2014年11月12日

安倍サンタの圧勝でメリークリスマス!

安倍総理が月内の衆院解散と12月総選挙断行を決意したらしい。予想外の展開だが、コレってもしや、日本国民への大型クリスマスプレゼントじゃないだろうか。


2014 nenmatsu senkyo.jpg

続きを読む
ラベル:衆院選 安倍総理
posted by yohkan at 13:30| Comment(32) | TrackBack(1) | 自由民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月21日

河野洋平は朝鮮の泣き女だ!

政府が河野談話の成立過程に関する検証結果を発表した。日韓両政府が文言を調整したと聞けばもっともらしいが、つまるところ、敵が求めるままに作文して、根拠もなく謝罪したのだから罪は重い。

河野洋平は当時、官房長官の要職にありながら、韓国の大便者、いや代弁者を演じたのだ。法螺話で被害者面する韓国に調子を合わせ、悲劇の演出を盛り上げる姿は、まるで朝鮮伝統の泣き女だ。


crying kono.jpg

続きを読む
ラベル:泣き女 河野洋平
posted by yohkan at 12:10| Comment(70) | TrackBack(1) | 自由民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月15日

河野談話の作成過程が明らかになれば・・・

「河野談話の見直しは考えていない」と答弁した安倍首相に対し、保守層の怒りと怨嗟の声が渦巻く。石原元官房副長官が国会証言で河野談話の虚構性を暴露してくれたお陰で、見直し気運が高まった矢先、いきなりのチャブ台返しでは、国民がショックを受けるのも無理はない。

しかし、安部首相の答弁は、慰安婦問題に関する従来の見解を踏襲しているだけだ。「歴史認識は歴代内閣の立場を引き継いでいる」「筆舌に尽くしがたい思いをされた方々に対し心が痛む」「歴史は政治・外交問題化されるべきものではない」等々、幾度も聞いたいつもの台詞だ。

一方で菅官房長官は、「政府として河野談話の作成過程を把握して明らかにする」と明言した。売春婦の証言内容を検証するつもりはなくとも、談話を生んだプロセスを解明する。問題点が明らかになれば、見直しに対する考えも変わる、その含みを持たせた首相答弁と捉えたい。


abe suga & ianfu kono.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 09:36| Comment(54) | TrackBack(2) | 自由民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月13日

キツネ目の男

TOKYO自民党のBBSが大荒れと聞いて覗いてみたが、確かに舛添氏推薦に対する批判が凄まじい。誰を候補者に選んでも楽勝しそうな選挙だったのに、自民党はなぜ、よりにもよって人望のない舛添氏を選んだのか。本命と囁かれた小池百合子氏や橋本聖子氏はどこに消えてしまったのか。一体どんなプロセスや思惑で立候補者を絞ったのか知りたい。

ネットの噂によれば、舛添氏は女性問題や金銭問題のみならず、DVなどの性癖やその出自までが晒され、都知事候補者としての資質が問われている。外国人参政権への賛成など政治姿勢も含め、情報が拡散すれば、如何に自民党が強力に推薦する有力候補であろうと、当選は危ういのではないか。


masuzoe in tokyo.jpg

続きを読む
ラベル:舛添氏
posted by yohkan at 09:57| Comment(38) | TrackBack(0) | 自由民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月02日

石破さんの頭に神宿る!

石破さんが僅か1年前余り前、安倍さんと自民党総裁選を巡って争っていたことを忘れている人も多いだろう。幹事長就任以来、マスメディアへの登場機会も減ったし、やや存在感が薄い気もする。しかし夏場の参院選をはじめとして、着実に自民党の組織基盤を固めたのはこの人だ。まさに頼りになる先生だ。

その石破幹事長をメディアが久々に取り上げた。何かと思えば、特定秘密保護法案に反対する左翼のデモを指して「テロ」と呼ぶとは何事だと、石場発言を口汚く非難する。馬鹿マスコミめ、何を云いやがると、ちゃんちゃらおかしい。知る権利云々と屁理屈を並べて、プロ市民が国会周辺で大音量で絶叫するのは、まさに社会秩序を乱す「テロ」ではないか。

ふと思い出すのは、原発に関する石破さんの発言だ。「安全・安心を確認出来た原発は動かさなければならない」、ううう、何と素晴らしい言葉だ。日本経済の屋台骨を壊したい反日左翼が何を喚き散らそうと、われわれ日本国民は安価で安定したエネルギー供給を望んでいる。偏向メディアの批判を恐れ、原発再稼動推進の明言を躊躇う政治家が多いだけに、石破さんの主張は本当に心強い。


hanasaka ishiba.jpg

続きを読む
ラベル:石破幹事長 テロ
posted by yohkan at 13:02| Comment(44) | TrackBack(0) | 自由民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月22日

祝、大勝利!安倍自民党、万歳!

嬉し涙が頬を伝う。自民党が参院選を制した。岩手県や沖縄県など一部の地域を除き、全国的に圧倒的勝利を得た。如何に安倍政権が支持され、自民党が信頼されているかよくわかる。

 

衆参のねじれは解消した。国民の信任と期待に応えて、迷う事無くアベノミクスを推進せよ。果敢に改革を進め、自由闊達な市場を拡大せよ。原発再稼動を推進して、豊かなエネルギーを取り戻せ。憲法改正を実現して、富国強兵を図れ。自虐史観を払拭して戦後レジームから脱却する時がやって来た。

 

 

 

 

さあ、祝杯をあげよう。自民党の大勝を喜び、美酒に酔おう。日本の明るい未来に向かって、乾杯!安倍自民党、万歳!

 

 

 

 

 

 

posted by yohkan at 08:27| Comment(1) | 自由民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月20日

参院選は国を守る戦いだ!この一票は弾丸だ!

明日は参院選だ。自民党の圧勝がほぼ確実なため、投票率が低下しそうだと聞くが、無理からぬ気もする。わざわざ自分が投票しなくても、と思う自民党の支持者もいるだろう。しかし、そんな風に考えて、安心しきっていいんだろうか。

 

敵国のプロパガンダを堂々と拡散する新聞社やテレビ局は珍しくない。虚偽報道にいそしんだり、報道しない自由を発揮して世論を捩じ曲げる左巻き企業も数多い。マスメディアのひと言、ひと言を信じていたら、結局は特亜のペースに嵌ってしまうのがオチだ。

 

先ずは、連日報道される自民優勢は本当かな?と疑おう。もしや、反日メディアは、わざわざ自民党に投票にしなくてもいいよ、と有権者に思わせたいのかも知れない。その裏で、左翼の組織力をフルに生かし、反日勢力をひとりでも多く参議院に送る作戦か。

 

昨年末の衆院選で大勝後、勢いに乗る安倍政権は経済や外交でずばり、ずばりと的確な手を打っている。しかし、参院選でも自民党を圧勝させねば、憲法改正も国防強化も経済再生も震災被災地復興も原発再稼動も、すべて絵に描いた餅になってしまう。ここは日本国民がその投票行動で、安倍自民党をどれだけ熱く支持しているか示すべきときだ。

 

 

 

 

「日本を取り戻す戦い」は始まったばかりだ。この戦いに勝利するため、安倍自民党に一票を投じよう。われわれ日本人の生命と財産と誇りを守るため、反日軍兵士の頭をぶち抜く弾丸。それがあなたの一票だ。

 

 

 

 

 

 

posted by yohkan at 11:00| Comment(0) | 自由民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月13日

剣豪、菅官房長官、韓国をばっさり!

菅義偉官房長官には剣豪の風格が漂う。いつもは飄々とした温厚な侍だが、いざ悪党と対峙すれば、正義の刃をぎらりと光らせる。敵が退散すればそれでよし、歯向かう相手は容赦なくぶった斬る。出来る男とはこういうものだ。

 

簡潔で明瞭な表現でジャーナリストたちをあしらう、記者会見の対応も素晴らしい。日韓首脳会談の見通しを聞かれ、「日本としては緊急の課題なし」と即答した。そうだ。経済破綻目前の韓国はわが国にすがりつきたいかも知れないが、こちらに首脳会談を急ぐ理由など一切ない。いやあ、何とも小気味良い、ばっさり感だ。

 

 

 

 

無論、相手に用がないワケじゃない。韓国に対し、竹島の返還を求め、天皇陛下への侮辱につき正式謝罪を要求したい。世界中で展開する戦地売春婦「強制連行」の噓と過激な反日プロパガンダを止めさたい。さらに200兆円に上ると云われる貸金を、先ずは全額返済させようじゃないか。おっと、仏像だって忘れてないぞ。

 

こうした議題を語らぬのなら、首脳会談には何の意味もない。と、ここまではさすがに云わないが、何となくそういう冷ややかな空気さえ醸し出す。いいなあ、菅官房長官って。同じ名字でも、ずいぶん、菅直人容疑者と違うものだ。

 

 

 

 

 

 

 

posted by yohkan at 09:40| Comment(0) | 自由民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月12日

安倍外交の成果だ!包囲網を見よ!

「歴史問題の解決に向け誠意をもって対応するニダ」と、何故か南朝鮮が上から目線でヌカす。「歴史認識を正して、過去の軍事侵略を反省するアル」と、現在進行形の軍事侵略国家、支那がうるさい。何を云いやがる。お前らの願望や妄想や捏造につきあわねばならぬほど、わが国は暇ではない。

 

歴史とは、史実とその解釈によって構築する思想体系だ。文書や遺跡を辿り、伝統文化と民族の誇りを再認識する学問だ。如何なる理由があろうと、他民族や他国から特定の思想を押し付けられる筋合いはない。三流国家の理不尽な難癖は断固拒否せねばならない。

 

仮に歴史認識と呼ぶ歪んだ特亜思想を受け入れねば、国交が維持できぬのなら、さっさと断交すればいい。100年以上も前に福沢諭吉先生が喝破した如く、わが国には支那も朝鮮も必要ない。直ちに関係を断ち、彼らが崩壊していく様をげらげら笑いながら眺めたいくらいだ。

 

にもかかわらず、支那や南朝鮮と首脳会談が開かれぬことを指し、日本の孤立を叫ぶバカ左翼共が多い。頭を冷やせ、と云いたい。安倍総理の呼びかけに世界各国が呼応して、あっと云う間に支那包囲網が出来たではないか。客観的に見れば、国際的に孤立しているのは支那と朝鮮だ。

 

 

 

 

安倍外交に対して、つまらない難癖をつける野党は所詮、特亜の手先、敵の工作員みたいなものだ。今度の参院選で彼らを叩き落とそう。日本国内でも支那や朝鮮勢力が孤立無援であることを、選挙結果で示そう。自民党の歴史的圧勝を実現し、支那や朝鮮に認識を改めさせようではないか!

 

 

 

 

 

 

 

posted by yohkan at 11:40| Comment(0) | 自由民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月05日

笑顔の安倍総理!捻れたお腹がすっきり!

今度の参院選には大切で明確な目的がある。ねじれの解消だ。

 

半年前に待望の安倍政権が復活したが、常に衆参のねじれが政策の遂行を妨げる。参院で多数派の野党が審議に応じぬまま、出鱈目な妨害工作で重要法案を廃案に追い込む。これじゃ日本は取り戻せない。上半身が前向きでも、腹が捻れて下半身が後ろ向きじゃ一歩も踏み出せない。

 

 

 

 

日本をより強く、より豊かに、より誇り高い国にするために、安倍自民党を圧勝させたい。偏向メディアが垂れ流す反自民、反安倍プロパガンダに負けず、ネットで真実を拡散しよう。勝利は目の前だ。全力で戦おう。そして開票日は、安倍総理のすっきりした笑顔に歓喜の声を上げよう。

 

 

 

 

 

 

posted by yohkan at 10:32| Comment(0) | 自由民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする