2016年07月31日

おめでとう、小池さん!

都知事選が終わった。終わった途端に開票結果が出た。予想通り、小池百合子氏が堂々と勝利を収めた。

防衛相や環境相として輝かしい実績を誇るものの、自民党の推薦や協力も得ず、組織らしい組織も持たず、草の根的な選挙運動で知事の座を勝ち取ったのだから、立派なものだ。


koike tochiji.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 21:30| Comment(308) | TrackBack(1) | 指定なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月13日

終わりは、突然やってくる!

↑ これを読んで、何が終わる?と訝しがる声もあるだろう。終わりと云うより、今日から春場所の始まりじゃないかと、大相撲ファンなら思う筈だ。

云いにくいんだが、実は、このブログが終わるのだ。いや、ホント、突然で申し訳ないけど、意外にもあっさり終わっちゃうのだ。

2010年秋、ほんの思いつきで始めた「愛国画報 from LA」だが、よくぞここまでモチこたえたものだと、我ながら感心する。

ガキの頃から何をやっても3日坊主のブログ主。長期に連載出来たのは、読者の応援と励まし有ればこそだ。


2010-2016 collection.jpg

続きを読む
ラベル:愛国画報
posted by yohkan at 09:35| Comment(536) | TrackBack(1) | 指定なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月05日

論客、曽野綾子先生の正論

わが国を代表する論客のひとりに曽野綾子さんがいる。正義感の強い方で、様々な出来事を捉えては、小狡く無責任で軟弱な現代の日本人を厳しく叱る。

こちらは曽野さんの毅然たる主張に、いつも感心し納得し賛同し、あるいは反省する。ああ、この人には日本社会の歪みが見えている、と判って尊敬する。

但し、女史の文章表現は鋭く、いやあまりに鋭すぎて、偽善や建前をいともあっさりぶち壊すので、拒絶反応を示す読者も随分多いようだ。

今もまた巷で、曽我批判の声が上がる。週刊ポストのインタビューで、「高齢者は『適当な時に死ぬ義務』がある」と述べたら、物議を醸した。


ayako sono.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 13:50| Comment(81) | TrackBack(1) | 指定なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月08日

2015年を振り返って

おい随分、気が早いじゃないか、と読者の皆様からご指摘を受けそうだが、年末ゆえ恒例のイラストコレクションを掲載する。

以前、毎日エントリしていた頃は、当然ながら作画点数も多かった。今や隔日ペースで、しかも春休みや夏休みを取る。

お気づきの方もいらっしゃると思うが、昔のデータの使い回しも多い。従い、選ぶべきイラストが然程ない中で、作者が強いて選んだ、お気に入りの24点だ。


2015 collection.jpg

続きを読む
ラベル:イラスト 2015年
posted by yohkan at 14:00| Comment(192) | TrackBack(1) | 指定なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月06日

脱亜論と朝日新聞

福沢諭吉先生は、わが国の独立を守り、近代化で国を富ませるため、西洋文明の流入を受容し技術革新を図れ、と説いた愛国者だ。

明治18年、時事新報に「脱亜論」を寄稿し、独立や近代化の弊害となる支那朝鮮との交わりを断てと主張した。先生はこう記す。

「わが日本は地理的に亜細亜の東にあるが、国民精神は既に西洋文明を受容している。ところが不幸にして、近隣に支那と朝鮮の二国がある」


fukuzawa datsua.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 13:41| Comment(23) | TrackBack(1) | 指定なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月22日

三島由紀夫、再び

産経新聞の一面に「三島由紀夫」の文字が躍る。何かと思えば、自衛隊市ヶ谷駐屯地に乗り込み、自決してから、25日で45年になると云う。

へええ、もうそんなに経つのか、と驚く。衝撃的な事件だっただけに、今も記憶は生々しい。まるで昨日の出来事のようだ。

しかし、ここで三島の自決を語るつもりはない。正直なところ、自衛官相手に青ざめた表情で演説する姿や、総監室の床に置かれた本人の首など、思い出したくもない。

壮絶な死に様は、世間を騒然とさせた。しかし三島の死後、いつまで、玩具の兵隊みたいな軍服姿ばかりが、取り沙汰されるのか。

三島由紀夫は文学の世界における天才だった。狂気にも似た美意識で、めくるめく虚構の舞台を構築し、鬼気迫る人間ドラマを描き出す異能だった。

若い頃からの三島文学の熱心なファンとして一言云わせてもらう。彼の自決を讃え、憂国の思想を誉めそやす風潮には、違和感を覚える。なぜなら、あの死は・・・

と書き出して、ふと、思い出す。あれ?2年前にエントリしてるじゃないの。それならいっそ、再掲載すればいい。決して手抜きじゃないことは判って欲しいw

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

戦前の軍部には、共産主義を妄信する将校達がいた。1931年の三月事件、十月事件は、陸軍将校が引き起した国家転覆クーデター未遂事件だ。翌1932年の515事件では、海軍将校が犬養毅首相を暗殺した。1936年の226事件は、皇道派の陸軍将校が1500名近い兵を引き連れて閣僚を襲い、警視庁、参謀本部や東京朝日新聞を占拠した。


mishima yukio's death.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 10:33| Comment(44) | TrackBack(1) | 指定なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月14日

男と女とトイレの話

サンフランシスコのある小学校が、男女別トイレを廃止し、全て共用にすると発表した。男女どちらでもない、性同一障害の児童が在校するからだと云う。

校長は「全員を平等に扱いたい」と説明して、全米を仰天させた。トイレの男女別は当然じゃないかと、良識派は怒った。女子生徒を保護すべしと、デモ行進する保護者も現れた。

それから数ヶ月、米人校長の異様な方針に刺激されたのか、わが国でも、性同一性障害を自称する男性職員が女性用トイレの使用を求めて、勤務先の経産省を提訴した。

報道によれば、40代の職員は「戸籍を変更しなければ女性用トイレは使用不可」とした役所の対応は不当だと主張し、国に処遇改善と1655万円の損害賠償を求めた。

本人は重大な権利侵害を被ったつもりらしいが、戸籍上の男性を男性として扱うのは当たり前だ。訴えられた経産省は驚いたろう。まさに、びっくりポンだ。


toilet for men & women.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 10:05| Comment(30) | TrackBack(1) | 指定なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月14日

「&マスゾエ」はもう嫌だ!

東京はとても魅力的な都市だ。豊かさと便利さ、安全性や清潔さ、ハイテク技術と伝統文化の融合など、Tokyoの素晴らしさは世界中が認めている。

だから、今更、東京都が「&TOKYO」なる意味不明のキャッチロゴを作り、宣伝する必要はない。つまらないロゴの制作に1億3000万円もの税金を費やすなんて、論外だ。

しかも、大枚かけたデザインが、海外の法律事務所や眼鏡メーカーのロゴに酷似し、パクリ疑惑が指摘されるとは、開いた口が塞がらない。


& masuzoe.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 10:27| Comment(46) | TrackBack(1) | 指定なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月30日

オザーさん、暴走の果てに

1993年、小沢一郎氏著「日本改造計画」は、規制撤廃を含む新自由主義的な経済政策や、二大政党制への移行と云った提言を満載して、ベストセラーとなった。

ところが、この人、著書に描いた政策ヴィジョンを実行する気は全くない。冷戦が終結して混乱する政界で、集票・集金の剛腕を駆使し、権勢を求めて暴走した。


yougisha ozawas.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 10:30| Comment(33) | TrackBack(1) | 指定なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月22日

夏季休暇のお知らせ

いつもご愛読ありがとうございます。

あっ、またこのイラストかと思われちゃいそうだけど、暫く夏休みに入ります。


ring kyuugyou_6.jpg


英気を養って戻ってきます。ブログ再開後にまたお会いしましょう。






ラベル:夏季休暇
posted by yohkan at 14:40| Comment(86) | TrackBack(0) | 指定なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする