2016年11月27日

衝撃のゆるキャラ

今春、当ブログを閉じると宣言したものの、以降もちょろちょろとエントリが続く。楽しい話題があって気が向けば、躊躇なく書く。

でも、嬉しいニュースは見あたらない。特に政治となれば、腹抱えて笑える題材は皆無だ。むしろ腹わたが煮えくりかえっちゃったりする。

出来るだけ、その手の不快なニュースは避け、明るく楽しくホンワカと心温まる話題を追いかけたい。ってことで、今日は「ゆるキャラ」だ。

都道府県や市町村が擁するゆるキャラは、日本全国で2000種類くらい居るらしい。非公認もあるから、もっと多数かも知れない。

地域の名産品を材料にした漫画チックなキャラクターは数あれど、残念ながら、どれもこれも似たり寄ったりで、新鮮味がない。

ところがだ。ゆるキャラ界のマンネリ傾向をぶち破る、衝撃のスターが登場した。新人ながら圧倒的な存在感は、絶大なる人気を誇るクマモンやフナッシーを凌ぐ。

それが、青森県の非公認ゆるキャラ、にゃんごすたーだ。


nyango star.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 11:45| Comment(121) | TrackBack(0) | エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月31日

ベッキーに石を投げる人々

年が明けて早や1ヶ月。北朝鮮の水爆実験騒ぎに、甘利大臣の辞任劇。株価暴落に、マイナス金利の導入など、仰天すべきニュースが続く。

しかし最も世間を騒がせた話題は、ベッキーの不倫だ。こちとら、名前を聞いても誰だか判らず、ふと脳裏をかすめたのは、バッキー白片とアロハ・ハワイアンズだったw

そこで、検索してみたら、ああ、知ってる、知ってる。TVや雑誌のコマーシャルで見る彼女だ、と思い出した。

人気タレントの色恋沙汰ゆえ、週刊誌が派手に書き立てるのは当然だし、熱狂的ファンが泣いたり怒ったりする気持ちも判らないじゃない。

でも、何故こんなに、ベッキーちゃんが世間から激しい非難を浴び、CMやテレビ番組の降板にまで話が発展するのか、さっぱり理解できない。

もちろん、不倫不貞はいけない背徳行為だが、そうは云っても、結婚制度から逸脱した恋愛が世の中に多々あるくらい、大人なら誰でも知っている。

彼女の恋の相手がたまたま妻帯者だったからと云って、厳しい社会的制裁を加えられる理由など、ひとつもない。


becky stone killing.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 12:00| Comment(92) | TrackBack(1) | エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月16日

アカデミー賞とヘイトスピーチ対策条例の話

最近はめっきり映画館に行かないが、映画ファンをやめた訳じゃない。ケーブルTVやネット配信で楽しむ。

視聴する作品を選ぶとき、参考にするのが映画賞だ。受賞作品はアタリが多い。アカデミーの各賞を獲得するレベルだと、まずハズレがない。

昨日、LAで行われた今年のアカデミー賞ノミネート作品発表は、その意味で興味深いニュースだが、いろいろ検索するうち、奇妙な報道を見つけた。

昨年に引き続き、アフリカ系の監督や俳優が全くノミネートされないと、ソーシャルメディアで不満の声が噴出してると云うのだ。

もちろん、アフリカ系市民の声だ。良い作品や俳優が、肌の色によって無視された、と怒っているらしい。

根深い人種差別が存在するアメリカ社会だし、白人の活躍する映画界ゆえ、アフリカ系の人々が、不当な差別だと感じる傾向もあるのだろう。

しかし、たかが映画賞じゃないの。批評家が優良作品を選ぶのは自由だし、そもそも肌の色の品評会じゃない。

差別を感じて不満を持つのも自由だが、随分、野暮なことを云うなあ、と呆れてしまう。賞が欲しけりゃ、勝手にブラックアカデミー賞でも作りゃいいじゃんか。


white oscar.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 12:30| Comment(30) | TrackBack(1) | エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月14日

安らかに眠れ、デヴィッド・ボウイ

デヴィッド・ボウイが逝った。偉大なアーティストの逝去に世界中が打ちのめされた。ファンの慟哭が宇宙空間に木霊する。

目まぐるしくスタイルを変えながら、半世紀にも渡り、稀代のパフォーマーとして人々を魅了し続けただけでなく、ロックミュージックを芸術の域に高めた天才だった。

新奇で耽美的な作品の数々と、洗練された前衛的なファッション。ドラマチックな演出で、因習や常識に挑戦し破壊し、新しい文化を創造した。

・・・と一昨日、涙ながらにここまで書いて、はたと気がついた。どんなイラストを捧げようと、デヴィッドが構築した完璧な美の世界を冒涜することにならないか?


David Bowie.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 12:54| Comment(27) | TrackBack(1) | エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月26日

原節子さん、天国に逝く

日本映画のレジェンドにして、永遠の美女、原節子さんが逝去された。享年95歳。

失礼な話で恐縮だが、つい最近までご存命だったとは知らなかった。半世紀以上も前に銀幕を離れ、完全引退されていたからだ。

今時の女優なら、老いても芸能界にしがみつき、ヒルアロン酸やプロテーゼで年齢を誤魔化してでも、スポットライトを浴びたがる。さすが往年の名女優は潔い。

原さんは女優廃業後、「もう歳だから」と取材すら拒否したと云う。若い頃の印象を守ったのは自分自身のためでなく、ファンへの思いやりだろう。


hara setsuko 2.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 10:35| Comment(30) | TrackBack(1) | エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月17日

さようなら、BBキング(涙)

ブルース界の巨星が堕ちた。BBキング氏がラスベガスの自宅で逝去された。89歳の大往生だ。

1925年ミシシッピ州生まれ。幼少期から綿花畑の小作人として働いたと云うから、文字通り黒人霊歌の世界で育った人だ。

その後、メンフィスでのDJ稼業を経て、24歳で歌手デビューを果たす。以来、数多くのヒット曲を生み、65年間もスター街道を驀進し続けた。


saint bbking.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 05:40| Comment(28) | TrackBack(1) | エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月03日

ピースとハイライトとチョビ髭

正月の3ヶ日だから、どうでもいい話題で行こう。紅白歌合戦はアメリカでもケーブルテレビで観ることが出来る。

紅白に登場したサザンオールスターズが安倍政権を揶揄した、と左翼勢力が大喜びする一方、保守派があの手の反日パフォーマンスは如何なものかと不快感を示す。

たかが歌謡曲に大層な意味がある筈ないじゃんとも感じつつも、そう云えば1年半ほど前、こんなイラストを掲載したのを思い出した。


arita & s.k.s.all stars.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 09:45| Comment(52) | TrackBack(1) | エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月15日

ギブミーチョコレート!

1945年8月15日、玉音放送を聴き悲しみにうなだれる人、虚脱感で呆然とする人がいた。陛下に申し訳ないと割腹する人もいた。しかし多くの日本人は胸を撫でつつ、こうつぶやいた。「生きのびた」

既に負け戦は明らかだった。連合艦隊の消滅が噂され、米軍の焼夷弾で町は焼け野原だった。戦地の兵隊は武器弾薬はおろか、食料が尽きて次々と餓死した。絶望的で悲惨な戦いゆえ、死の恐怖からの解放は安堵感をもたらした。

但し心配事がひとつあった。連合軍は敗戦国民を嬲り殺すのか。先に降伏した伊・独の状況を知れば杞憂だが、不安が不安を呼んだ。

戦後の進駐軍はその不安を払拭した。若い米兵たちは爽やかな笑顔を振りまいた。敵国の懐柔策と云えばそれまでの話だが、子供が手を振ると気前よくチョコレートをくれた。空腹の子供たちは狂喜してジープを追い、「ギブミーチョコレート!」と叫んだ。


gimme chocolate.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 10:50| Comment(168) | TrackBack(2) | エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月14日

BABYMETALを聴け!

日本のアーティストで、今、世界のロック界に衝撃を与え、最も注目されているのは誰か?と尋ねたら、どんな答えが返ってくるだろう。教えよう。BABYMETALだ。

ソリッドで激しいヘヴィメタルの演奏に乗せて、あどけないアイドル3人組が歌って踊る。アニメソングみたいなキャッチーなフレーズとメロディで、欧米の若者達を熱狂させる。

ライブコンサートのチケットは軒並み売り切れ、iTuneなど音楽配信数はうなぎ上り。Youtubeの動画アクセスはぶっち切り。BABYMETALの人気はとどまらるところを知らず、社会現象と化した感がある。


babymetal.jpg

続きを読む
タグ:BABYMETAL
posted by yohkan at 08:31| Comment(12) | TrackBack(1) | エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月10日

野々村議員、涙で歌う!

ここ10日ばかり、ブログをお休み中もいろんなニュースがあった。ところが、いざ日が過ぎるとあっさり忘れる。その日の報道に反応して、テキトーに書いてるブログなので、タイミングを逃すとソレっきりだ。

でも、脳裏に深く刻み込まれるニュースもあった。野々村竜太郎議員だ(笑)

号泣姿に腹がよじれる。動画を見て爆笑し、その場面をふと思い出しては、また笑う。出鱈目な素行がさらに笑える。幾度も幾度も笑える。こう書いていて、また笑いがこみ上げる。うわはははは。


nonomura beatles.jpg


で、突如なぜ、ビートルズなんだ?と聞かれそうだが、初期のアルバム'A Hard Days's Night' に 'I'll Cry Instead'ってあったよね、と思い出したのだ。
続きを読む
posted by yohkan at 12:00| Comment(36) | TrackBack(1) | エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする