2013年07月17日

生き証人の四十九日も待たずに噓をつく菅直人!

支那や朝鮮が非難する南京大虐殺や靖国参拝や慰安婦は、実は戦後何十年もの間、誰も取り上げぬ話題だった。日本軍の蛮行なら、敗戦と同時に激しく糾弾される筈だが、それらしい動きはなかった。南京大虐殺は東京裁判意における罪状のひとつだが、あまりの荒唐無稽さ故か、原告の連合国側も被告の日本も法廷以外の場で論じた形跡がない。

 

これらの話題が新聞やテレビに登場して、一般に認識が広まったのは、せいぜい80年代後半か。大きな政治外交問題になったのは90年代以降だ。さらに、欧米を巻き込む反日プロパガンダに発展したのは、21世紀に入ってからだ。

 

実際、80年代半ばまでは、南京陥落と云えば日本軍の堂々たる入城行進のイメージがあったし、首相以下閣僚全員の靖国参拝は終戦の日の風物詩だったし、慰安婦と呼ぶ戦地売春婦は、スケベなオジさんたちがでへへへと照れ笑いを浮かべながら語る、若き兵隊時代の思い出だった。

 

では、なぜ戦後40年を経た時点で様相が変わったのか。やはり真実を知る戦中世代が次々と社会の一線を退き、発言力が低下したからだろう。さらに年配者が続々と鬼籍に入る。嘘を見破る戦前・戦中世代が少なくなったのを好機と見て、敵勢力は強請りたかりの材料にした感が強い。

 

自らの主張が無根拠な捏造だからこそ、相手が死ぬのを待って攻撃を仕掛ける。何と卑怯で忌まわしい遣り方だろうと呆れるが、特亜であればそれも致し方ない。わが国の元首相が同じ真似をするのを見て仰天した。

 

福島第一における原発事故の生き証人、吉田元所長が亡くなった途端、自分は注水停止を命じていないと、名誉毀損で安倍総理を訴えた菅直人。何と非道な男なのだ。政府の事故調査報告書にすら「菅総理の了解を得られなかったため、19時25分ごろ、吉田所長に対し、官邸で検討中であることを理由に、海水注入を待つよう指示し・・・」とあるではないか。

 

 

 

 

ふと気付けば、吉田元所長の逝去から四十九日も過ぎていない。真実を知るご本人にすれば、これでは無念で成仏できないだろう。菅直人の背中に取り付いて、首を締めたい気持になる筈だ。ご遠慮なさらず、ぐぐぐっとやって頂きたい。

 

 

 

 

 

 

posted by yohkan at 12:34| Comment(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月10日

福一原発に繰り広げられた天使と悪魔の戦い!

一昨年の3月11日、東北大震災が発生したのは、参院予算委員会で菅直人が在日韓国人からの献金について追求されている最中だった。甚大な震災被害を目の当たりにして、コレで献金スキャンダルをうやむやに出来ると、本人は薄ら笑いを浮かべたと聞く。真偽の程は分からない。しかし、その僅か3日後、菅が当の韓国人にこっそり返金した経緯から察し、へんに真実味のある話だ。

 

こういう男だから、震災の被害を故意に拡大した感が否めない。福一で事故が発生するや、英雄気取りで闇雲に現地に乗り込み、蒸気放出を遅らせて結果的に爆発させた。米軍からの支援要請を断固拒否して、自らの思いつきで空中放水をさせ、現場の混乱に輪をかけた。さらに「僕は原子力に詳しいんだ!」を叫んで、東電本社に殴り込みをかけ、錯乱状態で怒鳴り暴れた。

 

女川や福ニの実例どおり、幾ら強度の地震でも原発は壊れない。津波による電源喪失まで予期出来なかったとは云え、粛々と既存のマニュアルや防災訓練に従い手順通りに行動すればよかったのだ。法律に則り原子力災害対策本部と中央防災会議を設置し、自衛隊や経産省なの専門家を召集して的確な対応を進めるべきだった。こうした当然の措置をすべて無視して菅が暴走したのは、献金スキャンダルを逃れんがための保身ではなかったか。

 

 

 

 

逝去された吉田元所長は被害を最小に食い止めんと、現場の責任者として全力で奮闘した。逆に菅直人は被害を極力大きくしようと画策した。まるで天使と悪魔の戦いだった。訃報に接し、菅如きが「原発のあり方を話したかった」とは片腹痛い。所詮、この世は善人短命、悪人長命なのか。空し過ぎる。

 

 

 

 

 

 

posted by yohkan at 12:01| Comment(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月03日

赤いヤクザ「原子力ADR」の暴走を止めろ!

福島原発事故発生後、コレを利用して共産革命を達成せんと決意した菅直人極左政権の動きは素早かった。漏れたセシウムが人畜無害だと云う科学的事実を隠し、空から降りそそぐ自然放射線でさえ許されない極度に厳しい基準を編み出した。全く性質や深刻度の違うチェルノブイリ事故を引き合いに「居住制限区域」や「帰宅困難区域」を設定し、福島県民に対して強制移住を命じて、原発の危険性を過大に演出した。

 

こうした動きの影で、菅政権がこっそり準備したのが「原子力損害賠償紛争解決センター(原発ADR)」だ。まだ事故の全容すら分らず、避難さえ始まっていない2011年4月11日、文科省に原子力損害賠償紛争審査会を設置。その審査会が、すべてを赤い弁護士軍団「日弁連」に丸投げして、でっち上げた組織だ。以来、このセンターが和解だ仲裁だと正義漢面しつつ、東電を恐喝して、莫大な賠償金を強請りとろうと暗躍している。

 

菅政権の狙いが原発停止による日本経済の破壊だった以上、当然の帰結だが、原発ADRはひたすら賠償額を増額させ、原発事故の被害を肥大化させる。避難対象の福島県民を手駒に利用し、理不尽な賠償請求を促しては東電を苛め抜く。本日の報道によれば、帰宅困難区域住民の放射線「被曝不安」に対して慰謝料を払えと云い出した。不安を感じたから50万円払え!?貴様らはヤクザか。仮に賠償が必要なら、デマで不安を煽り、強制移住を命令した菅直人に請求すべきではないか。

 

 

 

 

そもそも天災による事故は国家賠償、電力事業者は免責と、原子力賠償法に明記されている。法治国家である以上、法律を無視して東電を恐喝する反日左翼勢力の謀略を許すな。さらに文科省行政の一環とは云え、どこの馬の骨とも分らぬ弁護士集団の暴走を止めよ。東電は賠償に応じる必要など全くない。民主党政権が醸成した奇妙な空気に屈することなく、東電は日本政府を相手に訴訟を起こし、法廷で争え。

 

昨年末の衆院選を見れば分るとおり、一時的に蔓延した放射能ヒステリーは治まり、脱原発や反原発は既に少数派の戯言だ。国民は、原発の再稼動や新規建設による安価で豊かで良質な電力供給を望んでいる。さらに日本経済の屋台骨を支える、東電をはじめ電力企業各社の力強い復活に期待する。安倍政権は、腐臭を放つ民主党政権の残滓を一掃する過程で、原発ADRの如き赤い勢力を叩き潰すべきだ。

 

 

 

 

 

 

 

posted by yohkan at 09:58| Comment(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月16日

暴走する原子力規制委員会はヤクザか!?

原子力規制委員会の暴走が止まらない。然したる科学的根拠もないのに、敦賀原発の直下を走る断層を活断層だと決めつけて、再稼動阻止の執念に燃える。いい加減な調査結果に翻弄される日本原子力発電が反発したら、「だったら、活断層でない証拠を持ってこい」と開き直る。お前らはヤクザか。

 

 

 

 

コンクリートの破片で活断層を信じ込むような間抜け学者め、先ずは活断層だと云う証拠を示せるなら示してみろ。いや、それ以前に、12万年もの太古の昔、一度や二度、地層が動いたからと云って、原発を停止させねばならぬ理由を説明してみろ。

 

バ活断層騒ぎだけでも酷い話なのに、返す刀で高速増殖炉原型炉「もんじゅ」をバッサリぶった斬ったのには仰天した。運転禁止命令を出した上、「もんじゅ」を所有する日本原子力開発機構を指して「こういう組織が存在していることが問題だ」と大見得を切る。何を云うか。お前ら、規制委員会のほうが余程問題ではないか。

 

もともと売国民主党がわが国の経済力を破壊し特亜勢力を利する為に発足させた原子力規制委員会だ。ロクな連中ではないのは知っていたが、仮にも学者だ。根拠も希薄なまま、なぜ、ひたすら反原発に突っ走るのだ。と思い調べたら、彼らの掲げる「原子力規制委員会の組織理念はこれだ。

 

「わが国の原子力規制組織に対する国内外の信頼回復を図り、国民の安全を最優先に、原子力の安全管理を立て直し、真の安全文化を確立すべく、設置された」

 

安全はもちろん大切だ。しかし、全原発を止めっぱなしにするのが最良の策と考えるなら安直過ぎる。安価で潤沢で良質なエネルギーを放棄し、さらに核技術を捨て去れば、経済が疲弊するだけでなく、安全保障政策が破綻して国民の命や暮らしが危険に晒される。

 

安全と聞けば、条件反射的に原発停止と廃炉しか思いつかぬバカ学者を集めても無意味だ。安倍政権はこんな穀潰し委員会をさっさと解散させ、新たな原子力「推進」委員会をぶち上げろ。そして、学者共の意見も参考にするにせよ、政府として責任ある国家エネルギー政策を示せ。原発なしで健全な経済成長は望めない。アベノミクスが絵に描いた餅になってしまう。

 

 

 

 

 

 

posted by yohkan at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月02日

驚愕!反原発ナチスの正体を暴く!

「反原発」も「脱原発」も反日左翼勢力の革命運動だ。偽情報を拡散して放射能に対する恐怖を煽り、原発再稼動の邪魔をする。彼らの狙いは、電力エネルギー枯渇により日本経済を壊滅させるだけでなく、核技術を潰して国防体制を徹底的に毀損することだ。しかもわが国の技術や設備をそっくり盗み出し、韓国への横流しまで画策する。民主党政権が原発廃絶の目標年と定めた2030年には、自国が原発三大先進国に躍り出ると韓国政府が豪語している。冗談じゃねえよと腹が立つ。

 

福島原発事故で漏れたセシウムは人畜無害だ。にもかかわらず、その事実を隠蔽し、さらに外部被曝量を実際値より10倍に膨らませて福島県民に強制移住を命令したのは菅直人だ。「居住制限区域」も「帰還困難区域」も科学的根拠は全くない。単なるデマで一般国民から移動や居住の自由を奪い、過酷な人権蹂躙を行った以上、菅は平成のヒトラーと呼ぶべき極悪人だ。しかも天災による事故発生時の国家賠償を定めた原子力賠償法を捻じ曲げ、東電に巨額の補償金を支払わせて、避難者の口封じを行う。まさに計画的な国家犯罪だ。

 

いや、放射線量は基準を上回り危険だったではないか、と指摘する向きもあるだろうが、騙されちゃいけない。菅直人とその一味は強制移住を実行するため、ICRP(国際放射線防御委員会)の勧告による外部被曝量基準は空間線量だと詐称した。その上、空から降り注ぐ自然放射線ですら許されない厳しい新基準をでっち上げた。日本国内では一向に報道されないが、ICRPや国連科学委員会や世界の放射線医学会が「福島の原発事故で健康被害は有り得ない」と幾度も念押しするのはこのためだ。

 

世界が呆れる狂った放射線基準がまかり通り、鐘や太鼓で朝鮮のリズムを刻む反原発運動が猛威が振るう背景には、原発危険情報しか流さぬ偏向マスメヂィアの影響がある。NHKなんぞは反日左翼勢力の情報工作機関だ。番組構成上、原発容認派に意見を変えろと迫ったり、出演中止にすると聞いても驚くにはあたらない。

 

 

 

 

菅直人をヒトラーに例えるとすれば、どーも君はさしずめ「国家社会主義ドイツ労働者党」即ちナチスのゲッペルス宣伝相みたいなものだ。あんなすっとぼけた顔してるけど、怖い存在なのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by yohkan at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月29日

コンクリに妄想の活断層を見る学者バカ!

うわはははは。原子力規制委員会の東大教授が地層中のコンクリートの柱を見て活断層と判断していた。しかも調査した本人は石ころと疑わず、素人の見学者が「人工物じゃねえか」と指摘しても、断層のズレだと云い張っていた。後日、誤りに気付いて謝罪したものの、「見たいと思っていたモノが見えてしまった」と珍妙なコメントを発表している。学者バカの見本だ。

 

 

 

 

まるでコントみたいな話だが、脳内妄想で活断層と決めつける間抜け連中が国民から原発を奪っている以上、笑うに笑えない。自ら混乱を招いて放射能ヒステリーを煽り、全原発を停止させた反日テロリスト菅直人が悪いのは云うまでもないが、民主党政権が消滅した今、再稼動の障害になっているのは原子力規制委員会だ。

 

そもそも政府の諮問機関に過ぎない規制委員会が、なぜ国家のエネルギー政策を左右する主体となるのか分らない。法治国家なら本来有り得ないことだ。しかし彼らは現実に超法規的な存在として、神の声を装って原発危険説を垂れ流す。40万年前以降に地層がどうした、火山帯がどうしたと、SF小説まがいの仮説を連発する。

 

その上、科学的根拠もないのに、見たいと願い、心の眼で活断層を見てしまうため、経済は疲弊し国民生活は苦しくなる一方だ。今はアベノミクスで株価上昇と呑気なことを云ってるが、潤沢で安価な電力供給なしで経済成長は有り得ない。政権交替後、早や3ヵ月。そろそろ前政権の負の遺産を解消し、強制移住命令を解除して福島県民を故郷に帰し、定期検診を終えた各地の原発を速やかに再稼動すべきではないか。

 

反日左翼勢力や間抜け学者が活断層を見たくてたまらない一方で、われわれ国民は原発再稼動による日本経済活性化と東北の復興が見たくてたまらない。安倍総理にこの気持を是非汲んで頂き度い。

 

 

 

 

 

 

 

posted by yohkan at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月19日

活断層の学者バカを無視して原発再稼動にGO!

あれれ、まだやってやがる、と呆れるのが原子力規制委員会だ。活断層だあ〜!とひたすら騒いで、再稼動の邪魔をする。12〜3万年前以降に地震があった可能性が高いと胸を張るが、単なる仮説に過ぎないし、科学的な調査方法もない。極言すれば学者バカの妄想であって、何故そんないい加減な話で国家のエネルギー政策が左右されなきゃいけないのか理解出来ない。そもそも委員会がどんな指針を出そうが、法的根拠は皆無だ。

 

考えてもみて欲しい。旧耐震指針も踏まえ法律に則って建設し、無事故で運転してきた全国の原発を停止させる理由は、一体何なのだ。あとからルールを勝手に変えて、実績を誇る優秀な原発事業を消滅させる気か。定期検査も終えた。本来は運転と無関係な机上計算であるストレステストも終えた。福島第一を除けば、どの原発にも何ら問題がないのだ。経産省さえGOサインを出せば、即座に再稼動できるではないか。

 

官邸前でサイカドーハンタイ!と叫ぶ連中や、経産省の土地に侵入してテントで暮らす左巻きは人間の屑だ。そいつらの出鱈目な主張を国民の声にすり替え、反原発を煽るマスメヂィアは敵国の工作機関だ。安倍政権は夏まで慎重な舵取りをすると公言して憚らないが、売国勢力に気兼ねして原発再稼動を躊躇するようでは、肝心の参院選勝利は覚束ない。

 

 

 

 

原発による安価で潤沢な電力供給は、経済再生に不可欠だ。円安で輸入エネルギー価格が暴騰する今、アベノミクスの成功は原発再稼動にかかっていると云っても過言ではない。いいじゃないか。どんどん再稼動を実行せよ。原子力規制委員会の無意味なタワゴトなど無視してしまえ。あんな連中に日本経済の急所を握られて堪るか!

 

 

 

 

 

posted by yohkan at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月30日

狂気の原子力規制委員会をぶった斬れ!

バカを通り越して狂気の世界に突入した。そう思わせるのが、原子力規制委員会だ。「活断層の上には原発を設置してはいけない」と明文化した新安全基準案を発表し、ついでに活断層の調査対象を12万~13万年以前から40万年前以降にぐわっと拡大すると云う。もうこうりゃ何もかも活断層にしてやるぞ、原発の再稼動や新規建設なんぞ絶対に許さん、と云う鬼気迫る勢いだ。

 

ままま落ち着け、と云いたいが、規制委員会の学者連中は目が血走っている。既に世間の放射能ヒステリーは沈静化して久しい。反原発だ、脱原発だと大騒ぎした政治家は軒並み落選した。国民は確かな経済成長を望み、そのためには原発が欠かせないと知っている。だから、反原発村の住人たる規制委員会は焦っているのだろう。しかし幾ら焦ろうと、学者が出鱈目を云っていいのか。

 

そもそも「活断層の上には原発を設置してはいけない」なる法律や安全指針が存在しない理由を考えるがいい。活断層はあくまでも地質学上の「概念」に過ぎず、いろいろな仮説が併存する。活断層って何よ?と聞けば、様々な答えがあって調査方法すら確立出来ない代物だ。こんな曖昧な概念をベースに実務上のルールが作れる訳がないのだ。

 

それに活断層の想定範囲を無闇に広げて何の意味があるのか。無論、対象期間を広げれば広げるほど、かって地震があった可能性は無限に拡大する。当初の5万年前がいつの間にか、12万~13万年以前になり、次は40万年前まで拡大した経緯を見れば、いずれは100万年、いっそ1000万年、ええいっ1億年!もうひと声で10億年!も有り得る。そうなりゃ地球丸ごと活断層だ。しかしそんな戯言で、国家のエネルギー政策を捩じ曲げられちゃ堪らない。

 

 

 

 

学者が集まり原発の安全基準を検討したところで、当然ながら法律を作る権限はない。本来は原発推進の立場で、電力事業者が対応可能な現実的指針を提言するのが委員会の仕事だ。元はと云えば、売国民主党政府の人選が酷過ぎた。早く規制委員会の面々をクビにせよ。さもないと学者連中自ら朝鮮風リズムで鐘や太鼓を叩き、「サイカドーハンタイ!」と意味不明な黄色い声を上げるだろう。こうなると規制委員会ではなくて、奇声委員会だ。

 

 

 

 

 

 

posted by yohkan at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月30日

原始人も驚く原子力規制委の「バ」活断層騒ぎ!

「活断層」と聞けば、何やら学術的でもっともらしい。そこに「破砕帯」なんて、おどろおどろしい響きが加われば、素人は恐怖におののく。ちょっと待て、だ。過去10数万年かの間に地層がズレたかズレないか、そんな大雑把な「仮説」で、経済大国、日本のエネルギー政策を左右されて堪るか。10万年前と云えば、ホモサピエンスがアフリカを出て世界中に広がった時代だ。そりゃ、ちったあ地層くらい動くだろうよ。

 

 

 

 

活断層、活断層と連日騒ぐ原子力規制委員会は、単なる学識者の集まりだ。しかもわが国の誇る原発と核技術を潰して、日本の弱体化を狙う朝鮮人民主党政権が選んだメンバーだ。その上、国会の人事承認も受けていない。と云うか、国会閉会中に野田総理が、原子力災害対策法の「原子力緊急事態宣言」を楯にとって、こっそりでっち上げた。一部の学者が提唱する仮説を利用して、再稼動を阻止し、あわよくば廃炉に持ち込みたい反日勢力の悪意が見える。

 

学者とは云え、バカツダンソー集団にモノを語らせても意味はない。経産省の庭で反原発テント村を続ける左巻きの乞食連中を官僚に取り立てて、原子力行政を任せるような話はないか。学者や研究者を集めて議論させるなら、偏りのなり幅広い意見が求められるのは当然だろう。

 

政権交替が実現した以上、さっさと現在のインチキな原子力規制委員会を解体し、政策に沿って、より建設的な提言の出来る専門家を集めるべきだ。安倍自民党は3年以内に具体的な安全基準を策定して見直しを進め、問題のない原発は再稼動すると公約した。今こそ原発と前向きに取り組め。約束通り、潤沢で安価で安定的なエネルギー供給を速やかに実現して欲しい。

 

 

 

 

 

 

 

posted by yohkan at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月22日

ナマズが暴れると原発は廃炉なの!?

科学技術や学問の発達はとどまるところを知らない。きっと遠い将来には、地震も予知出来る時代が来るだろう。しかし、今の無理だ。政府の地震調査委員会が30年以内に震度6以上の地震が来る確率を発表したが、いろんなデータと推論をこねくりまわして数値化しただけで、特にこれと云って意味はない。「ナマズが暴れると地震が起きる」と云う俗説と然程レベルはかわならい。

 

そもそも30年以内に大きな地震が来ると云う話なら、そりゃ地震が頻発するわが国だもの、誰だって何となくそんな気がする。学者の知恵を借りるまでもない。ところが、そんな粗雑な地震発生率の予想値でも、反原発の左巻き勢力にとっては有難い話らしい。30年以内の大地震発生と聞けば、やまびこの様にカツダンソーが!と叫び、原発を廃止に追い込もうと必死の形相だ。

 

でも冷静に考えてみたい。百科事典によると、活断層とは「最近の時代まで活動し、将来も活動する可能性のある断層」を指す。そして、地質学上の「最近」とは第四紀の後期、おおよそここ数十万年のことらしい。気の遠くなるような年月だ。これじゃあまりにも範囲が広過ぎるので、一応、過去5万年以内に区切って「活断層」としたのが、1978年に出来た耐震審査指針だった。

 

ところが、この過去5万年以内の定義を、いつの間にやら12〜3万年以内に広げ、ほら、これも活断層じゃないか、あれも活断層じゃないかと大騒ぎしている。しかも民主党肝いりの原子力規制委員会なんぞは、一挙に過去40万年以内に対象広げようと鼻息が荒い。この調子だと、そのうち、過去何百万年、何千万年以内だって活断層だあ!と暴れ出しかねない。

 

 

 

 

ハッキリ云って、こんな杜撰な学説や定義で、わが国の誇る原発を停止させられたんじゃ堪らない。大昔に地面がズレようと、大地震が来た痕跡があろうと、それがどうしたと云うのだ。過去40年、全ての原発は無事故で運転された実績がある。福島第一は津波による電源喪失に起因する故障だ。原発は地震ごときでビクともしない。その証拠に震源地に近い女川原発なんて、震災後、被災者の避難センターとして利用された。

 

総選挙で反原発を高らかに謳う政党や政治家が壊滅的に敗北し、民意はむしろ原発維持であることがはっきりしている。全ての原発が法定の定期検査により安全確認出来ているのに、発電しないのは、あまりにも無駄だ。法律よりナマズを優先する左巻きの政治家や学者共をぶちのめし、早く再稼動を進めたい。

 

 

 

 

 

 

 

posted by yohkan at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする