2024年02月18日

UNRWA支援はナンセンス

UNRWA(United Nations relief and works agency for Palestine refugees in the near east)はその名の通り、シゴトはパレスチナ難民の救済事業だけにすべきだった。

残虐なインティファーダ事業(?)に手を染めちゃマズイ。幾人もの職員が昨年10月の対イスラエル大規模テロに加わった事実が発覚して、UNRWAの信用はガタ落ちだ。

更にはイスラエル軍が、ガザ市のUNRWA本部施設の地下壕にハマスのデータセンターや大量の武器弾薬を発見して、組織的なテロリスト全面支援体制がバレる。

コレに慌てたUNRWAのラザリーニ事務局長なる男、施設の地下に何があるか「自分は知らなかった」と白々しい嘘をつき、信用失墜に拍車をかける。

本気で難民を助けたいなら、立派な地下壕に女子供を匿えばいいのに、か弱き者を地上に晒しつつ、戦闘員と一体になってテロを画策する国連組織など百害あって一利なし。

幾ら正義漢面して難民救済の看板を掲げようと、血まみれの女子供を泣かせる演出で同情を引こうと、何なんだコイツらは?と世界中が白眼視するのは当然だろう。

米国はじめ欧米諸国がUNRWAへの追加資金供与の停止を発表し、わが国も渋々追随したが、そもそも長年噂されてきたUNRWAとハマスの癒着を直視しなかったのが悪い。

イスラエルに対する凶行こそが最大問題なのに、報復攻撃を受けるガザに向け、やれ復興だ、やれ救援だと、湯水の如くカネを与える馬鹿馬鹿しさに今こそ気づくべきだ。

とは云え、対イスラエル大規模テロ勃発直後、パレスチナ向けに100億円の人道支援を胸張って発表した上川外務大臣では、己のナンセンスさが理解出来ないか。

UNRWA支援にこれまで10億ドル(1500億円)以上の支援を提供してきたと、恥ずかし気もなく豪語する外務省。彼らに踊らされる無能な政治家では全く頼りにならない。


unrwa hamas のコピー.jpg

続きを読む
ラベル:UNRWA ハマス
posted by yohkan at 09:53| Comment(44) | TrackBack(0) | 世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月14日

頼清徳さん、おめでとう

うわはははは、こりゃ嬉しい。昨日の台湾総統選で民進党の頼清徳氏が勝利した。爽やかでどことなく福々しい新総統の笑顔に心が和む。正月気分が盛り上がる。

報道によれば、頼氏の得票率は4割止まりで、前総統選で蔡英文氏が得た圧倒的支持に及ばなかったし、民進党が立法院(議会)で過半数を維持出来なかったとか。

ソレでも勝ちは勝ちだ。台湾の人々は中国の執拗な脅しや世論工作に惑わされず、大陸と一定の距離を置きつつ、自由と民主主義体制を維持する指導者を選んだのだ。

一方、中国は選挙結果が不快で堪らないのか、頼氏の勝利を祝福するでもなく、政府のスポークスマンが顔を引きつらせて「台湾は中国の一部」と繰り返す。

頼氏に「分離独立主義者」とレッテル貼りし人格攻撃を重ねてきた中国は、台湾との対話を進める気など更々なく、陰湿な嫌がらせを延々と続けるのだろう。

もっとも、いざとなれば武力制圧に踏み切るぞ、との姿勢は、総裁選に向けて台湾人の恐怖心を煽り、世論を捻じ曲げるためのブラフだったに違いない。

仮に台湾海峡を越える軍事侵攻を起こせば、国際社会の猛烈な圧力に晒されるし、唯でさえ経済不振に喘ぐ人民も蜂起しかねない。中国にとって自滅への道となってしまう。

詰まるところ、総裁選後も中台関係は変わらないだろう。いずれ共産党独裁体制が崩壊するその日まで、現状維持こそが台湾にとっての正しい選択だ。


taiwan mr lai のコピー.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 17:00| Comment(36) | TrackBack(0) | 世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年11月08日

テロのスポンサー

「ハマスの残忍なテロを非難し、人質全員の即時解放を求める。併せてイスラエルの自衛権を認めて支持を表明すると共に、民間人保護を含む国際人道法の順守を求める」

先月下旬、米英仏独伊加によるタッタコレダケの声明に、他国に外されたか、自ら外れたか、G7議長国たる日本が加わらなかったのは未曾有の大失態には違いない。

しかも不参加の理由を問われた松野官房長官が、「6か国は誘拐、行方不明などの犠牲者が発生した国々だ」と対岸の火事を決め込む態度で顰蹙を買う始末。

蝙蝠外交、いやバランス外交のつもりか、岸田首相がイスラエルとパレスチナ双方に自制と対話を呼びかけるなど、G7における日本の異質さを嫌と云うほど見せつけてくれた。

コレじゃ、仮に我が国が軍事挑発を受けた際、G7の他国に「ウチらは無関係」とソッポを向かれても文句は云えまい。防衛協力を要請しても無視され、孤立してしまうゾ・・・

そんな不安を覚えた身としては、昨晩、G7外相によるワーキングディナーを終えた上川大臣の臨時会見ニュースを見て、ほほう、漸く軌道修正が図られたかとやや安堵する。

現時点で共同声明は未発表ながら、ハマスのテロ攻撃が発端でありイスラエルは自衛権を有すると、大臣が真っ当な見解を披露し、6カ国と足並みを揃えた点は評価していい。

もっとも、ガザにおけるハマスの武力支配と暴政を野放しのまま、奴隷と化すパレスチナ難民の人権状況をネタに、人道支援の必要性ばかり論じるのは馬鹿げている。

極悪非道なテロリスト集団は殲滅すべき敵だ。にもかからわらず、ともすれば日本政府がテロリスト容認に傾くのは、油欲しさでアラブ諸国に阿るからだけではないだろう。

マスゴミの情報宣伝工作が、イスラエルとパレスチナの実情に関して世間の認識を歪ませ、誤解や錯覚を招き、「アラブならテロもOK」の奇妙な空気を生むのだ。


terrorism sponsor media  のコピー.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 09:15| Comment(49) | TrackBack(0) | 世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年10月25日

「中東問題再考」

中東紛争の本邦マスゴミ報道は、いつも一本調子だ。悪辣で傲慢なイスラエルと背後のアメリカが、心優しくも貧しいパレスチナ人を虐め倒すドラマに仕立てる。

ガザのニュースなら、イスラエル軍の空爆で無惨に破壊された市街地と、ボロを身に纏い、裸足で逃げ惑う女子供の姿が定番の映像で、現地住民の気の毒さを強調する。

もっとも冷静にTV画面を眺めると、登場人物の多くがヘンにカメラ目線だったり、飛び散る鮮血が芝居かプロレスの血糊にも見え、嫌らしいヤラセ感が否めないw

おおかた新聞各社・テレビ各局は、ガザ地区を実効支配するテロ組織ハマスから広報資料を有難く拝借し、何の躊躇もなく、そのまま紹介しているのだろう。

元赤軍幹部の娘に「常に虐められていいる子が、やっと初めてやり返しただけ」と語らせたテロBS、いやTBSはじめマスゴミの立ち位置は疑いもなくテロリスト側だ。

彼らの脳内には、反イスラエル、反米、反資本主義、反自由主義を掲げるハマスやファタハやISのみならず、テロ勢力を支えるイランや中露こそが正義と信じる狂気が宿る。

そうでなければ、突如イスラエルの音楽祭を襲撃して数百人の一般市民相を殺戮、誘拐、陵辱した極悪非道を「イジメへの反発」などと矮小化出来る筈がない。

パレスチナの民衆を暴力で服従させて重税を搾り取り、電力、飲料水のインフラも整備せぬまま、貧困と飢えを放置し、子供たちを洗脳し戦闘員として養成するハマス。

ガザ地区の惨状を故意に維持し、被害者ビジネスで得る人道支援で幹部のみが私腹を肥やし贅沢三昧に興じる、邪悪な組織の実態を、われわれは今こそ直視せねばならない。


terrorist hamas.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 11:25| Comment(85) | TrackBack(0) | 世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年10月11日

岸田首相の外交センス

「重信房子」と聞いても若者たちはピンと来ないだろう。昨年5月、懲役20年の刑期を満了し出所した日本赤軍の元最高幹部だが、今となっては誰ソレ?ってなものか。

一方、70年代に青春期を過ごした世代なら記憶は鮮明な筈。薄汚い過激派には不似合いな美人で、彼女の清楚な容姿に惹かれて左翼思想に染まった馬鹿もいたに違いない。

と云っても、当時の日本赤軍が引き起こした数々の残忍なテロ事件を思えば、国際社会における多くの人々にとって、心底恨み憎み、呪うべき邪悪な存在と分かる。

なにしろパレスチナ解放戦線と共闘し、無辜の民間人26名を殺害、80人を負傷させたテルアビブ空港乱射事件をはじめ、凶悪テロを世界各地で頻発させた張本人なのだ。

重信氏は構成員に指示命令する立場ゆえ、直接的な実行犯でなかったとしても、日本赤軍の重大な犯罪歴に照らせば、本人がのうのうと娑婆に戻るのは異様な光景だった。

あまつさえ年老いた彼女を往年のアイドルと祭り上げ、出所を祝い歓喜で迎えるTBS他、本邦マスゴミや支援者団体の狂気と非常識さには唖然とせざるを得なかった。

普通の国なら死刑か終身刑、あるいは寿命以上の禁固刑が課される重罪だ。共産主義者の殺人テロをあっさり許す日本社会の異質さに、国際社会はさぞ吃驚仰天しただろう。

さて、こう云う我が国の特質ゆえか、武装集団ハマスがイスラエルに突如侵入し、多数の市民を理不尽に殺害し陵辱し誘拐しても、怒りや怨嗟の声が巷に満ちることはない。

なぜか、パレスチナ寄りの解説が臆面もなく報じられ、イスラエルもハマスも武器を置いて話し合うべし、などと非現実的でナンセンスな台詞が言論空間を埋める。

困ったことにマスゴミに同調したがる岸田首相が、イスラエルとアラブ諸国共に良好な関係を持つ日本こそ、イ国とパレスチナ自治政府の双方に停戦を呼びかけると胸を張る。

おいおいキッシーよ、気は確かか? イスラエル殲滅を目論むハマスは、パレスチナを代表する立場では決してなく、むしろ自治政府と対立する厄介な連中だぞ。


kishida hamas israel のコピー.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 15:48| Comment(45) | TrackBack(0) | 世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年03月23日

悪魔と天使

WBC実況放送中に突如「岸田首相がウクライナを電撃訪問」の速報が流れた。一部の野球ファンはテロップが邪魔だと怒ったらしいが、そりゃキッシーが気の毒だ。

勿論、幾つか批判すべき点はある。電撃、極秘と称しつつキーウ到着も待たず、ポーランドで鉄道に乗り込む姿まで報じられたのは、情報ダダ漏れ体制ゆえに他ならない。

2016年のリオ五輪閉会式で安倍マリオ登場の際、事前報道をシャットアウトした情報管理の徹底ぶりを思えば、キッシーの指導力不足が官邸パワーを劣化させたのがよく判る。

また、武器供与を求めるウクライナに対し、わざわざ「殺傷能力のない」装備品を渡すとヘンに強調し、へーわ国家のヘナヘナぶりを国際社会に晒したのは無様だった。

法律の不備とやらでわが軍(自衛隊)は只の一人も同行せず、警護と安全確保はウクライナ側にお任せしましたなんて話は、その腰抜けぶりが余りに情けない。

しかしいずれにせよ、戦地訪問には相当な覚悟を要した筈。水面下で相手国・関係国との事前折衝を進めた上で、ゼレンスキー大統領と面談したキッシーの英断を賞賛しよう。

どうせ行くなら、もっと早い時期にすべきだったとの声もあるが、半人前国家たる戦後ニッポンも、やるべき時はちゃんとやるんだぞと、ここで世界に示した意義は大きい。

加えて故意か偶然か不明ながら、習近平の訪露を合わせてウクライナに向かい、中露首脳会談とほぼ同時に日ウ会談を行ったのは、絶妙にして最高のタイミングではなかったか。

金ピカ宮殿で悪の巨魁ふたりが踏ん反り返る時、質素な会議室でトレーナー姿の大統領と向き合い、支援と協力の継続を約束するとは素晴らしい演出だ。

ヤクザな版図拡大で隣国を蹂躙する専制国家群と、わが国を含め結束して抗う自由主義国家群の対比が明確で、どちらが悪いか瞬時に分かるヴィジュアルメッセージとなった。

アジアの両大国、中国と日本の違いは鮮明だ。子供たちの目には、戦争犯罪人プーチンと居並ぶ近平が悪魔に、ゼレさんに寄り添うキッシーが天使に見えたとて不思議はない。


kishida angel Xi devilpsd のコピー.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 15:39| Comment(26) | TrackBack(0) | 世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年01月23日

SDGsの鴨葱

飢餓をゼロ、健康と福祉、質の高い教育、ジェンダー平等、クリーンなエネルギーなど、耳に優しく響く文句を聞き、ぷぷぷ、何をヌカしやがる、と鼻で笑うのは難しい。

SDGsに胡散臭さを覚えようと、「ふん、綺麗事を並べやがって、共産カルトの新ネタかヨ!?」と人前を憚らずツッコミを入れれば、謂れなき非難を浴びそうなご時世ではある。

しかし、あえて言わせて貰う。おい、SDGsってマルクスの焼直しだろ。意識高い系を自認する進歩的文化人(?)どもめ、上から目線で能書を垂れ、間抜けな大衆を騙すつもりだろ。

理想論を美辞麗句で飾り立てれば、反論を抑えるのは容易い。一般人が有する当たり前の正義感や善意につけ込めば、賛同を得るどころか、カネをまき上げるのも簡単だ。

コレに公的機関のお墨付きがあれば、鬼に金棒か。厚労省や東京都などの金看板にひれ伏す庶民なら、有り難き国連サマが提唱すると聞けば、黙って土下座しても不思議はない。

何しろ弱者救済の美名に隠れ、チューチューシステムに血税が吸い取られたとて、怒りもしない子羊民族だもの、SDGsの怪しさに首を捻るでもなく、嬉々として受け入れしまう。

哀しい哉、実際に今や、日本人ジネスマンの誰もが誇らしげにSDGsバッジを襟に飾る。わたくしは持続可能な社会を望みます、わが社はその旨行動します、と胸を張る。

おいおい、貧困を撲滅せよ、不平等を撤廃せよ、と叫び、太陽光や風力発電を讃美し、LGBTに人権をと喚いたところで、オマエの企業への投資なんぞ増えないぞ(笑)

バカだよね、としか思えない。怪しい学説を盲信し、現実を無視して過激な理想に走ったところで、貧困を招き希望を失うとすれば、かっての共産主義と瓜二つ。

SDGsなんてネタは金満国から富を搾り取る詐欺だ。件のバッジがカジノのチップに見えるからか、国際社会で鴨葱扱いの日本が、身ぐるみ剥がされそうで怖くなる。


sdgs.jpg

続きを読む
ラベル:SDGs 国連 共産主義
posted by yohkan at 14:09| Comment(22) | TrackBack(0) | 世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月04日

プーチンの健康不安

わが国の対米戦争は緒戦から躓いた。真珠湾攻撃は敵の新鋭空母が現地に不在だったため成果乏しく、ミッドウェー海戦では主力空母4隻と数多の戦艦機を失う大敗北を喫した。

かくして大西洋・太平洋に海軍力を分割する米国に勝る筈との目論見はあっさり崩れたが、大本営は戦意高揚目的で誇大宣伝に徹し、被害を隠して戦果を水増しした。

戦後、東條英機が「海軍の隠蔽により、ミッドウェーの敗退を知らなかった」と口走ったのは責任逃れの嘘だろうがw、海軍司令部が軍人に箝口令を下したのは事実だ。

ところが「人の口に戸は立てられない」とはよく云ったもの。大本営渾身の宣伝工作にもかかわらず、帝国海軍の惨状甚だし、との噂が巷でじわじわと広がっていた。

警察や隣組が監視する中、おおっぴらに見聞きした話は語れずとも、戦没者の遺族が悲嘆に暮れ、あるいは帰還者が酔っぱらい、本音を漏らすくらいはあっただろう。

生活物資が日に日に乏しくなれば、戦争がお国の掛け声通りに進んでいないことくらい、庶民は肌感覚で分かる。悲しい現実が納得と共感を伴い、ヒソヒソ話のネタとなる。

約80年も昔ですら、情報統制で国家が「負け戦」を「勝ち戦」にすり替え、国民を欺くなど無理だったのだ。SNSを通じて噂が個人間を飛び交う現代なら、尚更困難だ。

ウクライナ侵略は泥沼化し、ロシア軍の作戦失敗と士気低下は明らか。KGB仕込みの情報操作や脅迫・殺人・弾圧を持ってしても、国民の口を徹底的に封じることなど出来ない。

ロシア国内で人から人に真実が伝わり、自国軍の苦戦と惨状が知れ渡れば、経済破綻への不満も相まって、政権批判のマグマが膨れ上がり、いつ地表に噴出するか分からない。

ルーマニアで四半世紀も君臨した独裁者が、クーデターで権力の座を追われ処刑された例もある。プーチンの脳裏にふっとチャウシェスクの姿が浮かんでも不思議はない。

と想像を逞しくしていたら、ロシアの独立系メディアが大統領の病気を報道した。真偽不明だが、甲状腺がんの専門医師がプーチンの別荘を頻繁に訪問中と書く。

かなりの重病なのか。あるいは本人が身に迫る危険を察知して、健康不安を理由に雲隠れするのか。いずれにせよ、悪党が表舞台から消える可能性が俄かに漂いはじめた。


putin ceausescu のコピー.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 09:20| Comment(36) | 世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月20日

花畑の国でオンライン演説

無法国家の極悪非道が延々と続く。幸いにして露軍は前評判ほど強くはなく、ウクライナの凄まじい抵抗の前に戦意喪失気味で、士気の低下が著しいとか。

このままでは劣勢と見たか、ロシアは市街地への無差別攻撃を激化させ、殺戮とインフラの破壊で住民を恐怖と飢餓に陥れる。チェチェンやシリアでも示したプーチン流だ。

方や自由主義諸国はこの暴挙に怒り、ますます結束を強める。国際社会を主導するG7の一員として、わが国もウクライナを支えロシアを制する重要な役割を担う。

プー公が指摘した通り、考えようによれば、経済制裁はロシアに対する宣戦布告を意味するだろう。戦争状態に突入した以上は、勝利を掴むまで敵と戦わねばならない。

この意味で今、ゼレンスキー大統領の演説に耳を傾けることは極めて重要だ。被侵略国の指導者から悲惨な現状を直接聞き、国際社会の連帯につき強化策を練るべきだ。

ソレだけじゃない。暴力的な核大国と接するも丸裸同然の同国と日本の共通点は多い。非情な国際政治の現実に向き合い、自国の安全保障のあり方を見直す契機としたい。

無論、だからこそ立憲・共産を筆頭に、極左勢力が国会におけるゼレンスキー氏のオンライン演説を何とか阻止しようと、あれやこれや執拗に抵抗する。

マスゴミの自称識者は恥ずかしげもなくロシアの主張を代弁し、一部の電波芸人は譲歩せよ!命を守れ!お前らの負けだ!と、ウクライナ相手に暴言を吐き散らす。

反日陣営は、ゼレンスキー大統領が放つ言葉の力で、嘘と屁理屈で築いた日本の妄想的平和主義がぶっ壊れてしまうと、心底恐れているようだ。

憲法前文を盲信し、9条を後生大事に抱き、非核三原則や専守防衛の戯言に喜ぶ日本国民が遂に覚醒し、花畑に埋もれる国会が正常化しかねないと焦っている。


zalenski in Japan のコピー.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 13:35| Comment(47) | 世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月26日

ウクニッポンライナの悪夢

前回のエントリで、ウクライナ絡みの米露首脳プロレスを描いた。バイデンは選挙目当てでヒーローを気取り、プーチンの怖い顔はヒール役の演技と書いた。

ついでに「経済制裁を課されるほど、小さな隣国を虐め倒すつもりは毛頭ない筈」と私見を披露したら、翌日にはロシア軍が侵攻を開始した。とんだ赤っ恥だ(泣)

素人が勝手な思い込みで国際情勢を語っちゃいけないな、と反省する。もっとも予想が大外れした自称識者や専門家、評論家も散見するので、プロにとっても難題だったか。

いずれにせよ、露軍は東部の親露派地域にとどまらずウクライナ各地を攻撃中だから、もう無茶苦茶だ。全土制圧もキエフの陥落も時間の問題だろう。

こんな悲惨な結果を招くなら、冷戦終結直後、米英露との「ブダペスト覚書」締結に応じて、大量の核兵器を放棄するんじゃなかったとウクライナが嘆くのも当然だ。

覚書で大国が約束した領土の保全と主権の保障は何処へやら、牙を剥くロシアの傍らで、米英が身を挺して助けに来る様子はなく、NATOも域外ゆえと知らん顔だ。

米主導の対露経済制裁も効果の程は疑わしい。付き合いで小手先の制裁に終始するヘタレ日本ほど露骨でなくとも、G7は自陣が返り血を浴びるほどの措置は取らないだろう。

振り返れば、ウクライナが国民投票を通じ、長年、西側への帰属を否定してきた結果ではある。ロシアとの縁は切れず、米国との関係を密接化しつつ中国にも擦り寄った。

何でも商売ネタにする国らしく、中国に空母ヴァリャーグ(改称後は「遼寧」)を兵器搭載のまま売り飛ばしたのも、北朝鮮にミサイル技術を提供したのもウクライナだ。

八方美人に徹すれば、世界中が味方してくれると錯覚したか。公称20万人の兵力も即時に動けるのは1万人以下で、戦車・装甲車など機動装備は常時燃料不足とか。

自国への攻撃に仰天し、市井の人々が自衛のため銃を手にしていると聞くが、下手に抵抗すれば、重装備のロシア軍に踏み潰されて無駄に命を失う。

保有していた核兵器を放棄し、国際協調に期待して、旗幟を鮮明にせぬまま軽武装に徹してきた以上、侮られるのは道理。ウクライナには気の毒だが、自業自得ではある。

と、ここでウクライナとわが国の姿が重なる。いざとなれば信義も条約もヘッタクレもない国際社会のジャングルで、自衛を忘れた弱者は強者の餌食となる運命だ。

ウクニッポンライナの旗が血に染まる。敵軍に容赦無く命を奪われるか、あるいは奴隷状態に甘んじて生き延びるか。最後にどちらを選ぼうと、呪うべきはお花畑の平和主義だ。


ukraine japan flag.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 13:00| Comment(40) | 世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする