2020年09月26日

ガースーよ、国民の信を問え

兵法は説く。自軍のパワーが敵軍に優り、勝算が高い時に戦いを仕掛けるべし。勝利を確信するなら、怯むべき理由なし。相手への同情は禁物。グズグズすれば、チャンスを失う。

大多数の自民党議員が早期の解散総選挙を望むのは当然だ。安倍路線継承を謳う菅政権の発足で支持率は鰻登り。方や敵軍、立憲の看板を掲げる合流新党(旧党?)の人気は皆無に近い。

内閣支持率と政党支持率を合計し、100を超えれば現有議席の確保が可とする青木元幹事長のセオリー、通称「青木率」を引き合いに出す迄もなく、自民党の立候補者はぼぼ全員当選出来る。

無論、支持率はアテにならない。新聞社が意図的に上下させる政権攻撃材料でしかないし、先日の総裁選でビリッケツの石破茂氏が、なぜか後継首相候補としてトップの支持率を誇っていた(笑)

それでも、一応の目安にはなる。中共や北鮮・南鮮に寄り添い、与党の退潮と野党の隆盛を報じたいマスゴミでさえ、そんな世論誘導が露骨に出来ないほど、日本国民は菅新政権を歓迎している。

とは云え、このムードが持続する保証は何処にもない。菅氏にとって総理の椅子が座り心地良く感じられるのも、就任早々の今の内だけで、針のムシロに転じる恐れは十分にある。

新政権が打ち出す改革路線に対して、官僚をはじめ、既得権益層は凄まじく抵抗するだろう。マスゴミと手を結んでスキャンダルを捏造し、あらゆる改革の芽を摘もうと画策する筈だ。

証拠も根拠もいらない。モリカケ、サクラ同様、悪意に満ちた印象操作で事件をでっち上げれば、反日野党が延々と騒ぐ。政権を口汚く罵り政策決定を妨害するのが、奴らのシゴトだ。

パヨク勢力は一丸となって「スガガー!」と叫び、卑劣な人格合撃に走るだろう。庶民の眼に移る愛すべき庶民宰相の姿は、私利私欲に塗れた冷酷非道な独裁者へと変わるかも知れない。

プロ市民や敵性外国人がローソクとプラカードを掲げて国会議事堂周辺に集まり、コロナ禍から景気低迷、果ては国際紛争に至るまで、全ては菅政権が悪いと大合唱を始める。

そうなってからでは遅い。菅総理は脳内に様々なシナリオを描いて沈思黙考の様子だが、解散総選挙の適時を逃してはいけない。圧倒的な国民の信を得るべく、直ちに聖戦に臨んで欲しい。


suga general election 2020.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 14:15| Comment(37) | 自由民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月20日

菅総理、霞ヶ関を睨む

わが国は近代的な資本主義国家の体裁をとるが、実質的には、戦中・戦前の翼賛体制が生んだ社会制度をズルズルと引きづって現在に至る、官僚独裁型の疑似社会主義国家だ。

国の土台が左方向に傾いたまま元に戻らず、むしろ転覆しそうなほど傾斜を深めるのも、歪んだ社会制度に起因する。中共や北朝鮮との親和性がヘンに高く、隠れシンパが多いのも同じ理由だ。

この体制ゆえに、民主主義ならぬ官主主義国家と揶揄されるほど、官僚の権限が強く、「朕は国家なり」とでも言いたげなほど、珍妙なエリート意識に凝り固まったクズ役人どもが後を絶たない。

与野党の妥協の産物たる曖昧模糊とした法律を弄び、官僚が己の勝手な解釈で国を運営する。通達と呼ぶ紙切れで法を捻じ曲げ、外国人への生活保護支給みたいなアリ得ヌ話すら現実化する。

事なかれ主義と前例主義に徹して、厄介な仕事はことごとく避け、省益拡大に専念しつつ私腹を肥やす。テキトーな作文を綴って、政治家を操ろうと画策し、企業を脅して虐め、国民を騙す。

例えば、毎夜少女買春に励んだ文科省の元事務次官、前川助平を思い出すがいい。組織的天下りを差配する大罪を犯しながら、受けた処分に逆恨みして、過激な政権批判に走ったあの男だ。

助平クンが「座右の名は『面従腹背』」と明言するあたり、バカ正直なのかw、あるいは世間を舐めているのか。政治家の指示や命令なんぞ糞食らえと、露骨なサボタージュに走る姿が浅ましい。

過大な権力を有する霞ヶ関がこんな奴ばかりなら、国家経済が衰退するのも理の当然。役人が飯より好きな規制や指導・処分が、どれだけ民間企業を萎縮させ、成長の芽を摘んできたことか。

日本にはGAFAが生まれないと嘆く前に、先ずは諸悪の根源たる官僚独裁体制を打破すべき。菅総理はそう考えた筈で、だからこそ規制改革・行政改革への固い決意で組閣に臨んだのだ。

総理は今、厳しい眼差しでジッと霞ヶ関を睨む。本気で改革に挑めば、各種規制で既得権益を貪る各省庁が激しく抵抗するに違いない。反日野党やマスゴミと結託するクズ役人もいるだろう。


suga controls kasumigaseki.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 11:35| Comment(69) | 自由民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月13日

最適最良な後継総理

明日14日に投開票が行われる自民党の総裁選。各候補がそれぞれどれだけ得票するか、興味は尽きないが、当選者は既に分かっている。菅義偉候補が圧勝する。

存在感や期待度で、菅氏は他候補を遥かに凌ぐ。8年に及ぶ第二次安倍政権を支えてきた実力派で、党内の人望も厚い。安倍路線の継続を約束し、国民に安心感を与えてくれる。

告示以降の論戦でも強さが目立った。地味なお人柄だが、簡潔明瞭な言葉で政策や方針を語る姿が、経験や自信を感じさせると共に、石破・岸田両候補の非力さを浮き彫りにした。

テレビ映りを気にしたか、突如、黒縁眼鏡を着用し始めた石破茂氏だが、小道具ごときで凶相が隠せる筈もないw。マスゴミの尻馬に乗って政権批判に徹する長広舌が、視る者を不快にする。

自身を戦国武将に例えると誰か?と尋ねられ、主君を討って三日天下を演じた明智光秀をあげるあたり、周囲を裏切り続けてきた背面シューターならではと納得するが、コレって笑えぬジョークか?

同僚議員にすら支持されぬ石破氏が、メディアが語る世間の支持率トップの嘘に乗せられたか、あるいは北朝鮮の傀儡として出馬せざるを得ない事情があったか、いずれにせよ悲しい話だ。

方や岸田文雄氏も、分断から協調、デジタル田園都市、多様性重視等々、ドヤ顔でマスゴミウケ狙いの言葉をで並べるものの、具体的な構想を示す訳でもなく、中身は呆れるほどスッカラカンだ。

テキトーに綺麗事を喋れば、政治家稼業は成り立つとでも考えているのか。このヒトが本気で安倍総理からの「禅譲」を期待していたとは、にわかには信じ難いほど、小粒感が漂う。

詰まるところ、安倍首相の急な辞任発表で目の前が暗転し、不安に陥った日本国民だが、結果的に最適最良な後継者を得たことになる。菅氏は重責をソツなくこなされる筈だ。

早々の解散総選挙を含め、反日勢力を叩き潰すべく、新宰相には巧みな政治力を駆使して欲しいと願う。いずれ来る復活の日まで、安倍首相にはひたすら療養に努めて頂こう。


suga new pm.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 11:47| Comment(92) | 自由民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月06日

ゲルの凶相

40歳、50歳過ぎの大人なら己の顔つきに責任を持て、と世の賢人は説く。生まれつきの美醜は、子供時代からせいぜい20歳頃までの話。後は、それぞれの生き様が顔を作る。

仏ファッション界の巨匠、故ココ・シャネルは「20歳の顔は自然からの贈り物。50歳の顔はあなた自身の功績」なる名言を遺したとか。化粧に励む女性でもそうなのだ。

素っぴん勝負の男性なら、尚更、誤魔化しようがない。首から上は経験が刻む立体看板であり、色や形が人柄を如実に表す。品性や知性、信条や思想を示す人格の証明書でもある。

真面目な善人なら、安らぎと心地良さを与える穏やかな顔つきになる筈。逆に内面に問題を抱え、悪事を働く連中は、凶悪で貧相な面と化す。交番の指名手配写真を思い起こせば、納得出来る。

不安や不快感を覚える目つき、顔つきは、警告と捉えてもいい。忌むべき人生経験や歪んだ思想、道徳や倫理観の欠如などを示すのは間違いないから、近寄っちゃいけない。

幸いにして近隣に凶悪な人相は見当たらないが、このところ連日、TVに凶相が登場する。イライラするほど間延びした喋り方で、支離滅裂な言葉を紡ぐ醜悪な人相に、吐き気を催す。

言わずと知れた石破茂氏だ。総裁候補として世間の支持率No.1が、マスゴミによる真っ赤な嘘なのは一目瞭然。生理的に我慢ならない男を宰相にしたがるほど、国民は病んでいない。

背面シューターの異名で、身内の背中を撃ち続ける卑劣な人間性。大東亜戦争を侵略戦争と決めつけて中国への謝罪を求め、あるいは半島併合時代の創氏改名を日本の罪とする歪んだ政治思想。

加えて、ネット情報「石破茂、裏切りの歴史」に描かれる暗い過去。元東ドイツ秘密警察が暴露した、北朝鮮で美女をあてがわれた経緯など、腐った生き様がこの顔を作ったのだ。


ishiba creepy face.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 10:40| Comment(69) | 自由民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月30日

復活を日を待とう!

安倍政権の功績を挙げたらキリがない。アベノミクスによる景気拡大は勿論、教育基本法の改正や特定秘密保護法の成立、先帝陛下の御譲位など、長年の政治課題を次々とクリアしてくれた。

セキュリティ・ダイヤモンド構想の実践や日米同盟の強化、集団的自衛権見直しなど安全保障政策の推進により、自国の防衛力を飛躍的に高めただけでなく、世界の平和と安定に貢献した。

その長期政権の指導者が任期半ばにして突然、辞任の決意を発表したのだから、国民の受けた衝撃は計り知れない。速報と同時に暴落した株価が、市場の反応を正直に物語る。

安倍首相の辞任は残念でならないが、持病の悪化との事情であれば致し方ない。投薬で症状を抑えながら、全身全霊をかけて日本国民のために奮闘された首相に対し、心から感謝の言葉を送ろう。

と、まあ、普通ならこう考える筈だが、マスゴミ業界の連中は発想が違うらしい。辞意発表直後の会見で記者どもが発した、下劣で醜悪な質問の数々に仰天し、呆れた。

プロンプターの使用云々とか、モリカケがどうこうとか、あの場で首相に問うべき筋合いか?と首を捻りたくなる。その上、首相への労いを口にするでもないし、退席時に拍手で見送る様子もない。

礼儀も常識も欠く屑記者どもの姿は、とても日本人に見えない。敵性人種が国民の代表を装ってニセ世論をでっち上げ、政治を捻じ曲げているのが実情だとよく分かる。

後任総裁候補として石破茂氏が一番人気との説も、マスゴミ創作のニセ世論には違いない。立憲民主党や共産党のシンパから高い支持を得る怪しい人物が、自民党の総裁になってはいけない。

幸いにして、来る総裁選は両院議員総会でにて議員のみの投票で行われると聞く。自党の議員に人望のない石破氏が、安倍首相の後釜になる最悪の事態は避けられる。

こうなると、岸田氏や河野氏が有力候補なのだろうが、誰がトップに立とうと、外交にせよ、内政にせよ、安倍首相ほど八面六臂の大活躍が期待出来るとは思えない。

ポスト安倍の時期到来に直面し、漠然たる不安がむくむくと頭をもたげる。ああ、良き時代は唐突に終わってしまったなと、気がつけば涙で頬が濡れている国民も多いと察する。

と云うことで、あえてここで安心論を語る。テーマは「復活」だ。


abe mario revival.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 11:11| Comment(112) | 自由民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月23日

最長不倒の在任記録

本23日、安倍首相の連続在任日数が2798日を数え、佐藤栄作氏が有する最長記録に並んだ。明日には単独首位となり、以降、記録をグイグイ伸ばすと信じる。

云うまでもなく、上記の日数は第二次安倍政権の話であり、第一次政権の在任期間も含めるなら、昨年11月時点で明治・大正期の桂太郎氏の大記録、2886日を破っている。

つまり、安倍首相はわが国の現役トップとして、憲政史上最長不倒の記録保持者にして、鋭意更新中なのだ。我ら現代の日本国民は、燦然と輝く安倍時代に生きる果報者と云えよう。

アベノミクスの経済政策断行に加え、安全保障関連法の強化。外交面で日米関係の緊密化やセキュリティダイヤモンド構想の推進など、首相の功績を上げ出したらキリがない。

武漢発の感染症についても、緊急事態宣言を含む適切な対策を矢継ぎ早に実行し、国際比較で信じ難いほど低水準に押さえ込んでくれた。国民への潤沢な支援も、率直に有難い。

更に、反日野党の妨害工作で審議が停滞するものの、任期中に「改憲」を成し遂げるとの明言が心強い。9条への自衛隊明記を含む改憲を多数の国民が願う以上、頓挫する筈がない。

さて、何ともめでたい安倍首相の連続在任記録更新だが、7年半にも亘り毎日毎日、アベガー!アベガー!と虚しく絶叫してきた反日勢力にとって、コレほど悔しい事態もないだろう。

野党・マスゴミ合作で火のないところに煙を立てた、モリカケ糾弾も不発、桜見物批判も失敗。ソレでも、あの連中が己の嘘っぱちを反省する様子は微塵も見られない。


abe number 1.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 15:45| Comment(84) | 自由民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月06日

涙溢れる忠犬物語

日本人の様々な美徳が先の敗戦によって失われた、と嘆く声を聞く。例えば「忠義心」なんて言葉は死語と化し、最早、時代劇か歌舞伎の台詞くらいにしか使われない。

辞書に拠れば、主君や国家に対し真心を尽くして仕えるとの意。民主主義よコンニチワ、立憲君主制よサヨウナラで、国家意識が消え失せた戦後日本だもの、この言葉が忘れられるのも無理はない。

とは云え、嬉々として私生活を犠牲にし、過酷な長時間労働に励むサラリーマンを見れば、対象が君主・国家から会社・上司に変わろうと、忠義の精神は決して絶滅していないと判る。

給与アップや昇進狙いの「滅私奉公」演技など、忠義心ではないと否定する向きもあろうが、武士や軍人のソレも処世術だったかも知れない。人のやることは、いつの時代もそう変わらない。

勿論、誰もが認めるホンモノの忠義心もあり、歴史上は「忠臣蔵」がその典型か。どう考えてもバカ殿でしかない浅野内匠頭に忠誠を尽くし、命を投げ打った赤穂浪士は今も尊敬の対象だ。

身近なところでは、渋谷駅前の「忠犬ハチ公」がいる。銅像が手垢で黒光りするほど観光客が撫で回す人気の源泉は、上野先生に対し愛犬が捧げる忠義心への感動だ。

アレは犬畜生の餌欲しさだなんて、ツマラヌ解説は聞きたくない。無心に主人を愛し、信じ、その逝去も知らず、ひたすらに待ち焦がれるハチ公の姿に、世界中の人々が感涙で頬を濡らす。

雨の日も風の日も、帰らぬ主人をじっと待つ老犬の真似など、そうそう出来る筈もない。「忠義心」なる言葉が通じない現代で、ソレがやれるのは、たぶん、自民党の二階幹事長くらいだろう。

如何なる状況にあろうとも、主人を愛し、信じ、慕い、常に真心を尽くして献身的奉仕に徹する。江戸時代の殿様なら「あっぱれな忠義心」と、褒美を摂らせるレベルに違いない。

尻尾をふって習近平にすがりつく姿は、氏の名誉と尊厳をいささかも傷つけるモノではない。むしろ、日本国民から心ない非難を浴びようとも、決して揺るがぬ盲目的な支那愛が胸を打つ。


xi & dog nikai.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 09:45| Comment(103) | 自由民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月20日

安倍作品一挙公開!

万歳!万歳!目出度いじゃないか。本日を以て、安倍首相の通算在職日数が2886日に達した。明日には憲政史上最長と謳われた桂太郎翁の記録を抜き去り、単独トップに躍り出る。

06年9月に発足した第一次安倍政権は、体調不良により僅か1年で終わったものの、12年9月の総裁選に勝利した上、同年12月の衆院選で自民党を圧勝させ、首相として復活を遂げた。

その後のご活躍をここで詳しく述べる必要はないだろう。と云うより、外交、内政のひとつひとつを取り上げ解説していたら、百科事典並みのボリュームになってしまう。

巧みな外交で国際社会における日本の存在感を増し、アベノミクスで景気を回復・拡大させてくれただけじゃない。道半ばとは云え、官僚支配の社会主義的岩盤規制に風穴を開けてくれた。

発狂する「アベガーッ!」族のおぞましくも醜い姿を見るがいい。民主党政権の残滓が払拭しきれないわが国だが、反日勢力と戦い、政治を日本人の手に取り戻してくれたのは安倍首相だ。

現在の自民党総裁任期は21年9月末日まであり、満了予定時の首相在任期間は3567日。支持者として、そんな中途半端な数字で首相の座を降りられては堪らない。

安倍さんの次は安倍さんだ。背中から撃つ党内きっての卑怯者、石破サンや、言語明瞭意味不明のセクシー兄ちゃん、シンジロー君に舵取りを任せれば、日本丸は座礁する。

是非、安倍さんに総裁任期の再延長をお願いしたい。5000日、いや、10000日でも構わない。いっそ永久に首相在職期間を伸ばし続け、歴史に残る「安倍時代」を築いて頂こう。

さて、熱烈なる支持を日々綴り続ける当ブログゆえ、安倍首相への感謝や賛美を題材に数多く作画してきた。本日は「首相在職日数最長到達記念」と称して、その幾つかをご覧にいれる。


abe cutlet curry.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 10:44| Comment(30) | 自由民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月12日

雛壇に並びたかった石破サン

昨11日、第4次安倍再改造内閣が発足した。名付けて「安定と挑戦の内閣」。安倍総理の強力な指導力の下、憲法改正を含む数々の主要な課題に挑むべく、堂々たる実力派揃いの布陣となった。

無論、国民は大歓迎だが、反日勢力にとっては悪夢の始まりか。朝日新聞は、7年目の政権に「ネタ切れ感」が漂うと書き、何がしたいのかわからないと、嫌らしい批判をぶつける。

立憲ミンスの陳哲郎幹事長は「国民不在のお友達・側近重用内閣だ」とケチをつけ、国民ミンスのタマキン代表は「加計学園絡み」で萩生田光文科相を攻撃する構えを見せる。

この期に及んで、まだ、モリカケ問題とやらを持ち出すのかw、と馬鹿っぷりに呆れるが、反日勢力が対抗心を燃やしてこその新内閣だ。彼らが喜ぶ組閣じゃ、わが国の命運は尽きる。

隣の国でも、わが国のマスゴミや野党と瓜二つの論調で、「安倍極右内閣」と断じて非難しているとか。中でも、強面で名を馳せた河野太郎氏の防衛相就任が気に喰わず、発狂中らしい。

そりゃ、ま、理路整然と相手の嘘を暴く河野防衛大臣と、国際的な交渉巧者の茂木外務大臣のタッグチームは、あの国にとって脅威だろう。ざまあ見ろ、としか云いようがない。

何れにせよ、内閣改造を経て政権基盤は盤石となった。各派閥に配慮した大臣起用を通じて、党内の結束も固まった。高支持率を背景に、安倍政治の集大成に向け前進あるのみだ。

さて、自民党に目を向けると、唯一の冷や飯組が石破派だ。同派閥からの入閣はゼロ。かって石橋氏が務めた地方創生担当相にも、同派議員が担った農水相や法相にも、お鉢が回らなかった。

不退転の決意で政治に取り組む首相を助けようともせず、あれだけ背中からバンバン撃てば、当然ではあれ、噂されるポスト安倍候補から、石破茂の名前は完全に消えた。

この親分について行っていいのか?と子分も不安になる筈で、石破派は徐々に縮小するだろう。本人が次期総理を目指すつもりでも、総裁選立候補に必要な20人の推薦が集まるか否かすら怪しい。

新内閣の顔ぶれを眺める石橋氏の胸中には、俺だってモーニング姿であの雛壇に並びたかったとの悔しさや、安倍首相への敵意や嫉妬が錯綜するのではないか。


ishiba chaplin.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 11:00| Comment(54) | 自由民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月08日

河野大臣の続投を望む!

組閣が目前だ。誰を留任させ、誰を起用するのか、全ては安倍首相の胸中にある。数日後の正式発表まで、一切わからない筈だが、まことしやかな噂が飛び交う。

企業の人事異動と一緒で、大した情報もないのに、あれこれ噂を語る人間に限って、己の願望をうっかり披露していたりする。メディアの報道も、彼らの願望の垂れ流しと見て、間違いない。

TVや新聞が繰り返し報じるのは、河野外務大臣の交代説だ。「複数の関係者によれば」なんて表現から察し、現時点では、単なる憶測だろうが、もっともらしく後任に茂木大臣の名を上げる。

朝鮮人募集工(徴用工)のインチキ賠償訴訟を巡り、国際法を踏みにじる韓国政府に対し、毅然として是正を求めた河野大臣は、当然ながら、あちらで随分と嫌われているらしい。

韓国大使を呼びつけた際、先方の支離滅裂な対応について「極めて無礼ではないか」と激怒した様子が、半島には、侍の「無礼討ち」即ち「切り捨て御免」のように伝わったと聞くw

激昂した韓国の世論は、公然と河野大臣の更迭を唱え始め、コレに呼応して、本邦メディアがわいわいと騒ぐ。朝鮮系反日集団たる立憲ミンスの枝野代表まで、唐突に河野外相の辞任を求めた。

数日前、高須克弥先生が「余計なお世話だ韓国。内政干渉するな。無礼者!」とツイートされているけれど(笑)、反日メディアや枝野クンに対しても「無礼者!」と罵声を浴びせよう。

さて、上記ツイートの後に続くコメント欄をご覧頂くと、如何に多くの日本国民が河野大臣を高く評価し、熱く支持し、外務大臣としての「続投」を望んでいるか、よく分かる。

仮に、河野氏の留任が実現しなければ、国内で安倍政権に対する失望感がジワジワと広がるのは間違いない。一方、韓国は勝利の錯覚に酔いしれ、狂ったように快哉を叫ぶだろう。


kono taro popeye.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 14:21| Comment(70) | 自由民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする