2021年11月18日

紐育の犬も喰わない話

勤務先の美術館から帰宅した妻が目にしたのは、ソファに寝転ぶ裸の夫だった。窓外に広がるマンハッタンの華やかな夜景に、およそ似合わぬだらしない格好だ。

「一日中、飲んでたのね」と、妻はカーペットに転がるバーボンの空瓶を険しい眼差しで睨む。「仕事はどうしたのよ?なぜ、毎日ごろごろしてるのよ!?」

詰問された夫は、ぶっきらぼうに答える。「仕方ないだろ。次々に経歴詐称がバレて、例の法律事務所はあっさりクビになった。そもそも仕事が全然出来ないしね」

妻が慌ててたしなめる。「投げやりになっちゃダメよ。2月の弁護士試験に合格すれば、事実に基づかない情報で誹謗中傷を繰り返す世間のクズどもを見返せるわ」

「ふん」夫は鼻先で笑う。「幾度も云ってるじゃないか。ロースクールには通わなかったし、勿論、卒業もしちゃいない。受験資格がないんだぜ。さっさと諦めてくれ」

「何とかなるわよ」と断言する無邪気な妻を冷ややかに眺めながら、夫はよろよろと立ち上がった。「無理だよ。誰もがひれ伏す日本国内とは事情が違う。忖度が効かない」

そして続けた。「こんな『拠点』はさっさと捨てて日本に戻り、召使いに囲まれて暮らそう。額に汗して働く必要などない。ボクらには、国民の血税がある」

帰国の示唆に妻は苛立ちを隠さない。夫は妙なリズムで腰を振りつつ猫撫で声で囁く。「怒っちゃ、お姫様の可愛い顔が台無しだ。さ、寝室に行こう」と、女房の尻を撫でた。

「やめてよ!」と妻は金切り声を上げて、夫の手を邪険に払う。「あなたはメディアにペテン師扱いされ、玉の輿狙いのヒモ男と蔑まれているのよ。悔しくはないの!?」

「玉の輿か、・・・うん?玉の腰かな。いや、腰のタマか。むしろ『竿に真珠』かもw」と首を捻る酔っ払いの旦那を無視して、新妻は不幸な結婚を嘆く。

「アレも嘘。コレも嘘。まるで詐欺師じゃないの。あなたのお母様だって、労災や傷病手当の公金不正受給で訴えらているわ。嫁ぎ先が詐欺師親子だなんて・・・」

「よせっ!」今度は夫が金切り声を上げた。「よすんだ!ボクを非難するのは構わないが、マミーの悪口は云うな!」と、額に青筋を立て血走った目つきで叫ぶ。

妻が涙声で云い返す。「やめないわ。お母様の周囲で親族が次々と不審死したのは何故よ!?アレも保険金詐欺なの?殺したの?答えて!答えて頂戴!」

「うっ、うるさいっ!!」、怒鳴り声と共に、夫の鉄拳が妻の顔にめり込む。グシャリと頬骨の砕ける音がして、血飛沫が瀟洒なリビングルームを真紅に染める。


kk punch rev.jpg

続きを読む
ラベル:弁護士試験
posted by yohkan at 07:02| Comment(33) | 指定なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月26日

摩天楼のKK

巷の良からぬ噂が久しく絶えぬ中、真子内親王殿下が本日付で婚姻届を提出し、かのKK氏に嫁ぐとのニュースに接し、あらためて愕然とする。

午後に予定の記者会見は、報道陣との質疑応答を割愛するとか。カップルの歯の浮くような台詞に白けるだけの、不快で憂鬱な芝居になりそうだ。

臣籍降下すれば一般人女性ゆえ、あれこれ世間が結婚話にモノ申す筋合いでもないが、呆れたコトによくもまあ、と云うのが大抵の国民が抱く本音だろう。

週刊誌ネタが事実なら、新郎は氏素性から経歴に至るまで胡散臭さの塊だ。留学したとて、弁護士資格が未取得ならプー太郎と然程境遇は変わらず、生活力に乏しい。

更には、借金踏み倒しトラブルもさることながら、遺族年金詐取や傷病手当不正受給、身辺で相次ぐ不審死など、疑惑まみれの不吉な母親を持つ。

庶民であっても、娘を嫁に出すのは断固拒否したい相手だ。なぜ皇族が縁を結ぶのか理解不能で、一体何をしているのだ?と、宮内庁の不甲斐なさに腹が立つ。

加えて、新婦は複雑性PTSDなる心の病に苦しむと聞く。過酷な戦場体験で異常をきたした兵士のごとき精神状態なら、治療が先決で、結婚どころの騒ぎじゃない。

お祝い気分の国民などいる筈もない。むしろ、元プリンセスにひたひたと忍び寄る不幸の影を感じ取り、現状を憂い将来を案じ、尽きぬ不安に苛まれてしまう。

新婚のふたりはニューヨークに発つらしいが、そう聞けば「KK」からの連想で、若き女性を片手に摩天楼をよじ登るキングコングの姿が脳裏に浮かぶw

空を飛び交う零戦は、姫を救出せんと決意した「結婚反対デモ」の参加者や、母親を刑事告発したジャーナリスト氏など、愛国者の姿と解釈して欲しい。


kingkong & princess.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 07:00| Comment(70) | 指定なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月17日

プロレタリアにパンを与えよ

1930年代の大恐慌下、日本に共産主義思想がじわじわと浸透した。コミンテルンの対日宣伝工作も激しかったし、大衆も然したる違和感を抱かなかった。

時の政府は共産主義者による破壊活動を弾圧しても、思想研究までは禁じなかった。マルクス本の類が相次いで出版され、インテリ層相手に飛ぶように売れた。

新思想にかぶれたのは学者や高級軍人で、社会的進歩と科学的合理性追求の果てに輝く理想郷として、1922年に誕生したばかりの革命国家に憧れを抱く。

5・15や2・26事件を起こしたテロリスト将校が、表面的には天皇崇拝を唱えながら、実質的にはソ連を模した国体への改変を求めた事実を思い出すがいい。

巷では首謀者たる若い軍人連中を英雄視し、除名嘆願の声が膨れ上がった。つまりは庶民も共産主義思想に抵抗を感じないどころか、無意識に共鳴したのだ。

容共の土壌が戦後に引き継がれ、しかも共産党の政治活動が合法的にまかり通る。政界の表舞台にソ連寄りの思想が跋扈して、日本社会全体を赤く染めた。

1990年代初頭のソ連・東欧圏崩壊も、中共や北朝鮮と隣接するわが国では共産主義の終焉と認識されず、その筋の政治家が行き場を失う事態にはならなかった。

今次総選挙で自民や立民はじめ党首が揃って、政見の目玉に「分配」を掲げる姿に、国家の土台がここまで左側に傾斜したのかと呆れざるを得ない。

皆様の懐を暖かくしますよ、と政治家が国民に約束するのは選挙の常だし、野党の応援団たるマスゴミが、故意に議論を「分配」に集中させてはいる。

しかし「富裕層や大企業に重税を課して、庶民にカネを配る」なら、「ブルジョアの富を奪い、プロレタリアにパンを与えよ」と同じ革命思想ではないかw

東洋の豊かな国で今も尚、「聞け、万国の労働者」ってな時代錯誤のスローガンが通じると知れば、マルクス爺さんは草葉の陰で、嬉し涙を流して笑い転げるだろう。


kishida edano bunpai.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 09:15| Comment(56) | 指定なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年09月02日

娘の新婚生活を覗くお姿

**********************
臨時休業のお知らせ
いつもご愛読ありがとうございます。誠に勝手ながら、
9月5日ー9月11日は休業とさせて頂きます。
コメント投稿並びにブログ更新は12日以降となりますので、よろしくご理解のほどお願い申し上げます。
**********************

父親たる者、手塩にかけた娘を嫁に出すほど辛いモノはない。ほほう、相手は立派な若者じゃないか、と上っ面で納得しても、気持ちが追いつかず取り乱すのが常。

ロクでもない男なら尚更だ。金も力もないプー太郎で女タラシ、将来性に乏しく、挨拶ひとつ出来ない礼儀知らずと知れば、ゆゆゆ許さん!と血相を変える。

無論、愛娘の嫁ぎ先となる以上、男の血筋や家庭環境も心配でならない。親兄弟姉妹や親類筋に至るまで、社会的あるいは経済的な問題を抱えているようじゃ困る。

幾ら憲法が「婚姻は両性の合意のみに基いて成立する」と規定したところで、家同士も親戚として末長く付き合うのだから、両家の程良いバランスも必要だろう。

あれこれ考え出すとキリはないが、ヘンに反対すると、若い二人が余計に燃え上がったりするのでややこしい。泣くの喚くの、死んじゃうの、ってな騒ぎに成りかねない。

ああ、困った、困ったと悩むうち、娘が駆け落ち同然で惚れた相手と一緒になってしまう。娘の幼い頃の写真を眺め、父親がはらはらと落涙するのは、こんな時だ。

振り返れば、蝶よ花よと甘やかし、真っ当な躾を放棄した己が悪い。世事をよく教え、オトコの見極め方を叩き込むべきだったと、自業自得を嘆くばかりか。

さて、巷でよく聞くこの手の話。やんごとなき人々であれば、悩みや悲しみは庶民のソレの何倍にも膨れ上がる筈で、さぞや宮殿で身悶えしておられることだろう。

世間知らずでウブなお姫サマが、あんなゲスな野郎と暮らしていけるのか?と不安に苛まれ、新婚生活をこっそり覗きに行きたくなるのではないか。


mrs. mako komuro rev.jpg

続きを読む
ラベル:秋篠宮家 結婚
posted by yohkan at 09:12| Comment(46) | 指定なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月21日

ワクチンパスポートで「お得感」

菅首相の顔色が冴えない。死んだ魚の目を思わせる虚な眼差しには、精気が感じられない。聞けば就任以来、休日なしとか。疲労困憊するのも無理はない。

休暇を罪悪視する日本社会の旧弊は否定できずとも、盆と正月を返上すれば、賞賛を浴びる時代でもない。夏休みくらい上手く日程調整すればいいのに、と思わざるを得ない。

何をしようと、マスゴミの執拗な非難や反日野党の陰湿な攻撃に晒される立場では、おいそれと休日を楽しむ気にならないのは分かるが、発想を変えるべきだろう。

ワクチンの大量供給確保や接種の迅速化、雇用の維持は見事な成果だし、無観客とは云え、オリンピック・パラリンピックの開催も、首相として胸の張れる実績だ。

懸案の新コロに就いても、テレビは新規感染者、即ち陽性者の数字を報じ、若者の感染だ、デルタ株だと騒ぐが、厚労省の発表数値を見れば、何ら心配する状況ではない。

ワクチンの普及で重症者数や死者数は減っているし、若者は仮に感染しても軽症で済む。データが示す通り、日本は世界最高レベルで感染を抑制中だ。

詰まるところ、偏向報道で悪印象が拡散しただけなのだから、ワクチンの効能効果を国民に再認識させ、菅政権に感謝と尊敬が集まるよう仕向ければいい。

そこで提案したいのが、国内におけるワクチンパスポートの活用だ。大多数の国民にとって接種が可能となった今だからこそ、楽しい「お得感」を演出して欲しい。

接種完了証明に対する買い物、飲食や旅行、宿泊、観劇や芸術鑑賞、娯楽施設の代金割引やフリークーポン供与を政府が推奨すれば、ビジネス振興に役立つ。

昨年実施して好評を得た Go To キャンペーン同様、政府が補助金を出すのもいいだろう。コロナ禍で疲弊した産業を幅広く救うと考えれば、正しい政策だ。


corona vaccination logo.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 14:05| Comment(41) | 指定なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月16日

西村大臣は切腹せよ

注目を集める西村康稔コロナ担当相が、灘高から東大、通産省から政界入り、なる典型的エリートコースを歩んできた人物と聞けば、ヘンに納得する。

記憶力で受験に勝ち抜く技量には優れていても、まともな判断力や思考能力を磨く機会を得ず、今に至るまで世間知らずのまま、傲然と世間を見下してきたに違いない。

そうでもなきゃ、酒類提供停止要請に従わぬ飲食店を金融機関と酒販業者の圧力で締め上げるなんて、奇想天外な方針を、感染対策と称して堂々と発表出来る筈がない。

世間の猛反発を喰らって急転直下、方針撤回に至ったものの、「意図が伝わらなかった」と釈明するだけで、謝罪や反省の様子は微塵もなく、コトの重大さには気付かぬらしい。

小池都知事の無根拠で野放図な「呑み屋イジメ」が許されるのに、このオレ様が似たような話をすると何故激しく非難されるのか?と、本人は首を捻るばかりか。

政治目的で陽性判定数を感染者数と呼んで大騒ぎするマスゴミや、無意味な緊急事態宣言を発した小池の悪辣さに、安易に乗せられた愚かさを素直に認めるには、自惚れが強すぎるか。

いずれにせよ、自粛要請に効果なしと分かれば、営業休止を命令できるよう法制化に努力すべきところ、法的根拠皆無の行政指導でコトを成そうとする日本的発想が悲しい。

察するに、無責任な自称感染症専門家や役人どもに取り囲まれ、恐怖説を吹き込まれるうちに正気を失ったのだろう。コロナ担当相自らがコロナ脳とは笑えぬ喜劇だ。

さざ波程度の感染状況で発狂するほど神経のか細い男に、大臣の職責は務まらない。「責任を果たす」なんて戯言は聞きたくない。西村氏は直ちに切腹、いや辞任すべきだ。

本人にそのつもりがないなら、菅首相が大臣を更迭してしまえ。先ずは違法な行政指導の責任者を斬り捨て、コロナ対策室の組織再編に取り掛かるべき場面だろう。


nishimura harakiri.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 09:47| Comment(108) | 指定なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月09日

ワクチン注射しました!

ワクチンの供給不足でマスゴミが騒いだ数ヶ月前ならいざ知らず、今頃、注射しました!と報告したところで、読者の皆様は「あっ、そう」と感じるだけだろう。

日本国内の接種実施回数は現時点で5500万に達し、2000万人もの国民が既に2回完了済みとか。欧米に比し接種開始は遅れたが、その後の進展は驚くほど急ピッチだ。

ゆえに最早、ワクチン接種は珍しくも何ともない。あえて取り上げるのは、入手した接種券を2ヶ月間も知らん顔で放って置いたブログ主が、心変わりした事情を述べたいからだ。

当初、接種の予約に躊躇した理由は単純で、各種データで見る限り、新コロの感染状況はインフルエンザよりもむしろ軽微で、ワクチンなんぞ不要と感じたことに尽きる。

しかも、ワクチン自体、緊急事態下の欧米で臨床試験や審査・承認プロセスを省略し、特例的使用許可を与えたシロモノゆえ、効能効果も安全性も今ひとつ信用ならない。

接種後の発熱や頭痛、アレルギーなど、恐ろしい副反応をネットで見聞きするうち、リスクを上回るベネフィットなしと判断せざるを得なかったのだ。

ところが日が経つに連れ、徐々に心持ちが変わる。友人、知人、親類縁者が次々と接種するも、多少の痛みや発熱程度で、コレと云った副反応で苦しむ様子がない。

中には、2回目の接種が完了した晩、コレで安心、と嬉しくなって飲み過ぎちゃったヨ〜、なんて奴までいて、翌朝の頭痛が、ワククチンの影響か二日酔いか判らなかったりするw

効能効果は接種開始後の重症者・死者数の激減で明らかだ。副反応のリスクが小さいなら、高齢者である以上は、重症化回避のベネフィットを重視すべきとの結論に至る。

無論、mRNAワクチンによる長期的影響への疑問や不安は拭いきれない。しかし一方で、神社の御守りを身に付けるような「安心感」をもたらしてくれるのは確かだ。

よし、打とう!と思った理由は他にふたつあって、ホテルやレストランが提供するワクチン接種者向けのお得な特典がひとつ。もうひとつが、ワクチンパスポートだ。

日本政府が欧州並みのワクチンパスポート発行を準備中と聞く。海外渡航に際し、長期の隔離など無用の不利益を避けるため、接種証明書を手元に常備しておきたい。

以上、新コロワクチンにおける転びバテレンの独白だ。コレまで数回、予防接種に対する懐疑的視点から意見を述べてきた経緯もあり、説明させて貰う次第だ。


corona omamori.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 08:50| Comment(46) | 指定なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月05日

都民を騙すなんぞワケもないw

たかが地方選挙ゆえ、都民以外の皆さんにとっては興味を唆らぬツマラヌ話題に違いない。ソコは充分に分かっちゃいるけど、東京都議選について語らせて貰う。

自民党圧勝と都民ファースト惨敗の事前予想に気を良くしたブログ主、実は昨日、MLBと大相撲中継の合間に、早々とタヌキが泣き崩れるイラストを描き始めた。

ところが、蓋を開けてみると話が全然違う。自民は前回(2017年)の結果を8議席上回る33議席を獲得したものの、前々回(2013年)の59議席に遠く及ばない。

都民ファーストは前回より14議席減らしたものの、31議席を獲得する大健闘で、公明や共産、立民を数で凌ぎ、自民に次ぐ勢力を維持する格好だ。

タヌキ本人が泣くとすれば、嬉し泣きか。いや、己の策が大当たりしたと爆笑しているか。う〜む、昨日のイラストが使えないと分かり、結局、描き直す羽目になった。

都民ファーストの善戦を支えたのは、タヌキの巧みな演技力だろう。過労と称した緊急入院で巷を驚かせ、退院後には、幾度も咳き込み、ヤツれきった姿を晒して同情を引く。

記者会見では「どこかでバタッと倒れるかも知れないが、ソレも本望だと思ってやりぬきたい」と悲壮な台詞を掠れ声で絞りだし、カメラ目線をばっちりキメる。

人が密になるのを恐れていた筈の本人は、選挙日直前に突如、16もの選挙区を精力的に回って都民ファーストの候補者を激励し、街頭の注目を集めて健在ぶりを示す。

上手い。実に上手い。テレビ好きの情弱者なら、過労に耐え頑張るゆり子サンの姿に拍手したくなるだろう。タヌキにとっちゃ、純朴な都民を「仮病」で騙すなんぞワケもないw

しかも、自公にすり寄って協力姿勢を示しつつ、子分を数多く当選させた以上、議会における知事の支持基盤は、より一層盤石。都政は思いのままだ。


koike tomin first defeated.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 13:06| Comment(41) | 指定なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月16日

若者よ、新コロワクチンを打つな

以前にも記したが、かれこれ1ヶ月半ほど前に区からワクチン接種券が手元に届いたものの、そのまま放置している。と云っても、ブログ主は予防接種の否定派じゃない。

生涯、感染症と無縁で暮らしてきたのは、たぶん、ワクチンを人並みに接種したからだろう。4種混合やBCGなど赤ん坊時代の注射で、免疫効果が永続するのは有難い。

そう考えれば、ワクチン肯定派とも言えそうだが、今回ばかりは遠慮したくなってしまう。先ずは、わが国の感染被害状況が極めて軽微だから、との単純な理由だ。

昨年の超過死亡率、即ち例年の平均的死亡率に対する単年度増加分を国際比較すると、米英+20%で、伊+17%、仏+10%など軒並みプラスに対し、日本はー1%だ。

念のため、皆さん、マイナスだよ。増えるどころか、減っちゃったのだよw。パンデミックで死亡者が急増した他先進国に比べ、わが国の優等生ぶりが際立つ。

日本が新コロ感染を抑制出来た理由はわからない。安倍・菅政権の対策が効果的だったのか、国民の衛生意識が高いのか。あるいは、デマに惑わされた民衆が過剰防衛に走ったか。

いずれにせよ、数字がハッキリ示すのは死者数の少なさだ。騒ぎの初っ端から1年半、積み上げた死者累計数は1万4千人。関連死込みの水増し数字がコレだ。

インフルエンザによる死者数は毎年1万人を超え、年によっては倍に膨れ上がる。仮に新コロ同様、関連死まで含めれば、10万人規模となってもおかしくはない。

インフルエンザが真打なら新コロごときは前座か二つ目か。と喩えはヘンだが、正直なところ、この程度の国内感染状況で、ホントにワクチン接種が必要か?と首を捻るしかない。

さらに、新コロワクチンを遠慮するもうひとつの理由が効能効果や安全性だ。理論上は問題無しとされるが、実質的には人体実験の最中で、ベネフィットがリスクを上回る確証はない。

米欧の薬事管理当局が、感染状況の深刻さに鑑み、通常の臨床試験や審査・承認プロセスをすっ飛ばし、特例として「緊急使用許可」を与えたワクチンゆえ、今ひとつ信用し難い。

予防接種後の発熱や頭痛、皮膚疾患の多発を見れば、劇薬なのは間違いない。場合によっては、深刻な後遺症や突然死を招きかねぬと思えば、躊躇して当たり前だ。

もっとも、ご親切にも政府や自治体が只で打ってくれるのだから、有難く肩口に注射針を押し頂くべきとの考えも成り立つ。そう感じる皆さんは、ドンドンやればいい。

但し、新コロワクチンは重症化を防ぐのが目的である以上、感染しても無症状か軽症で済む若い世代にとって、接種のメリットは特にない。むしろ、デメリットだけがありそうに思える。


corona Vaccination のコピー.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 09:25| Comment(53) | 指定なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月10日

小室文書の読後感想文

気まぐれな思いつきで綴る当ブログゆえ、どうでもいい話題ばかりだな、とお感じの読者も多々ある筈。本日は飛びきりどうでもいい話題だと、先にお断りする。

小室圭なる人物が母親の金銭トラブルに関する文書を公開した。秋篠宮家の長女の婚約内定者ゆえ、それなりの報道価値があるらしく、マスゴミはトップニュース扱いだ。

で、暇人ぶりを笑われそうだが、読んでみた、いや、読もうとしてみた。本人がどこでどう公表したのか知らないが、偶々、NHKの記事が全文を掲載していたのだ。

コレが酷い。文章が無駄に長い。28ページに及ぶと聞くが、6万字もある。適当な改行含め400字詰原稿用紙に書けば、150枚から200枚のボリュームになるだろう。

長文だが、中身は薄くてお粗末だ。喋り言葉の羅列で、語彙に乏しく表現力も劣る。文章構成力のなさが歴然と判る。全文を通しての印象は、中学生の作文並みか。

国語の授業なら及第点に及ばず、社会人なら上司の叱責を受ける。仮に小室クンが職場の部下なら、原稿を手にした途端に放り投げ、即座に書き直しを命じる。

「ダラダラと駄文を書き連ねて、シゴトのフリはよせ!」と怒鳴りつけ、「読んで欲しければ、要点を三つに纏めて箇条書きにせよ」と付け加えるだろう。

読み手に苦痛を与える文書の典型か、読む気が失せる。無理しても、斜め読みが精々だ。正直云えば、ブログ主も面倒になり、目に付く文言を拾っただけだ。

繰り返し述べる言葉が、「これまでの事情を理解してくださる方が一人でもいらっしゃいましたら幸いです」で、兎に角「分かってくれ」のゴリ押しが鼻につく。

詰まるところ、皇女との結婚に向け国民の賛同を得ようと勇み立ち、己の無能さと卑しさを露呈させた格好か。屁理屈としか思えぬ言い訳を並べ立て、理解を求められても困るヨw

週刊誌情報に拠れば、氏育ちは最悪の部類でジゴロのプー太郎。母親の周辺には自殺と称する不審死が多発したとかで、胡散臭く危ない家庭環境だ。

加えて、分不相応な贅沢暮らしを営むため、借金も平然と踏み倒す性悪と聞けば、一般家庭でも縁組など断固拒否するレベルだ。大事な娘を嫁にやれる筈がない。

血筋が悪かろうと、家庭が貧しかろうと、親に問題があろうと、全ては本人次第。優秀で品行方正、将来有望な男であれば話は違うが、拙い文書で馬鹿が確定した。

秋篠宮殿下、妃殿下の心中を察するとお気の毒でならない。娘は何故あんな厚顔無恥な男に惹かれるのか?と悩み、躾に失敗したか、と己を苛む日々をお過ごしに違いない。


komuro & prince akishino.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 15:00| Comment(90) | 指定なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする