2012年04月17日

原発停止は集団自殺や!仙谷さん真実を語る!

民主党の仙谷由人政調会長代行はばりばりの左翼だ。60年代は東大で学ぶ傍ら、フロント(社会主義同盟)に所属する全共闘の活動家だった。弁護士時代は人権派として日教組など労組関連の案件を扱った。当時の部下が福島瑞穂だと云うのだから恐れ入る。その後、90年の衆議院選挙で旧社会党から立候補して代議士に転進するが、暫くして民主党に移籍した。

 

幾ら学生時代にリベラルな思想に染まろうと、ふつうは実社会に出て揉まれるうちに、はっと自らの愚かさに気づくものだ。生きた経済を学び、社会の動きを肌で感じるうちに、マルクスレーニンや毛沢東のインチキ臭さに目が覚めて、真人間に立ち返るものだ。ところが仙谷さんは上記のような経歴だから目が覚めず、真人間になる機会もなかった。哀れと云えば哀れだが、左翼の空間で純粋培養された人なのだ。

 

だから、尖閣事件が勃発するや売国的な対応を進めながら、何ら恥じるところがなかった。さらにわが自衛隊をつかまえて暴力組織呼ばわりし、韓国への古文書返還をゴリ押しした。聞かれもせぬのに、過去の歴史を反省して中国・韓国・北朝鮮と友好関係を築くべしなどと主張した。この人が自らの政治信条を吐露する度に、日本中の心ある国民が呆れ返り、心底怒りを感じたものだ。

 

ところが本日の報道によると、原発再稼動をせぬ場合、「日本がある意味で集団自殺をすることになる」と演説したらしい。あれれ何だ何だ、いいこと云うじゃないか、と驚く。至極真っ当な発言だ。全原発を停止してしまったら、国力を削ぎ経済を停滞させ、国民生活を貧しくするのが真実だ。思うに仙谷さん、この3年近くの政権運営を経て、ようやく目が覚めたのではないか。いつまでも腐った左翼思想のままじゃいけないなと、反省したのではないか。

 

 

 

 

原発を停止させてわが国の核技術を潰し、さらに経済にダメージを与えるため、日々、嘘っぱちの放射能危険説を垂れ流すサヨクの皆さん。仙谷さんに倣って、あなたたちもそろそろ目を覚ましなさい。日本が本当に弱体化したら、能天気な御託を並べちゃいられないのだ。さあ、ともに原発再稼動を推進し、強くて豊かな日本を取り戻そう。

 

 

 

 

 

 

posted by yohkan at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月11日

原発再稼動に抵抗する枝野大臣に問責決議を!

マグニチュード9の大地震が来ても、日本全国の原発全54基は何のトラブルも起こさず、わが国の誇る高度な技術と管理の素晴らしさを世界に示した。唯一の例外となった福島第一の故障は、地震ではなく津波による電源喪失が原因だが、発生状況を調べれば菅直人が火病を起こして招いた人災だと判る。

 

原発はとても安全だ。ストレステストを幾度したところで、悪い結果など出やしない。簡単に落第点を取るくらいなら、過去40年間無事故で運転することなど不可能だった。もうここらで、極左や反日勢力が垂れ流す放射能恐怖説のデマと決別しようではないか。嘘つくな!と一喝して亡国の輩共を黙らせよう。再稼動を妨げる障害は消えてなくなる。

 

もっとも、震災直後に一部の国民が患った反原発ヒステリーが治まったのが、左翼には面白くないのだろう。何だかんだと嫌がらせを云いだした。仮に安全性が確認されても需給に余裕があれば再稼動を認めない、なる枝野経産相の発言もその類いだ。

 

 

 

 

安全性が確認されたら、再稼動を認めるのが筋だ。それでも拒む理由がどこにあるのだ。これじゃ電力業界のみならず日本の全産業界が困惑して当たり前だ。電力は取り合えず量的に足りればいいと云うモノじゃない。安価で良質の電力を溢れるほど潤沢に、そして安定的に供給するのが政府の仕事ではないか。

 

無理に無理を重ねて火力発電を増やし、高騰する石油燃料の輸入に莫大な国富を垂れ流す事実を横目で睨みながらのこの発言。こんな大馬鹿が経産大臣とは、レベルの低さでは田中直紀の防衛大臣といい勝負だ。即刻、枝野に問責決議を突き付けたい!

 

 

 

 

 

 

posted by yohkan at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月05日

放射能詐欺?福島県民から土地を奪う民主党進駐軍!

1945年、広島と長崎に原爆が投下された。このとき、広島の爆心地における初期放射線量はガンマ線が123,000ミリシーベルト(以下msv)、中性子線が35,000msvと巨大な値だった。残念ながら長崎の数値は手元にない。広島はウラン型で長崎はプルトニウム型の原爆だから、多少の違いはあるかも知れないが、同じように莫大な量の放射能が一挙に降り注いだ。

 

それでも広島と長崎は「死の町」にならなかった。もちろん核爆発で多くの同胞が亡くなった。市の全てが灰塵に帰し、放射能まみれの焼け野原になった。しかし、人々はたくましく復興に努力して、瞬く間に街並みを整えていった。たまたま映画の中だけど、戦後の広島で傍若無人に振舞う三国人を張り倒す菅原文太に熱い声援を送った記憶がある。敗戦後、広島の闇市には、腹を空かせてへたり込む人、喧嘩して怪我する人はいても、瓦礫が発する放射線で倒れる人などいなかった。

 

さて、民主党政府が福島県で一部の地域を長期居住制限地域にすると聞いて仰天した。年間被曝量200msvくらいの低線量で、住民から生活も土地もも奪うなんてあまりに酷いではないか。そもそも年間20msvの基準値が低すぎるのだ。放射線医学の世界的権威、英オックスフォード大学のアリソン名誉教授は、どんなに低く見積もっても月間100msv、即ち年間1,200msv以下なら人体に悪影響なしと太鼓判を押している。こうした意見を認めれば、原発周辺地区の福島県民も直ちに帰宅できるし、生活を取り戻せる。その上、復興だってがんがん進む。

 

アリソン博士は例外的存在ではない。放射線医学界にはアメリカのラッキー博士や、わが国の高田博士、稲博士など、低放射線は無害どころか、むしろ健康増進効果有りと証明する学者が沢山いる。この方たちを国会に招いて、如何に民主党政府が馬鹿げた基準を持ち出して復興を遅滞させ、原発再稼動を阻んでいるか暴露してもらえばいい。世界の放射線医学の進歩のみならず、日本国民を救うためだ。先生方は喜んで参考人となり、証言台に立ってくれる筈だ。

 

ふと思えば、仮に今の民主党みたいな連中が、敗戦直後に政権の座にいたら、広島や長崎はどうなっていたのだ。きっと両市に極端に低い放射能基準値を押し付け、復興の芽を摘み取ったに違いない。生活の息吹が戻ることも、再建の槌音が響くこともなかったろう。

 

 

 

 

あっ、そう云えば。敗戦後の焼け跡で、日本人から土地や金品を強奪し、女性を見境なく乱暴していた三国人こそ、民主党の原点ではないか。う〜む。わかったぞ。長期居住制限地域をでっち上げ、福島に無人地帯を作るのは、彼らにとっての「夢よ、もう一度」かも知れない。再び三国人にのさばられて堪るか!

 

 

 

 

 

 

posted by yohkan at 11:39| Comment(1) | TrackBack(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月03日

革マル枝ボンは反原発で日本を潰す!

数日前、内閣府の有識者会議とやらが、突如「南海トラフ」の巨大地震について危険性を訴えた。藪から棒に何の話だと思えば、浜岡原発付近の津波が21mにもなるので現在建設中の18mの堤防では間に合わないのだと云う。こんなの誰が見たって、原発再稼動を阻止するためのコジツケだ。内閣自ら反原発の戯言を垂れ流して恐怖感を煽るなんて、いくら左巻きの民主党政権でもやり過ぎだと呆れ返った。

 

そうこうするうちに、2日、枝野経済産業大臣が「再稼動には反対だ」と国会で明言した。ああそうか、南海トラフはこの伏線だったのねと納得する。同省の原子力安全保安委員会がストレステストを経て妥当だと判断しても、一切耳を貸さない。安全性、安全性と馬鹿のひとつ覚えだ。文句が出れば、だって内閣府の有識者会議が、とでも云うのだろう。個人の心情はどうあれ日本の経済産業を後押しする立場ゆえ、再稼動に前向きかと信じていたが、単なる買い被りだった。

 

とにかく左翼陣営の反原発にかける執念は凄まじい。取り合えずは日本の全原発を停止しないと気がすまない。核の話なら、原子力発電よりも、むしろ支那や北朝鮮がわが国に向けるミサイルでも問題視すりゃいいのに、そのあたりは眼中にない。とにかく原発を停止して日本の経済力をぶち壊したい。軍事転用可能な核技術を潰してしまいたい。そんな気持ちを隠そうともしない。

 

 

 

 

思えば枝野は長年に亘り革マル派から献金を受け、JR東日本に籍を置く同派幹部と連帯して活動する旨、覚書を交わしていた男だ。若い世代は知らない可能性もあるので補足すると、革マル派は日本革命的共産主義者同盟革命的マルクス主義派と云う、それはそれは恐ろしい極左テロリスト集団だ。実際に60年代以降、今日に至るまで殺人・傷害など数々の凶悪事件を起こし、現在でも公安警察がマークしている。

 

枝野みたいな危ない革マル派シンパを経済産業大臣なぞにするから、電力不足による莫大な国家的損失を招くのだ。もちろん、こういう非常識な人事を平然とするのだから野田も悪党だ。野田も枝野も馬鹿面を晒してはいるが、腹の中は真っ黒で頭の中は真っ赤だ。油断してはいけない。

 

えっ、この絵見た事あるって?そうだ。再掲載だ。いつまでもいつまでも民主党政権が続くから、同じ絵が使える。さっさと政権交替してくれれば、こんなつまらない絵は捨ててしまうののに、なかなか思うようにならない。

 

 

 

 

 

 

posted by yohkan at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月28日

日本には反日左翼ムラと云う村が存在します!

放射線医学の世界的権威、英オックスフォード大学名誉教授のウェードアリソン博士は、年間被曝限度は1.2シーベルトに設定すべきだと云う。単位を間違えないで欲しい。1.2シーベルト即ち1200ミリシーベルトだ。これ以下にしなければ子供が死ぬぞと左巻きが泣き喚く基準値は年間1ミリシーベルトなのに、医学界の重鎮は何とその1200倍までOKと太鼓判を押している。

 

博士はさらに云う。放射能による健康被害を恐れて住民を避難させるほうが、放射線自体より遥かに大きな健康被害をもたらす。だから福島の住民は無駄な避難生活を止めて、自宅に帰り以前と変わらぬ生活を営むべきなのだ、と。日本政府は極度に低い基準値を住民に押し付けて普通の暮らしを奪っているじゃないか、発言には正義の怒りがこもる。

 

このアリソン博士の言葉を聞いて、ウッソーと思う人より共感する人のほうが遥かに多い筈だ。云うなれば、震災直後の放射能ヒステリー状態が沈静化して、多くの人が目覚めたのだ。放射線のコトなら医学的見解こそ尊重すべき、そんな常識的な考え方をあちらこちらで聞く。

 

さて、こうなると困るのが反日工作員たちだ。折角、日本の核技術を潰そうと日々励んできたのに努力が水の泡だ。そこで突如、真実を報道したくてもできません、などと嘘をつきだした。彼らの云い分はこうだ。

 

「日本には原子力ムラと云う村が存在し、積極的に原発を誘致してきました。その根本を徹底的に議論しなくてはいけません。圧力がかけられ、番組が打ち切られるかも知れないが、戦います。」

 

 

 

 

な〜にを云ってやがるとちゃんちゃらおかしい。原子力はわが国が誇る一大産業だから、開発や製造に携わる企業は多い。関連の監督官公庁や大学の研究機関も沢山ある。産業推進に向け、彼らが有機的に連携するのは当然であって、コレをムラと呼んで排他的集団と決め付け、癒着だ利権だと騒ぐのは、左巻きメディアの大好きな印象操作だ。わが国の国力を毀損するため、原子力産業それ自体が悪者とのイメージを振りまこうとする浅知恵だ。

 

それにムラと呼ぶ排他的集団が癒着して利権を貪ると云うなら、すばり左巻きの体質そのものではないか。公共の場所にテントを張る人迷惑なプロ市民村。日本国民を理不尽な言い掛かりで脅して公金を巻き上げようとする人権村。日米同盟の弱体化と防衛力低下を狙いつつ、補助金や補償金の分捕りを企む沖縄反基地村。格安の電波料金で独占体制を維持しつつ、偏向報道で暴利を貪る左傾マスメディア村。ここで言わせて貰いたい。

 

「日本には反日左翼ムラと云う村が存在し、積極的に売国行為をはたらいてきました。その根本を徹底的に議論しなくてはいけません。圧力がかけられ、愛国者が投獄されるかも知れませんが、戦います。」

 

おっとーっ!これは戦いのワンダーランドだあ!

 

 

 

 

posted by yohkan at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月26日

反原発は反日運動だ!負けてたまるか!

誰が見たって反原発・脱原発は反日運動だ。原発による豊かな電力供給を停止して、わが国の産業に打撃を与えるだけでなく、国民生活の疲弊により社会不安を乗じさせる。さらに世界最先端の原発技術を潰して核武装の芽を摘もうと企む。熱心に活動している連中の顔ぶれを見れば分る。いずれも周辺敵国の走狗と化した左翼か、わが国に侵入した工作員だ。

 

 

 

 

恐怖を煽るために垂れ流す嘘っぱちの放射能情報は反日プロパガンダであり、原発を停止させ再稼動を阻む動きは国家破壊活動だ。稲博士やラッキー博士、アリソン博士など放射線医学の専門家による正しい解説に耳を傾けて、放射能に対する無用の恐怖を捨て去ろう。左翼が全国で組織的に展開する反原発運動をぶっ潰して、国力の低下を食止めよう。

 

マグニチュード9の大地震に対してもビクともせず、日本の原発はその安全性をしっかり証明した。例外的に津波で故障した福島第一は、漏れた放射能物質も適正に管理できる実例となった。だからこそ、今や世界中で原発建設計画が進められている。日本の技術がなければ成り立たない原発業界ゆえ、ビジネス上のビッグチャンスがやってきているのに、わが国の原発が全て停止するなんて、まさに悪い冗談だ。

 

歴史や文化や生活レベルで劣る敵国の連中が、わが国に対して勝手に嫉妬や恐れを抱くのは放っておけばいい。しかし実力行使で侵略攻勢をしかけてくるのは絶対に許さない。さあ再稼動だ。そして新しい原発設備の建設だ。敵の反日運動に負けたら、誇り高き日本人の名折れだ。ご先祖に申し訳が立たない。

 

 

 

 

 

 

 

posted by yohkan at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月19日

がんばれ関西電力!再稼動だ、大飯原発!

安定的で安価な電力供給に原子力発電は欠かせない。これは国民的なコンセンサスだ。千年に一度の大震災と大津波で福島第一が故障したところで、原発への信頼は揺るがない。そりゃそうだ。女川をはじめとして福島第一を除く全ての原発が、マグニチュード9の揺れに耐えて安全に停止し、安全技術の高さを証明したのだから。

 

大震災から1年間、怖い怖いと大騒ぎした放射能は誰にも被害をもたらさず、今日に至るも犠牲者はゼロだ。微量の放射能が拡散しても人体への影響はないと云う、放射線医学界の主張は本当だった。なるほどそうか、そんなに安全なのかと世界中が納得して、アメリカはじめ各国で原発建設が活発化し出している。

 

今や、狂ったように反原発を唱えるのは、わが国に巣食う反日勢力くらいだ。国家経済を破壊したい、日本の誇る原発技術を潰したい、いろいろな思いがあるようだが、多くの国民の願いを無視して、ひたすら再稼動を阻止しようと企むのは迷惑千万だ。

 

この手の馬鹿が民主党を支持するせいか、本来なら積極的に再稼動を進めるべき政府が、腰の定まった動きを見せない。でも、ストレステストに合格し、安全委員会も保安院も問題なしと判断する原発を停止させていたら、立派な犯罪行為だ。大飯原発など、反対している市民は単なる左巻きなのだから、さっさと蹴散らして再稼動を進めて欲しい。

 

 

 

 

ところで地元大阪では、橋下市長率いる維新の会が再稼動に反対し、さらに原発を全廃せよと暴論を主張すると聞く。自分を認めてくれない関西財界への反発か。大きな関電に挑むポーズを示して愚民にアピールしたいのか。あるいは発送電分離や代替エネルギーなど、得体の知れぬ連中とつるんで利権を狙うのか。どちらにせよ腹黒さ丸出しの企みだ。橋下ってトッチャン坊やのような顔をして、よくやるよと呆れる。

 

関西随一の大きな優良企業ゆえ、ヤクザな政治家から策略絡みで目の敵にされるんじゃ、関西電力があまりにも可哀想だ。がんばれ関電、負けるなよ、と心からエールを送りたい。

 

 

 

 

 

 

posted by yohkan at 08:52| Comment(1) | TrackBack(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月14日

全原発停止は民主党政府のサボタージュだ!

節約とか倹約を金科玉条にする人たちがいる。モノを大切にして、好きな言葉は「もったいない」。資源の節約と聞けば感涙にむせび、地球を守れと眦を決して、真面目に「節電」を実行する。大人しくて善良な人々なのだと思う。決して悪いことじゃない。

 

しかし幾ら真面目で節約家の善人が多いにせよ、今夏も気温によっては電力不足が予想されるからと、政府が国民に「節電」を押し付けるとは一体どういう料簡なのだ。大震災発生直後の「無計画停電」から1年も経って尚、満足な電力が供給出来ぬとは、政府のマネジメント能力欠如を示す動かぬ証拠ではないか。

 

あらゆるモノに電気を利用する現代、電力は国力だ。産業も国民生活も電力をベースに成り立っている。安定的で安価で、有り余って捨てるほど豊かな電力供給を実現せねば、政府は満足な仕事をしたことにならない。何ら代替策もないまま、全ての原発を停止するなんて気違い沙汰だ。

 

核爆発で数十名の死者を出し、高濃度の放射能を広く拡散したチェルノブイリ事故と、水素爆発と狭い範囲の低濃度放射能漏れで、ひとりの死者もいない福島第一の事故は全く種類が違う。医学の権威は現在の放射線レベルで病気の発生など有り得ないと太鼓判を押している。冷静且つ客観的に考えれば、福島における放射能の被害など皆無なのだ。それに福島第一以外の原発は、地震発生と同時に全て無事停止した事実を忘れてはならない。

 

 

 

 

左巻き連中が放射能騒ぎを煽るのを横目で見つつ、全原発停止で電力供給を故意に低下させるのはサボタージュ、即ち破壊活動に他ならない。これで敵国の侵略をおびき寄せるとすれば、民主党は国家転覆工作をはたらいたと断じられても申し開きが出来ないだろう。反政府テロリストは聞いたことあるが、政府自らがテロリストとは珍しい存在だ。

 

くどいようだが、安定的で安価で、有り余るほど豊かな電力供給を実現するのは、国家が最優先で果たすべき責任であり義務だ。原発の再稼動をどんどん進めろ。さもなくば民主党テロ政権はとっと消え失せろ。

 

 

 

 

 

 

posted by yohkan at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月10日

山本太郎を広告塔にした反原発運動が失敗する理由

山本太郎と云う俳優は、名前すら聞いたことがなかったし、演技している場面も見た記憶がない。唯一この人を見たのは、反原発運動家連中がわあわあ云いながら何処かの県庁か市役所になだれ込むニュースだった。風采のぱっとしない薄汚れたお兄ちゃんたちの群れに、ひとりだけ背のすらりとした二枚目風がいる。ああ、なるほどねと思った。やっぱり俳優を生業とするだけはあってカッコいい。でも、もったいないことに発言内容は酷くカッコ悪い。

 

報道によれば、山本さんは東京の放射能汚染度がよくわからないから、大阪に引っ越すと云う。聞けば1年近くも前に俳優を廃業していたのだから、さっさと引っ越せばよかったのに、なぜ今まで東京にぐずぐずしていたのだ。それに放射能汚染だけが問題なら、信州の山奥とか北海道の果てとか他にもチョイスがある筈だ。なぜ大阪なのだ。梅田の駅前は交通量も多いし、普段から放射線量が高いらしい。何だか間抜けな感じがする。

 

不思議なのは、山本さんがそれほど放射線を気にしながら、正しい知識を得ようとしないことだ。世界各地には極めて高い自然放射線地域があり、例えばイランのラムサール地方は年間10ミリシーベルトで、観測上の最高値は260ミリシーベルトもあったそうだ。それでも誰も癌にならず元気に暮らしている。宇宙飛行士は大気圏外で年間400ミリシーベルトくらい浴びるし、ラジウムの瓶が床下からごろごろ出てきた世田谷のお婆ちゃんの被曝量は何と宇宙飛行士並だった。しかも30年間ぶっ続けなのに健康でご長寿だ。放射線医学の権威が、福島原発事故による被曝で病気なんて有り得ないと断言するのは、頷ける話なのだ。山本さんの周囲には、こういうアドバイスをしてやる人間が皆無なのだろうか。

 

 

 

 

本人は孫正義に反原発のツイートをして涙を流したそうだから、もともと情緒不安定なのか、あるいは辛い過去があって社会への反抗心をずっと抱えてきた可能性もある。グリーンピースの支持者だと云うから、左巻きの思想に共鳴する体質に違いない。何があろうと本人の責任だ。しかし将来有望な若い俳優さんが、反日勢力に騙されて広告塔みたいに使われているのを見ると哀れでならない。

 

山本太郎が反原発ならアタシも反原発よ、みたいな女性ファンを増やすのが、反日勢力のマーケティング戦略かも知れないが、たぶん失敗するだろう。だって反原発は何ら知性を感じさせないし、ファッショナブルでもない。リッチで美しい雰囲気は皆無だ。感性の鋭い若い女性に相手にされるワケがない。それに反原発と聞けば、笑顔の爽やかな二枚目俳優より以前に、菅直人のひねくれた顔を思い出してしまう。反原発=馬鹿で不細工で悪党、と云う世間のイメージを覆すのは難しい。

 

 

 

 

 

 

posted by yohkan at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月08日

さいたさいた、セシウムのさく狂気の左巻き!

「さいたさいたセシウムがさいた」

 

随分つまらない歌だ。アメリカの詩人の作品だと聞くが、どこの国でもアーティストは半分頭がおかしい。人に感動を与える芸術を生み出す力量があれば話は別だが、そうでなきゃ社会に適応できない単なる馬鹿だったりする。相手にしても仕方がない。

 

とは云うモノのの、こんな馬鹿詩人を呼んで講演会って何なのだ。と思い、埼玉教職員組合のポスターをみたら「2012国際女性デー埼玉集会」とある。副題は「憲法をいかし、いのちとくらしを守る社会を!」「震災復興、原発ゼロへ」「ジェンダー平等実現へ」「人間らしい雇用と社会保障を」「核兵器のない平和な世界を」とある。ああ、なるほど。さすがは馬鹿丸出しで、左巻きぐるぐる全開の連中だ。

 

セシウムだの、半減期だのと騒いで反原発運動をしている奴らは、ぜ〜んぶ人間の屑だ。平和憲法?、いのちとくらしでジェンダー?ぶわははははは。嗤わせるじゃないか。核兵器なしで原発もゼロだなんて、究極の馬鹿共だ。こんな非常識な連中に教職員なんぞさせちゃ、子供達が可哀想だ。

 

 

 

 

思えばこいつらって、60年代のヒッピー世代、反体制世代の生き残りなのかも知れないなあ。かって歌っていた。さいた、さいた、桜がさいた。さいた、さいた、チューリップがさいた。真っ赤な、真っ赤な、真っ赤な薔薇があ。云ってみりゃ、愛と平和のフラワーチルドレンか。

 

世代の変遷を目の当たりにしつつ、あらためて思う。馬鹿は死んでも直らない。 こんな奴らに原発を殺されてたまるか!

 

 

 

posted by yohkan at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする