落し「危険水域」に突入したのはどうやら本当らしい。

本人が得意と吹聴する外交では、米中に舐められて哀れな無様さを晒し、一方でLGBTの悪法成立に暴走するなど、国民の神経を逆撫でしたのは紛れもない事実だ。

但し、外交や防衛、人権云々などはその時々で話題になるにせよ、世間の最大関心事には成り得ない。大半の有権者が切実な思いを寄せるのは、己の財布に響く政策だけだ。

岸田さんもソコを認識しているからこそ、所信表明演説で「経済、経済、経済」と連呼したに違いないが、残念ながら中身が空っぽで聴く者を失望させてしまった。

詰まるところ支持率低下は、岸田政権が有権者の多くに「生活の貧困化」を予感させたからではないか。コレこそ、国民の懐を温かくしてくれた安倍政権との大きな違いだ。

宏池会政権では所詮、官僚におんぶにだっこか?との不安は的中し、古臭い官僚独裁の疑似社会主義体制を標榜する始末で、安倍政権の官邸主導スタイルに学ぶ気はない。

嬉々として財務省の傀儡と化し、アベノミクスにまでNOを突きつけて金融緩和に背を向ける岸田流は、政策の全てに緊縮財政方針と隠れ増税の影が付き纏う。

占領軍に押し付けられた財政法4条を金科玉条とし、財政健全化なる美名の下、ひたすらプライマリーバランス黒字化を目指す財務省に易々と操られる岸田さん。

対して、信念に基づき金融緩和と財政出動を大命題として掲げ、マスゴミから学界まで擁する財務省軍団の凄まじい抵抗と闘いながら、景気拡大と成長に邁進した安倍さん。

数十年にも及ぶ国家経済の規模縮小は、財務省による犯罪的失敗だ。その実態を辿りつつ、安倍政権の奮闘を知り、金融財政政策のあるべき姿を考察しようじゃないか。

と云う趣旨で是非ご紹介するのが、今月17日に発売された新刊「安倍晋三vs財務省」(扶桑社)だ。ブログ主は偶々宣伝を見つけて即座に電子版を購入し、夢中になって読破した。


abe vs zaimusho のコピー.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 12:10| Comment(36) | TrackBack(0) | 投資・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年11月15日

XYは男、XXは女

約半年前に岸田首相が成立をゴリ押ししたLGBT法の正式名称は、「性的指向及びジェンダーアイデンティティの多様性に関する国民の理解の増進に関する法律」だ。

性的指向とジェンダーアイデンティティの多様性に関して国民の理解が不十分との前提で、政府は理解増進に向け啓蒙活動に励むべし、と云うのが同法の趣旨ではある。

具体的アクションとして基本計画を策定せよ、関連学術研究も推進せよ、併せて国及び地方公共団体は教育・学習の振興や広報活動等の施策を講じよと求めている。

ふふん、さてはツマラヌ法律をでっち上げて、血税の垂れ流しルートをひとつ増やしたのか?、もしや新手の公金チューチューか?と疑念を抱かせるが、問題はソコにとどまらない。

条文で「性的指向」は恋愛・性的感情の対象の性別、「ジェンダーアイデンティティ」は性自認と定義した上で、コレに基づく「不当な差別」はイケナイとLGBT法は謳う。

何事であれ「不当な差別」は悪事に決まっているがw、感情の対象とか自認とか、人ぞれぞれの勝手な思いをネタに差別されたの、されないのと、話が余りに乱暴過ぎる。

ただの理念法で罰則もないとは云え、こんな大雑把で曖昧な法律が罷り通れば、変態が跋扈して社会が混乱しないか?と、世間の多くが感じた不安は悲しい哉、的中した。

昨日のニュースによると、三重県の温泉施設の女風呂に中年男が侵入したところ、気付いた従業員が110番通報したためあっさり逮捕されそうだが、驚くのはこいつの開き直りだ。

警察の調べに対し「私は心は女なのに、なぜ女風呂に入ったらいけないのか全く理解できません」と語ったそうで、この手の不届者の氏名こそ、伏せずに報道すべきだろう。

どうやら全国で類似の事件が多発し、女性用トイレや浴場に侵入するスケベ男が後を絶たず、奴らが揃いも揃って「心は女」を自称するので警察も苦慮しているとか。

LGBT法推進派の先頭に立つ稲田朋美議員は胸張って「心が女性の男性が女湯に入ることはない!(キリッ)」と断言していたが、いざ蓋を開ければこのザマだ。


inada lgbt のコピー.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 14:03| Comment(46) | TrackBack(0) | 指定なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年11月08日

テロのスポンサー

「ハマスの残忍なテロを非難し、人質全員の即時解放を求める。併せてイスラエルの自衛権を認めて支持を表明すると共に、民間人保護を含む国際人道法の順守を求める」

先月下旬、米英仏独伊加によるタッタコレダケの声明に、他国に外されたか、自ら外れたか、G7議長国たる日本が加わらなかったのは未曾有の大失態には違いない。

しかも不参加の理由を問われた松野官房長官が、「6か国は誘拐、行方不明などの犠牲者が発生した国々だ」と対岸の火事を決め込む態度で顰蹙を買う始末。

蝙蝠外交、いやバランス外交のつもりか、岸田首相がイスラエルとパレスチナ双方に自制と対話を呼びかけるなど、G7における日本の異質さを嫌と云うほど見せつけてくれた。

コレじゃ、仮に我が国が軍事挑発を受けた際、G7の他国に「ウチらは無関係」とソッポを向かれても文句は云えまい。防衛協力を要請しても無視され、孤立してしまうゾ・・・

そんな不安を覚えた身としては、昨晩、G7外相によるワーキングディナーを終えた上川大臣の臨時会見ニュースを見て、ほほう、漸く軌道修正が図られたかとやや安堵する。

現時点で共同声明は未発表ながら、ハマスのテロ攻撃が発端でありイスラエルは自衛権を有すると、大臣が真っ当な見解を披露し、6カ国と足並みを揃えた点は評価していい。

もっとも、ガザにおけるハマスの武力支配と暴政を野放しのまま、奴隷と化すパレスチナ難民の人権状況をネタに、人道支援の必要性ばかり論じるのは馬鹿げている。

極悪非道なテロリスト集団は殲滅すべき敵だ。にもかからわらず、ともすれば日本政府がテロリスト容認に傾くのは、油欲しさでアラブ諸国に阿るからだけではないだろう。

マスゴミの情報宣伝工作が、イスラエルとパレスチナの実情に関して世間の認識を歪ませ、誤解や錯覚を招き、「アラブならテロもOK」の奇妙な空気を生むのだ。


terrorism sponsor media  のコピー.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 09:15| Comment(49) | TrackBack(0) | 世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年11月01日

キッシーのヘッドギア

前々回の拙エントリ「増税メガネ」をアップした時点では、岸田首相は「成長の成果たる税収増を国民に還元すべき」と唱えながらも、何ら具体策を示しちゃいなかった。

故にあえて「増税メガネ」と嘲笑われながらジッと耐え続けるより、財務官僚どもの抵抗を蹴飛ばして所得減税を断行せよ、とキッシーにエールを送ったのだ。

で、その直後、実際に首相自ら所得減の税策案を発表してくれたのだから、こちらも嬉しくない筈はない。ほら見ろ、そうだろ、やはり今やるよねえ、と深く頷いた。

勿論、己の声が届いたゾ、と自惚れるほどブログ主は馬鹿ではないし、たまたま当ブログの更新と岸田首相の政策発表のタイミングがシンクロしただけと判っている。

そもそも誰が考えたって税増収分の還元なら「減税」になる筈。庶民が当たり前の措置を望み、政権が当たり前の施策を進める。納得出来る筋合いだ。

さあ、どころがだ。成長と円安で潤う政府が取り過ぎた税金を戻すと云いながら、所得税減税は僅か4万円。えっ、月3千円ぽっち?・・・って、シミッタレ過ぎるだろ。

しかも非課税世帯への7万円の給付金も検討中とか。納税者にマトモな還元をせず、税金を納めない人々に恩恵を与えるとは、一体どういう意味なのか?

高橋洋一氏によれば、所得減税4万円、非課税世帯7万円給付なら、減税・給付金規模は5兆円程度。GDPギャップの約3分の1に過ぎずショボイ、と先生は指摘されている。

その上、所得減税のための税制改正法案の提出は来年ゆえ、実施予定は夏か秋、下手すれば年末になってしまうとか。余りの遅さに期待感がプシューっと萎む。

減税は1年だけの時限措置とか、所得制限をかけるとか、ってな話もあるようで、減税、減税と選挙目当てで連呼する割には、岸田首相自身も乗り気じゃないのが丸分かりだ。

ううむ、やはりこの人は財務官僚に与えられたヘッドギアを装着し、吹き込まれた末法思想で緊縮財政や増税路線を有り難がるザイム真理教信者なのだ、と見做さざるを得ない。


kishida zaimu shinrikyo のコピー.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 08:55| Comment(54) | TrackBack(0) | 指定なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年10月25日

「中東問題再考」

中東紛争の本邦マスゴミ報道は、いつも一本調子だ。悪辣で傲慢なイスラエルと背後のアメリカが、心優しくも貧しいパレスチナ人を虐め倒すドラマに仕立てる。

ガザのニュースなら、イスラエル軍の空爆で無惨に破壊された市街地と、ボロを身に纏い、裸足で逃げ惑う女子供の姿が定番の映像で、現地住民の気の毒さを強調する。

もっとも冷静にTV画面を眺めると、登場人物の多くがヘンにカメラ目線だったり、飛び散る鮮血が芝居かプロレスの血糊にも見え、嫌らしいヤラセ感が否めないw

おおかた新聞各社・テレビ各局は、ガザ地区を実効支配するテロ組織ハマスから広報資料を有難く拝借し、何の躊躇もなく、そのまま紹介しているのだろう。

元赤軍幹部の娘に「常に虐められていいる子が、やっと初めてやり返しただけ」と語らせたテロBS、いやTBSはじめマスゴミの立ち位置は疑いもなくテロリスト側だ。

彼らの脳内には、反イスラエル、反米、反資本主義、反自由主義を掲げるハマスやファタハやISのみならず、テロ勢力を支えるイランや中露こそが正義と信じる狂気が宿る。

そうでなければ、突如イスラエルの音楽祭を襲撃して数百人の一般市民相を殺戮、誘拐、陵辱した極悪非道を「イジメへの反発」などと矮小化出来る筈がない。

パレスチナの民衆を暴力で服従させて重税を搾り取り、電力、飲料水のインフラも整備せぬまま、貧困と飢えを放置し、子供たちを洗脳し戦闘員として養成するハマス。

ガザ地区の惨状を故意に維持し、被害者ビジネスで得る人道支援で幹部のみが私腹を肥やし贅沢三昧に興じる、邪悪な組織の実態を、われわれは今こそ直視せねばならない。


terrorist hamas.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 11:25| Comment(85) | TrackBack(0) | 世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年10月18日

増税メガネ

あれれ?おかしいじゃないか。自民党が発表した経済対策の提言案から「所得税減税」の文言がすっぽり抜けている。コレは一体、どういう了見だ?

「成長の成果たる税収増を国民に適切に還元すべき」と岸田首相が記者会見で胸を張り、減税に前向きな姿勢を示したのは、僅か数週間前だったと記憶する。

急激な物価高の今こそ「国民の暮らしや家計を直接支えるため思い切った施策を求める(キリッ)」と、自民党も大見得を切っていたのに、蓋を開けたら話が違う。

低所得世帯向け支援や、賃上げや投資に前向きな企業向け租税特別措置だけなら何のことはない。いつもの見慣れた補助金と中身はちっとも代わらない。

詰まるところは噂通りの「偽減税」か。解散総選挙前に所得税減税に踏み切りたくとも、一時的な特別措置しか財務官僚のお許しが得られないのか。ああ、情けない。

そりゃ、裁量範囲を広げて権限を強化し、天下り先を確保しようと思えば、可能な限り税収を増やして補助金を配るのが、官僚にとって一番賢い遣り口だ。

特定分野への補助金は選挙対策になるから、その匙加減で政治家をも操縦出来る。実際に「増税」のプランと実行こそが財務省内の出世競争を左右する評価点とも聞く。

ワニの口云々と白々しい嘘を吐き、半永久的な緊縮財政でデフレ不況を故意に長引かせてきた連中にとって、己の権限縮小に直結する「減税」は致命的な失点なのだろう。

頑なに「減税ダメ絶対」を貫き通す官僚の頭にあるのは己の評価と省益だけで、経済疲弊も国力減退も眼中にはない。景気回復なんぞ望まないし、むしろ阻む気満々だ。

従い財務官僚の軽〜い神輿に過ぎない首相が「増税メガネ」と化すのは致し方ないが、向こうが見通せぬレンズでは、経済の実態が目に入らないゾw


kishida zouzei のコピー.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 09:34| Comment(43) | TrackBack(0) | 税・社会保障 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする