2019年04月24日

つまらない大河ドラマは敵の謀略?

TV番組がつまらない、と文句をつけるのは間抜けな話だ。「嫌なら見るな」と云われれば、返す言葉がない。「チャンネルの回し方も、電源の切り方も知らないのか」と嘲笑が聴こえる。

そもそも、あの業界は既にオワコンだ。面白くないから視聴者が減り、スポンサー企業が離れる。若い世代はTVに興味も関心もなく、独居老人が寂しさを紛らわす道具と化した。

と判っちゃいるけど、それでも書かせて貰おう。民間の放送局ならいざ知らず、受信料を強制的に取り立てる準国営放送局の番組が期待外れなら、糾弾しても罰は当たらない。

何が?って、大河ドラマの「いだてん」だ。数日前の産経新聞によれば、年頭の初回こそ視聴率が15%に達したものの、その後は転落の一途。今月14日放送分まで9回連続1桁しかない。

NHKの放送総局長は定例会見で「いだてん」の低視聴率に触れ、「少しでも沢山の人に面白さを理解して頂けるよう、PRなど色んな形で盛り上げていきたいと思う」と語ったと云う。

違うよ、全然違う。不振の原因はPR不足じゃない。脚本が酷過ぎるのだ。奇を衒うだけの軽薄な展開に呆れ、同時並行で明治・昭和が舞台となる無理な筋書きに困惑する。

主人公にして五輪の初代選手、金栗四三のストーリーに、何故か、古今亭志ん生のエピソードが絡むあたりは意味不明を通り越し、見ていて楽しめないどころか、腹が立つ。

いやいや、大河ドラマなのに戦国武将も幕末の志士も登場しない、と今年のテーマに不満を持ってる訳じゃない。五輪が題材でも、仮にまともにな脚本なら、毎週、夢中になって楽しむ。


idaten kankuro.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 09:48| Comment(77) | エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月09日

ううう、感動したぞ!「ボヘミアン・ラプソディ」

読者の皆さんに伺いたい。英ロックバンド、クイーンを描いた映画「ボヘミアン・ラプソディ」をご覧になったろうか?世界中で爆発的な大ヒットを記録し、快進撃を続ける大傑作だ。

その素晴らしさを上手く綴れないのが、もどかしい。文章能力の欠如と云われりゃ、ソレまでだけど、とにかく感動を与えてくれる映画なのだ。うるうると涙するどころか、号泣してしまう。

何故?と尋ねられても、答えは分からない。クイーンが奏でる名曲ゆえか、フレディ・マーキュリーの生き様ゆえか、あるいは、過ぎ去った70〜80年代の光景が眼前に広がるからか、胸が震える。

つい数日前に観て、ノックアウトされた。11月初旬封切りの映画なのに、その後、上映継続どころか、毎週、動員数が増え続けるのも頷ける。全世界の興行収入は既に600億円を超えるとか。

実は、一昔前の人気バンドを取り上げた映画と聞き、当初、さほど興味は持てなかった。ノスタルジーを刺激しつつ、往年のヒット曲を聴かせるんだろねと、鼻先で笑う気持ちもあった。

でも今は、是非観るべきだと、熱心に薦めてくれた親友に感謝の言葉しかない。己の人生で出会うべき映画だったのだ、観なきゃ死ねない映画だったのだと、心の底から思う。


queen live.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 13:23| Comment(69) | エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月20日

ジュリー、晩節を汚す

グループ・サウンズ(GS)と聞いても、若い人には意味不明だろうが、60年代の終わり頃、ビートルズやストーンズに触発され、俄かに結成されたロックバンドをそう呼ぶ時代があった。

GSブームが到来するや、長髪の男子グループが数限りなくデビューし、芸能界を席巻した。一番人気はザ・タイガースで、ボーカルのジュリーこと沢田研二さんが日本中の女性を熱狂させた。

数年を経てバンド解散後、ソロ活動に転じた沢田さんの人気は更に凄まじかった。グラマラスな衣装に身を包み、歌う姿は妖艶で、米ローリングストーン誌の表紙を飾るほどのスターだった。

ゆえに数日前、スカスカ状態の客席で歌えるかと、コンサートをドタキャンした気持ちは分からないじゃない。収容人数2、3万に対し客数僅か7000人と知り、プライドが傷ついても不思議はない。

翌日の謝罪会見で、己の実力不足を詫びた沢田さんだが、プロモーターの集客努力への不満が見え隠れした。落語の「寝床」で番頭を責める、浄瑠璃狂いの旦那みたいな心境なのだろう(笑)

もっとも、ドタキャンに関する真の理由は不入りではなく、本人が強く希望する「原発反対署名活動」にコンサート会場側からダメ出しされ、コレに激怒したからとの説もある。

客数か反原発か、いずれにせよ、所詮は本人の思い込みと願望とワガママに過ぎない。わざわざ会場に足を運ぶファンの気持ちを無視してしまう、往年のスターならではの特権意識が悲しい。

残念ながら、久々に登場した沢田さんは、かっての美しきジュリーじゃない。KFCの創始者、カーネル・サンダース氏にも似るが、オーラや存在感で、店先の立像に負けている。


julie sawada hangenpatsu.jpg

続きを読む
ラベル:沢田研二 反原発
posted by yohkan at 09:01| Comment(112) | エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

衝撃のゆるキャラ

今春、当ブログを閉じると宣言したものの、以降もちょろちょろとエントリが続く。楽しい話題があって気が向けば、躊躇なく書く。

でも、嬉しいニュースは見あたらない。特に政治となれば、腹抱えて笑える題材は皆無だ。むしろ腹わたが煮えくりかえっちゃったりする。

出来るだけ、その手の不快なニュースは避け、明るく楽しくホンワカと心温まる話題を追いかけたい。ってことで、今日は「ゆるキャラ」だ。

都道府県や市町村が擁するゆるキャラは、日本全国で2000種類くらい居るらしい。非公認もあるから、もっと多数かも知れない。

地域の名産品を材料にした漫画チックなキャラクターは数あれど、残念ながら、どれもこれも似たり寄ったりで、新鮮味がない。

ところがだ。ゆるキャラ界のマンネリ傾向をぶち破る、衝撃のスターが登場した。新人ながら圧倒的な存在感は、絶大なる人気を誇るクマモンやフナッシーを凌ぐ。

それが、青森県の非公認ゆるキャラ、にゃんごすたーだ。


nyango star.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 11:45| Comment(121) | TrackBack(0) | エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月31日

ベッキーに石を投げる人々

年が明けて早や1ヶ月。北朝鮮の水爆実験騒ぎに、甘利大臣の辞任劇。株価暴落に、マイナス金利の導入など、仰天すべきニュースが続く。

しかし最も世間を騒がせた話題は、ベッキーの不倫だ。こちとら、名前を聞いても誰だか判らず、ふと脳裏をかすめたのは、バッキー白片とアロハ・ハワイアンズだったw

そこで、検索してみたら、ああ、知ってる、知ってる。TVや雑誌のコマーシャルで見る彼女だ、と思い出した。

人気タレントの色恋沙汰ゆえ、週刊誌が派手に書き立てるのは当然だし、熱狂的ファンが泣いたり怒ったりする気持ちも判らないじゃない。

でも、何故こんなに、ベッキーちゃんが世間から激しい非難を浴び、CMやテレビ番組の降板にまで話が発展するのか、さっぱり理解できない。

もちろん、不倫不貞はいけない背徳行為だが、そうは云っても、結婚制度から逸脱した恋愛が世の中に多々あるくらい、大人なら誰でも知っている。

彼女の恋の相手がたまたま妻帯者だったからと云って、厳しい社会的制裁を加えられる理由など、ひとつもない。


becky stone killing.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 12:00| Comment(92) | TrackBack(1) | エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月16日

アカデミー賞とヘイトスピーチ対策条例の話

最近はめっきり映画館に行かないが、映画ファンをやめた訳じゃない。ケーブルTVやネット配信で楽しむ。

視聴する作品を選ぶとき、参考にするのが映画賞だ。受賞作品はアタリが多い。アカデミーの各賞を獲得するレベルだと、まずハズレがない。

昨日、LAで行われた今年のアカデミー賞ノミネート作品発表は、その意味で興味深いニュースだが、いろいろ検索するうち、奇妙な報道を見つけた。

昨年に引き続き、アフリカ系の監督や俳優が全くノミネートされないと、ソーシャルメディアで不満の声が噴出してると云うのだ。

もちろん、アフリカ系市民の声だ。良い作品や俳優が、肌の色によって無視された、と怒っているらしい。

根深い人種差別が存在するアメリカ社会だし、白人の活躍する映画界ゆえ、アフリカ系の人々が、不当な差別だと感じる傾向もあるのだろう。

しかし、たかが映画賞じゃないの。批評家が優良作品を選ぶのは自由だし、そもそも肌の色の品評会じゃない。

差別を感じて不満を持つのも自由だが、随分、野暮なことを云うなあ、と呆れてしまう。賞が欲しけりゃ、勝手にブラックアカデミー賞でも作りゃいいじゃんか。


white oscar.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 12:30| Comment(30) | TrackBack(1) | エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月14日

安らかに眠れ、デヴィッド・ボウイ

デヴィッド・ボウイが逝った。偉大なアーティストの逝去に世界中が打ちのめされた。ファンの慟哭が宇宙空間に木霊する。

目まぐるしくスタイルを変えながら、半世紀にも渡り、稀代のパフォーマーとして人々を魅了し続けただけでなく、ロックミュージックを芸術の域に高めた天才だった。

新奇で耽美的な作品の数々と、洗練された前衛的なファッション。ドラマチックな演出で、因習や常識に挑戦し破壊し、新しい文化を創造した。

・・・と一昨日、涙ながらにここまで書いて、はたと気がついた。どんなイラストを捧げようと、デヴィッドが構築した完璧な美の世界を冒涜することにならないか?


David Bowie.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 12:54| Comment(27) | TrackBack(1) | エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月26日

原節子さん、天国に逝く

日本映画のレジェンドにして、永遠の美女、原節子さんが逝去された。享年95歳。

失礼な話で恐縮だが、つい最近までご存命だったとは知らなかった。半世紀以上も前に銀幕を離れ、完全引退されていたからだ。

今時の女優なら、老いても芸能界にしがみつき、ヒルアロン酸やプロテーゼで年齢を誤魔化してでも、スポットライトを浴びたがる。さすが往年の名女優は潔い。

原さんは女優廃業後、「もう歳だから」と取材すら拒否したと云う。若い頃の印象を守ったのは自分自身のためでなく、ファンへの思いやりだろう。


hara setsuko 2.jpg

続きを読む
ラベル:原節子 東京物語
posted by yohkan at 10:35| Comment(30) | TrackBack(1) | エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月17日

さようなら、BBキング(涙)

ブルース界の巨星が堕ちた。BBキング氏がラスベガスの自宅で逝去された。89歳の大往生だ。

1925年ミシシッピ州生まれ。幼少期から綿花畑の小作人として働いたと云うから、文字通り黒人霊歌の世界で育った人だ。

その後、メンフィスでのDJ稼業を経て、24歳で歌手デビューを果たす。以来、数多くのヒット曲を生み、65年間もスター街道を驀進し続けた。


saint bbking.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 05:40| Comment(28) | TrackBack(1) | エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月03日

ピースとハイライトとチョビ髭

正月の3ヶ日だから、どうでもいい話題で行こう。紅白歌合戦はアメリカでもケーブルテレビで観ることが出来る。

紅白に登場したサザンオールスターズが安倍政権を揶揄した、と左翼勢力が大喜びする一方、保守派があの手の反日パフォーマンスは如何なものかと不快感を示す。

たかが歌謡曲に大層な意味がある筈ないじゃんとも感じつつも、そう云えば1年半ほど前、こんなイラストを掲載したのを思い出した。


arita & s.k.s.all stars.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 09:45| Comment(52) | TrackBack(1) | エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする