2019年08月12日

N国党は受信料を呪うのか?

NHKの政見放送に登場し、当の放送局を批判するシュールな演出で視聴者を笑わせてくれたN国党。参院選で予想外の議席を得た勢いそのまま、何やかやと話題を提供して脚光を浴びる。

「NHKから国民を守る党」と聞いてもピンッと来ないが、即席政党のようでいて、実は代表の立花さんが6年前に設立し、市や区など、地方自治体の議員を幾人も輩出しているそうだ。

今春の統一地方選では30名近くを当選させたから、それなりの政治勢力であることは間違いない。旧来の既成政党にない魅力を感じ、彼らに期待する有権者が結構いるらしい。

但し、N国党は「NHKを視聴しない理由で受信料を支払わない方を全力でサポートします」とのスローガンを掲げ、NHK放送のスクランブル化を提言するのみ。主張はソレ一本だ。

潔いと云えば潔いが、NHK以外の政治課題で、何を考えているのか分からない。受信料制度に不満を持つ国民がいるにせよ、シングルイシューでよく選挙が戦えるものだと半ば驚き、半ば呆れる。

NHKを擁護する訳じゃないが、受信料は年払いで約2万5千円と、別に高額とは云えない。番組の内容だって、地上波もBS共に良質なモノが多い。バカ番組専門の民放より余程マトモだ。

他の有料放送、例えば映画やスポーツが楽しめるWOWOWは、月額約2500円だから、年間計3万円。NHKの2万5千円に目くじら立てる理由があるんだろうか?

また、やろうと思えば、スクランブル化は技術的に可能だろうが、ソレじゃ、NHKは見ないから契約しませんよ、と云う国民が、実際にどれだけいるんだろうか?

聞くところ、代表はじめN国党関係者は、NHK相手の訴訟に多数関わってきたとか。NHK帯域除去フィルターやワンセグなど、様々な受信料ネタで次々と裁判を起こす執念が凄まじい。

立花さんのNHKに対する思いは、一般人には理解し難い「怨念」や「呪い」の類なのかも知れない。恨みを買ったNHK側にすれば、ホラー映画を見ているような、ゾッとする気分だろう。


tachibana anti nhk.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 10:45| Comment(50) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月21日

ローラちゃんのしたたかな計算

好みは人それぞれ。美醜の判断は千差万別だ。とは云え、世間には誰もが納得する美女もいる。すれ違えば、ハッと振り向きたくなるような上玉で、大抵、女優やモデルを生業とする。

人気者のローラちゃんもその一人で、端正な美貌と明るい笑顔、抜群のプロポーションが眩しい。あちらこちらのポスターやCMに登場するのは、老若男女に愛されるが故だ。

そんな彼女が突然、米軍普天間飛行場の辺野古移転工事を止めるよう、米大統領府宛て嘆願書への署名を呼びかけた。何なんだよ、まあ落ち着け、と云いたいが、本人は大真面目らしい。

「美しい沖縄の埋め立てを、みんなの声が集まれば止めることができるかもしれないの」なんて、カワユイ事を云う。グラグラっと来て、賛同する男もいるだろう。

いや、必ずいる。大勢いる筈だ。辺野古移転を支持する当ブログ主だって、ローラちゃんに耳元で甘〜く囁かれたら、躊躇いもなく署名に応じる。美女パワー恐るべし、なのだ。

しかも、嘆願書は大袈裟に響くが、ウェブサイトでメールアドレスを登録してクリックするだけだ。金もかからない。クラブの姐ちゃんにエルメスのバッグをおねだりされるより、ずっとマシだ。

10万人以上の署名があれば、大統領府として何らかの回答を示すとは云うものの、形式的なシロモノで実効性は皆無。ローラちゃんには気の毒だが、国家の政策が変わる筈もないw。

仮に同じ署名をラッシュアワー木村なる二流芸人が呼び掛ければ、罵詈雑言を浴びるだろうに、まあ、いいじゃないのと思わせるあたり、日頃からの好感度が如何に大切か、よく分かる。


rola loves henoko.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 16:08| Comment(68) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月23日

罪のない者が石を投げよ

数日前、バスケットボールの日本代表選手4人が、遠征先のジャカルタで買春行為に及んだ事実が発覚した。謝罪会見のニュースを見て、聖書の一節を思い出した。

「イエスが人々に説教中、律法学者たちやパリサイ人たちが、姦淫の罪で捕らえられた女を連れて来て、こう尋ねた。

『モーセは律法の中で、こういう女を石で打ち殺せと命じましたが、どう思いますか?』

イエスは身をかがめ、指で地面に何か書いておられたが、幾度も問われて、身を起し彼らに言われた。『あなた方の中で罪のない者が、まずこの女に石を投げつけるがよい』

そしてまた身をかがめ、地面に物を書きつづけられた。答えを聞いた彼らは、ひとりびとり黙って出て行き、ついに、イエスと女だけが残された。」(ヨハネによる福音書、8:2-11 )

強制帰国後、深々と頭を下げ、神妙な表情で詫びと反省を述べる若者たち。彼らを虐めて喜ぶメディアの連中を叱り飛ばしたくなった。イエスの言葉を真似て「罪のない者が石を投げよ」と。


christ for basket ball team.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 07:10| Comment(41) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月19日

夏時間、はじめました

既に忘れている人も多いだろう。3年前の夏、政府が「ゆう活」と呼ぶ制度を提唱して、官公庁の始業・終業時刻を1〜2時間早め、可能であれば同様の措置を取るよう、産業界にも呼びかけた。

陽の長い夏場くらいは、サラリーマン諸氏も夕方以降の自由時間を有意義に使って欲しい。そんな政府の思いは一向に理解されず、「ゆう活」の話題はいつの間にか萎み、そして消えた。

しかし、政府は諦めない。社畜の長時間労働が当たり前の日本型労働慣行を改めようと「働き方改革」法を成立させた上で、再び「ゆう活」を持ち出す。

もっとも、考え方は前回よりスマートだ。始業・終業時刻の調整ではなくて、国が時計の針を進めて夏時間を採用する。欧米先進国に倣い、サマータイム制の導入を検討すると云う。

夕方以降の自由時間云々と趣旨が同じであれ、3年前の台詞を繰り返すのを躊躇ったのか。再来年の東京五輪、中でも猛暑中のマラソンを考慮してとの説明に、政府の苦心が滲む。

いいじゃないか。当ブログは、サマータイム制の導入に大賛成だ。日照時間の有効利用や照明電力の節約が可能となるし、余暇時間の消費がもたらす経済効果も大きい。反対する理由はない。

戦後の一時期を除き、これまでわが国は夏時間を採用してこなかったので、違和感を持つ向きもあるようだが、夏には夏の過ごし方がある。冷やし中華やカキ氷を思えば、分かり易い。


summer time.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 13:50| Comment(44) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月12日

靖國神社「みたままつり」

全国的には8月の行事なのに、なぜ東京のお盆は7月か、理由は寡聞にして知らない。旧暦を尊重するのか、江戸っ子がせっかちなのか、来月は上京組の里帰りで人手が足りないからか。

いずれにせよ、東京では明13日がお盆の初日ゆえ、祖先の帰りを待って迎え火を焚く。16日に精霊があの世に帰るまで、家族の皆が一緒に過ごす。仏壇には胡瓜の馬と茄子の牛を飾る。

近頃は伝統的な風習を軽んじる向きも多いが、それでも陽炎の立つ夏の最中、亡くなった人々の魂が一時だけ現世に戻ると信じ、手を合わせたくなるのが日本人だ。

そしてこの時期、戦没者の御霊に感謝の祈りを捧げるなら、九段下の靖國神社を置いて他にない。お盆にちなむ「みたままつり」は、終戦直後の昭和22年に始まり、今年で72回目を数える。

13日の前夜祭から14日(第一夜祭)、15日(第二夜祭)、16日(第三夜祭)まで、催しの詳細はこちらを参照して欲しい。

数多の献灯が美しく並ぶ境内を、黄金の神輿が踊りつつ拝殿に進む。ライトビームに大鳥居が浮かび、奉納和太鼓が荒々しく吠える。つのだ☆ひろさんがドラムを奏で、ロックを歌う。

参道をそぞろ歩けば、散華した英霊に会える。祖父や父や叔父の霊と手を携え、酒を酌み交わそう。幸い、2015年から中止されていた夜店や屋台が、今年は復活する。


yasukuni mitama festival 2018.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 16:03| Comment(87) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月06日

「ヘイト」と呼ぶ言論弾圧

読者の皆様はとっくにご存知と思うが、愛国と冠に謳い、一応は保守系の範疇に入る駄ブログを掲載しているものの、当方、根っからの保守派って訳でもない。

巷の保守派の主張に納得することもあれば、首を捻ることもあるし、馬鹿馬鹿しさに失笑したりもする。眉に唾を塗るべき話も多いので、種々雑多な保守系ブログやSNS、動画などは殆ど見ない。

例外的にほぼ毎日読むのが、西村幸祐さんのツイッターと、deliciousicecoffeeさんの「正しい歴史認識」ブログだ。連日、面白い話題を提供してくれるし、勉強になる。

マスメディアが洪水のように垂れ流すニュースとは、全く違った視点や切り口が新鮮だ。今日のcoffeeさんブログで、紀州のドンファンの若妻がどんな人物かよく分かった。

さて、そんなコトで、西村さんやcoffeeさんの情報で知った話だが、保守系SNSや動画アカウントの閉鎖が続いているらしい。竹田恒泰氏やテキサス親父氏のYoutubeが削除されたと聞く。

理由はヘイトスピーチなんだとか。ヘイトの定義は曖昧だが、内容が民族差別的だと大騒ぎする連中がいると、YoutubeやTwiterやFacebookが登録削除や視聴不可の措置を取るようだ。

無論、差別は良くないし、中でも民族や性や容姿など、己では変えようもないネタで人を貶めるのは、愚かで恥ずかしい行為だ。差別が横行する日本社会であって欲しくはない。

しかし、一部の人々が差別と感じようと感じまいと、「言論の自由」「表現の自由」は徹底的に守られねばならない。言葉狩りや思想統制なぞ、あってはならないことだ。


anti free speach.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 14:35| Comment(83) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月07日

検察とアカヒがやっちゃった情報犯罪

森友学園への国有地払い下げを巡り、政権の腐敗を匂わせるスクープを乱発し、必死で反アベ世論に火を付けたがる朝日新聞。そのネタ元が大阪地検と知って、仰天した。

証拠も示さず憶測と妄想で記事を書くとは、さすが「捏造新聞」だと呆れちゃっていたのだが、今になれば、取材源を秘匿するため、肝心な部分を曖昧にぼかしたのだと分かる。

それでも、この世の中、隠し事なんぞ簡単には出来ないものだ。人の口に戸は立てられない。添付のSNSメッセージも、封印出来ないのが面白い。
eda tweet.jpg
江田憲司衆院議員のツイートで、リーク元として暴露された山本真千子大阪地検特捜部長は、抵抗しようと逃げ回ろうと、逮捕され懲戒免職になるだろう。

検察官のシゴトは、犯罪捜査と証拠集めだ。捜査情報の漏洩など許される筈はなく、刑法134条、国家公務員法100条に違反すれば、立派な犯罪者だ。

無論、問題は一役人のリーク行為に止まらない。大阪地検特捜部は朝日新聞と結託した世論操作で、卑怯にも捜査自体を意のままに捻じ曲げる大罪を犯した。


yamamoto & asahi shimbun.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 21:45| Comment(101) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月17日

「闇の学園」の総監督は誰?

国会で不毛の森友論議が始まって、既に1年以上が経過した。何がなんでも政権の不祥事に仕立てようと、反日勢力の足掻きが止まらない。

仮に政治家が賄賂を受け取れば、疑獄事件となり得るが、森友学園問題は逆立ちしても、そんな類の話じゃない。

にも関わらず、憶測と邪推まみれのメディア各社が「アベガー!」と叫んで次々と燃料を投下し、コレに呼応する極左議員が政権攻撃を繰り返す。

反日勢力の結束力は凄まじく、連携プレーの見事さは敵ながら天晴れだ。何の根拠もないけれど、脚本、配役、振付、演出を纏める優秀な総監督の存在を思わせる。


moritomo gakuen story.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 20:17| Comment(101) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月22日

放送界の連合赤軍か、BPO

東京MX局の番組「ニュース女子」が沖縄基地反対運動を取り上げた際、内容が倫理規定に違反したと、BPO(放送倫理・番組向上機構)が非難声明を出した。

TVの偏向報道は日常茶飯事ゆえ、何を今更と思うが、左寄りはお咎めなしでも、右寄りは犯罪扱いらしい。

但し番組は、米軍基地や警察に対するパヨク活動家の過激な嫌がらせや、彼らが受け取る多額の日当を取り上げたくらいで、目新しい話題を提供した訳でもない。

それでも、基地反対派の皆様方を誹謗中傷するとはけしからん、すべては事実無根で倫理にもとる、とBPOの鼻息は荒い。

作家の百田尚樹さんによれば、BPO、中でも番組の検証役、「放送倫理検証委員会」は左翼ばかりとか。かっては、件の自称精神科医もメンバーだったと云うから、相当な顔ぶれだ。

例えれば、BPOは放送界の連合赤軍みたいな存在か。敵国による対日情報工作の尖兵かも知れない。


bpo.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 15:52| Comment(81) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月22日

朝日新聞が誰にも読ませたくない本

反日メディアが騒ぎ立て、野党が一斉に安倍政権を攻撃したモリカケ問題は、中身が空っぽのスカスカだった。

学校の認可や設立経緯に、安倍首相が無関係であったことは明白だし、そもそも「事件」と呼ぶべき犯罪性もない。

こんなツマラナイ話題でなぜ国会が空転するのか、と嘆く国民は、一体、誰がシナリオを書き、どうやって仕掛けたのか?と、首を捻ったことだろう。

その疑問に、ズバッと答えてくれる良書がある。小川榮太郎氏著「徹底検証、森友・加計事件」(飛鳥新社)だ。既にアマゾンの政治分野で、ベストセラー1位に輝く。

「朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪」の副題どおり、火のないところに煙を立てる捏造新聞の卑怯な手口がよく分かる。

この本の内容は、実際、かの朝日新聞をして発狂させるほど凄い。21日付産経新聞によれば、朝日側は、著者と発行元に対し文書で抗議し、謝罪と補償を求めたと云う。

ジャーナリスト個人や小さな出版社に圧力をかけて言論封殺を狙うとは、国際的な大手報道機関にして自称クオリティペーパーとは思えぬ大慌てぶりだ。


asahi morikake.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 17:03| Comment(276) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする