2014年10月18日

閣僚の財布を覗く卑しき制度

9月の内閣改造で就任した12人の新閣僚が保有資産を公開した。首相と従来からの留任閣僚を合わせると、内閣全体の総資産平均は8,765万円だとメディアが報じる。

あっそ、ソレがどうした、と云うしかない。大臣だろうとなかろうと、他人の財布なんぞに興味はない。いちいち報告させて、逐一報道する無神経さが気持ち悪い。


others wallet.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 10:00| Comment(36) | TrackBack(1) | 指定なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月16日

女子力活用で卵子を凍結?

安倍政権の唱える「女性の活用」は、無償の家事労働を給与所得に転化させてGDPや税収を拡大する。働きに出たい在宅女性が200万人もいるわが国だからこそ、成長戦略足り得る。

半年前、「女子力で経済成長を実現する!」と題して、こう書いたら、やれ移民促進か、グローバリズムかと、読者の方々からやや批判的なコメントを頂いた。

誤解だ。そんな話はしていない。外で働きたい女性が働けるよう政府が支援して、経済のパイが大きくなればいいじゃないの。主張はそれだけで、以上でも以下でもない。

付け加えると、女性は家を出よ、なんて云う気は更々ない。主婦業は大切だ。中でも子を産み育てるのは、あらゆる外仕事を超越する立派な仕事だ。出産や育児は、社会と人生の重要テーマだ。

だから、女性の社会進出は結構じゃないのと書きつつも、昨日、米テレビ局NBCが報じた、AppleやFacebookが女性社員に対して卵子凍結費用の補助金を支給すると云うニュースには、違和感を覚えた。正直、狂ってると思う。


frozen egg and sperm.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 11:06| Comment(28) | TrackBack(1) | 指定なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月14日

美しい日本のお辞儀

「日本式お辞儀でないスタイルが強制されているという@ツイートが、僕に非常に多く来る。今日の産経新聞に記載された國學院大学の全面広告に、日本の正しいお辞儀が掲載されている」

西村幸祐さんがこうツイートされた。


nishimura 2.jpg


すると早速、その広告をスキャンしてツイートされた方がいた。なるほど、確かに美しい。


Untitled-2.jpg


腕や手の力を抜いて自然にももの前に降ろし、背をぴんと伸ばしたまま、腰を起点に約40度くらい頭を下げている。うん、これだよねと思う。日本式のお辞儀は昔からこういうものだった。

ところがこの写真にある種の新鮮な衝撃を受けるくらい、近頃は珍妙なお辞儀を目をする。肘を異様なほど外側に張って、みぞおちの辺りで両手を重ねるあのスタイルだ。
続きを読む
posted by yohkan at 08:35| Comment(68) | TrackBack(0) | 指定なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月09日

青色の天才、中村教授

赤崎勇氏、天野浩氏、中村修二氏がノーベル物理学賞を受賞した。日本人学者の偉業と貢献が世界に認められた誇らしいニュースだ。

受賞会見は三人三様だが、中でも中村教授が面白い。勤務先との特許訴訟で揉めた有名人だから驚かないが、還暦を迎えてもファイティングスピリット溢れる姿に感心した。

普通なら如何に己の業績が立派だろうと、表向き控えめさを装うものだ。周囲は足を引っ張る奴ばかりだったとしても、皆様のお陰です、と頭を下げる。謙虚に振舞えばウケるからだ。

しかし、この人にそんな日本風スタイルは似合わない。日本の閉鎖的環境を堂々と批判し、無欲なサラリーマン研究者を嗤う。発明の原動力は「怒り」だと断言する。まさに戦う学者だ。


2014 nobel prize in phisics.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 11:57| Comment(25) | TrackBack(1) | 指定なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月06日

夫婦別姓ってダメなの?

新任の松島法務大臣は、選択的夫婦別姓の導入論者らしい。ご自身も普段は旧姓だし、従来の制度に不便さを感じているのだろう。具体的な改善策を議論する予定と聞く。

夫婦別姓の賛成派には左翼が多く、顔ぶれを見ると危険な匂いが漂う。家庭を破壊する共産主義者の陰謀だと聞けば、そうかなあと心配になる。

しかし婚姻で苗字が変わると、仕事や離婚や相続など様々な事情で不都合なケースもある。あるいは然したる理由は無くとも、旧姓を維持したい人もいる筈だ。


dual surnames.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 05:37| Comment(44) | TrackBack(0) | 指定なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月23日

かくも醜い安倍叩き

広島土砂災害の被害が甚大だ。突然の土砂崩れとは云え、犠牲を最小に留める何らかの工夫は出来た筈で、生き埋め発生の第一報から市の避難勧告まで1時間も要したのが信じ難い。地元の防災体制に不備はなかったか。

同じ広島で、1999年にも土砂崩れで32名の死者・行方不明者が発生したと聞く。集中豪雨が危険をもたらす地域なのだ。世界に向け核兵器廃絶を提唱するばかりで、地元の防災対策を怠る広島市こそ、非難されるべきだ。

ところが、左翼連中は安倍総理のネガキャンに忙しい。長期休暇中、しかも贅沢な遊びを槍玉に挙げれば、国民の嫉妬心を煽れる。こんな浅はかな読みで、悲報の最中、ゴルフに興じていたと報じて怪気炎を上げる。


abe playing golf.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 10:51| Comment(60) | TrackBack(1) | 指定なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月17日

被害者意識国家ニッポン

嫌な体験も学びの機会と受け止めれば、成長の切っ掛けだが、精神的衝撃が心的外傷、即ちトラウマとなって、強い自己否定や自己憐憫、抜き難い劣等感、自尊心の喪失を招くケースがある。

被害者意識も過度になれば、心の病だ。出来事が過ぎ去っても、自分は被害者だと頑に信じ込み、加害者をひたすら恨む。誤りを心の底では認めつつも、他者に責任転嫁して自己正当化を図るのが、この症状の特徴だ。

失恋した女性が陥りがちな精神疾患で、自分の不幸は全てかってのパートナーが悪いと云う話になる。あの時あんなに冷たくされたと、過去の傷を穿り返す。また相手が攻撃してくるかも知れないと、あらぬ妄想に脅える。

こういう人相手に、まあ、男なんてそんなものだよ、と宥めれば、あいつの味方をするのね、と怒り狂う。早く立ち直ったほうがいい、と常識的な助言をすれば、一体あたしに何をしろと云うのだ、と無責任さを丸出しにして拗ねる。始末に悪いので、相手にしない方が無難だ。


MacArther.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 10:05| Comment(36) | TrackBack(1) | 指定なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月12日

多子化への道

少子化が叫ばれて久しいが、コレと云った対策の提言を聞かない。旧児童手当、現在の子供手当は有効な子育て支援とは思うが、出産を促す効果があるようには見えない。如何にして出生率を向上させるか、悩ましい問題だ。

核家族化が少子化を招いたとの説もあるが、真偽は不確かだ。既に戦前ですら、都会で大家族は少なかった。社会の工業化に伴い、大勢の血縁者が共に寝起きする農家スタイルが減るのは当然だ。誰も個人の自由を放棄して、24時間監視体制で暮らしたいとは思わない。

などと考えていたら、13人もの子供を代理母に生ませた邦人男性のニュースが報じられた。タイのローカル紙 Bangkok Post によれば、重田光時氏なる人物で若干24歳の資産家らしい。


babies.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 10:24| Comment(56) | TrackBack(1) | 指定なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月03日

輝く女性におんぶする

女性が輝く社会を実現するのは、安倍政権のスローガンのひとつだ。秋の臨時国会にはその方向で法案を提出するらしい。輝き方は人それぞれの勝手な筈だが、女性の有償労働を後押しする政策が打ち出されるだろう。

主婦の家事も立派な仕事ではあれ、所得を生まないし、無償労働だからGDP計算に含まれない。外で働けば、収入が国家の経済規模を拡大させる。税収も増える。単純だが、マクロ経済的に見れば正しい考え方だ。

但しGDPや税収もさることながら、政府の狙いはむしろ年金負担だ。年金は個人積み立てではない。働き手の納める年金保険料を老人に配るシステムゆえ、労働人口が極端に減ると制度が成り立たない。


nenkin seido.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 11:15| Comment(12) | TrackBack(1) | 指定なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月30日

日本版「台湾関係法」を制定せよ!

台湾の李登輝元総統が英BBC放送の単独インタビューで、尖閣諸島の主権は日本にあり、日台間に存在するのは“漁業権”問題だと正しい認識を示してくれた。友好国台湾の見解は、領土的野心を丸出しにするヤクザ国家のソレとは180度違う。

李氏は同じインタビューで、台湾は独立国家だと明言した。台湾を取り込もうとする中共のプロパガンダを敢然と否定したのだ。わが国は独立を支持するだけでなく、台湾の発展に寄与すべきだし、安全保障協力を進めたい。

但し、わが国は田中角栄政権時代、中共に擦り寄って国交を結ぶ一方で、台湾をばっさりと切り捨てた暗い過去を持つ。その後も日台間に民間外交はあるし、相互に大使館に準じた組織も置くが、法的裏付けはなく、台湾を国家や政府と同様に扱っていない。


taiwan relations act.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 11:25| Comment(37) | TrackBack(1) | 指定なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする