2021年05月03日

憲法なんか要らねえよ!

祝祭日の意味合いは何処へやら、いずれも単なる休日となった昨今。憲法記念日は黄金週間の一構成日に過ぎないが、どんな日だっけ?と振り返ってみるのも悪くない。

敗戦で打ちひしがれたわが国に、占領軍率いるマッカーサーが憲法草案を押し付けたのは1946年(昭和21年)秋。枢密院可決、天皇裁可を経て、新憲法が10月29日に成立した。

同法は11月3日に公布され、施行は6ヶ月後の翌1947年(昭和22年)5月3日。明治の元勲が練り上げた大日本帝国憲法を葬ったこの日が、皮肉にも憲法記念日になった。

方や公布日は「自由と平和を愛する」趣旨(?)で文化の日となる。11月3日、天長節あるいは明治節として日本国民が祝ってきた明治天皇の御誕生日は、暦からあっさり消えた。

国際法は戦勝国による敗戦国の統治を認めるが、現地の法律改変は禁じている。との主張をしばしば聞くが、占領政策の一環で、強引にヤラレちまったモノは致し方ない。

国会で審議了承した正式文書に御名御璽もあるじゃないか、と指摘されれば、グウの音も出ない。はいはい、日本人の手による新憲法でござんすよ、と頭を下げようか。

とは云え、敗戦で丸腰状態のわが国が占領軍の脅しに屈した経緯を思えば、憲法記念日に嬉しさなど微塵も感じない。先ずさっさと暦から消すべきは、この不愉快な祝日だ。

憲法も要らない。英国は成文憲法を持たずして、堂々たる法治国家として機能する。占領基本法そのままの屈辱的な憲法モドキを廃止して、一体、何の問題があるか。

大日本帝国憲法を復活させ、時代環境の変化に合わせて修正するのも一案だが、憲法改正が遅々として進まぬ現況を見れば、云うは易く行うは難しと分かる。

9条がナンチャラで、平和ガ〜、人権ガ〜と叫ぶ低脳パヨクどもを相手に、憲法論議は不毛の極み。いっそ、現行憲法をゴミ箱に入れ、慣習法で対処する方が余程スッキリする。


macarthur constituion 4.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 09:50| Comment(127) | 憲法・司法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月27日

スパイ法制定を急げ

先週、米国政府がテキサス州ヒューストンの中国総領事館に閉鎖を命じた。「米国の知的財産と国民の個人情報を保護するため」との理由で、同館がスパイ活動の拠点と化していたと説明がつく。

慌てた領事館職員は当局の退去命令に従わぬまま、中庭で書類を大量にボンボン燃やし始める。火炎と煙の凄さに市民が仰天しw、消防と警察が緊急出動する騒ぎになった。

その警察官らの入館すら拒否したと云うから、館内に余程マズい証拠が山積みだったに違いない。総領事はBLM騒動を画策したと噂される人物ゆえ、叩けば埃が出るのは当然か。

コトはヒューストンに収まらない。FBIは在サンフランシスコ中国総領事館が匿っていた人民解放軍の女性将校を拘束した。「研究者」を装いビザを不正取得した人物とされる。

米国政府はこの領事館にも閉鎖命令を出す用意があるらしい。偽ビザの軍人云々以前に、同館は地元カリフォルニア州のIT産業を狙うスパイの巣窟と囁かれていたのだ。

勿論、中国政府も黙っちゃいない。米国への対抗措置として、四川省成都市にある米国総領事館がチベットの撹乱を誘う違法な活動を行っていると非難し、閉鎖させる意志を表明した。

まさに緊迫した事態だが、本件に関するマスゴミの扱いは驚くほど小さい。報道する際も、米中対立の深刻化を嘆いて見せるだけで、日本は関わりなしとでも言いたげだ。

冗談じゃない。われわれが懸念すべきは、日本国内における中国のスパイ活動だ。世界の最強国で情報窃取に挑む連中だもの、軟弱なわが国がどれだけの被害に合っているか、想像するのも恐ろしい。


chinese spy xi.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 09:21| Comment(92) | 憲法・司法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月20日

パヨクが喜ぶ裁判所

ヘンなタイトル↑だが、何だ、こりゃ?と仰天した最近の裁判について書く。脱力系ブラックジョークみたいな話だが、司法の左傾化を示すホントは怖い話でもある。

先ず、1週間ばかり前に見掛けたニュースだ。50代の男性が職場で女子トイレの使用を認めないのは「不当な差別」だとして、処遇の改善や慰謝料を求めて、国を提訴したと云う。

失笑する読者もいるだろうが、書き間違えじゃないよ。原告は性同一性障害とされる経産省職員で、勤務先の国を訴えたのだ。慰謝料の請求額はどう計算したか、1650万円にも上る。

悲願の女子トイレ使用が許されぬ上、2階以上離れたフロアのトイレを使えとの職場側の指示に、男性は不満を募らせて訴訟に及んだらしいが、コレって、信じ難い裁判沙汰ではある。

社会通念上、どんなに言い訳しようと、オXXXXのついたオトコが女子トイレや女風呂に入れる筈がないw。こんな間抜けな訴訟が成り立つのか?裁判所は余程暇なのか?と疑いたくなる。

ところがだ。驚くじゃないか。東京地裁は「個人が認識する性別にあった社会生活を送る法的利益は保護されるべき」として、「女子トイレの使用を認めないのは違法」との判決を下したのだ。

裁判所は敗訴した国に、女子トイレ使用禁止措置の取消しと原告に対する130万円の賠償を命じた。訴状の要求より大幅に減額されたものの、コンナモノに血税が・・・と思えば悲しくなる。

仮に自分が裁判長なら、女装のおっさんに「男子トイレを使え」と命じる。朝顔型の小便器が嫌なら、大便用の個室を使え。個室なら男性用も女性用もたいして変わらない筈、と付け加えてもいい。

この判決により、口紅をつけスカートを履いたドスケベ変態男が大挙して女子トイレに出没し、覗きや盗聴、強姦に精を出すかも知れない。想像力の欠如した左巻き裁判長の存在は怖い。

さて、次だ。数日前、パヨクが泣いて喜ぶ判決が出た。フリージャーナリストを自称するお仲間の女性が、本職のジャーナリスト、元TBS記者の山口敬之さんを性暴行被害で訴えた民事裁判だ。


justice scale and hummerのコピー.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 09:26| Comment(65) | 憲法・司法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月12日

川崎市が日本人の言論を封殺?

平成28年6月、「本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律」が成立したと聞き、首を傾げた。何が「不当な差別的言動」か、要領を得なかったからだ。

「適法に居住する外国人やその子孫に対する不当な差別的言動」は仰々しく響くが、曖昧な言葉だ。第二条で下記の「定義」を示すが、大雑把でハッキリした輪郭がない。

「公然とその生命、身体、自由、名誉若しくは財産に危害を加える旨を告知し又は本邦外出身者を著しく侮蔑するなど、本邦外出身者を地域社会から排除することを煽動する不当な差別的言動をいう」

おいおい、コレなら、どんな解釈も成り立つゾ。感受性や理解力は千差万別で、言葉の受け止め方も人により違う。異文化に暮らす外国人なら尚更で、拡大解釈するケースも出るだろう。

となれば、何気ない言辞の断片が「差別的発言」とされ、法に抵触するかも知れない。基本的人権たる思想や表現・信条の「自由」を悪法が侵す可能性もある。恐ろしき哉、思想警察の出番か?

そもそも、相手が日本人か外国人かを問わず、危害を加える意思が明白なら、旧来の侮辱罪や脅迫罪、恐喝罪で罰すればいい。敢えて目新しい法律を作る必要がどこに有ったのか?

このあたりは、立法府で動いた西田議員(自民党)に尋ねなきゃ分からないが、何れにせよ、法律として無理があるから、罰則なしで取組推進の「理念」のみを唱える体裁になったと察する。

ところがだ。数日前、神奈川県の川崎市議会が、上記の国法を基に、ヘイトスピーチに「罰金」の刑事罰を科す全国初の差別禁止条例案を可決したと知り、心底驚く。

如何なる言葉が同条例に違反するか、明確な規定はなく、解釈次第でどうにでもなる。一部の市民の告発を以って、「本邦外出身者に対する不当な差別的言動」と決めつけるのは、極めて危い。


kawasaki hate regulation.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 08:49| Comment(55) | 憲法・司法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月28日

高齢者の運転免許を買い取れ!

近頃の流行り言葉は、「人生100年時代」や「生涯現役」か。年金の制度設計に失敗した政府の役人どもが、己の罪を誤魔化すつもりで「働け、働け」と喧伝するように思えて仕方がない。

実際、医療技術の進歩で、子供の死亡率が激減する一方、「お前はもう死んでいる」状態の高齢者をチューブでぐるぐる巻きにして延命治療を施せば、平均寿命は伸びて当たり前。自慢にもならない。

今の年寄りは昔と違う、ずっと若くて健康だ、と誰もが口にするが、本当か? 自分を愛してくれた爺ちゃん婆ちゃんと、時代が異なり、仕草や服装は違っても、中身はまるっきり同じ老人だろ。

ヒトの経年劣化を考えれば、カラダが100%動くのは、精々50歳迄。その後は肉体の衰えに連れて、脳のメモリーやアクセス機能も壊れ、神経は断線する。還暦は合理的な「区切り」なのだ。

にもかかわらず、政府提唱のスローガンを鵜呑みにして、人生100年と信じ、自分は現役だと錯覚する高齢者が多いから始末に悪い。無闇にクルマを暴走させて、悲惨な交通事故を起こす。

池袋で若い母娘を轢き殺した飯塚幸三なる男は、何と87歳。しかも、足を怪我して通院中の状態だったと聞く。何故、こんな危ない奴がハンドルを握っていたのかと、強い憤りを禁じ得ない。

勘違い老人による悲劇を繰り返さぬためには、運転免許に年齢制限を設けるべきだ。18歳未満の若年者は免許が取得出来ないように、例えば、後期高齢者は運転不可と法律で定めればいい。

こう書けば、農村部や過疎地では生活が成り立たないと、反発を招くだろうが、無辜の人々の命を救うため、道路も自動車もなかった昔を思い出して、多少の不便は我慢して貰おうじゃないか。


licensed to kill 2.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 09:00| Comment(130) | 憲法・司法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月19日

白鵬とナオミちゃんと国籍法の話

白鵬が日本国籍を取得するため、モンゴル国籍からの離脱を同国政府に申請したと云う。相撲ファンとしてのみならず、一日本人として、大横綱の帰化を歓迎したい。

以前から、本人は外国籍のまま「一代年寄」の名跡を希望してきたが、日本相撲協会は頑として認めなかった。引退後、親方として協会に残るには日本国籍を要す、との決まりがあるからだ。

国家とは運命共同体ゆえ、白鵬自身、国籍変更には躊躇いがあったろう。自国で英雄と称される立場だもの、なかなか帰化に踏み切れぬ事情もあったに違いない。

その上、抜群の活躍にも関わらず、外国人差別的な嫌がらせやバッシングを浴びて来た白鵬だ。ルールがはっきりしない角界で、品格が足りないとか、取り口が卑怯とか、あらぬ非難に晒される。

従い、悩みに悩んだ末の結論に違いない。われわれファンが、そして同胞が、これまで以上に熱く応援して、日本国籍を取得して良かったなあと、是非、白鵬にそう感じて貰おう。

と、ここまで書いて、国籍について悩む、もう一人のスーパースターを思い出す。日米両国の国籍を有する「テニス界の女王」大阪なおみ選手だ。

蓮舫みたいな悪党がいるため、二重国籍は問題なし、との誤解も広がる昨今だが、わが国の国籍法は「22歳に達するまでに、いずれかの国籍を選択せねばならない」と明確に定めている。

しかも、法務大臣は外国籍を有する日本国民に、国籍を選択せよと催告出来る。その旨通知を受けた者は、1ヶ月以内に日本国籍を維持するか、喪失するか、どちらか選ばなくてはいけない。

つまり、法的に考えれば、大阪なおみ選手が22歳の誕生日を迎える今年の10月までに日本国籍を選択しなければ、翌11月時点で、日本人とは呼べなくなってしまうのだ。


hakuho & naomi.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 08:01| Comment(100) | 憲法・司法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月08日

まるでお白州、「人質司法」

保釈され東京拘置所を出るゴーン氏の姿に驚いた。無罪を主張する身なら、堂々と振る舞えばいいのに、作業服とマスクで変装しコソコソと軽ワゴン車に乗り込む姿が、何ともみっともない。

珍奇な変装は保釈に立ち会う弁護士のアイデアだったらしいが、云われるがままに化けた本人の心境が理解出来ない。察するに、100日に及ぶ拘留期間を経て、精神が萎縮したか。

逮捕前の華麗な生活とは一転、狭い独房に閉じ込められた上、連日連夜、長時間の尋問を受け、自白調書への署名を強要され続ければ、惨めさに心を病み、卑屈になっても不思議はない。

主任弁護人の弘中弁護士は、東京地裁の保釈決定について「認められてよかった。『人質司法』がなくなるきっかけになってほしい」と話したが、真っ当な意見として拝聴した。

嫌疑を認めず自白しないからと、ただソレだけの理由で、検察が人権を無視し、容疑者を意のままに長期拘留出来る民主主義国家など、わが国を除いて他に存在しない。

しかも、99.9%の起訴後有罪率ゆえ、検察がそうと決めれば、容疑者は即ち、ほぼ罪人確定だ。コレじゃ、日本はロシアや中共並みの司法後進国だと、海外から見做されても致し方ない。

江戸時代のお白州同様、虫ケラどもはつべこべヌカさず、お上の裁きに従えと、検察や裁判所が腹の底で考えているのなら、現代の司法・裁判制度とおよそ程遠い概念だ。

そこには何ら疑問を抱かず、メディアの報道を鵜呑みにして、推定無罪の原則も忘れ、お奉行様が「打ち首獄門に処す!」と申し渡せばいいのに〜、と期待する庶民は、脳内構造が明治維新以前か。


ghosn at oshirasu.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 08:47| Comment(93) | 憲法・司法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月15日

結婚はオトコとオンナ

TVニュースに登場した十数名の中年男女が、裁判所前をぞろぞろ行進する。後生大事に抱えるプラカードには「Marrige for All Japan」とあり、同性婚を認めない国に損害賠償を求めると云う。

大袈裟に All Japan と謳う理由や、そもそも何故、英語を用いるのかは不明だが、「愛の日」バレンタインデーの示威行動で、世界の人権屋を味方につけるつもりなら、結構腹黒いw

当ブログ主は根っからの自由主義者ゆえ、同性愛が趣味なら、好きにおやりなさいと思うし、最近、巷でよく聞く「LGBT」の諸君を侮辱したり、差別するつもりなんぞ毛頭ない。

但し、同性婚ができないのは「違憲」との主張には頷けない。現行憲法は「婚姻は両性の合意に基づく」と明記するし、「同性の婚姻を否定していない」なんて解釈は屁理屈だ。

平等原則への抵触だ、自由の侵害だの筋違いな主張を並べ立て、相続権が得られないこと、賃貸住宅が借り難いといった己の不利益をネタに、1人あたり100万円寄越せとは、余りに図々しい。

同性同士の恋愛関係もあってヨシ。結婚式や新婚生活の真似事だってヨシだが、一般夫婦同様の社会的認知や付随するメリットを求めるのは、明らかに間違っている。

男女が結ばれ、子を生み育て、家庭を築き、社会基盤を強固にして将来の安定・発展を促すからこそ、民法や税法や戸籍法によって、様々な権利や特典、優遇措置が付与されるのだ。

それに、古来、結婚とは、オトコとオンナの約束事を前提にした制度じゃないか。悠久の歴史に刻んできた、人としての自然で真っ当な営みを、一時の思いつきで変えちゃいけない。


adam & eve wedding ring.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 16:32| Comment(93) | 憲法・司法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月06日

水道民営化デマに騙されるな!

改革や進歩には抵抗勢力が付き物だ。規制緩和や国際化、自由化、民営化と聞けば、パブロフの犬よろしく「絶対反対!」とヒステリックに叫び、そうはさせまいと熱くなる連中がいる。

もっともらしい理由も並べてデメリットを語るが、煎じ詰めれば、現行の制度や仕組みの変化によって、わが国が一方的に被害を被り、日本人が皆不幸になると云う被害妄想論でしかない。

TPPへの参加、ソレ以前は牛肉・オレンジの輸入をネタに農家全滅説を説いたかと思えば、郵政民営化では郵便ネットワーク崩壊説のみならず、米国による郵貯強奪説を流布した。 

同じくTPPで、昔は確か三角合併解禁だったかで、全ての日本企業が外資に買収されると、日本人奴隷化説を論じ、PKO法案成立では、自衛隊の海外派遣による第三次世界大戦勃発まで口にした。 

共謀罪では居酒屋で政権批判しただけで逮捕される、原発再稼働なら放射能で日本人が死に絶えると、さすがにマトモな神経の持ち主なら、先ずは相手にしない嘘っぱちを平然と吐き続けた。

故に、抵抗勢力とは、現状維持を望む既得権益層と岩盤規制の権益を守りたいクズ官僚、あるいは日本国家の弱体化を狙う特亜の手先と察しがつく。問題は、メディアが奴らに味方することだ。

悲しい哉、世間には純情で善良であるが故、騙され易いお人好しが大勢いる。抵抗勢力のシナリオ通りに踊るメディアにあっさり洗脳され、恐怖心を植え付けられてしまう人々だ。

普段はパヨクの妄言なんぞ歯牙にも掛けない良識派まで、日本壊滅デマに怯えて愛国心を刺激され、抵抗勢力に同調する。軽蔑すべきパヨクと同レベルに転落する姿が痛々しい。

今、話題の水道民営化法案もこの実例か。水道料金が暴騰する、貴重な水を外資に乗っ取られる、果ては閣僚の不正な利益誘導だと、抵抗勢力に乗せられるなんぞは、さながらピエロの如しだ。


suido mineika joker.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 13:23| Comment(58) | 憲法・司法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月02日

再び、入管法改正案。安倍総理を讃えよ!

つい先日掲載した話題に再び触れる。左右両派が安倍政権を激しく非難する「入管法改正案」についてだ。既に衆院で可決され、法案成立は確実だからこそ、一言云いたい。

当ブログの主張をご記憶でなければ、2週間のエントリ「入管法改正案、安倍総理を信じよ!」をご覧願おう。移民流入を憂慮するより、法改正の本質を捉えるべきと述べた。

表向きはどうあれ、改正案は在留資格の厳格な定義付けや、不法移民の摘発強化、国外追放措置の徹底などを目指すもの故、日本国民はこぞって支持すべきとの趣旨だった。

ところが、びっくり仰天だ。敬愛すべき保守派人気ブロガー、ベッラさんのブログによれば、法改正反対派の奥山篤信さんなる評論家先生が、拙イラストを「最高の風刺画」と激賞してくれたのだ。

お褒め頂けるのは有難いし、喜んで貰えれば尚嬉しい。でも、待って欲しい。当方、安倍総理を風刺する気なんぞ全くないし、イラストに外国人労働者受入れ反対の意味など込めちゃいない。

くどいようだが、法改正は、門戸を開くかのように見せかけつつ、実は管理体制を強化する安倍総理流の高等戦術だ。不安視せず、安倍総理を信じよ。そして、讃えよ、と云いたいだけなのだ。


abe christ 2.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 14:01| Comment(81) | 憲法・司法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする