2021年09月18日

キューピーちゃんの姿

1週間ほど前、TBSの「ひるおび!」なる番組で、コメンテーターの八代英輝弁護士が「共産党は暴力革命を党の要綱として廃止していない」と解説した。

ソフト路線をアピールする共産党として、真実の暴露は許せなかったか、志位和夫委員長が即座に「事実無根の卑劣なデマ」と反撃し、番組に謝罪と訂正を求めた。

党側の執拗な要求を受け入れ、数日後の放送で、八代さんは神妙な面持ちでこう語る。「私の発言は、閣議決定された政府見解に基づいたものでした」

そして続けた。「一方、日本共産党はそれをたびたび否定していることも合わせて申し上げるべきでした。申し訳ありませんでした」

うわはははは。「虚偽発言」のレッテル貼りを狙う共産党は、さぞ仰天しただろうw。八代さんは詫びる格好で、訂正どころか主張の裏付けを示したのだから。

翌日には加藤官房長官が定例記者会見で、「政府として日本共産党の暴力革命の方針に変更はないものと認識する」と公式見解を再確認して追い討ちをかける。

とんだ藪蛇だ。日頃、猫を被る共産党であればこそ、静観すれば済む話をわざわざつつき、テロリスト政党の危ない実態を世間に知らしめてしまった(笑)

もっとも、これまで日本共産党が数々のテロ事件の中核に居たことくらい、大人なら常識の範疇で、今更「暴力革命路線」と聞いても、頷くだけで驚きはしない。

世界中の共産革命は狂信者による血塗れの国家転覆テロだ。米国はじめ多くの国々が非合法とする共産党の存在と活動を、平然と許すわが国が異常なのだ。

いずれにせよ、目眩しのソフト路線とは裏腹に、共産党の実態を知り恐怖すべき、と警鐘を鳴らしてくれたTBS(?)と八代弁護士に感謝しよう。

但し、話はココで終わらない。「ひるおび」のスポンサー企業のひとつ、キューピー株式会社が、急遽、番組中のCMを取り止めるとの情報が飛び込んできたのだ。

えええっ!?老舗の大手食品企業が共産党系?・・・って、まさかなあ。なぜ、なぜなの?と首を捻りつつ、ふとこんな絵が脳裏に浮かぶ。


shii qp.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 09:55| Comment(32) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月15日

右に回ってグルっと左

数日前、高級ブドウ「ルビーロマン」は石川県でのみ生産される筈なのに、知らぬ間に韓国産の同品種が販売されている、との報道に溜息をついた。

ブログ主はKg当たり数万円のブドウとは無縁な庶民だが、カーリング日本代表チームがモグモグタイムに食したイチゴを思い出し、また盗まれたのかよ、と不快になる。

韓国の栽培農家は「先進国の立場で大目に見てほしい」とヌカし、現地の苗木販売業者は「すべて中国から輸入している。文句があるなら中国に言え」と開き直るとか。

舐めんじゃねえよ、と腹立たしいが、中国の手先が日本産高級種苗を盗み出し、遵法意識の欠片もない韓国に売りつけるのは、如何にも有りそうな話だ。

今春施行の種苗法がこの手の犯罪を防止する。旧法改正に反対したのは、立憲民主党や共産党、柴崎コウちゃん(美人は許すけどw)など敵側の連中だったとよく分かる。

残念なのは、パヨクのみならず一部の保守派までが「日本の農業を守るべく」悪法を許すな、と反対論を唱えていたことだ。あっさり騙される愚かさが悲しい。

似たような例で、TPP締結を亡国政策と決めつけ、「日本を米国に売り渡すな」「主権を放棄するな」とヒステリックに喚き、意図せず中国に寄り添った自称保守派を思い出す。

国思うが余りとは云え、ズンズン右方向に回るうちグルっと左側に逝っちゃ、笑うに笑えない。パヨクの扇動に乗せられるなら、単なるお馬鹿さんだ。

そう云えば、昔も同様、226事件のテロ将校共も表向きこそ右翼を装いながら、ヒトラーの国家社会主義やスターリンの共産主義に憧れる「左巻き」ばかりだったっけw

さて、このところ、マスゴミが変異株の脅威と感染爆発を大袈裟に煽り、極端な人流制限を求めるエセ学者の貧相な面をクローズアップして喜ぶ日々が続く。

菅政権による急ピッチなワクチン接種のおかげで、重症者・死者数は激減中で、国際比較で「さざ波」程度だった感染状況が「凪」状態と化したにもかかわらずだ。

延々と恐怖情報を垂れ流す敵陣営は、日本経済の疲弊と政界の混乱を生じさせ、特亜寄りの政権交代を再現しよう、との邪悪な意思を持つと悟らねばならない。


right to left rev.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 08:15| Comment(66) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月31日

反五輪選手権の表彰式

ううう、面白え〜。テレビ桟敷でひたすら東京五輪を観戦する日々が続く。手に汗握って日本選手の活躍に心躍らせ、勝利に歓喜する。若者たちの涙に、こちらも貰い泣きする。

予想を遥かに上回る金メダルラッシュ。自衛隊による日章旗掲揚と君が代演奏が美しい。選手の皆さん、感動を与えてくれて有難う。全日本国民がそう感じているだろう。

と思うのだが、そこかしこに五輪反対に凝り固まった連中がいる。日本代表の躍進が余程気にいらないらしく、既に会期中盤に差し掛かっているのに、即刻中止せよ!と喚く。

あるいは、大会の運営から選手村まで、虚実取り混ぜ、と云うか、殆ど嘘かw、あらゆる事象にイチャモンをつけ、東京五輪を貶す。政府や東京都、IOCからJOCなど関係者を非難する。

かと思えば、若者の重症化だ、変異種だと騒ぎ、陽性判定者を感染者と呼び、SF映画みたいな「感染大爆発」の恐怖説を拡散し、五輪に沸く国民に冷や水を浴びせる。

気付けば、この手のパヨク活動も或る種の「運動」には違いなく、ソレなりのランク付でメダルを授与するのも一興ではないか。と云うことで、本日は反五輪選手権の表彰式を行う。

先ず第3位は、内閣の諮問機関たる分科会だ。専門家として感染状況の分析や予測を行い、政策決定に際し助言する立場の筈が、半ば反政府運動を堂々と繰り広げる異常な組織だ。

荒唐無稽な40万人死亡説を唱える非常識な奴までいて、所詮は学者馬鹿の集まりか。人流の抑制を主張するだけで、根本的な医療制度の欠陥には完全スルーを決め込む。

こんな連中の戯言に従い、政治判断から逃げるのが悪いと考えれば、むしろ現政権こそ罪深そうだが、分科会の迷走ぶりが際立つので、尾身センセイには表彰台に上がってもらう。

第2位は南鮮だ。反日垂れ幕から日本産食材の拒否、大会を貶める嘘ツイートの数々、伊藤美誠選手に対するレーザー照射まがいのLEDライト攻撃など、卑劣な嫌がらせを重ねる。

さっさとボイコットすりゃ良いのに、文句垂れつつ参加したのは、ジャパンディスカウント活動にとって格好のネタと見たからか。東京五輪を偽売春婦像扱いされちゃ堪らない。

早々と大会参加を諦めた北鮮のメンツを考慮しているのか、世界各地で今も尚、執拗に五輪中止デモを行う、間抜けな熱心さは堂々の銀メダルに値するだろう。

そして、輝く第1位。東京新聞など地方紙も無理筋な五輪批判に徹しているようだが、胸に金メダルを飾るべきはマスゴミ中のマスゴミ、屑中の屑、朝日新聞を置いて他にない。


anti tokyo olympics medalists.jpg

続きを読む
ラベル:東京五輪 反五輪
posted by yohkan at 13:00| Comment(135) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月05日

最強のウイルス

新型コロナ感染の広がりを「パンデミック」と呼んだのは、世界保健機関のテドロス事務局長が最初で、確か、昨年3月頃の会見発表の場だったと記憶する。

以来、右に倣えで、誰も彼もがこの言葉を使って今日に至る。適当な邦訳が見つからなかったか、わが国でもカタカナ表記のパンデミックが報道や会話に度々登場する。

もっとも、あっと云う間にキャッチーな流行語と化したため、意味合いを調べたり尋ねたりはせず、曖昧なまま使っているケースも多いのではないか。

マスゴミに至っては、大衆の恐怖を煽り、社会不安を掻き立てる便利なフレーズとなったようで、視聴率の上昇と発行部数の伸びを期待して「パンデミック」を多用する。

そもそも感染状況には段階があり、集中発生すれば「アウトブレイク」、地域に拡大すれば「エピデミック」、国境を越えて広がれば「パンデミック」と呼ぶんだとか。

欧米もアジアもその他地域にも同じ症状の患者がいて、各国が検疫体制を強化し、今も世界的にワクチン接種を進めているのだから、テドロス氏の指摘通り、パンデミックには違いない。

しかし、大相撲に例えれば、幕下、十両、幕内のランク付けに過ぎない。地位は強さを示すが、相手がパンデミック、即ち幕内だからと一般人が恐れ入る理由は何もないw

無論、感染症の専門家が幕内力士を無闇に恐れる筈もない。国際的な感染状況を注視し、勘案しつつ、予防や治療などの対策を講じる。唯、ソレだけのことだ。

さて数日前、コロナ感染症対策分科会の尾身会長が「オリンピック開催は普通でない」と踏み込んだ発言で、「開催ありき」の政府に釘を刺したとのニュースに驚いた。

政府公認アドバイザーとは云え、たかが学者の分際で、然したる理由もなく五輪中止や延期を求めてパヨク界隈に阿るとは何事か!と、怒りで目の前が赤黒くなった。

ところが、報道はマスゴミの切り貼りだった。尾身氏は確かに「今の状況ではやると云うのは普通はないわけですよね。このパンデミックで」と前振りした。但し、こう続けた。

「そういう状況でやるのであれば、オーガナイザーの責任として、開催の規模を出来るだけ小さくして管理の体制を出来るだけ強化すると云うのは、オリンピックを主催する人の義務だ」


asahi's omi mask のコピー.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 15:00| Comment(68) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月28日

犬の便所紙w

ペットの糞の始末なら、新聞紙が最適と聞いたことがある。消臭や防水効果を謳うペットシートほどの機能はなくとも、扱いの手軽さと素材感が好まれるらしい。

とは云え、新聞紙、それも未使用品が、うんちの処理目的で市販されているとは知らなかった。てっきり家庭で読み終えた古新聞を再利用するのだと思い込んでいた。

数日前、読者の黒猫さんからご紹介があり、「『未使用の新聞紙』アマゾンで大量出品の謎、カテゴリーは『ペットの便所紙』」なる記事を読んで初めて知った。

既に何年も前から、ネットショップで大量の新聞紙が「犬用トイレシート」や「緩衝材」などとして販売され、中身は新聞販売店の残紙、即ち新聞社の押し紙だと云う。

実際にアマゾンのサイトで検索すると、確かに10kg前後に纏まった新聞の束が登場する。いちいち「新古・未使用」と記載されているから、明らかに読み古しじゃない。

なるほどねえ。確かに近頃は新聞紙を見掛けなくなった。朝の風景だった新聞少年はどこかに消えたし、電車内で新聞を広げて読む乗客も見当たらない。我が家も購読を辞めて久しい。

古新聞は稀な存在になり、入手したければ、新古・未使用品をネットで買うしかないようだ。kgあたりで100〜150円程度かかるにせよ、新聞を買うよりは遥かに安い。

しかし、犬のウンチを包むだけなら、新聞社が役にも立たぬ社説や与太記事をわざわざ印刷する必要など更々ない。余計な手間をかけず、素直に便所紙を売ればいい。

一方的にCO2を悪者にする昨今の異様な風潮に同調するつもりはないが、不要な印刷は環境に優しくないし、紙、即ち木材など貴重な資源の浪費に他ならない。

ペットのワンちゃんだって本当は真っ新な紙を好む筈。排便する度、紙面に踊る反日的妄言を見せつけるのは気の毒だ。考えようによっては、ある種の動物虐待に当たるw


dog reading paper.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 13:38| Comment(90) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月20日

頑張れ、グローバルダイニング!

再びコロナについて書く。同じテーマを繰り返し取り上げ、くどくど語るのは好きじゃないが、考え出すとキリがない。と云うか、向かっ腹が立って仕方がない。

何が?って、飲食店に対し小池都知事が突如発した休業命令だ。要請に従わない都内の33店舗相手に、無理にでも閉めてやるゾ!とクソ婆アのヒステリーが爆発した。

内23店舗は、先日、時短要請の違法性を指摘し、損害賠償を求めて都を提訴したグローバルダイニング社が経営する。小池の命令は、同社への陰湿極まる報復に他ならない。

東京都の場合、重症病床占有率など緊急事態宣言の条件を満たしていないのは事実で、勝手な予防措置ごときで私権を制限されて堪るか、とする企業側の主張は100%正しい。

休業や自粛による感染防止は科学的根拠に乏しく、仮説に過ぎない。その上、非常事態規定すら欠く被占領憲法の下、特措法の中身も曖昧ゆえ、論争すれば小池側に勝ち目はない。

でっち上げの土壌汚染ネタで、魚河岸の豊洲移転を大幅遅延させて血税を浪費した知事が、再び大袈裟なコロナネタで、都内の飲食業を破壊する姿はおぞましくも醜い。

本来なら、独裁首長の暴走に政府が歯止めをかけねばならないが、菅政権の腰抜けっぷりも酷い。専門家サマのご意見とやらに阿るばかりで、真っ当な政治判断を放棄する。

専門分野に長けている学者センセイは、往々にして世事に疎い。分科会の尾身会長にしても、ひたすら緊急事態を延長せよと唱えるあたりは、まさに学者バカの典型か。

冷静にわが国のデータを見よ。武漢ウイルスの患者発生から既に1年半、別の死因も含むコロナ関連死者数の累計が 1万。内、後期高齢者が8割越えで、死亡者の平均年齢は79歳。

現代の医術なら、傍目には死人でも1年くらいは延命出来る。数少ないコロナ重症病棟で高齢の患者に延命措置を施せば、病床の逼迫が起きる。普通はコレを「医療崩壊」とは呼ばないw

PCR検査の累計陽性判定者数、所謂感染者数は60万人を超えたが、99%は5日程度の安静で治る軽症か、(いい加減なテストゆえ、偽陽性の疑いもあるが)全くの無症状だ。

新型コロナがペストでもエボラ出血熱でもないことくらい、誰もが知っている。厄介な既往症のある高齢者を除けば、感染したとて、風邪やインフルエンザと症状は変わらない。


koike david and goliath.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 08:53| Comment(101) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月16日

ワクチンに歓声を上げるか?

保健所から手元にワクチン接種のクーポン券と予約案内が届いたのは、かれこれ10日ほど前か。ざっと斜め読みして書類入れに仕舞い、ソレっきりになっている。

パソコンかスマホで予約サイトにアクセスすればいいと分かっちゃいるが、どうにも気が進まない。よしっ、直ちに接種しよう、なんて思いは全く浮かばない。

ワクチン接種を望む高齢者が役所前に徹夜で長蛇の列を作ったとか、企業経営者が役人とのコネで優先権を得ようと画策したとか、テレビ報道が現実の出来事とは信じ難い。

誰もが、そんなにワクチン注射を打ちたがるものなのか?と首を捻る。血栓症や脳梗塞など、血管系の病をもたらす副反応への恐れはないのか。発熱や頭痛や湿疹だけでも充分に怖いぞ。

メーカーが突貫工事で開発し、形ばかりの臨床試験で承認されたワクチンゆえ、安全性の保証はどこにもない。人体に及ぼす長期的な影響は誰も知らない。

無論、接種のメリットが大きければ、多少のリスクは甘受出来る。コロナ禍が甚大だった欧米諸国で、ワクチンの登場に人々が狂喜乱舞したのは当然で、気持ちはよく分かる。

しかし、高橋洋一先生がいみじくも指摘された通り、わが国の感染状況は「さざ波」に過ぎず、「これで五輪中止とかいうと笑笑」なレベルなのだ。

累積死者数は10,000人余りで、1億数千万の総人口に対して僅か0.009%。しかも、あくまで統計上のコロナ関連死で、コロナが直接的な死因とは言い切れない。

さらに、死者の8割は70歳以上の高齢者で、内半数弱は元々寝たきりだったとの報告もある。寒さ厳しい冬場に、虚弱な老人が肺炎で亡くなるのは、珍しくも何ともない。

風邪かインフルエンザと然程変わらないようにも見える、この程度の疫病を恐れ、なぜ、危なっかしいワクチンを急いで打たねばならないのか?と素朴な疑問が湧く。

そもそもワクチンに感染予防効果はない。専門家の説明によれば、感染時に重症化を防ぐ効果がある筈と、ただソレだけのシロモノだそうで、甚だ頼りない。

悪く考えれば、コロナワクチンに歓声を上げるのは欧米の猿真似だろう。外国語の歌詞ひとつ理解できないのに、海外アーティストの来日公演に熱狂する姿に似ていなくもないw


covid19 vaccination rev.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 09:22| Comment(81) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月12日

さざ波で笑笑

わが国には800校もの大学がある。その他高等教育機関や研究機関も含めて「学者」を生業とする者は矢鱈に数多く、当然ながら、先生なる尊称と程遠い加減な連中をも含む。

どういうツテを頼ったか、昨日までのサラリーマンが突如、大学の教壇に立ったりもする。ツマラヌ能書きで笑いを取るTV芸人や9条信者のパヨク活動家みたいな学者もいる。

有象無象の跋扈する学界だ。話を聞き本を読み、ふむふむ、なるほど、と目から鱗を落として膝を打ち、このヒトは信用できるな、と感心する学者は貴重な存在だ。

高橋洋一先生はそのひとりだ。頭脳明晰ぶりと堂々たる語り口は折り紙付きで、幅広く政治経済を論じて諸問題をバッサリ斬り、的確に現実的な対処案を示す。

話題の「さざ波」ツイートも、添付データで、わが国のコロナ感染者数(陽性判定者数)が国際比較で桁違いに少ないと一目瞭然。「これで五輪中止とかいうと笑笑」に納得するw

ac1d61128ce6cceef8a0fbe376eb08b6_1.jpg

但し、架空の感染爆発を宣伝して社会不安を醸成し、東京五輪を中止に追い込みたい反日勢力は、このツイートで自陣の論拠を突き崩されてしまう、とパニックに陥ったようだ。

少女買春の前川ド助平や共産党の志位独裁委員長らが率先して、高橋難しとばかりに一斉攻撃を始め、マスゴミはデータを隠しつつw、内閣参与の認識が問題だと大々的に報じる。

発狂するパヨクどもの狙いは、政権参謀の口封じだけではなく、政府や国民の客観的な数値データへのアクセスを遮断し、真っ当な分析や判断を禁じることだろう。

反日勢力が描く歪んだ情報空間にわが国を丸ごと閉じ込め、自由と独立に根差す思想や学問を封じ、日本人を敵国の奴隷にする洗脳工作を続けるつもりなのだ。


takahashi yoihichi rev.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 14:16| Comment(82) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月25日

小池劇場の消灯ラッパ

再び緊急事態宣言が発出された。感染の起点となる飲食の場を制限し、変異株の猛威に備え人の流れを抑制するための措置、との政府説明に然したる科学的根拠はない。

マスゴミが煽る恐怖説に心底怯えていない限り、GWの楽しみを奪われた国民は納得しないだろう。観光業はじめ多くの企業も同様だ。稼ぐチャンスが目前で消え失せた。

わが国の単位当たり感染者数や重篤者・死者数は、他先進国に比べて桁違いに少ない。コレを「緊急事態」と呼べば、何の冗談か?と、欧米が首を捻る。

徹底的なロックダウンと早期ワクチン摂取が功を奏し、感染抑え込みに成功したと英国は胸を張るが、漸く優秀な日本のレベルに近づいたに過ぎないw

つまり、見ようによっては、わが国はコロナ禍と無縁なのだ。だからこそ、人々は満員電車に乗り、密状態の職場で働き、飲み屋で歓談し、普通に生活している。

その平穏な暮らしをぶち壊す元凶が、一部の都府県知事どもだ。財政支援の要請と聞けば何やら格好いいが、蔓延防止や緊急事態をネタにして、国にカネをせびる腹黒さが醜い。

感染状況悪化を大袈裟に演出して政府からせしめる巨額の資金は、大方、休業要請関連の協力金になるだろうが、実質的には人気取り目当てで選挙民にバラ撒くカネだ。

中でも最悪は小池知事だろう。東京都は政府が定めた「ステージ4」に至らず、医療提供体制にもまだまだ余裕がある。特措法による緊急事態宣言の発出要件を満たしていない。

それでも知事は、大変だ〜ッ!と狂ったように騒ぎ、百貨店や映画館、飲食店、スポーツジムなどを狙い撃ちで休業させ、店頭の照明や電飾看板など、すべて消灯せよと求める。

真っ暗闇の大東京を舞台に、煌々たるスポットライトを浴びて、己が消灯ラッパを吹く勇姿を都民の目に焼き付けたい。ソレが、権力志向丸出しバカ女の願望か。


koike shoto rappa rev 2.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 10:18| Comment(104) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月14日

森ンチ!

前回エントリに記した通り、森喜朗さんの失言(?)をあえて取り上げる気にはならなかった。誰もがマスゴミの切り貼り報道に飽き飽きしているからだ。

それに、コロナ禍の収束でネタ切れ気味の新聞やテレビが幾ら騒ごうと、所詮はフェイクニュースだもの、早々に沈静化する筈と信じていたのだ。

事情が違った。謝罪や発言撤回にとどまらず、ご本人が組織委員会の会長職を辞めてしまった。つい先日まで、五輪開催まで続投の熱意を示していたにも拘らずだ。

察するに、マスゴミの凄まじい集中攻撃に耐え切れなかったのだろう。病を抱えるご高齢の森さんにとって、生き地獄のような辛さだったと察する。

政界における活躍はおろか、ラグビーW杯や五輪招致に関する功績も一顧だにせず、元首相を執拗に罵倒する報道各社の粘着的な姿勢は、明らかな狂気をはらむ。

彼らは勝手な妄想と憎悪で練り上げた筋書きを、絶対的な「世論」と呼ぶ。集団暴行の標的となった相手の反駁は絶対に許さない。息絶えるまで殴り蹴り踏みつける。

ビリーホリディが歌う「奇妙な果実」の旋律が聴こえる。かって米国南部で多発した悲惨な光景がフラッシュバックする。そうだ、これはリンチ殺人だ。森ンチだ。

後任候補の川淵三郎さんが、指名受諾の翌朝に一転、辞退した。選考の透明性云々ではなく、リンチの標的とされる恐ろしさがその理由だったのかも知れない。


morisan linch.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 10:35| Comment(76) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする