2019年11月20日

安倍作品一挙公開!

万歳!万歳!目出度いじゃないか。本日を以て、安倍首相の通算在職日数が2886日に達した。明日には憲政史上最長と謳われた桂太郎翁の記録を抜き去り、単独トップに躍り出る。

06年9月に発足した第一次安倍政権は、体調不良により僅か1年で終わったものの、12年9月の総裁選に勝利した上、同年12月の衆院選で自民党を圧勝させ、首相として復活を遂げた。

その後のご活躍をここで詳しく述べる必要はないだろう。と云うより、外交、内政のひとつひとつを取り上げ解説していたら、百科事典並みのボリュームになってしまう。

巧みな外交で国際社会における日本の存在感を増し、アベノミクスで景気を回復・拡大させてくれただけじゃない。道半ばとは云え、官僚支配の社会主義的岩盤規制に風穴を開けてくれた。

発狂する「アベガーッ!」族のおぞましくも醜い姿を見るがいい。民主党政権の残滓が払拭しきれないわが国だが、反日勢力と戦い、政治を日本人の手に取り戻してくれたのは安倍首相だ。

現在の自民党総裁任期は21年9月末日まであり、満了予定時の首相在任期間は3567日。支持者として、そんな中途半端な数字で首相の座を降りられては堪らない。

安倍さんの次は安倍さんだ。背中から撃つ党内きっての卑怯者、石破サンや、言語明瞭意味不明のセクシー兄ちゃん、シンジロー君に舵取りを任せれば、日本丸は座礁する。

是非、安倍さんに総裁任期の再延長をお願いしたい。5000日、いや、10000日でも構わない。いっそ永久に首相在職期間を伸ばし続け、歴史に残る「安倍時代」を築いて頂こう。

さて、熱烈なる支持を日々綴り続ける当ブログゆえ、安倍首相への感謝や賛美を題材に数多く作画してきた。本日は「首相在職日数最長到達記念」と称して、その幾つかをご覧にいれる。


abe cutlet curry.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 10:44| Comment(30) | 自由民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月12日

雛壇に並びたかった石破サン

昨11日、第4次安倍再改造内閣が発足した。名付けて「安定と挑戦の内閣」。安倍総理の強力な指導力の下、憲法改正を含む数々の主要な課題に挑むべく、堂々たる実力派揃いの布陣となった。

無論、国民は大歓迎だが、反日勢力にとっては悪夢の始まりか。朝日新聞は、7年目の政権に「ネタ切れ感」が漂うと書き、何がしたいのかわからないと、嫌らしい批判をぶつける。

立憲ミンスの陳哲郎幹事長は「国民不在のお友達・側近重用内閣だ」とケチをつけ、国民ミンスのタマキン代表は「加計学園絡み」で萩生田光文科相を攻撃する構えを見せる。

この期に及んで、まだ、モリカケ問題とやらを持ち出すのかw、と馬鹿っぷりに呆れるが、反日勢力が対抗心を燃やしてこその新内閣だ。彼らが喜ぶ組閣じゃ、わが国の命運は尽きる。

隣の国でも、わが国のマスゴミや野党と瓜二つの論調で、「安倍極右内閣」と断じて非難しているとか。中でも、強面で名を馳せた河野太郎氏の防衛相就任が気に喰わず、発狂中らしい。

そりゃ、ま、理路整然と相手の嘘を暴く河野防衛大臣と、国際的な交渉巧者の茂木外務大臣のタッグチームは、あの国にとって脅威だろう。ざまあ見ろ、としか云いようがない。

何れにせよ、内閣改造を経て政権基盤は盤石となった。各派閥に配慮した大臣起用を通じて、党内の結束も固まった。高支持率を背景に、安倍政治の集大成に向け前進あるのみだ。

さて、自民党に目を向けると、唯一の冷や飯組が石破派だ。同派閥からの入閣はゼロ。かって石橋氏が務めた地方創生担当相にも、同派議員が担った農水相や法相にも、お鉢が回らなかった。

不退転の決意で政治に取り組む首相を助けようともせず、あれだけ背中からバンバン撃てば、当然ではあれ、噂されるポスト安倍候補から、石破茂の名前は完全に消えた。

この親分について行っていいのか?と子分も不安になる筈で、石破派は徐々に縮小するだろう。本人が次期総理を目指すつもりでも、総裁選立候補に必要な20人の推薦が集まるか否かすら怪しい。

新内閣の顔ぶれを眺める石橋氏の胸中には、俺だってモーニング姿であの雛壇に並びたかったとの悔しさや、安倍首相への敵意や嫉妬が錯綜するのではないか。


ishiba chaplin.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 11:00| Comment(54) | 自由民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月08日

河野大臣の続投を望む!

組閣が目前だ。誰を留任させ、誰を起用するのか、全ては安倍首相の胸中にある。数日後の正式発表まで、一切わからない筈だが、まことしやかな噂が飛び交う。

企業の人事異動と一緒で、大した情報もないのに、あれこれ噂を語る人間に限って、己の願望をうっかり披露していたりする。メディアの報道も、彼らの願望の垂れ流しと見て、間違いない。

TVや新聞が繰り返し報じるのは、河野外務大臣の交代説だ。「複数の関係者によれば」なんて表現から察し、現時点では、単なる憶測だろうが、もっともらしく後任に茂木大臣の名を上げる。

朝鮮人募集工(徴用工)のインチキ賠償訴訟を巡り、国際法を踏みにじる韓国政府に対し、毅然として是正を求めた河野大臣は、当然ながら、あちらで随分と嫌われているらしい。

韓国大使を呼びつけた際、先方の支離滅裂な対応について「極めて無礼ではないか」と激怒した様子が、半島には、侍の「無礼討ち」即ち「切り捨て御免」のように伝わったと聞くw

激昂した韓国の世論は、公然と河野大臣の更迭を唱え始め、コレに呼応して、本邦メディアがわいわいと騒ぐ。朝鮮系反日集団たる立憲ミンスの枝野代表まで、唐突に河野外相の辞任を求めた。

数日前、高須克弥先生が「余計なお世話だ韓国。内政干渉するな。無礼者!」とツイートされているけれど(笑)、反日メディアや枝野クンに対しても「無礼者!」と罵声を浴びせよう。

さて、上記ツイートの後に続くコメント欄をご覧頂くと、如何に多くの日本国民が河野大臣を高く評価し、熱く支持し、外務大臣としての「続投」を望んでいるか、よく分かる。

仮に、河野氏の留任が実現しなければ、国内で安倍政権に対する失望感がジワジワと広がるのは間違いない。一方、韓国は勝利の錯覚に酔いしれ、狂ったように快哉を叫ぶだろう。


kono taro popeye.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 14:21| Comment(69) | 自由民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月08日

進次郎さん、クリステルさん、おめでとう!

ここ何回か、南鮮関連のエントリが続いた。有難くもない話題を色々と豊富に提供してくれるが、連日、文ちゃんや背後の金ちゃん、その走狗たる在日朝鮮パヨクがテーマじゃ面白くない。

今日は趣向を変えて、楽しいニュース。小泉進次郎さんと滝川クリステルさんの結婚発表について語ろう。片や将来を嘱望される若手政治家、片や人気アナウンサーの素敵なカップルだ。

政治家としての進次郎さんは、若いけれど、老練な連中に負けない行動力が魅力だ。発言の端々に未熟さを感じることもあるけれど、大物への成長を確信させる何かを持つ。

選挙を勝ち抜いているのだから、世襲の批判は当たらない。初代・爺さん流のコスプレと手振り身振りで、無理に貫禄を見せ付けようと、腹を出っ張らせる北鮮の三代目クンとは違う。

親子だから当然、小泉総理に似たオーラを発するが、既に「ジュニア」イメージは払拭して、独自の存在感を示す。奇人変人と呼ばれる親父さんよりも、むしろメディアの操縦も上手い。

どう見たって2枚目だから、さぞモテるだろう。なぜ独身なんだ?と世間が首を捻っていたら、突然、美人アナウンサーを妻に迎えると発表するあたり、巧みな演出が憎い。

総理と官房長官に挨拶に出向いたが故の偶然らしいが、首相官邸で結婚記者会見も前代未聞。メディアや一般大衆の驚かせ方や喜ばせ方を、肌身で知っている男なのだ。

「妊娠を報告したら、父(小泉総理)が涙した」なんてトークもいいじゃないか。分かるよ〜、その気持ち!って、今、日本全国の庶民が頷いているだろう。丈夫な赤ちゃんを産んで欲しい。


shinjiro & christel.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 10:10| Comment(67) | 自由民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月22日

コレでよかったのか、参院選!?

令和初の参院選は今朝、改選124議席全ての当選者が決まった。自民党は他党を圧して勝利したものの、議席獲得数は57。改選前から9減らし、非改選の議席含め単独過半数を維持できなかった。

外交や経済政策など、八面六臂の大活躍をされる安倍総理の率いる自民党。同党の地滑り的な完全勝利を信じて疑わなかったブログ主にとって、面白くない結果となった。

単純に開票結果に不満を感じるだけじゃない。実は昨日、LAエンゼルスの試合と大相撲の合間を縫い、シコシコと作画したイラストが使えなかったことが残念でならない。

反日野党勢力を壊滅させ、「祝、安倍自民党大勝利!」で鶴亀が踊り花火が炸裂する当初の構図が、獲得議席数に似合ってないし、「さあ、改憲!」の文字がどこか頼りない。

勿論、改憲自体は憲法審査会で審議する筋合いゆえ、自公&維新の改憲勢力が3分の2を割り込んだからと云って、チャンスなしと決めつけるのは、メディアのミスリードでしかない。

しかし、仮に消費税増税を棚上げして衆参ダブル選挙を行えば、結果はどうなったのか?自民党が単独過半数を維持し、改憲勢力も躍進したのではないか、と思うと、身悶えしてしまう。

もっとも冷静に考えれば、今回は真正面から「憲法改正」を唱えて参院選に臨み、圧勝とまで云えずとも、野党を蹴散らして勝利したのだ。国民の信任は得た。改憲に向け進め、我らの安倍総理!

で、イラストについては、没にするのも悔しいので、絵柄とキャプションを手直ししてご覧の通り掲載する。若干の手抜き感が否めないけれど、この点はご容赦願い度い。


abe jimin big victory 2019.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 14:50| Comment(140) | 自由民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月07日

安倍内閣を支持しますか?

数日前の読売新聞が、本社緊急全国世論調査なるアンケート結果を掲載した。主たる質問は、安倍内閣を支持するか、否か?、どの政党を支持しているか?などだ。

どうやら同新聞はこの手の調査を度々行うようで、前回は3月22〜24日に実施している。( )内の数字はその時の結果だ。

*あなたは、安倍内閣を支持しますか。支持しませんか。(回答の数字は%)

・支持する    53(50)
・支持しない   32(35)
・その他      3 ( 6)
・答えない    11( 9)

*今、どの政党を支持していますか。一つだけあげて下さい。

・自民党     38(38)
・立憲民主党    3( 4)
・国民民主党    1( 0)
・公明党      4( 4)
・共産党      3( 2)
・日本維新の会   2( 1)
・自由党      0( 0)
・希望の党     0( ー)
・社民党      0( 0)

3月下旬と4月初旬の実施時期による数値の変化は、新元号発表の影響や、目前に迫る統一地方選挙に向けた投票先の絞り込みを反映しているようだ。

安倍内閣の支持率は着実に上昇した。「令和」も好感度アップに繋がったろうが、常日頃の指導力が国民の支持と賛同を集めていることは間違いない。総理もさぞ嬉しいだろう。


abe smile.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 15:48| Comment(79) | 自由民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月20日

安倍4選を思い、感涙にむせぶ!

つい先日、自民党の二階幹事長が総裁任期延長の可能性に言及してから、安倍総理4選の噂が急に現実味を帯びてきた。今のところ、ご本人は否定するが、満更でもないだろう。

実際、任期は最長2選だった以前のルールを改定して、3選も可能にしたのだから、同じ手法で4選や5選へと延長出来る。所詮、内輪の規則だもの、党員がその旨意思決定すれば良い。

内政も外交も順風満帆なのは、日本丸の舵を取る安倍船長の手腕に依る。たかだか自民党内の決め事により、このタイミングで名宰相を失い、国家的大損失を招きたくない。

無論、年柄年中「アベ政治は許さない!」と叫ぶ反日野党や敵性メディア、パヨク系プロ市民、あるいは彼らの背後に潜む特亜諸国にとって、安倍続投は悪夢のような出来事ではあるだろう。

でも、だからこそ、総裁任期延長を実現させたい。われわれは経験的に知っている。敵勢力が嫌がることこそ、わが国を富ませ、強くし、国民生活を豊かなものにするのだ。

さて、朝日新聞による世論調査で、安倍総理の続投について尋ねたところ、「賛成」27%、「反対」56%の回答を得たと云う。有権者の間で支持は広がっていない、と同紙は解説する。

朝日の電話アンケートに答えるくらいだから、回答者はたぶん、暇を持て余す「左巻き老人」の類だろうしw、サンプル数も質問の文言も不明だから、全くアテにはならない結果だ。

とは云え、朝日だから全部ウソと決めつけることも出来ない。産経新聞とFNNの合同世論調査でも「賛成」31%、「反対」59%と、似たような集計が出ている。

自民党総裁選ゆえ、同党支持者のみを調査対象にしてもいい筈だが、強烈な反安倍派も含めた一般国民相手のアンケートであれば、こんな結果になっても不思議はないようだ。


abe 4sen.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 08:58| Comment(101) | 自由民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月10日

東京都の人権ナンチャラ条例

都議会で「東京都オリンピック憲章にうたわれる人権尊重の理念の実現を目指す条例」が成立した。五輪との関係は不明だが、ヘイトスピーチに規制を掛け、LGBTへの差別を解消する趣旨だと聞く。

ヘイトやLGBTは度々話題になるが、具体的に何を指すのか、言葉の定義は曖昧なままだ。差別、差別と騒ぎ立てるご時世とは云え、こんな大雑把な概念で、よく条例化出来るなと呆れる。

五輪絡みなら何でも通るぞ、みたいな乱暴さが凄い。「条例の宣言で、ホストシティに相応しいダイバーシティを実現する」とは、小池知事らしい空虚な台詞で、馬鹿馬鹿しさに欠伸が出る。

来年4月より全面施行となるが、今のところ、何をどうしたいのかよく分からない。罰則もないし、救済策もない。中身は空っぽで、社会的影響も微々たるモノかも知れない。

但し、条例を以って、ヘイトスピーチ拡散を防止するため、都が公共施設の利用を制限したり、差別的な団体の名称や表現内容を公表することが可能になると云う。

あるいは、都がLGBTへの差別解消に向けた「基本計画」を定め、企業側に取り組みを求めるらしい。勝手な推測だが、男女兼用のトイレを作れとか、珍妙な要求を押し付けるんじゃなかろうか。

ヘイトが何か、LGBTが何か、いやそれ以前に「差別」を明確に定義せず、地方自治体が手前勝手に「言論や表現の自由」を侵害していいのか?おい、小池!いいのか(怒)!


tokyo olimpic 2020 jinken jourei.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 12:10| Comment(70) | 自由民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月01日

ククク、悔しいぞ!沖縄県知事選

先日の自民党総裁選は、ハナから安倍首相の三選が確実視されていた。メディアが石破、石破と必死で煽るも、首相が予想通り圧勝を果たす。嬉しい結果に祝杯を上げた。

気になるのは、むしろ沖縄県知事選だった。反日野党総出で支援する玉城デニー候補は、人気DJとして地元で知名度が高く、選挙戦で終始優勢と聞けば、心穏やかでいられる筈がない。

蓋を開けたら不安が的中し、玉城氏勝利の報が届く。宜野湾市長選に勝ったとて、知事選に負けたら話にならない。擁立した佐喜真氏が敗れた自民党沖縄県支部は、猛省せよ。

それにしても、いいのかよ?と沖縄県民に問いたい。中共の手先となって「一国二制度」提唱者なんぞを知事にしたが為、いずれはチベットやウイグル同様、悲惨な運命を招くかも知れないんだぞ。

中共の洗脳工作に毒されて、沖縄県民は琉球民族であって日本人ではないと信じ込み、軍事基地を押し付けられたと被害者意識に悶えたところで、一体、何の得があるのか。

仮に中共の望み通り、沖縄県から米軍基地が撤去されたら、人民解放軍が大挙して乗り込むのは自明だろう。軍靴の響きに悲鳴を上げたところでもう遅い。支那兵が向ける銃口にひれ伏すのみだ。


okinawa denny.jpg
続きを読む
posted by yohkan at 11:01| Comment(113) | 自由民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月20日

安倍首相のKO勝ちを祝って、乾杯!

待ちに待った自民党総裁選の投開票が、遂に行われた。党所属の国会議員票405、地方票(党員・党友)405の投票結果は、大方の予想通り、安倍首相の圧勝となった。

投票獲得総数は安倍553に対し石破254とおよそ2:1の比率だが、内、国会議員票は安倍329票・石破73票と大差がついた。自民党政治家の安倍支持率は、実に8割を超える。

コレぞ、安倍首相への厚い信任の証明だ。引き続き日本丸の舵を取ってくれ、との党員の願いが投票行動により結実した。この結果、今後3年間、全日本国民が心安らかに暮らせる。

政治外交は安定し、経済も好調が続く。憲法改正で国が強くなる。好き勝手にブログを書き散らす身で、ヌカすべき台詞じゃないが、素人が政治をアレコレ論じるのは不要とすら思える。

さあ、読者の皆さん、安倍首相のKO勝ちを祝い、今宵は祝杯を挙げようじゃないか。興奮と熱狂渦巻く中、鋭いパンチで挑戦者をブチのめし、タイトル防衛に成功した王者を讃えて、乾杯!


abe beats ishiba.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 15:05| Comment(94) | 自由民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする