2022年06月19日

反原発訴訟と哀しき節電

数日前、福島第1原発事故関連の避難住民による集団訴訟で、最高裁が「国の責任を認めない」との判断を下した。常識的な判決だが、パヨク連中はコレが気に入らない。

先月末、地震や津波への安全性がど〜たらこ〜たらと、大雑把な屁理屈で、北海道地裁が泊原発の運転再開を認めなかったので、最高裁にもあらぬ期待をかけたか。

テレビのバラエティ番組は最高裁判決の速報に凍りついてお通夜状態に陥り、報道番組のコメンテータは「司法は苦しむ国民を顧みないのか!」と憤ったらしい。

新聞各紙はなぜか、原告の落胆ぶりにのみ焦点を当てる。気の毒な老人たちのお涙頂戴話に仕立て、弱者に寄り添う格好で判決に疑問を呈し、暗に国の対応を批判する。

マスゴミの背後には敵国の影がちらつく。原発潰しこそ、彼らの対日戦略上の大命題なのだろう。日本の経済力や防衛力を叩き潰すには、電力を奪うのが最も手っ取り早い。

原告側の避難住民には酷な言葉だろうが、目先の賠償金欲しさに、何もかも国が悪い、すべての原発を廃止せよ、と喚き散らす反日勢力の掌で踊ったのが間違いだ。

本来糾弾すべきは、軽微な水蒸気爆発をチェルノブイリ級の大惨事と誇大宣伝した民主党政権と、嘘っぱちの放射能恐怖説を連日垂れ流したマスゴミをおいて他にない。

あらためて賠償請求訴訟を起こすなら、福一近隣住民に対し無用の強制移住を課した菅直人や、虚偽の煽り報道に徹した便所紙を被告とすべきではないか。

ちなみに評論家の池田信夫氏は、民主党政権が原発をすべて超法規的に止め、再エネに世界最高価格のFITを設定して、日本経済に約70兆円の損害をもたらしたと説く。

その通りだ。避難住民だけでなく、全国民が大損害を被ったのだ。「賠償責任を求めるなら、当時の民主党政権の責任者の全財産を差し押さえよ」との池田氏の達見に深く頷く。

さて、反日勢力による組織的抵抗で原発再稼働が遅れに遅れ、電力不足への不安が嵩じる中、無為無策のまま、国民や企業にひたすら節電を求める岸田政権の無能さが哀しい。


kishida setsuden.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 14:35| Comment(54) | TrackBack(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月14日

怒れる日本の山々

2011年の東日本大震災で真っ先に思い出すのは、津波が街並みをごっそり飲み込む地獄絵図だが、菅直人政権の閣僚、松本龍復興相の粗暴な振る舞いも何故か記憶に残る。

ヤクザ然としたこの男、震災発生より数ヶ月を経て宮城県庁を訪れた際、「客が来るときは、自分が部屋に入ってから客を呼べ」とイチャモンをつけて知事を叱責した。

約束の来訪者があれば応接室に通し、その後迎える側が入室し然るべく面談する。このあたりは一般社会で常識的な慣習ゆえ、松本大臣の妄言は理解不能だ。

察するに、記者をぞろぞろ連れての訪問ゆえ、知事に出迎えて貰いたかったか。不満が嵩じて「助けてやらないないぞ」などと復興相にあるまじき暴言を吐き、世間の酷評を浴びた。

その際、印象的だったのは村井嘉浩宮城県知事の毅然とした姿勢だ。詫びるでもなく(そもそも詫びる理由は全くない)、媚びるでもなく、極めて冷静且つ穏やかに対応した。

分不相応な重職を得てのぼせ上がっているチンピラ大臣をいなすのは、さぞ難しいだろうに、鮮やかにやってのけた知事は一体何者なんだろ?と興味を引いた。

検索したら、村井さんは防衛大学校出身の元自衛官とある。退官後、松下政経塾を経て宮城県会議員となり、2005年から県知事を務める。ふむふむ、なるほどネ。

さすがは元軍人だ。背筋がピシッと伸びている。現在は無所属ながら自民党の推薦を受ける良識派知事として活躍し、県民の信頼も厚い。知事職も既に昨年より5期目に入る。

さて昨日、村井知事がニュースに登場したので、何かと思えば、関西電力が宮城県の山間部に180m級の風車を20数台も設置する風力発電事業に関する話だった。

関電の計画に対し「東北でわざわざやらず、関西でやればよいではないか」と、知事が不快気に語ったのは当然だ。自然破壊や景観喪失を憂慮する県民も多いだろう。

村井さんは続ける。「われわれは多くの山林を抱え、日本全体の脱炭素に貢献している自負がある。わざわざ山の木を切り倒してやる必要があるのか?」

「ないぞ!」と、ブログ主は思わず大声で叫んでしまった。樹木を次々と伐採し土を掘り返し、太陽光パネルや巨大風車で美しき山々をぶち壊すなんて、狂気の沙汰だ。

古来、人々に豊かさを与えてくれる日本の山々は「神」だ。非効率で不安定な僅かばかりの電力を求め、山を穢し緑を失うのは、余りに愚かだ。神の怒りに触れたいのか!?


angry mountain.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 10:46| Comment(48) | TrackBack(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年06月08日

何が節電だ、バカヤロウ!

電力予備率の低下が著しいため、今夏の需給逼迫は避けられず、さらに冬場の見通しが厳しいとして、政府は昨日、国民や企業に対し節電への協力を呼びかけた。

ふむふむ、そりゃ、停電ともなれば悲劇を招く。よしっ、一肌脱ごうじゃねえか、と即座に思ったものの、で政府は何をしてくれるの?と問えば、コレが頼りない。

産業界や自治体に緊急連絡体制の確立を促すとか、「電力需給逼迫注意報」を新設するとか、如何にもお役所的な小手先シゴトで誤魔化すつもりが透けて見える。

加えて、企業に対する電力使用制限令の検討や計画停電の準備も進めて・・・。あれっ?なぜ、オマエらは電力不足の解消に着手しないのだ?なぜ、発電量を増やさない?

国民への呼びかけも珍妙だ。家庭の電力消費はエアコン34%、冷蔵庫19%、照明10%で計6割以上を占めるから、使用を出来るだけ抑えろとみみっちいコトをヌカす。

冷房は28℃以下、冷蔵庫は「強」から「中」か「弱」に設定せよ、照明の点灯時間を減らせ、白熱電球はLEDランプに交換せよ、さすれば年間数千円の節約可能と講釈を垂れる。

余計なお世話だ、バカヤロウ!くどいようだが、もう一度云わせて貰う。間抜け政府め、なぜ、オマエらは電力不足の解消に着手しないのだ?なぜ、発電量を増やさない?

無論、政府も電力の安定供給が国民生活および経済活動の基盤だと一応は知ってはいるようで、松野官房長官も「供給面であらゆる対策を講じる」と述べる。

しかし、本気度が感じられない。「非化石電源」なる耳慣れぬ言葉で原発を匂わせながら、最重要課題たる再稼働の想定スケジュールを国民に示さないのは、一体なぜだ?

ここで、あっと思い出す。先月末、萩生田経産相が「ご家族で部屋別々にエアコンを使うのではなくて、テレビを一つの部屋に集まって見てくれ」と語っていたっけw

電力行政の責任者たる大臣が、今時どこの後進国の話だよ?と呆れる台詞を吐くのが悲しい。マスゴミに擦り寄る岸田政権にとって、もしや原発再稼働はアンタッチャブルか。


setsuden sms.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 14:16| Comment(48) | TrackBack(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月26日

原発を動かせ

明日千秋楽を迎える大相撲三月場所が面白い。横綱の途中休場、大関陣の不振を尻目に、ベテラン高安、新進気鋭の若隆景が期待以上の活躍を見せ、好角家を喜ばせる。

あれこれ文句を付けても、NHKは受信料の強制徴収を続けるし、政治的偏向を正す気もない。どうせ金を払うなら、相撲中継くらい楽しめばいいじゃんか、と思うが如何だろう。

さて、普段は自虐報道に徹して特亜を賛美し、共産思想を持ち上げるNHKではあれ、公共放送の建前から、大規模災害発生など緊急時の政府広報の役割を担う。

今場所中も数日前、土俵の画面左脇に派手な太文字で「電力需給逼迫」の警報を掲げ、ご丁寧にも画面上に節電を呼びかけるメッセージを次から次に流した。

もっとも、照明の点灯数を減らせ、暖房の設定温度を下げろ、カーテンで窓の寒気を防げ等々、「一応言っとくからね」的な文言が並ぶだけで、緊急性は感じさせない。

画面の「電力逼迫」に仰天し、うわっ、大変だ!大変だ!とテレビの電源を即座に切って、冷たい布団に潜り込み、寝てしまう視聴者などいる筈がない。

都内のビルや照明や電飾が消え、店舗や工場で営業や操業を短縮したのは、政府や電力会社から自治体や経済団体への要請に依るもので、NHKの一般向け警報とは無縁な筈。

無粋な真似で邪魔しやがって、と相撲ファンの本音を吐けば非難されそうだが、鬱陶しいテロップに一体、何の意味があるんだよ?と、正直なところ不快さを覚えた。

同時に、NHKを通じて節電、節電と国民に呼びかける前にやることがあるだろ、なぜ日本中の原発再稼働に躊躇うのか、馬鹿政府め!と、憤りで体が震えた。

マスク着用や行動自粛の要請に疑問すら抱かず、おとなしく従う子羊ばかりゆえ、警報で震え上がらせればコントロールは容易いと、政府は国民を舐めているのか。

贅沢は敵、節約は美徳。欠乏や貧困に耐えて忍ぶ姿こそが高邁な理想(?)と信じる愚鈍な民衆に、潤沢な電力など無用の長物と、政府は密かに腹を括ったのか。

いやいや、敵国とその手先たるパヨク勢力の意向に寄り添い、電力供給を絞り経済力・防衛力を低下させれば、マスゴミの応援で政権維持可能と信じる指導者がいるようだ。


genpatasu saikadou のコピー.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 13:25| Comment(67) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月15日

安全でカワイイ「トリちゃん」

政府が福島第一原発の処理水を海洋放出すべく正式決定した。大震災から早や10年、無数の貯水タンクで福一の敷地を埋める間抜けな光景が漸く終わる。

原子炉の冷却水を多核種除去設備(ALPS)でトリチウム以外の放射能物質を除去する。コレを希釈して海洋に流せば、安全上の問題がないのは世界の常識だ。

トリチウムは水と一緒で、飲んでも体外に排出される。健康被害の恐れなしか、ふむふむ、なるほどね。と、このあたりは、復興庁のチラシでよく分かる。

(クリックで拡大可)
Ey5-fbcUcAIlzeV.jpg

但し、このチラシや関連動画は「登場するトリチウムのキャラが可愛すぎて、現実の厳しさと感覚的にズレがある」と批判され、復興庁側は公開を休止したと聞く。

風評被害を払拭せんと頭を捻れば、反原発派のパヨク勢力がイチャモンをつけて言論弾圧を図る。いつもの光景だから驚きもしないが、役人と福島県民が気の毒だ。

国外でもわが国に対し、支那&南鮮が抗議の声を上げる。「海洋は日本のごみ箱でなく、太平洋も日本の下水道ではない」なんて、コレまた悪質なイチャモンだ。

deliciousicecoffeeさんの「正しい歴史認識」ブログによれば、両国とも原発施設からトリチウムを流出させていて、福一の放出予定に比較すると、その量が桁違いに多い。

自国の現実を棚に上げて日本を非難し、安全性を謳うなら処理水を「飲んでからヌカしやがれ」と凄む中共の報道官の姿は、ヤクザまがいと云うより、ヤクザそのものだw

南鮮の文ちゃんに至っては、何をトチ狂ったか、国際海洋法裁への提訴検討を口にする始末。もしや、脅しているつもりなの?と大統領の脳構造を疑いたくなる。

本邦マスゴミも酷い。特亜の指示に依るものか、英文ニュースで、処理水を放射性汚染水(Redioactive water)あるいは汚染水(contaminated water)と呼び、国際社会に誤解を広げる。

思うに、日本政府は反原発プロパガンダに反論せず、マスゴミの声に寄り添うポーズを取るばかりで、処理水の安全性を訴える努力が足りなかったのでないか。

なぜもっと早く、政府肝いりでゆるキャラ「トリちゃん」を登場させ、全国行脚に踏みきらなかったのか。クマモンを凌ぐ人気者になったのに〜と、残念でならない。


tritium water.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 15:17| Comment(69) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月18日

世界の常識、海洋放出

菅政権発足後、早くも1ヶ月が経った。「やるべきことをスピード感を持って、ちゅうちょ無く実行に移す」と首相の言葉通り、これまで手付かずだった課題を次々にクリアしてくれる。

福島第1原発が貯めた処理水の海洋放出もそのひとつ。さっさとやれば良かったのに、東電の広大な敷地を埋め尽くすほど多くの貯水タンクを建設しながら、政治が決断を避けてきた。

聞くところ、原子炉の冷却水を多核種除去設備(ALPS)に通し他の放射能物質を除去すれば、トリチウムを含む処理水が残る。コレを希釈して海洋に流せば、安全上、何の問題もない。

トトト、トリチウムガー!と恐怖に慄く人々もいるだろうが、冷静になって欲しい。水素の仲間でもあるこの物質は自然界でも生成され、雨水や水道水、大気中にも存在する。

汚染ガー!と叫んで放射脳恐怖説を垂れ流す反日勢力は、愚かな大衆を巻き込み、日本の核技術を潰そうと画策しているのだ。見え透いた嘘に騙されて、動揺するのは間抜け過ぎる。

風評ガー!と騒いで、政府の海洋放出方針に抵抗する漁業従事者も度々ニュースに登場するが、風評被害についてなら、文句をつけるべき先は悪夢の民主党政権と凶悪なマスゴミだろう。

軽微な福島原発の事故を針小棒大に報じて、チェルノブイリ級の大事故に見せかけ、無辜の市民に必要のない強制移住まで課したカン・ナオトの人権犯罪が、フクシマのブランド力を毀損した。

地元の皆さんが過度に神経質になるのも分からないじゃないが、海中に放出した処理水がそのままじっと福島県沖に留まる、と考えるほど馬鹿な消費者はそういないw

むしろ一部の廃炉を含めて原発稼働体制を整備し、安価で安定した電力供給を実現して日本経済を豊かにするのが、より多くのサカナを売る近道だと、漁師も魚屋も考えるべきじゃないのか。

云うまでもなく、冷却水の海洋や大気中への放出は、各国の原発施設で行う標準動作だ。「世界の常識」とも呼ぶべきアクションを無闇に恐れるのは、悲しい哉「日本の非常識」だ。

処理水は微量のトリチウムを含むが、人体にも生態系にも無害だ。放射性物質(と云えば、そう云える)カリウムを含む、ペットボトルのミネラル水を海に流すのと変わらないと理解しよう。


tritium kaiyo hosui.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 09:02| Comment(39) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月04日

関電は被害者じゃないか!

関西電力の幹部が、福井県高浜町の元助役から多額の金品を受領していたスキャンダルが、突然、浮上した。原発絡みの贈収賄だ、コレで原発は終わったと、マスゴミ各社が色めき立つ。

ところが、どこか腑に落ちない。放射能ヒステリー症状が醒めやらぬわが国ゆえ、原発のある町があれやこれやと理由を付けて、電力会社に金を要求するなら、まだ分かるが、逆はおかしい。

それに、総額3億2千万円は多額だが、幹部20人が2011年からの7年間で受領したなら、単純計算で一人当たり年200万円余り。儀礼の範囲を超えちゃいるが、仰天して卒倒する額でもない。

記者会見に応えた関電の幹部は、社内調査を実施中と前置きしつつ、高浜町の元助役から受取りを「強要」され、返却しようにも、相手が激昂して手がつけられなかったと、ヘンな説明をする。

一体、何がどうなってるんだろ?と首を捻っていたら、漸くネットに真実と思しき報道がぼちぼち現れ始めた。ソレによると、元助役なる人物は、人権団体の大物だったと云う。

ほほう、そうだったか、と、いきなり納得する。金品を強引に手渡されて驚いたものの、相手が強面の人権屋ゆえ、拒否も返金も出来ず、困り果てていたのは、関電側だったのだ。

云うまでもなく、ヤクザな人権屋が何の見返りもなく、電力会社に金品を渡す筈がない。元助役は関電から原発工事や関連作業の発注を得て、請負業者から多額の口利き料を受取っていた。

そして、関電側に一部を還流させて贈収賄の体裁を取り、事情を知る幹部連中の口封じを図った。無理矢理に小判や札束をつかまされた電力エリート達は、恐怖に慄き、身をすくめるばかり。

こう考えると、20人の関電幹部は犯罪の「被疑者」ではなくて「被害者」じゃないか。聞けば、元助役から「どうして受け取らないんだ!」と怒鳴られ、土下座までさせられたと云う。

金品を貰うお代官が土下座したのは、越後屋の恫喝に怯えたからだw。「家族がどうなってもいいのか」「お前には娘がいたな」「ダンプを突っ込ませるぞ」と脅されれば、誰だって怯む。


bribe for kanden 2.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 06:48| Comment(45) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月13日

大停電は避けられた!

アベノミクスやTPP推進、外交戦略、規制改革など、安倍政権の政策を強く支持する当ブログだが、今日は文句を付けさせて貰う。このままじゃ、日本中で大停電を招く恐れがあるからだ。

地震や台風は誰にも予想出来ないし、防ぎようもない。人間の力を遥かに超えるからこそ、天災を英語で Act of God と表現する。神の怒りなんぞに抵抗出来る筈がない。

とは云え、付随的に発生する被害を食い止めたり、ミニマイズする安全策を日頃から備えるのが国の務めだ。無策のまま災害に会い、でへへ、尊い人命が失われちゃいました、で済む話じゃない。

北海道で発生したわが国初のブラックアウトで、空港も鉄道も工場も病院も全ての機能が止まり、水道は干上がった。電力喪失を理由に人が死に、酪農の家畜も死んだ。

火力発電所の緊急停止が原因と報道されたが、震源地の真上だもの、そりゃ止まりもするだろう。大停電を引き起こした真因は、泊原発3基の稼働凍結で、発電の余力が皆無だったことだ。

ニュースの「泊原発の外部電源喪失」は単なる停電に過ぎず、ある種の印象操作に近い。泊が運転中ならそもそも外部電源は不要だし、日本の誇る原発設備はあの程度の地震にはビクともしない。

つまり、原発さえ動けば、大停電は避けられたのだ。パヨクの反原発プロガンダに負けず、安倍政権が再稼働に舵を切っていれば、北海道の人々はむずむざ命や生活を失わずに済んだのだ。

火力用の石油輸入のため莫大な国富を投じるのも、地震や台風であっさり壊れる太陽光パネルや風車による代替エネルギー確保も、悪い冗談の類だ。なぜ、そこまで原発再稼働に後ろ向きなのか?


nuke power for blackout.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 18:00| Comment(64) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月31日

恐怖のメガソーラーパーク

ラオスのダム壊滅は衝撃的な大惨事だ。事故発生から1週間を経ても尚、正確な死者・行方不明者数は不明だが、総数はおそよ数百人から、最悪で千人越えか。既に被災者は7000人を数える。

原因は手抜き工事だ。テキトーに土を盛り上げる杜撰な工法で、工期を大幅短縮して昨年、ダムは完成。しかし、集中豪雨に耐えられる筈もなく、あっさり決壊した。

ダム建設を請け負っていたのが「韓国企業」と聞けば、ストンと腑に落ちる。聖水大橋の崩壊や三豊百貨店の倒壊事故など、似たようなインフラ工事の失敗例は、枚挙にいとまがない。

驚くのは、ダム決壊の予兆を感じた時点で韓国人職員50数名が非難し、全員無事だったことだ。セウォル号が沈没した際、乗客を置き去りにして、真っ先に逃亡した船長や乗組員を思い出す。

ASEANでインフラ輸出の実績を作ろうと、韓国政府の肝いりで、政府系「韓国西部発電」や財閥系「韓国SK建設」など官民が大型出資した事業がこのザマだ。いや何とも、あの国は恐ろしい。

で、ふと気付く。韓国企業のインフラ建設は、わが国にとって無関係ではない。民主党政権が始めた『太陽光発電など再生可能エネルギー買取制度』に乗り、韓国系電力会社や建設企業が暗躍する。

放射脳恐怖説に恐れ慄き、反原発運動を認めた己の間抜けさゆえだが、日本国民は国内で太陽光発電事業を進める外国企業に、自分たちの支払う電力料金や税金を掠め取らている。

無論、被害はそこに止まらない。森林を伐採して太陽光パネルを敷き詰めれば、環境を破壊し、水害や土砂崩れなど甚大な自然災害を招く。パネル自体も人体に危険な有害物質を含む。

景観だって台無しだ。日本人が永く誇りとしてきた豊かな緑は永遠に失われ、ビカビカ、ギラギラと太陽を反射する、無粋な鉄枠とガラス板が、山や野原を醜く覆う。


izu mega solar.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 07:55| Comment(38) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月11日

福島安全宣言が復興の鍵

東日本大震災と福島原発事故発生から早や5年。今も全国で17万人が避難生活を送ると知り、仰天する。

もしや避難者は、民主党政権が定めた「居住制限区域」や「帰還困難区域」に何の科学的根拠もないことを、知らないのか?

現地調査を実施後、ICRPや国連科学委員会や放射線医学会が「フクイチの事故で健康被害は有り得ない」と幾度も念押しした経緯を、聞いていないのか?

年間1200mSV以下なら問題なしと断じる世界的権威、英オックスフォード大のアリソン名誉教授が、避難生活のストレスこそ健康被害をもたらすとして、日本政府の対応を厳しく批判した事実を、あえて無視するのか?


prof allison noda yamamoto.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 11:09| Comment(41) | TrackBack(1) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする