2012年11月01日

着物姿の偽写真で、ますます人権法が怖くなる!

尼崎大量殺人事件の凄惨さは度が過ぎていて、正視に堪えない。その上、養子縁組や改名や偽装結婚などが奇妙に絡み合って、人間関係がとても複雑だ。しかし、気持ちが悪くて分かりにくいからと云って、警察が事件の公表を躊躇い、新聞やテレビが報道を自粛するわけがない。

 

前代未聞の凶悪犯罪であればこそ、警察は犯人の顔写真や犯行経緯を世間に晒し、より多くの情報収集に努めて当然だ。ちょっとしたスキャンダルでも関係者の生い立ちを調べ上げ、小学校時代の作文まで見つけて騒ぐマスメディアなら、犯人像をより克明に報道するのが普通だ。

 

にもかかわらず、この事件の警察発表やマスメディアの扱いは何かヘンだ。事実を明らかにするより、むしろ、世間の目を誤魔化して真相を隠蔽したいかのようだ。例えばメディアが一斉に報じた主犯格の顔写真が、全くの別人だった件など、単純な事実誤認ではあり得ない。警察に照会すれば直ちに解明するコトだ。

 

 

 

 

顔写真を悪用された女性は着物姿だったが、角田美代子は日本人だと刷り込む印象操作だった疑いが強い。それなら何処の出身者だとなるが、甥っ子で実行犯の李正則が韓国人だから、同じく半島系だろう。この事件と関係はないが、韓国のソウルで慰安婦デモに参加した自称日本人が着物姿だったことを思い出す。どこかで着物=日本を意識した人間が、故意に偽写真を流布したのではないか。

 

在日犯罪だと通名で報道し、しかもメディアがニュース自体をウヤムヤにする悪癖があるので、今回の騒ぎもその類いかも知れないが、警察が異様に及び腰なのが気になる。監禁の被害者や発見者が警察に助けを求めなかったとは考え難く、警察は通報を無視したか、あるいは犯人と裏で繋がっていた可能性がある。

 

さらに遺体のコンクリート処理などプロの仕事だろうし、遠方に逃げた監禁被害者を1日で捉える情報力を考えると、犯人グループは背後により大きな組織を持つように思えてならない。日本国内で人を殺して富を収奪するネットワークを、敵国勢力が構築しているのかと思うとぞっとする。これで人権救済法案など通されたら、すべての日本国民が監禁被害者だ。コレは怖い。

 

 

 

 

 

posted by yohkan at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 憲法・司法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月21日

ガクガクブルブルで人権をゴリ押し!?

人権救済法案に反対する松下金融大臣が不審死を遂げた途端、案の定、野田内閣が同法案の閣議決定を凶行した、いや強行した。もうひとりの反対派、松原国家公安委員長は外遊中だったが、騙まし討ちに合ったワケじゃないだろう。松下大臣の悲劇を目の当たりにした松原氏はガクガクブルブル状態になって反対する気も失せ、閣議決定なら自分のいない間にやってくれと、国外に姿をくらませたのではないか。

 

それにしても、なぜ、野田はわざわざ閣議決定を強行したのか。被災地の復興や景気対策はもちろん、外交も防衛問題も放ったらかしの内閣が人権だけ突っ走るのは何かヘンだ。巷では民団や総連、部落開放同盟など支持団体に対して、民主党が実績作りをアピールするためだと云うが、実はそんな生易しいものじゃない気がする。だって幾ら支持団体が喜ぼうと、日本人の人権を圧殺する悪法を押し進めれば、次の選挙で自分達の議席がさらに減る。政党や政治家の行動として辻褄が合わない。

 

思うに、実は野田自身が非日本人組織や背後の敵国に脅されているのではないか。何しろ、彼らにとっては、「人権救済機関」の思想弾圧と言論封殺によって日本国民を制圧することが悲願だ。悪法を成立させるためなら、首相を脅してガクガクブルブル状態に追いつめることも厭わぬ筈だ。命を狙うのか、金や女のスキャンダルを暴露するのか、脅迫の手口は幾らでもある。そもそも長い付き合いの間に、野田はいろんな弱みを握られているだろう。

 

 

 

 

数日前に立会演説会で涙目になった野田を見て、恐怖に怯えて泣いているような気がした。経験豊かな政治家が、素人に野次られまくったくらいで泣くのもおかしい。きっと潤んだ瞳で、国民に自らの窮状を訴えたに違いない。よし、助けてやる。助けてやるから、早く衆議院を解散しろ。非日本人勢力の脅しから逃れたかったら、第二次安倍政権誕生に協力するのが一番の早道だ。

 

 

 

 

 

 

posted by yohkan at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 憲法・司法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月04日

これが人権救済機関設置法案のポスターだ!

民主党念願の「人権救済機関設置法案」について、法務省が今月20日の閣議決定を目指して調整中だ。国民の反対は根強いが、先ずは同省の外局として「人権委員会」を立ち上げてしまえと云う乱暴な法案だ。首相が任命する人権委員が国民の思想や言動を取り締まる、北朝鮮の秘密警察みたいな組織を作るつもりだ。

 

人権侵害や差別を監視するとの建前はもっともらしいが、それじゃ何が人権侵害なのかと云う「定義」がない。しかも国家行政組織法3条に規定される委員会ゆえ、政府から独立性が高く警察も司法も無関係だ。突如として超法規的な思想弾圧組織が誕生し、一握りの得体の知れない連中が「人権だ、差別だ」と騒いで一般国民を小突き回すのだ。われわれは知らぬ間に犯罪者に仕立て上げられ、逮捕監禁され重罪を課され、ふつうに市民生活を営む権利を剥奪される。これは怖い。本当に怖い。

 

その上、経験的に判ることだが、そもそも「人権だ、差別だ」と騒ぐ連中にロクなのはいない。何ら公共の精神を持たず、利己的な主張だけを繰り返し、あさましくも税金を掠め取ろうとする人間の屑が多い。捏造の自虐史でわが国を貶め、日本国家の解体を企てる非国民もいる。隣国を故郷と慕い、反日思想に凝り固まって利敵行為を働く売国奴もいれば、工作員もどきの外国人もいるのだ。彼らに警察や司法を超越する権利を持たせたら、日本国民にとって地獄の日々が待っているのは自明ではないか。

 

 

 

 

同じ法案であっても、デフレ不況だから導入のタイミングが悪いよねと云う消費税増税とは次元が違う。「人権救済機関設置法案」なんて前代未聞の悪法を通してはならないし、まずは閣議決定させてはならない。絶対に許しちゃいけない。国会議員の皆さんにメールや電話で、この馬鹿法案を潰してくれとお願いしよう。さすがに民主党でも反対者がいるらしいから、協力してもらおう。今こそ全日本国民が結集するときだ。非国民どもに弾圧されてたまるか。

 

ちなみにZ旗新聞によると、1年間で法務省に届けられる人権侵害問題21,696件のうち、21,500件は現行法で解決しているそうだ。申し立ての99%も解決してしまう人権先進国たる日本で、「人権委員会」は無用だ。必死で法案を通したがる輩は、日本を支配する野望を抱いていると見て間違いない。まるで悪魔だ。

 

 

 

 

 

 

posted by yohkan at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 憲法・司法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月29日

警察官の発砲を告訴した世紀の馬鹿裁判!

車上荒らしを追跡した際、やむなく発砲した警官二人に対し、奈良地裁が全面無罪を言い渡した。当たり前だ。警察官が状況に応じて拳銃を使用するのは、職務遂行の範疇だ。犯人が怪我しようとくたばろうと、警察官が罪に問われるわけがない。そもそも何故、こんな無意味な裁判をやっているのか理解に苦しむ。

 

どう考えたって、職務質問を振り切って逃走した犯罪者が悪い。しかも猛スピードで暴走し、あちらこちらに衝突を繰り返し危険極まりなかったのだ。一般市民が被害に巻き込まれるのを未然に防いだ警官は英雄ではないか。それをマスメディアは「奈良県東郡山市の警察官発砲事件」と報じて、警察官を非難するような印象操作を企てる。ふざけるな。「車上荒らし逃走事件」と呼ぶべきだ。

 

さてこの裁判、誰が訴えたのかと思えば、原告は死んだ窃盗犯の母親だった。報道によると窃盗犯のふたりは平田敦と高壮日。警察官の発砲で運転席の平田は怪我をして、助手席にいた高は死んだ。この男は当時28歳だったから、母親は若い息子の急逝にショックを受けて逆上し、訴訟を起こしたに違いない。悲しみは察するが、親なら育て方が間違っていたと己の至らなさを反省すべきだった。

 

この母親、金順得さんは判決後の記者会見で「この裁判はめちゃくちゃだ。こちらの言い分を聞いていない」と怒りと不満をぶつけたそうだ。そのうえ控訴審に思いを馳せ「これからです。絶対勝ちます」と誓ったらしい。何だそりゃ。今に至るも全然反省の様子なく、非常識が度を越えて気が触れているような印象だ。

 

ちなみにこの事件、2003年9月に発生し、同11月に母親が警察を告訴した。その後、2006年に奈良地裁が不起訴と判断したが、2010年に原告が損害賠償請求を起こし、請求棄却決定を不服として大阪高裁に控訴。昨年末、再び奈良地裁で裁判員裁判に至った経緯がある。裁判制度の詳細は知らないが、こんな世紀の馬鹿裁判に10年近くの歳月を費やすなんて、税金の浪費だ。

 

 

 

 

一方、職務を全うしただけで、くだらない裁判に撒きこまれた被告の警察官がお気の毒で仕方がない。社会の平和と秩序を守るため、醜き犯罪人に正義の鉄槌を下されたおふたりに、警察庁長官賞か国民栄誉賞でも差し上げたい。それが無理でも、せめて全日本国民から励ましと感謝のメッセージをお送りしたいと思う。

 

「萩原さん、東さん、貴方達のご活躍を心から讃えます。本当に有難うございます!」敬礼!

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by yohkan at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 憲法・司法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月20日

凶悪犯を観衆の面前で死刑にする!

光市母子惨殺事件は身の毛のよだつような恐ろしい事件だった。1999年、男が乱暴目的で他人の家に押し入って歳若い奥さんを殺害した。遺体を陵辱後、泣いてすがる赤ちゃんを床に叩き付けた上で、絞殺した。まさに絵に描いたような凶悪犯だ。

 

犯人の福田孝行は数日後に逮捕され、1・2審では無期懲役となったが、2008年に最高裁がそれを破棄して、差し戻し審で広島高裁が死刑を云い渡した。当たり前だ。死刑は当然だ。ところが、こいつ何と上告した。人を平気で殺しておきながら、自分は死にたくないらしい。で、今日、最高裁が控訴を棄却して死刑が確定した。ざまあみろ、だ。

 

犯行当時は18歳だったそうだが、若さは罰を軽減する理由にならない。仮に更正しても被害者の命が戻るわけでもないし、反省なんてフリでも出来る。同情すべき環境で育ったと聞くが、そんな人たちは社会に沢山いる。それでも皆、人に迷惑かけず真面目に生きているのだ。残忍な殺人を犯した者には死刑が相応しい。

 

さらに注文をつけるなら、死刑をこそこそと執行して欲しくない。悪い奴に厳罰が下る場面を広く世間にしらしめるべきだ。何しろ、死刑には殺人事件などの凶悪犯罪を抑止する力がある。観衆の面前で派手に執行する公開処刑こそ効果的だ。劇場でショー形式で行うもよし、テレビやインターネット中継で全国に届けるもよし、だ。

 

 

 

 

ところで世の中には、進歩的な人道主義者を気取る死刑廃止論者がいて、殆どが左巻きだ。死刑執行から逃げている民主党政権の歴代法務大臣は、揃いも揃ってその類いだ。何故、彼らは死刑廃止論者なのか。たぶん彼ら自身の思想や境遇が凶悪犯と共鳴するのだろう。それに、ああ云う連中でも、人殺し同様、国家反逆罪には死刑が架せられるくらい、よく分っているのだ。

 

粛々と死刑を進めるような立派な人物にこそ、法務大臣になって欲しい。

 

 

 

 

 

 

posted by yohkan at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 憲法・司法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする