2011年06月27日

溺れる孫、空き菅をつかむ!

メディアで宣伝をがんがんやってるし、プロ球団をかかえてるし、社長は世界でも指折りの大金持ちって話だし、うん、それならきっとソフトバンクって優良企業なんだな、と思っている人は多いのかも知れない。でも決算報告を見れば、実は結構厳しい状況にある会社だなと判ります。

 

2009年度(2010年3月期)の決算報告書によると、売上高は2兆7600億円、営業利益4700億円と大きな数字だけど、税引き後の当期純利益は967億円しかない。で、リース債務を含まぬ長期の有利子負債が何と、2兆2000億円。かってのボーダフォン買収によるものとは云え、とにかく莫大な借金を背負ってる会社なのです。

 

キャッシュフローは2008年度からプラスに転じたものの、台所は苦しそうで、設備投資は年間僅か2000億円程度。競合相手のNTTドコモやKDDIに比較すると桁違いに少なくて、だから他社に比較して常に回線状態が悪い。

 

増収増益と云うけれど、好調の原因はアップルのiPhone4。別にソフトバンクの技術とか独自商品が人気を得ているわけじゃない。全てはアップルの力です。

 

このiPhone、アップル社が方針転換して、アメリカでは既に今年2月から従来のAT&T独占をやめ、Verizonにも解禁した。ソフトバンクはアップルとの独占契約はしていないので、日本国内市場でも他のキャリアがiPhoneを扱う可能性はある。となれば、過大な債務を背負うソフトバンク、孫さんの立場なら、さてどうしようかと悩んだとしても不思議はありません。

 

さて、いつの間にやら振って湧いたような再生エネルギー法案。どうやら詳細は決まってないらしいが、「太陽光パネルで電気を作ってやるから国策として高く買い上げろ」と云う孫さんのアイデアなんだとか。

 

よい商品を作れば、市場が喜んで受け入れると云うのが、ふつうのビジネス。効率の悪い不安定な電気だけど、取り敢えず作るから国で買え、ってのは、ビジネスの常道を外れています。もしや、孫さんもソフトバンクも結構追いつめられた状態じゃないのかな。

 

 

 

 

借金に溺れそうになった孫さんが、藁をもつかむ心境だとしても、つかむ相手が空き菅じゃ、いつまでも浮いてはいられない。あっさり沈んじゃいますよ、きっと。

 

そもそも、再生エネルギーなんてインチキ法案による税金投入や電気料金値上げを、国民が許す筈がない。どう見ても一私企業の救済が目的なんだもの。

 

 

 

 

posted by yohkan at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトバンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月22日

菅&孫、騙されてるのか?グルなのか?

近頃、気になる孫正義。数日前、ソウルで韓国政府と経済協力機構OECDが共同開催したサミットに出席したんだとか。ま、企業の社長だもの、ビジネスチャンスを求めてどこへでも行けばいい。そりゃ自由。

 

でも、サミットで基調講演した孫さん、福島原発事故が海を大気を汚染させ、隣接国に対し申し訳ないと詫びたのは、どういう意味なんでしょ。国を代表する立場でもない男が、公の場で他国への謝罪を勝手に口にするなんて大問題。そもそも、詫びなきゃいけない出来事でもないし。

 

さらに韓国大統領との会談時、日中韓が協力してゴビ砂漠でメガソーラーの大規模発電所を建設しましょと提案したらしい。もう一度云うけど、国を代表する立場でもない男が、勝手なこと云っちゃ駄目。第一、携帯電話業者には話がでか過ぎます。

 

さて信じ難いのが、韓国の原発は安全に運転されていて素晴らしいと賞賛したこと。おいおい孫さん、アンタ、脱原発じゃないのかよ。太陽光だ風力だとアテにならないエネルギーで日本人を煙に巻く一方で、韓国の原発をヨイショするなんて、あまりのでたらめさに仰天です。

 

何だか怪しい携帯電話屋のくせに、やたらに国を論じてみたり、夢みたいなビッグビジネスを吹っかけたり。聞くところ、ツイッターで100万人のフォロワーを持つ人気者らしいけど、心理的な罠で信者を集め、金品を巻き上げる詐欺師の類いじゃないかしら。そう云えば100億円の義援金、かけ声だけで支払わず、今に至るもウヤムヤでしょ。

 

 

 

 

菅総理はこの孫正義に乗せられて、再生エネルギー法案に夢中になったとか。誰かさんの作る電気を国が高値で20年も買い続けると云う詐欺まがいの法案。こんなモンを通すために、首相の座で居直ってるのかと思うと、情けなくて涙がでます。

 

菅さんが騙されているのか、グルなのかは知らない。どっちにしたって、ペテン師と詐欺師って最低の組み合わせですよね。

 

 

 

 

 

 

posted by yohkan at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトバンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月20日

iPhoneをソフトバンク以外で使いたいひとへ

個人的にかれこれ20年以上も愛用しているアップル製品。幾世代にも亘り進化を遂げてきたマッキントッシュコンピュータは、常にIT革命の主役です。最近ではiPhoenや iPadも加わって、ますます楽しく広がるアップルの世界。ちなみに、このブログももちろんマックで書いてます。

 

アップルの傑出した創造性は誰もが認めるところ。定評有る経済誌Fortuneの調査でも、最も称賛される企業として堂々の全米No.1です。マーケティングと法務戦略でのし上がったIT業界の巨人マイクロソフトだって、技術開発に関してはアップルをモノマネしてきた感が否めません。

 

さて、そのアップル製品、日本の友人達にも薦めるのだけど、なかなか皆に納得してもらえない。大きな理由はiPhoneやiPadの場合、ソフトバンクがネックなのですね。通信が悪いので、遊びならともかく、とても仕事には使えないと云う声を聞きます。

 

今回の東日本大震災でも、ソフトバンク携帯は被災地で通話が出来なかったとか。新しい企業だけに、競合他社に比べやや通信ネットワークが劣るのでしょうね。

 

でも、ソフトバンクは嫌だけど、iPhoneは使ってみたいと云うひとには朗報があります。

 

実はアメリカでもiPhoneは登場以来、AT&T独占でした。ところが、アメリカ人消費者は絶対に我慢しません。iPhoneを他の電話会社で使いたい、なぜダメなんだ、何とかしてくれと、大挙してメールや電話でアップルに要望を送りつけました。結果、全米最大の携帯電話事業会社ヴェライゾンでも、今年の2月からiPhoneが正式に使えることになったのです。今後は、徐々に他の電話会社でも使用可能になりそうです。

 

 

 

 

もともと、機種により電話会社が限定されるなんてヘンな話。スマートフォンも電話会社も消費者が好みで選べて当たり前ですよね。

 

アップルはコンピュータ製品の一環として携帯電話を作っているだけで、電話業界を牛耳ろうなんて意志はないようです。消費者が望めば、日本市場だって必ずソフトバンク以外にもiPhoneを解放する筈。アップル製品に興味のある皆さん、アップルUS本社か日本支社にお願いしてみましょう。

 

熱心に要望を伝えれば、ドコモやAUでもきっと使えるようになりますよ。孫さんにとっては、あまり嬉しくない話だろうけど。

 

 

 

 

 

 

posted by yohkan at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトバンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする