2012年06月17日

自民党案を丸呑みする野田の姿を描く!

石原幹事長の記者会見によると、民主・自民で共同提出する税法案は心配する内容ではないようだ。これから社会保障の全体像を示し、景気対策を行い経済成長を促した上で、時の政府が環境を判断して増税の可否を決めると云う。有難いことに「2014年4月に自動的に消費税が増税されるわけじゃない」

 

この説明は拍子抜けするほど分り易い。なぜなら何年も前から自民党が主張していた政策、そのままだからだ。何よりも先ず景気対策を実行しよう。制度の綻びが目立つ社会保障も見直そう。景気にマイナスの影響無しとの確信が持てる時点に至れば、消費税率を現行の5%から8%、ないしは10%に引き上げよう。そういう話だ。これを野田民主党が丸呑みする。

 

 

 

 

もちろん、財政出動で景気を浮揚させるにせよ、デフレを克服して、病んだ日本経済を健康体に引き戻すには、ある程度の時間がかかる。確か麻生総理は「全治3年」と云う言葉を使っていた。その上で税収基盤として消費税の比率を高め、財政健全化を進める。そうした具体的なプランだ。

 

こうなると、つい、仮にあのまま麻生政権が続いていたら、と考えてしまう。麻生総理と中川昭一財務大臣のゴールデンコンビの活躍で、わが国がデフレを脱却して力強い経済成長を謳歌するだけでなく、日本が牽引車となって世界経済もずっと明るい状況になっていただろう。

 

せっかく全治3年の予定だったのに、民主党政権が誕生して、わが国の経済状況は酷く悪化した。さすがにここに来て、民主党も、自民党案が正しいと認めざるを得なくなったようだ。ほら見ろ、無能な民主党なんぞ、いっそ早くいなくなれ。それが国民の素直な気持ちだ。解散総選挙が待ち遠しい。

 

 

 

 

 

posted by yohkan at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 自由民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月30日

憲法改正とくれば、安倍さんでしょ!!

自民党が憲法改正案を発表した。サンフランシスコ講和条約発効60周年に合わせて纏めたと云うだけあって、独立国家としての気概に満ちた現実的な憲法案として評価したい。交戦権や集団自衛権など国家として当たり前の自然権じゃないのと思うが、ごちゃごちゃぬかす反日勢力が国内に巣食う以上は致し方ない。はっきり明文化して、左巻き共にいちゃもんをつけられぬようにしよう。

 

みんなの党とか橋下維新の会も憲法改正を唱えちゃいるが、一院制とか道州制とかワケのわからない寝言が混ざる。その点、自民党案はずっとマトモだ。国のあり方について党内で真剣に討議した様子が窺える。個人的には占領軍によるでっち上げ憲法などあっさり破棄して、帝国憲法を復活させたいが、戦後70年近くも経った以上、現行憲法の改正のほうが国民には受け入れられ易いのだろう。

 

 

 

 

自民党の復権、そして憲法改正によるわが国の復活を望むばかりだが、さてこうなると、果たして谷垣総裁でいいのかなと云う感じが否めない。最近は総裁自ら靖国神社に参拝するなど、保守政党の頭としての自覚を見せるが、今ひとつ迫力に欠ける。支持率もぱっとしない。ここらで安倍晋三さんに再登板頂いては如何か。憲法改正で一番絵になるのはこの人だ。

 

 

 

 

 

 

posted by yohkan at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 自由民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月17日

自民党の新ポスターを勝手に修正しちゃったぞ!

自民党の新ポスターが出来た途端、党内から不満が噴出している。「地味で暗い」とか「総裁が入らなくていい」とか身内から率直な声が上がり、作成を承認した党執行部が非難の的だ。ニュースでそのポスターを見たら、青空を背景に谷垣総裁が右の人差し指を立てている。確かに冴えない。

 

凡庸で不人気な総裁が立ちすくんでいるから、孤独感とか寂寥感が漂う。「この指止まれ」と指を突き上げたが、誰にも相手にされず戸惑っている印象だ。空は色こそ青いが、空しさの象徴か。谷垣氏の顔を覆う暗い影は、不安と焦燥の象徴にも見て取れる。このポスターほど、自民党の退潮を感じさせるものはない。

 

企業が業績不振に陥ると、売上減少に見合うだけ経費を圧縮しようと、先ずは広告宣伝費を削ったりするものだ。それが広告内容の劣化を生んでイメージを悪化させ、さらに客離れを促す。世間によくある話だ。たぶん政権から転落した自民党も台所事情が苦しくて、やむを得ず宣伝物の質を落としたのだろう。

 

特亜の味方、民主党の悪政でわが国は疲弊している。維新の会が国政に進出とマスコミは煽るが、大阪の一地域政党が何を云うかとちゃんちゃら可笑しい。石原新党にこそ大きな希望を感じるが、もうひとつ具体性が見えてこない。だからこそ、自民党よ頑張れと皆けっこう期待しているのだ。ポスターには、その期待に応えるだけの明るさが必要だ。

 

 

 

 

と思って修正案を作ってみたんだが、どうも上手くいかない。元のポスターより明るくなったとは思うが、どう構成しようと、政権奪取に賭ける強さが生まれない。谷垣さん、やはり貴方が総裁では勝ち目がないのだ。そろそろ引退したらどうだろう。

 

安倍さんや麻生さんに再登板をお願いしてもいい。稲田さんに和製サッチャー旋風を巻き起こしてもらうのもいい。どちらにしたって、谷垣総裁の時代は終わりにして欲しい。早く民主党政府をぶっ倒してくれないと、われわれの不幸は終わらない。

 

 

 

 

 

 

 

posted by yohkan at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 自由民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月20日

稲サッチャーの登場で日本は劇的に回復する!

第二次大戦後の英国は坂道を転げ落ちるように没落したが、それは七つに海に広がった広大な植民地を失ったことだけが理由じゃない。左翼の労働党政権が「揺り篭から墓場まで」と呼ばれる行き過ぎた福祉政策を採り、主要産業を国営化して市場競争を否定し、経済の根幹を破壊したからに他ならない。

 

同じ労働党でも、今の労働党とは体質が違う。かっての労働党は、裏ではソ連と繋がっていると噂された真性の社会主義政党だった。たぶん本気で国家破壊を企んだのだろう。英国が如何に悪辣な植民地政策を行ってきたか、自虐史観まで教育に取り入れて子供達から愛国心を奪い、虎視眈々と革命の土壌作りに励んでいた。

 

経済が悪化して貧しくなり、人々からプライドが失われれば、社会全体に暗鬱なムードが漂って当たり前だ。70年代の英国は、まさにかの地の空模様のようにどんよりと薄暗く停滞していた。英国人と云えば無気力の塊だったし、経済は英国病と嘲笑われるに相応しい状態だった。

 

それを一変させたのが、サッチャーさんだ。79年に彼女が率いる保守党が大勝して政権奪還を果たすや、それまでの暗鬱なムードを吹き飛ばした。太陽と青空が戻った印象だった。首相就任と共に、小さな政府による市場経済重視と国防強化をぶち上げた。国民には頑張った者が報われる社会を約束して自助努力を促し、人々のプライドまでしっかり回復させた。

 

現在のわが国を英国になぞらえることが客観的に正しいかどうかよく分からない。しかしかっての繁栄の時代を過ぎた日本が、革命を標榜する社会主義者の政権によって、徹底的に苛められ、覇気を失っているのは確かだ。社会全体を暗鬱な空気が包む。でも英国が79年を境に劇的に変身したように、わが国だって、きっとまた強い日本に戻れる。しっかりした政党が政権を担い、傑出したリーダーが国を率いるなら、立派に回復して再び成長の道を辿れる。

 

次の首相と呼ぶには、まだ稲田さんはお若いかも知れないし、先ずは閣僚としてのご経験が必要かも知れない。しかし彼女のひと言、ひと言の鋭さには強いリーダーシップを感じさせる何かがある。稲田さんは日本のサッチャーになれる人ではないかと期待してしまう。

 

 

 

 

ちなみにサッチャー党首率いる保守党が大勝したときですら、女性に首相なんぞ務まるかと外野がうるさかった。今と違って会員制のクラブやバーには女性が入れない時代だったこともあるが、国家の命運は男が酒を片手にひっそりと語るものだ、サッチャーみたいな口うるさいホステスは必要ない、なんて声すら聞いた。オンナに大局的な判断が出来るものかなんて、平気で女性を蔑視する英国紳士(?)ばかりだったのだ。

 

でも気がつけば、英国病を退治して国を復活させたのはサッチャーさんだった。進退窮まったときに火事場の馬鹿力を発揮するのは常に女性だ。女性のパワーを甘く見ちゃいけないのだ。

 

頑張れ、稲サッチャー!

 

 

 

 

 

posted by yohkan at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 自由民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月02日

野田が山頂から転げ落ちるステキな初夢!

皆さんはどんな初夢を見ただろう。一富士二鷹三なすび。このあたりの縁起物をしっかり夢に見た人は、かなりついている。おお、三つとも全部、夢に出て来たぞ、と云うなら幸運の極みだ。今年はすべてが上手く行く。

 

ま、それにしても、茄子には率直な疑問を感じる。富士とか鷹は縁起がよさそうだし、福を招く気がする。でも、茄子にはそんなイメージがない。江戸時代に初なすびはとても高価だったとの説があるが、納得できない。幾ら値段が高かったとしても、たかが茄子だ。別に愛情運や金運が上昇するとは思えない。なぜ富士や鷹と並べて論じられるのだ。

 

第一、冬場に突如、茄子の夢を見るってヘンだろう。夢ってのは大抵、昼間の現実が幾分加工されて登場するものだ。元旦の夜に茄子???よほど偏った食生活をしない限り、普通は夢に出て来ない。考えれば考えるほど理解できない。茄子には何か深い意味が隠されているのかも知れない。

 

さて、初夢が思い通りに描けるのであれば、一富士二鷹三なすびの登場は勿論だが、ここは保守政権の樹立を望みたい。売国民主党にこれ以上、国政を任せていたら、わが国がぶっ壊れてしまう。早く野田を蹴り出して、真の愛国者による政治を実現しなくちゃならない。

 

 

 

 

わが国のリーダーとして最も期待されるのは、安倍元首相だ。体調を壊されて途中降板を余儀なくされたが、健康を回復されたと聞く。高い見識と豊富な経験があり、立派な愛国心をお持ちだ。まだまだお若いし、日本のリーダーに最も相応しい人物だ。是非、再登板して頂き度い。

 

今晩、LA時間の元日の夜、つまり絵の通りの初夢を見たら、明日報告する。間違っても、野田が鷹に乗って富士山の上空を舞い飛ぶとか、野田が茄子の漬け物に舌鼓を打つとか、そんな夢だけは見たくない。祈るような気持ちだ。

 

 

 

 

 

 

posted by yohkan at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 自由民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月17日

宇都議員のパンチ炸裂!鳩山をKO!

鳩山由紀夫は狂人だ。あるいは気違いのふりをした工作員だ。突如、CO2の25%削減を宣言したかと思えば、普天間を最低でも県外にと息巻いて、わが国の信用を失墜させた。こんな男に一時期でも首相を務めさせたのはわが国の恥だ。

 

だから鳩山の引退宣言に多くの国民が嬉しさに涙した。ところが今もなぜか、議員の座にしがみつく。そればかりじゃない。ひょこひょこといろいろな場に顔を出す。メディア相手に滔々と御説を垂れる。ま、聞く記者連中が馬鹿なんだけど。

 

さて今度は、超党派議員による「憲法96条改正を目指す議員連盟」の総会に登場した。それも何と講師として参加したんだとか。こんな奴に講演させるって、一体、議員たちはどれだけ憲法を舐めているのだ。占領軍に押し付けられたインチキ憲法を改正あるい破棄するのは、国民の願いだ。その熱い思いを何だと思っているのだ。

 

さすがに自民党の宇都隆史議員が「鳩山に改憲を語る資格なし」とタンカをきってくれたそうだ。有難い。それでいい。鳩山のテンプルを左フックでえぐって、マットに沈めたような迫力を感じる。ざまあみろ、鳩山!

 

 

 

 

宇都隆史議員は一期生議員だが、しっかりした人だ。野田とか前原とか馬鹿ばかり排出、いや輩出した松下政経塾出身だが、自衛隊にいただけあって立派な国家観と愛国心を持っている。選挙戦では「生まれ変わるなら、また日本がいい」がキャッチフレーズだったと聞く。若いのに、ぐっと胸に迫るコトを云うじゃないか。

 

鳩山がくたばるなら、二度と生まれ変わらないで欲しい。仮に生まれ変わるなら、日本だけは勘弁して他所に行って欲しい。もっとも本人も思っている筈だ。「生まれ変わるなら、やはり半島がいい」って。

 

 

 

 

 

posted by yohkan at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 自由民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月09日

怒りの大島副総裁!野田を斬れ!

夜更けの永田町に山鹿流の陣太鼓が鳴り響く。

 

どーん、どーん、かっかっか。

どーん、どーん、かっかっか。

 

火消し装束に身を包んだ武士は総勢47名。いずれも国思う有志の自民党議員である。先頭には大島副総裁。自民党本部を発ち首相公邸に向かう。

 

どーん、どーん、かっかっか。

どーん、どーん、かっかっか。

 

 「お待ちなさい」一行を背後から呼び止めたのは、党本部から転げ出てきた谷垣総裁だった。「一体何事ですか?」

 

大島が答える。

「臨時国会の会議は僅か数日。しかも予算委員会は開かぬと云う。内閣の力量が心配なら、閣僚を交代すればよいではないか。民主党の国会軽視は、即ち国民軽視ですぞ。」こう云うと、目をぎょろりと剥いた。

「野田を討たねばなりませんぬ。留め立てはご無用に願い度い。」

 

なるほど、と谷垣は頷いた。「どうぞお気をつけて。では、おやすみなさい。」軽く会釈すると、いなくなった。なぜ出てきたのか、よく分からない。

 

どーん、どーん、かっかっか。

どーん、どーん、かっかっか。

 

 

 

 

暫くしてひっそりと静まり返った首相公邸に到着した。遠くで犬が鳴いている。

 

「おのおのがた、ぬかるでないぞ」大石内蔵助になりきった大島が重々しく隊士に告げる。「おう」全員が声を上げたかと思うと、あっと云う間に塀をよじ登り、門戸をこじ開けて屋敷に入る。

 

ただならぬ気配を察し、ばらばらと奥から飛び出てきた野田の家来たち。隊士が襲い掛かるや、マルチ山岡のクビを撥ねる。ちびっこ安住の脳天を叩き割る。スパイ蓮舫の鼻をへし折る。飛び散る血しぶきが辺りを真っ赤に染める。こうなると他の閣僚連中は浮き足立つ。

 

「俺は素人だ」そう云うと、一川は戦わずして逃げだした。「モナ〜」と叫びながら細野があとを追う。玄葉もタンクローリーを探すふりをしつつ裏口から消えた。

 

ぽつんと残された寝巻き姿の野田ひとり。庭に引きずり出して隊士一同で囲むと、がたがたと震えて命乞いをはじめた。「ゆゆゆ許してください。自民党さんに協力するって云ってるじゃありませんか」

 

「ええい、だまらっしゃい」大島が野田を睨みつける。

「何が協力だ。あなたは逃げているだけではないか。」

 

野田が上目遣いでおどおど語る。

「あたしだって、もともと保守なんです。靖国参拝だって賛成してるし・・・」

 

「ふざけるな!」と大島が一喝した。「あなたは保守ではない。歴史や伝統に根ざした国家観もなければ正義感もない。その時々の空気を読み、大衆ウケを狙っているだけだ」

 

さらに大島は続けた。

「首相になったところで、右顧左眄するばかりではないか。何の信念もなき人物に国政は任せられぬ。覚悟致せ」

 

そう云うと、太刀を引き抜いた。白刃が月光にぎらりと光る。

 

「うわあああ」腰が抜けて立ち上がれぬ野田は、恐怖のあまり湯気を立てて失禁した。息も絶え絶えな様子で大島に懇願する。

「ひひ、ひとつだけ教えてください。赤穂浪士の討ち入りと云えば年の瀬と決まっている。歌舞伎だって年末公演の出しものだ。この時期に皆さん、なぜそんな格好で・・・」

 

大島はかぶりを振った。瞳には大粒の涙が宿る。

「政権与党の代表にありながら、そんなことも分からぬのか。」

 

野田は哀しそうに下を向く。

 

「よくお聞きなさい」と大島。

「国政の中心たる首相が、ぐらぐらしていたらどうなるか!」

 

野田が、あっと叫んだ。「中心ぐらだ!」

 

単なる駄洒落かい。全員がひっくり返った。

 

 

 

 

 

 

posted by yohkan at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 自由民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月25日

日本の恥だ!空き菅に外交をさせるな!

支那は国土と人口こそ肥大しているものの、まともな人権や自由すら認めぬ共産党一党独裁の後進国。そして世界が嫌う無法者です。片や韓国はかっての最貧国。わが国の莫大なインフラ投資と指導により近代化した上、最近は国ごとアメリカ資本に身売りして、漸く準先進国と呼ぶレベルに辿り着いた国。こう云っちゃ悪いが、どちらも一流国じゃない。

 

さて、その二流国相手の日支韓首脳会議で、いきなり福島の野菜を客人に喰わせた菅総理。なーにが放射能だ、テメエんとこの殺人農薬野菜や殺人ユッケなんぞとはワケが違うんだと行動で示した菅さん、おっ、なかなかやるじゃないかと思った。でも、活躍はそれだけだった。敵の領土領海侵略には一切触れず、黙認すると云う大失態をおかしたんだもの。明らかな外交上の敗北です。

 

で、二流国相手ですら、まともな外交が出来ない菅総理が、とうとう世界の檜舞台、G8サミットに出掛けちゃいました。さあ、どうなるのか。居並ぶ猛者どもに遠慮してヘラヘラしながら国益を毀損するのではないかと心配です。

 

G8は日本を筆頭に米英仏独伊加露と堂々たる大国の集まり。一流国のみの会合であればこそ、参加する首脳には、巧みな外交センス、度胸や信念、知性や経験が求められるのに、菅総理だけは何もない。各国が国益を追求して凌ぎを削る場なのに、そもそもこの人、日本の国益なんて眼中にない。

 

国際社会は今、震災で甚大な被害を蒙ったわが国が、如何に復活するか、そして再び、いつ世界の経済をリードしてくれるのかと、期待と関心に満ちた目で見つめています。その期待と関心を、失望と無関心に変えてしまわないか。むしろ、不必要な失言や不可解な行動で、反日気運を作り出してしまうのではないか。なんて、心配しだすとキリがない。

 

 

 

 

思えば、かって小泉総理はブッシュ大統領と並び、自由と民主主義のリーダーとして、世界の檜舞台で堂々たる貫禄を示してくれた。金融危機発生後の国際会議で、麻生総理は優れた指導力を発揮して世界の国々を救い、そして大絶賛された。こうした先人達に比べ、大国日本の代表が、なぜ、ここまで小さな凡人になってしまったのか、各国の首脳は不思議がるに違いない。

 

愛国心のない貧相で無教養なプロ市民が、わが国の首相だなんて、本当に恥さらしです。外交なんか絶対にやらせちゃいけないと思うのです。

 

 

 

 

 

 

posted by yohkan at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 自由民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月21日

谷垣総裁はナニかを握られているのか!?

目を覆いたくなるような現政権の酷さ。たかが無見識と無能力のみでは、ここまでわが国をぶち壊すことは出来ない。外国人参政権や人権擁護法案、さらには震災後の混乱や原発関連の人災、そして反原発への潮流作りや卑怯な東電潰しを見れば判る。たぶん悪意と敵意に満ちた日本破壊計画があり、着々とその内乱工作を進めているに違いない。

 

だからこそ、この亡国政権を1日も早く倒して欲しいと云うのが、大多数の国民の願い。特に最大野党たる自由民主党には、何とかしてくれ!と云う熱い期待が集まっています。

 

ところが、ところがですよ。肝心の谷垣総裁がピリッとしない。自ら立ち上がって、現政権をぶち倒そうと云う気概を示さない。予算承認後、菅総理が挨拶に来たときは「お体に気をつけてがんばってください」なんてヌカしたらしい。ふふふ、ふざけるな!なぜ、菅の額目がけて頭突きを喰らわさない。なぜ、腹に膝蹴りをキメない。あああ、イライラする!

 

まるで、自民党への期待感を自ら薄めてしまうような発言。結果的に菅政権の延命を助けてしまうような行動。もしや、この人、実は大事なところを誰かに握られちゃっているのではないか。そんな疑念すら湧いてきます。

 

 

 

 

では一体、誰が握っているのか?これは謎です。

 

でも、誰もが失望しきった現政権を、無理矢理維持させようと働く勢力。マスコミを牛耳って、怪情報で国民を騙し、わが国を弱体化させようとする闇の力。そういう見えない敵は確かに存在する。彼らにナニかをぎゅううっとつかまれて、痛い思いを・・・いやいや、キャッキャッと喜んでいるのではないか。

 

国民のそんな不安を払拭する意味でも、谷垣総裁にとって今こそ蛮勇をふるうチャンス。是非、不信任案提出に踏み切って欲しいものです。

 

ま、それにしても、なんちゅうところを握られてるのかと。

 

 

 

 

 

 

posted by yohkan at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 自由民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする