2020年05月18日

消えた慰安婦

ここ数ヶ月、ひたすらコロナ関連のエントリを続けてきたが、事態収束の兆しも見える今、前回の「検察庁法改正案」同様、別のテーマを取り上げてみたい。久々に慰安婦の話だ。

イ・ヨンスの名を聞いて、婆さんの顔がさっと脳裏に浮かぶ人はそう多くない筈だが、数年前、南鮮の国賓晩餐会で米トランプ大統領に抱きついた自称元慰安婦と云えば、記憶が有るだろう。

朝日新聞がでっち上げた性奴隷の強制連行説をネタに、被害者を名乗り、30年近くも虚偽証言を連発してきた人物で、半島流の反日運動における象徴的存在でもある。

時や場所の設定がころころ変わるなど、辻褄の合わぬ筋書きで有名な嘘つき婆だが、図々しさは筋金入りで、米下院やサンフランシスコ市議会でも証言に及んだ経験を持つ。

そのイ・ヨンスが10日ほど前、突如、自らが所属してきた挺対協(現在の正式名称は「正義記憶連帯」)なる親北系市民団体(工作組織?)を激しく糾弾する、仰天の記者会見を行った。

先月の国政選挙で初当選した同団体の前理事長、ユン・ミヒャン議員を指して、私欲で慰安婦を利用する悪党と非難し、基金や寄附金の不正流用を告発したのだから、相手も吃驚しただろう。

恒例の水曜デモ如きは「若い人々にカネを出させ、憎悪を教え込むだけ二ダ!」と息巻き、来週から参加しないと宣言したイ・ヨンス。敵は手強しと見たか、挺対協も大慌てで防戦に走る。

古い領収書や経理伝票をネットに晒して、金銭の流れを説明するだけではない。ユン・ミヒャン議員が「イ・ヨンスはそもそも慰安婦ではない」と、ついには本人の経歴詐称まで暴露したw

無論、図々しい婆さんは黙らない。自分は挺対協の振付け通りに演じてきただけと主張し、組織の活動は全て嘘っぱちだと断言する。南鮮の庶民はさぞや、目眩と脱力感を覚えたに違いない。


kieta ianfu.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 07:28| Comment(114) | 韓国・北朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月18日

ハリス大使の髭面を見よ

18日付の産経新聞が「韓国で日系のハリス駐韓米大使のひげに批判」と書く。驚くなかれ、日本統治時代に朝鮮総督の多くが生やしていた口髭を想起させるんだとか。

何でも併合時代に結びつける、いつもの気の毒な症状だが、20世紀初頭なら洋の東西問わず、男性の髭など珍しくもなかった筈。わざわざ「朝鮮総督」なんて台詞を吐く理由が分からない。

新聞記事によると、日系米人による駐韓大使就任に多くの韓国人が、民族の誇りを傷つけられたと感じたそうだから、口髭は余程刺激的な屈辱の象徴か?(笑)

周知の通り、ハリス氏は母親が日本人で、ご本人は横須賀市生まれ。海軍士官学校を卒業後、海軍で活躍され、太平洋軍司令官などを務めた立派な米国人だ。

今更、日系人だからとの偏見で、つまらぬイチャモンをつけられれば、バカバカしくもなるだろう。「人種背景で韓国のメディアから批判される」と苦言を呈している。

2018年夏、駐韓大使に就任後から現在に至るまで、ハリス氏は韓国政府の親北政策を批判してきた。最近も、北朝鮮への擦り寄りが過ぎれば「制裁」の対象になり得ると指摘した。

どうやらコレに韓国政府と与党が反発したらしい。痛いところを突かれた途端、メディアを使って米国大使への個人攻撃に乗り出すところが、異常極まりない韓国スタイルだ。

低能連中の批判など一顧だにせず、ハリス大使は口髭を剃る予定なしと明言するが、いっそ、韓国政府と韓国人に猛省を促す意味で、堂々とアゴ髭を生やしては如何か。


harris bearded.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 16:36| Comment(78) | 韓国・北朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月14日

ギョギョッ、ソレイマ二の次はウリか?

正月早々、緊急ニュースが駆け巡った。イラクの首都バグダッドで、イラン革命防衛隊の精鋭「コッズ部隊」のソレイマニ司令官を、米軍がドローン攻撃で殺害した事件だ。

大晦日にイラクの親イラン派武装集団が米大使館を襲撃し、民間人の犠牲者まで出した以上、米国が騒動を指揮するイラン勢力に対し、何らかの報復行動に出ることは確実視されていた。

但し、テロの首魁に対する「斬首作戦」決行までは、国際社会も予想しなかったろう。ソレイマ二は度々暗殺計画が取り沙汰されながらも、長年、野放しになっていた男だ。

中東地域からの撤兵を早々と決めた米トランプ政権ではあれ、テロとの戦いに挑む断固たる姿勢は些かも変わらない。大統領の果敢で大胆な実行力には、頭が下がる。

さて、このニュースに誰よりも衝撃を受けたのは、金正恩に違いない。己の立場と行動を振り返れば、次はウリか?と恐怖に慄いて当然。そう云えば、このところ、ヘンに大人しい。

確か、昨年末の対米交渉期限までに大陸弾道弾発射実験を行うと、大口を叩いていた筈だが、そんな虚勢は何処へやら、幾つかの隠れ家を転々としているらしい。

怯えるのも無理はない。産経新聞論説委員の古森義久氏によれば、先月下旬、米軍当局は韓国軍と合同で実施した北の政権首脳を急襲する作戦演習の映像を公開した。

演習の写真には、金正恩に扮した人物を捕獲し、後ろ手に手錠を掛けて連行する姿もあるそうで、ソレイマ二の殺害実行と合わせれば、敵を震え上がらせる効果は抜群だ。

非核化などの要請に北朝鮮が従わぬなら、米国は躊躇なく首領を捕獲するか、さもなくば、殺人兵器のドローンを放つ。金正恩がソレイマニに続く標的になったとしても、驚きはしない。


kim operation beheading rev.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 12:18| Comment(68) | 韓国・北朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月27日

暗殺犯を称える反日カルト国家

福島県会津若松市出身の知人がいる。普段は温厚で物静かな紳士だが、戊辰戦争が話題になると突如スイッチが入り、新政府軍が如何に極悪非道な鬼畜だったか、口から泡を吹き語る。

「白虎隊」と聞けば、涙目になる。会津軍の少年隊を自決に追い詰めた長州・薩摩の連中は、血も涙もないテロリストだったと、真顔で解説する。幕末の英傑たちも形なしだ。

確かに数百年続いた社会秩序を剣と銃弾で破壊して、江戸幕府を転覆させたのだから、視点を変えれば、明治維新はテロによって生まれたと、云えないこともない。

件の知人によれば、自らの暴挙を美化する新政府の宣伝に、殆どの国民が騙されてきたそうだ。本来尊敬すべきは、長州薩摩出身のヤクザ紛いではなくて、心正しく美しき会津藩士なんだとかw

自国内でも出身地が違えばコレだから、テロリストを英雄として称える国があっても、驚くには当たらない。隣国で安重根なる暗殺犯を義士と呼んで敬う背景には、彼らなりの思想がある筈だ。

但し、韓国人が誰をどう称えようと勝手ではあれ、昨26日、伊藤博文公が殺害された日の110周年を祝い、ソウルで記念式典を開催したと聞けば、不快感を禁じ得ない。

かの地の「安重根義士記念館」なる場所に、安重根の子孫や抗日運動関連団体の関係者、さらには韓国海軍の潜水艦「安重根」の艦長や乗組員など約400名が集まったらしい。

式典では安重根の人生や思想、著書や自作の詩を紹介したと伝えられるが、その手の催しなら、生誕祭や追悼の集いと称して、本人の誕生日や命日に挙行するのが一般的だ。

あえて、初代内閣総理大臣および枢密院議長、貴族院議長、韓国統監を歴任した日本の偉人を暗殺した日を選び、実行犯を崇拝し礼賛するのは、わが国に喧嘩を売っているとしか思えない。


an ju kon killed itoh rev.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 10:58| Comment(44) | 韓国・北朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月01日

FOREVER 21社が破産した!

流行のファッションを素早く取り入れた衣料品を、グローバル生産と大量販売によって安価で提供する、大衆向け「ファストファッション」が台頭したのは、2000年半ば頃からか。

ファストフード並みの手軽さと身近なお洒落さがウケて、若者達を中心に購買層が広がった。ユニクロやGU、H&M、ZARAなどの人気が上昇して、世界中で店舗数が爆発的に増えた。

発展途上国で働く生産者の過酷な労働条件など、幾つかの問題点も指摘されるが、一般消費者にとって、低価格でトレンディな衣料品が買えるメリットは大きい。

とは云え、あらゆるファストファッション企業のビジネスが順調とは云えない。ロサンゼルスに本社を置く FOREVER 21 社は、29日に連邦破産法11条の適用を申請した。

資金繰りに行き詰まった為、破産を宣告し、店舗の整理や債務の圧縮で事業再建を図るつもりらしいが、肝心の商品が売れないのだから、会社更生は前途多難だ。

同社は米国籍だが、80年代に韓国系移民のドン・チャン氏が夫人と共に創業した企業として知られる。他のファストファッション企業の追随を許さない「激安価格」が売り物だった。

一方、自社は企画や生産には携わらず、外注先から最終製品を買い叩く形態を取った。コレが災いしたか、生地はペラペラ、縫製は粗雑と、品質面の評判が著しく悪い。

しかも、デザインにはオリジナリティの欠片もなく、有名ブランドのパクリばかりとか。芸の無さを、恥も外聞も無い物真似で誤魔化すインチキ臭さは、どこか K-pop にも通じる。

ちなみに、FOREVER 21 社は著作権侵害により、先月初旬、世界的な歌姫であるアリアナ・グランデさんから 1000万ドル(邦貨10億円超え)にも上る賠償請求訴訟を起こされた。

驚くなかれ、新作ミュージックビデオに登場するアリアナさんのイメージそのままに、衣装やヘアスタイルを瓜二つに真似たモデルを起用して、自社製品の宣伝に利用したと云う。

相手は人気者ゆえ真似したって構わないニダ、とでも考えたか。発想自体も異様だが、平気で実行に移す神経が理解不能だ。一事が万事、この調子なら、経営が破綻するのも無理はない。


no korea 21.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 09:17| Comment(32) | 韓国・北朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月26日

韓国への渡航禁止措置で女性を守れ!

NHKが日韓関係についての街頭インタビューと称して、「関係悪化のニュースは多いが、市民は関係ない。早く関係改善してほしいし、韓国に旅行したい」などと、嘘臭い声を紹介する。

韓国語を学ぶ女子高校生は、「国は国で私たちは私たちであり、国民同士が仲良くやっていけばいい」と話したとか。履修する外国語の選定が狂っているせいか、随分薄気味悪い意見を吐く。

更に、韓流アイドルグッズを扱う店を訪れる日本人客から、関係改善を願う声が相次いで聞かれたと報じるので、さすがにヘンだな?と感じたら、何とインタビューの場所は、大阪の鶴橋だ。

先日もTBSが似たような市民の声を伝えていたが、新大久保からのリポートだった。今時、どんなミーハー相手でも、「韓国に旅行したい」なんて、普通の街で聞ける台詞じゃないんだろうねw

と思ったが、いやいや、そうでもないらしい。無鉄砲か、飛んで火にいる夏の虫か。この環境下で、ソウルに旅行しちゃう若い女性たちが実際にいる、と知って仰天する。

数日前、気の毒にも、かの地で災難に会った一人、みゆりんさんなる可愛いお嬢さんは、自身の体験をこうツイートした。

「韓国で韓国人にナンパされて無視し続けたら急に怒ってきて友達が迷惑です。と言ったらずっと付きまとわれて暴言言われ続け日本と韓国の差別用語を永遠に言われ続けた結果何かあったら怖いなと思い動画を撮ったらいきなり走ってきて髪の毛引っ張られて暴行されました。韓国治安悪すぎて無理」(原文ママ)

身の危険を感じた同行の友人が、必死で撮影した動画を公開したので、ネットで話題となって韓国にも伝わり、35歳の男が警察で取調べを受けた。但し、犯人は開き直り、こう反論したと云う。

「最初から私をからかうようにして後ろから撮った。『鏡を見ろ』と悪口を云われた。女性の髪の毛を引っ張ったのは事実だが、絶対に殴ったり暴行した事実はない」

加えて「日本の女性に謝罪し、和解もした」と余計な嘘までつき、「動画や写真は意図的に加工されたモノ」と事件自体が捏造だと主張し始めて、被害者面を決め込む。その屑っぷりに呆れる。

世に中には「韓国人男性は愛情表現が巧みで、礼儀正しく、女性の扱いが丁寧で、心優しい」と信じ込む日本人女性もいるらしいが、そりゃ、マスゴミが拡散した妄想説に過ぎない。


korean violence.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 16:16| Comment(97) | 韓国・北朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月22日

煽り外交の天才

たまたま高速道路で出会ったくらいで、グーパンで殴られたんじゃ堪らない。ニュースを見て、多くの人がそう感じたのだろう。ドライブレコーダーが俄かにバカ売れしていると聞く。

常磐自動車道における煽り運転と暴行傷害で逮捕された容疑者は、まさに狂犬で、あんな奴がハンドルを握っているのかと思うと、ゾッとする。道路上の出来事を全て録画して、自衛するしかない。

怖いのは、繰り返し報道される凶行の場面から、犯人の動機が全く掴めないことだ。運転中に突如として発狂し、暴走し、無辜のドライバーに嫌がらせを重ね、恫喝し、果ては殴りかかる。

犯人は明らかに激昂しているが、理由は分からない。奇妙なことに、自分こそが煽られた被害者だと訴えているらしいが、そんな事実は見当たらない。典型的な被害妄想の症状だ。

身分不相応な高級外車を次々と乗り回しているから、虚栄心が人一倍強い筈で、実は深刻な劣等感に苛まれているのかも知れない。己に自信がないから、虚勢を張っているのだろう。

心理学者によれば、大声で戯言を喚いて相手を威嚇するのは、動物のマウンティングに近いそうだ。背伸びしてでも自分が優位に立ちたい、場をコントロールしたいと云う欲望の表れでもある。

こんな奴には良心も常識もない。遵法精神などある筈もなく、感情に囚われて法律や決め事をハナから無視するタイプだ。社会におけるトラブルメーカー以外の何者でもない。

と、ここまで書いて、ふと南鮮を思う。ニュースに登場する宮崎容疑者が、どうしても文在寅に見えてしまう。ガラケーで被害者を撮影する連れの女は、外相の康京和にも似る。


moon aori unten.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 10:07| Comment(140) | 韓国・北朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月06日

韓流反日宣伝がゲージツか?

「芸術とは何か?」との質問に答えるのは、結構難しい。絵や彫刻、小説、音楽や映画・演劇、ファッションなど、いろんなモノが頭に浮かぶけど、要領よく、さっと一言に纏まらない。

ネット検索したら「表現者あるいは表現物と、鑑賞者が相互に作用し合うことなどで、精神的・感覚的な変動を得ようとする活動」とある。ああ、なるほどね。さすがはお手軽辞書のWikipediaだ。

でも、表現や表現物が芸術だとするなら、何でも範疇に入りそうだ。これもアート、あれもアート、森羅万象が芸術です、と言い切れないコトもない。早い話が、何でもアリか。

ゆえに、芸術祭なら何をやっても許されると、「あいちトリエンナーレ」の主催者は考えたのだろう。「表現の不自由展・その後」が物議を醸すなら、「ゲージツです」で押し切れと。

ふざけちゃいけない。元々は在韓米軍に轢き殺された少女を模したらしいが、コレを慰安婦(戦地娼婦)像に仕立てて展示するかと思えば、昭和天皇の御真影写真を燃やして踏み潰す。

安倍首相の人形を作って、その口にハイヒールを突っ込む。展示会場には、なぜか朝鮮民謡を流す。こうなりゃ、韓流反日運動の直輸入だ。こちらはあまりの不快さに吐き気を催す。

勿論、外国の運動を真似て、あえてわが国で披露したがる連中もいるし、ソレを見て喜ぶヘソ曲がりも、少数ながらいるのだろう。しかし、あくまでも私的にこっそりやればいい。

愛知県と名古屋市と文化庁から、10億円にも上る巨額の公的助成金を得て実行すべき催しでは、絶対にない。侮辱を受けた上、税金を掠め取られる日本国民が、激怒するのは当然だ。

狂った企画を立てた芸術監督(?)は、津田大介なる人物と聞くが、正直なところ、どこの誰か知らない。ネットでは金髪ブタ野郎呼ばわりされているが、うん、まあ、見掛けはそうかなw

承認したのは大村知事。このヒト、中止決定に追い込まれたのが余程悔しかったのか、己の不始末を謝罪するでもなく、「河村市長の展覧会批判は憲法違反だ」と筋違いに怒る。

ガソリン放火を匂わせる物騒な脅しのファックスを受けたと、揃って深刻な表情を見せるが、ソレだけで被害者面に徹するあたりは、よほど神経構造があちら風なのか。

ふたりが「あいちトリエンナーレ」向け助成金の着服を狙ったとは考え難いが、反日組織に活動資金を提供する目的だった可能性は否定出来ない。国は徹底的に捜査を進めるべきだろう。


ohmura and blond pig.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 09:09| Comment(68) | 韓国・北朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月03日

黒だろうと白だろうと関係ないぜ

嬉しいじゃないか。韓国に対する輸出優遇措置の撤廃が閣議決定した。今月7日には政令改正、28日には施行する。同国向け輸出は一般包括許可が適用されなくなり、個別に審査対象となる。

日本政府による対韓輸出方針の転換は、当然の軌道修正とも云える。そもそも愚かで危ない発展途上国を、米国や欧州と並べて先進国扱いし、ホワイト国に加えたのが間違いだった。

アジアで唯一、韓国をホワイト国として認めたのは2004年と聞くが、当時のわが国に、どんな裏事情があったのか。ハニトラや収賄や恐喝で政府判断が狂ったんじゃないか、と勘繰りたくなる。

輸出管理体制強化は、国際社会に対する日本の義務であり責任の履行に過ぎない。韓国を他の一般国と同列に扱うだけで、禁輸に踏み切った訳じゃないし、制裁にすら当たらない。

対韓輸出企業に従来より煩雑な申請作業が課せられ、韓国政府も再輸出管理の厳格化を求められるとは云え、いずれも日本政府が納得する実務と情報開示を行えば、ソレで済む話。

にもかかわらず、なぜか、韓国が絶賛発狂中だ。大統領が「無謀な決定だ」「日本は盗人猛々しい」と喚く姿は常軌を逸している。「断固として報復してやる」って、一体何する気だろw?

国民の反日感情を煽り、己の失政を取り繕おうとの魂胆と察するが、あるいは文ちゃん、ホントに狂っちゃったのかも知れない。まあまあまあ、冷静になれよ、と肩を叩いてやりたい。

と、ここで唐突に思い出す。故マイケル・ジャクソンのメガヒット曲 'Black or White' だ。この曲のサビ部分で、彼はこう歌う。’It don't matter if you're black or white'

「黒だろう白だろうと関係ないぜ」と訳せばいいか。ブラック国だろうと、ホワイト国だろうと気にするな、ってな慰めを込め、あえて文ちゃんをマイケルに見立てた。


moon black or white.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 10:56| Comment(88) | 韓国・北朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月31日

はい。敵です!

フランスの哲学者、ヴォルテールは「私は貴方の意見には反対だ。だが、貴方がそれを主張する権利は命をかけて守る」と云った。「表現や言論の自由」を説く、納得の名文句だ。

どんな主張であろうと、意見を開陳するのは自由なのだ。貴方にはその権利があるのだから、お好きにやりなさい。コレこそが、自由主義の精神であり、民主主義の根幹を成す。

と考えれば、「ヘイトだ!」と騒ぎ、時に暴力を振るい、反対意見の排除や封殺に血眼になる輩が、リベラルを自称するのは奇妙な話だ。実態は偽リベラル、あるいは反日ファシストに過ぎない。

当ブログ主は真の自由主義者だから、ヴォルテール先生の教えに忠実だ。例えばパヨクの意見に反対はするが、彼らの自由な表現や言論は守らなきゃいけないと思う。

いつだったか、反天連のデモを見掛けたコトがある。夏祭りで半纏を羽織る連中かと思えば、さにあらず。天皇制反対!と叫んで、昭和天皇の人形を首吊りにして、街を練り歩く馬鹿どもだった。

もちろん、ギョッとした。不快だったし、腹立たしく感じた。貴様ら、それでも日本国民か!と怒鳴り、デモ行進するパヨクどもの横っ面に、アントニオ猪木並みのビンタをくれてやりたくなった。

しかし、出来なかった。しちゃいけないのだ。反天連の意見には猛反対だが、彼らだって自由に主張する権利を持つ。やらせればいい。こちらが彼らを軽蔑するのは、自由だ。

てな訳で、数日前「韓国は『敵』なのか」なる声明を一読した時、若干の不快感を覚えつつも、ま、そう云う意見の人たちもいるんだよね、と感じた次第で、ソレ以上でも以下でもない。

考え方は人それぞれだから、意外にも趣旨に賛同する署名者がいるのかも知れないし、ご自由にどうぞだ。但し、彼らの問いに対しては、あっさりこう答えよう。「はい。敵です!」


kankoku wa tekinanoka.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 12:49| Comment(72) | 韓国・北朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする