2021年11月23日

「聞く力」で媚中?

岸田首相が自ら誇るのは「聞く力」とか。「私は人の話を聞くことが信頼の原点だと思う」と語り、根拠不明ながら「『聞く力』は誰よりも優れている」と胸を張る。

全国の遊説先で様々な人々と会い、話を聴く際、克明にメモを取るそうで、「岸田ノート」と呼ぶ備忘録に国民の声を書き留める姿を、半ば自慢げに自民党のサイトに掲載する。

人様の教えを生真面目に筆記する格好は予備校生にも似て、若い頃は授業に集中し予習復習も怠らぬ秀才型の学生だったか。ま、ソレはソレで結構な資質かも知れない。

しかし、だからどうした?と云う感は否めない。無数の陳情や注進を受け、相手の肩をポンと叩くのが政治家稼業の常であれ、国のリーダーが「聞く力」のみではマズい。

首相に求められるのは、庶民の声に耳を傾けるポーズではない。目指すべき将来像を具体的に示し、諸問題の解決策を打ち出し、国を率いる「信念」と「指導力」こそが重要だ。

わが国は解決不可能な難問を抱えている訳ではない。殆どの課題は、役所の岩盤規制を盾にした既得権益層の執拗な抵抗により、旧弊が放置されているだけだ。

歳入庁による徴税、農業への企業参入、電波オークションなど、デジタル行政や個人番号のフル活用同様、いずれも先進国なら常識の範疇で、やってない方が異常なのだ。

制度改革に着手する気構えも見せず、屁理屈が成長を阻害する日本社会の腐った現実を放置して、ひたすら他人の話を聞き回る首相ではお先真っ暗だろう。

内閣総理大臣は行政の最高責任者ゆえ、頻繁に面談する相手は官僚の幹部連中になる筈で、あれこれ吹き込まれては、必死で「岸田ノート」にメモする毎日ではないのか。

従前から財務省の犬と揶揄される岸田さんだもの、財政破綻の嘘で省益拡大を狙う矢野次官相手に、お得意の「聞く力」で臨み、あっさり洗脳されたに違いない。

そうとでも考えなければ、コロナ禍で経済が萎縮する今、金融所得課税の強化や炭素税の導入、住宅ローン減税の縮小など、国民虐めの増税案を唱えるナンセンスさは理解し難い。

さて、同じく首を捻らざるを得ないのが、岸田政権の親中姿勢だ。外交は軍事・安保と一体で、経済失政による景気停滞の長期化や株価の低迷より余程深刻なテーマだ。

なぜ、中共との対峙が迫られる状況下で、闇雲に友好姿勢を打ち出すのか。チャイナスクールの外務官僚どころか、習近平に対し「聞く力」を発揮したか、と不安になる。


kishida hayashi motegi rev.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 07:27| Comment(49) | 自由民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月07日

林外相?、岸田政権の不安

岸田政権はまだ何もしていない。総裁選直後の暫定政権に過ぎず、衆院選を経て漸く本格的な組閣に着手する段階ゆえ、ソコは致し方ない。

但し、政策や方針すらもハッキリしない。選挙向けの公約は耳慣れたスローガンの類で目新しさはなく、曖昧模糊として具体性に欠けた。

ゆえに総選挙における自民党の圧勝は、党首が「信任を得た」と胸を張る話でもない。選挙民にとって、他に政権を託すべき政党が存在しないだけなのだ。

運良く絶対安定多数を得たものの、ここは2017年の前回選挙結果に比べて、20数議席も減らした結果を恥じ、責任を痛感すべき場面かと思える。

カリスマ的な安倍御大との比較は酷なようだが、キッシーが明快なヴィジョンを示し、大衆から期待される指導者なら、解散前議席数の維持も可能だった筈だ。

「所得倍増」を掲げてみたものの、何ら展望を示せぬまま、「金融所得課税の導入」を突然ぶち上げて株式市場に冷や水を浴びせた間抜けさは救い難い。

社会主義的色彩の強いわが国の立法や行政が「小さな政府」の発想を徹底排除してきた経緯を無視して、「新自由主義政策からの脱却」はナンセンスの極みだ。

「改革」の2文字はどこへやら。岩盤規制を破壊する気構えも見せず、市場活性化による経済成長は諦めたか、パヨク的な「分配」重視を唱える姿が悲しい。

どうやら「新しい資本主義」は看板のみで、中身は要検討らしいがw、首相が方向性を示さぬなら、会議は漂流し、役人の作文ごっこに陥るのが関の山だ。

呆れたのは、中露の艦隊が軍事演習で津軽海峡を侵入した際、首相が沈黙に徹したことか。多忙な選挙中ではあれ、非難声明くらいは出すべきだった。

キッシーにとって大宏池会の復活こそが悲願と聞くが、関心事は党内のパワーゲームのみで、経済にせよ、外交にせよ、確たる政策理念など持たぬようにも見える。

親中派の「謝謝」茂木前外相を党幹事長に据えたのは、氏が会長代行として竹下派を率いる立場だからで、この人事は大派閥構想実現への布石だろう。

空席となった外務大臣に、林芳正氏を起用かと報じられているが、おいおい、日中友好議員連盟の会長サンを外交のトップにさせていいのか?

岸田派(宏池会)の中心人物を重用する腹積りは分かるが、中共に阿り、わが国の「クラスター爆弾禁止条約」加盟を推進した人物はミスキャストだ。

党内に親中派ごときはうじゃうじゃういて、石投げれば当たる状態だとしても、支那の大人然とした容貌は、外相の人選から外すべきだろうw


hayashi mao.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 15:00| Comment(33) | 自由民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月30日

ハロウィンの総選挙

総選挙の投票日が明日に迫る。先の総裁選の熱気そのまま、自民党圧勝ムードがググッと盛り上がるだろうと楽観視していたが、そうでもない。

反日勢力が期待する政権交代は有り得ぬにせよ、立憲共産党が躍進し、自民党は大幅な議席減が予想されるとか。単独過半数の維持が可能か否か判らぬらしい。

マスゴミの願望報道を鵜呑みにするつもりはないし、そもそも国会審議をひたすら妨害する日頃の振る舞いと空疎な公約を思えば、パヨク政党の伸長は信じ難い。

しかし、共産カルトの信仰厚く、反日思想に共鳴する選挙民も一定数はいる。組織的に纏まればソレなりの票数を獲得しそうで、こちらを不安にさせる。

更なる心配がもうひとつ。昨年の米大統領選で終始優勢だったトランプ大統領を、開票集計終盤の土俵際でうっちゃった「バイデンジャンプ」だ。

深夜に偽造投票券を集計所に運び込んだり、外部通信で計数結果を改竄したり、卑劣な工作でバイデン&民主党が辛勝したと云う疑惑は、事実無根ではなさそうだ。

実際、幾つかの州の監査で不正行為が確認され、だからこそ、米国の大衆は今もトランプ氏を熱狂的に支持し、現職大統領に激しいブーイングを浴びせている。

性善説が前提で呑気なわが国だもの、与野党の候補が接戦の地域で、投票の水増しや故意の誤集計など、同様のトリックが横行してもおかしくない。

米国の不正選挙については中共関与説が噂される。親中派がウヨウヨ蠢く日本で、敵の工作が皆無とは思えず、「パヨクジャンプ」発生の恐れは否定出来ない。

・・・などと考えるうち、あれれ?魑魅魍魎が跋扈する陽気な祭りに一抹の不吉さも漂う辺り、総選挙ってハロウィンによく似てるな、と気づく。


halloween general election rev6.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 07:13| Comment(81) | 自由民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月22日

反共精神の源

このところ、総選挙関連のエントリが続く。他に取り上げるべき話題もありそうだが、投票日が刻々と迫る今、ついついそちらに関心が向く。

自民党の甘利幹事長が指摘の通り、今般の総選挙では「自由と民主主義の思想で運営される政権か、共産主義が初めて入ってくる政権か」の体制選択が求められる。

となれば、絶対に負けられない。自民党の圧勝で共産党含む反日野党連合を薙ぎ倒し、わが国に蔓延る悪魔の思想を根絶する契機としたい。

ソ連・東欧、南米、アジア、アフリカの消滅で共産圏は縮小し、残るは中国、北朝鮮、ベトナム、ラオス、キューバのみ。世界的に敵陣営の退潮は明らかだ。

東側の崩壊後、西側の赤い連中がこっそり環境屋や人権屋に転じたのは、共産主義による国家運営は無理筋と、誰の目にも明らかになったからだ。

この経緯を知る者なら全員、カビの生えた全体主義思想を拒絶する筈だが、共産党が装う「弱きに寄り添う」ポーズに心動かされ、共鳴する向きもあるだろう。

体制に歯向かう俺ってカッコいい、と勘違いする中二病患者や、不運や不幸が重なって世を拗ね恨む連中にとって、共産主義は福音のように響くらしい。

大盤振る舞いの現金給付だ、減税だ、との宣伝文句に射幸心(?)をくすぐられる選挙民もいて、人間の浅ましさを思えば、ある程度は致し方ないか。

しかし、政権選択を誤れば地獄を見る。「悪夢の民主党政権」の再現どころか、共産党との協調体制は必ずや、あの時代の苦しみや悲しみを倍化する。

コレは怖い。本当に怖い。そう感じないとすれば、自由と民主主義を否定して個を圧殺し、究極の貧困を招く共産革命の恐ろしさを絵空事と捉えているからだろう。

共産国家の広場に立てられる巨大な銅像を思い出すがいい。独裁者が絶対的存在として君臨し、暴力で国民を抑圧し、反抗する者を躊躇なく殺すのだ。


communist party shii statue.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 08:46| Comment(38) | 自由民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月08日

岸田政権の支持率向上策

新たに誕生した岸田内閣の支持率が4−5割にとどまり、小泉内閣以降の歴代政権に比べて最低水準だと、マスゴミ各社が嬉しそうに伝える。

成立直後の政権を支持するか、しないか、庶民に問うてどうなるものでもなしw。無意味な調査だが、「自民党は世論(?)を甘く見るなよ」が報道の趣旨らしい。

次期総裁候補人気No.1と持ち上げた河野太郎があっさり敗れ、面目丸潰れで悔しさに身悶えするマスゴミは、安直にも岸田サゲで溜飲を下げるつもりか。

但し、岸田総理が地味で華やかさな存在感に欠ける上、打ち出す人事や政策に新鮮味がなく、垣間見える愚策が期待感を萎ませるのは事実だ。

早くも短命政権との予測まで飛び出る始末だが、とりあえず、自民党が総選挙で圧勝し、反日野党を壊滅させてくれなきゃ困る。出来れば単独過半数獲得を望む。

と云うことで、岸田内閣支持率アップに向けた具体策をふたつ提案する。弱小ブログの戯言なんぞ聞かねえよ、との反応しかないだろうが、それでも書く。

先ずは、就任会見で述べた「金融所得課税見直し」検討案の全面撤回だ。選挙前に増税を口にする無神経さは余りに罪深く、コレほどの悪手もない。

さては一律20%の税率が30%に上昇か、との噂が市場を不安に陥れ、菅退陣発表以降の株価上昇ムードを完膚なきまでにぶち壊してしまった。

東京市場の株価下落には、米国の長期金利上昇や中共の恒大集団破綻危機、エネルギー価格の暴騰など海外の諸要因が絡むものの、岸田発言が致命傷となった。

背後で財務官僚どもが蠢き、台本を書いているにせよ、岸田総理は馬脚を現すのが早過ぎる。悪辣な役人どもに踊らされる指導者なら、支持する気は失せる。

次に、再生エネルギー偏重政策だ。見直すなら、頼りない太陽光や風力ごときに重きを置く、亡国的な「環境問題への取組み姿勢」こそ、見直すべきなのだ。

今頃になって、あれこれ功績が讃えられる菅政権だが、2030年度の温室効果ガス削減目標を2013年度比46パーセント減としたのは、未曾有の大失策だった。

前政権の過ちを正すことこそ、新政権の努め。誰が呼んだか知らないが、レジ袋さじ太郎こと小泉進次郎を放逐した今こそ、馬鹿丸出しの方針を転換する好機だ。


koizumi shinjiro david.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 11:52| Comment(59) | 自由民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月05日

新しい日本型資本主義?

岸田総理率いる新内閣が発足した。主要な外務や防衛は留任させ、財務や経産はベテランを配したが、13人もの初入閣がいて、見慣れぬ顔がズラリと並ぶ。

新布陣にもかかわらず、ちっとも新鮮味を感じさせないのは、話題性に欠ける人選ゆえか。地味で控えめな印象が「安定の岸田」流ではある。

但し、安定感は見せながらも安心とは程遠い。岸田総理の「小泉改革以降の新自由主義政策からの転換」なる主張を思い出すと、不安に苛まれる。

巷で「新自由主義ガーッ!」と口汚く罵る声を度々聞くが、大抵、支離滅裂なロジックで、誤った現状認識と勝手な思い込みが多い。

竹中平蔵や高橋洋一、ミルトン・フリードマンなど優秀な学者が唱える経済理論に、根拠もなく「悪」のレッテルを貼り、激しく敵視する様は発狂状態に近い。

政府が厳重な管理で人々の自由を奪い、人権を圧殺するのは、共産主義国家の最たる特徴で、ジョージ・オーウェルが描いた’1984’の世界にも似る。

仮に新自由主義を「国家による規制や干渉を最小化して、市場経済における個人や企業の自由度を最大化する」主義と定義するなら、一体、何が問題なのか?

「大きな政府」が国民経済に全面関与するのは非効率だし、重税化は避けられない。仕事の効率や税負担を思えば、個々の自助努力に基づく「小さな政府」が理想的だ。

振り返れば、小泉政権は郵政民営化を断行したものの、他に目立つ改革は成し得なかったし、以降の歴代政権が新自由主義政策を遂行した経緯は皆無だ。

世界標準に照らせば、自民党はリベラル政党だ。「大きな政府」に徹する安倍政権下では、政府が財界に賃上げを求め、統制経済かヨ、と失笑を買う始末だったw

現時点で、岸田総理の「新しい日本型資本主義」の具体像は不明ながら、本音が古臭い「官僚独裁の日本型社会主義経済」なら、余りにナンセンスだ。


kishida fumio.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 07:36| Comment(24) | 自由民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月30日

高市氏の大健闘

自民党総裁選は大方の予想通り、決選投票で岸田氏が河野氏を下した。反日野党まがいの候補を退ける結果を得て、最悪は回避できたと安堵する。

唯一腑に落ちないのは、身近な職場仲間の国会議員から充分な信頼を得られない河野氏に、なぜ都道府県の党員票が集中したのか?と云う点だ。

国会議員は党員含む一般国民が選ぶ。中央と地方で政治の趣が異なるにせよ、議員票と党員票の動きがかけ離れるのは、何とも不思議な現象だ。

全国の自民党員は、職域や地域の義理人情で登録しているだけで、政治には無関心なのか?TVのワイドショーに踊らさせる高齢の情弱者ばかりか?

あるいは身元調査もなく自民党員になれ、求められるのは僅かな会費のみゆえ、敵の工作員やプロ市民が反日活動の一環で大勢登録しているのか?

もしや「河野ジャンプ」と呼ぶべき不正票の水増し行為はなかったか?と、ついつい米大統領選のバイデンジャンプを思い出し、疑心暗鬼に陥る。

いずれにせよ、有象無象の党員に総裁選の投票用紙を与えるのは乱暴過ぎる。国政の執行における指導者を選ぶのだから、国会議員にのみ選ばせるべきだろう。

「党員票は国民の声に近いから重視すべき」は、マスゴミの詭弁だ。自民党の進路を己の情報工作で思うがまま捻じ曲げたい、唯ソレだけの話だ。

さて、本日掲載の挿絵について、意味合いを問われそうなので予め答えておく。実はこのイラスト、昨日の投開票直前に祈りを込めて作画したのだ。

真正面から理念を語り、確固たる存在感を示す高市氏の姿が、ブログ主の脳内で日本神話に重なり、新総裁就任は確実と信じて祝福の意を込めた。


takaichi goddess.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 06:52| Comment(39) | 自由民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月26日

自滅の石破

出来るだけいろいろな話題を取り上げようと思うものの、ついつい自民党総裁選にのみ関心が向く。29日の投開票日までソレも致し方ない。

何しろ各候補が主張する政策や信条に個性が滲み出て、興味は尽きない。論戦の面白さは、左右に幅広く懐の深い自民党ならではだろう。

本来は与野党間でなすべき政策論争とも思えるが、理不尽なイチャモンに徹する野党と、偏向報道を恐れて防戦一方の与党に期待しても無理だ。

政治家が堂々と理想を語り、課題や解決策を示して信を問う。自民党内の選挙に過ぎぬとも、国民が国の進路を真剣に考える機会となる。

そして民の熟慮を反映し、高市氏が優勢に転じた。TBSが予想アンケートで同氏の人気急騰に、結果を突如「非公開」にする慌てぶりが笑える。

サナエノミクスなど政策実行力が期待出来るし、強い愛国心に裏打ちされた明快な主張が聴く者の胸を打つ。現時点で高市候補が最有力なのは間違いない。

方や、マスゴミが次期総理候補No.1と持ち上げ、圧倒的な国民的人気を称えてきた河野氏は、選挙戦終盤に来て、やるせない失速感を漂わせる。

9月13日付「河野サン、墓穴を掘る」で指摘した通り、語れば語るほどボロを出す。加えて、苦手な質問は回答を避け、ひたすら誤魔化す姿勢が悪印象を広げる。

直前まで菅総理の続投を信じて、総裁選への本格的な準備もせず、派閥の全面的支持も得ぬまま、マスゴミの過大評価を頼りに見切り発車したと分かる。

しかし、河野失速の原因はソレだけじゃない。組織の裏切り者たる「背面シューター」が支援に躍り出た途端、党内の信用が一挙に崩壊したのだ。

幾度も総裁選に挑戦し敗れ続けた人物が放つ負のオーラは強烈で、不幸の連鎖を招く。「自滅の石破」に取り憑かれ、運の尽きた河野太郎も自滅する。


jimetsu no ishiba 2.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 10:00| Comment(26) | 自由民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月21日

自民党総裁選に習近平?

昨年の米大統領選で終始優勢だったトランプ大統領は、票集計終盤に登場した「バイデンジャンプ」により、僅差で予想外の敗北を喫した。

同時に行われた上下両院選も、土壇場の逆転で共和党が民主党に敗れる地域が続出する。但し、発表された得票数は数学上有り得ぬ異常値だった。

当然ながら巷で不正操作が噂され、出所不明な投票用紙の水増し、故意の重複カウント、海外通信による計数データ改竄などを裏付ける証拠が次々に上がる。

不正実行者の懺悔もどきの証言もあり、各地で選挙を覆す訴訟が相次ぐ。しかし、いずれも正式審理に至らず、民主党候補の勝利決定で強引な幕引きとなった。

無論、民主党支持者でも首を傾げる結果に、大半の選挙民が納得する筈はない。米ネット界には不正選挙を糾弾する声が今も飛びかう。

公式には決着済みの大統領選ではあれ、どうして、コレだけ大掛かりなインチキが横行したのか、議論百出の末、信憑性を感じさせるのは中共犯行説だ。

不正操作の温床たる郵便投票は、武漢ウイルスの蔓延で導入された。BLMの過激な反トランプ闘争に絡み、暴動を扇動した中共工作員が逮捕されたりもした。

トランプ前大統領に「悪」のレッテルを貼り、パンダハガーたるバイデンを持ち上げた米メディアが、莫大な中共マネーで汚染されているのは明らかだ。

さて、米国の不正選挙を対岸の火事と眺めたのなら、呑気過ぎるだろう。敵勢力にとって、スパイ法を持たぬ国の政治やメディアを捻じ曲げるのは容易い。

自民党総裁選でも、中共が暗躍するに違いない。米大統領選に比べれば、自民党員の票数を恣意的に操作するなど、至極簡単な話ではないか。

党内ですら人望のない河野候補を「日本国民の過半数が支持」と執拗に持ち上げるマスゴミ報道には、中共の不正工作に加担する意図ありと思えてならない。

冷静に見て、中国共産党の機関紙が真の親中派と褒め称える河野氏は勿論、泡沫候補の野田氏も、その主張は立民や日共と然程変わらぬほど反日媚中一色だ。

反原発も女系天皇推しも夫婦別姓容認も、わが国を弱体化させ、中共を一方的に利する施策であることくらいは馬鹿でも分かる。

と、そんな気持ちで総裁選候補の顔ぶれを眺めれば、高市さんと岸田さん以外のふたりって、あれれ?もしや、習近平国家主席本人の変装だよね?(笑)


xi kono noda rev 3.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 09:03| Comment(32) | 自由民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月13日

河野サン、墓穴を掘る

自民党の総裁選が盛り上がりを見せる。世間が注目する立候補者は高市早苗元総務相で、存在感の強烈さは居並ぶ岸田氏や河野氏の姿を霞ませてしまう。

出馬会見動画の再生回数は瞬く間に100万回を突破したとか。国家・国民への真摯な思いを、具体的且つ明解な政策として示す「鉄の女」の登場に日本中が沸く。

経済政策にせよ、国防にせよ、靖国参拝にせよ、真っ当な見解を語れば語るほど人気の高まる高市氏。マスゴミが泡沫候補扱いするのは最早、不可能だろう。

逆に、語れば語るほどボロが出るのが河野太郎大臣か。突然、拉致被害者奪還を願うブルーリボンバッジを襟に着けたところで、言葉の端々に危うさが潜む。

エネルギー政策を語る際、わざわざ「いずれ原発はゼロになる」と前置きするのは、根っからの反原発屋ゆえか、あるいは、山本太郎のお友達だからか。

皇位継承について、政府有識者会議の議論を尊重するとは云うものの、皇統の継続性を尊重する気はないようで、女系天皇の容認姿勢が見え隠れする。

さらに、首相の靖国参拝は日中共同声明の合意に反すると、まるで中共政府みたいな台詞を吐く。靖国を廃して無宗教の追悼施設(?)を望むあたりは狂気の沙汰だ。

「外国人を批判して自らの鬱憤を晴らす排外主義者」を非難する立場と聞くが、日本を批判して鬱憤を晴らす不逞外国人については、見て見ぬフリらしい。

なるほど、マスゴミが次の総理候補第1位とモチ上げるのも無理はない、と漸く納得出来たがw、保守政党のリーダーに相応しい人物でないことは明白だ。

「星にだって手が届く」とか、吟遊詩人シンジロウみたいな空虚な言葉も哀しい。このヒト、総裁選の立候補を通じ、己の墓穴を掘るようにも見える。


kono digging grave.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 14:59| Comment(47) | 自由民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする