2020年01月01日

愛国画報、新年を語る

あけましておめでとうございます。読者の皆様にとって素晴らしい年となりますよう、心よりお祈りします。

さて、例年、年明けは「干支」が云々と書く。陰陽五行も十二支もよくは知らず、占いなんぞは信じちゃいない。それでもこの話題に触れるのは、正月気分ゆえか。

新年の干支は「庚子(かのえね、こうし)」。陰陽五行で「庚」は十干の7番目にあたり「陽の金」、「子」は十二支の始めで「陽の水」、相生にして「金生水(ごんしょうすい)」だ。

十干、即ち「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」の「庚」は、植物の生長が止まり環境が変化する段階を指す。云わば実りの秋か、収穫にも通じるらしく、金運到来を示す。

月の満ち欠けで生命循環を表す十二支は「子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」。「子」は初っ端の新月。同じく植物に例えれば、新しき命たる種子を宿す状態なり。

「相生」とは干支が互いに相乗効果を発揮して、好循環を生むこと。「金生水」は、金が水を生む。そう聞けば、何ソレ?と思うだろうが、金属の表面には凝結により水が生じるの意。

干支の意味合いを知れば、御神籤を引かずとも新年の運勢は察しがつく。懐が暖かくなれば、酒を飲みたくなるのがヒトの常。夜の街に繰り出せば、取り敢えずは生ビールだろう。

そうか、「金」を得て「生」ビールなら、「金生水」の「水」は水商売かと腑に落ちる。そこには素敵な相手との出会いが待っている筈で、たぶん彼女は〇〇子と名乗る。子年だからw


2020 kingashinnen rev.jpg

続きを読む
ラベル:謹賀新年
posted by yohkan at 08:00| Comment(66) | 指定なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月27日

イラスト総集編をご覧あれ

カレンダーは数日を残すが、今年も終わりだ。クリスマスを過ぎて、仕事納めと大掃除。正月を迎える気分が徐々に盛り上がり、大晦日の紅白歌合戦で最高潮に達する。

歳の締めくくりは、恒例のイラスト総集編だ。本年度の作画約80点から、ブログ主が自分で気に入った作品を選び、一纏めに紹介する。とは云え、傑作揃いと胸を張るほど図々しくはない。

小説家や音楽家が銘打つ「ベスト選集」は、幾つかのヒット作を除けば有象無象の類が通例だが、こちらも同様だ。旧作のデータ使い回しも多いし、肝心のアイデアや構図が陳腐だったりする。

お目汚しではあれ、今年のアレコレと思い出して頂く切っ掛けにはなればと思う。この絵で何が言いたかったんだ?と気になるなら、適当に検索(右上段に入力)して駄文をご一読願いたい。


2019 collection rev.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 09:11| Comment(82) | 指定なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月08日

狂将、山本五十六が亡国を招いた!(再掲です)

「本日は大東亜戦役開戦のハワイ攻撃の日」と、読者の三助さんからお言葉を頂き、思い出した。そうだ、今日こそ忘れちゃいけない、日本史に刻まれるべき大事な日なのだ。

よっし、それならと、新たにエントリしようと思い至り、文言を書き連ねるうちに、ふと気付く。以前にこのテーマは取り上げたよね、と。アレコレ書いたよね、と。

検索したら、あるじゃないの。僅か5年前に書いたものだもの。ブログ主の気持ちは変わらない、ってコトで、再掲載させて貰おう。手抜きっていやぁ、手抜きだが、許して欲しい・・・

<再掲>

1941年12月8日、連合艦隊による真珠湾攻撃が報じられると、日本全国が熱狂した。大本営発表による噓の大戦果を信じて、対米英戦の勝利を確信した。ところが、冷静に振り返ると、眠れる獅子のアメリカを揺り起こして激怒させたものの、真珠湾攻撃には戦果らしい戦果は何もなかった。

本来、標的とすべき敵の空母はいなかったし、撃沈したのはスクラップ寸前の老朽戦艦が二隻だけだ。他の戦艦も一度は沈めたものの、真珠湾が遠浅であるため、その後、あっさりサルベージされた。破壊した敵機は200機にも及ばない。その上、敵基地の石油タンクも海軍工廠も手つかずで無傷だった。

それでも真珠湾は、帝国海軍に然したる損害が生じなかったからまだマシだ。僅か半年のミッドウェー作戦では、敵を上回る海軍力を有しながら、空母4隻を含む戦艦を一挙に失った。どうして負けたか分らないと、世界中の海軍関係者が頭を捻るような、無茶苦茶な作戦展開と指揮の大混乱で自滅した。


yamamoto20isoroku-thumbnail2.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 20:15| Comment(39) | 指定なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月27日

教皇様の対日マーケティング

来日したフランシスコ教皇の一挙手一投足が脚光を浴びた。広島長崎を巡って東京ドーム。信者が大挙してミサに集まり、熱烈歓迎を叫び、記念グッズを手にして感涙にむせぶ。

宗教界の超大物故、過熱報道も無理はないが、ダライ・ラマ14世の来日時は頑なに「報道しない自由」を発揮するマスゴミが、露骨に掌を返す姿が珍妙ではある。

無論、カトリックとチベット仏教では、世界の信者数が違う。前者の11億人越えに対し、後者は1千万人程度。広義のキリスト教徒と仏教徒を比べても、21億人と4億人だから随分開きがある。

但し、数の差が報道姿勢の決め手ではない。ローマ教皇の大報道は、反核パヨク運動にモッテコイの有難い説教を垂れてくれるからで、方やダライ・ラマ14世の無視は、中共への迎合に過ぎない。

ニュースは、教皇が被曝犠牲者を悼み、鎮魂の祈りを捧げる姿を繰り返し流す。ご祈祷は有難いが、「悲劇を二度と繰り返しません」と本気で決意するなら、わが国が核武装するしかない。

にもかかわらず、ひたすら「核なき世界」の到来を祈られても、われわれ一般人は困惑する。隣国の核ミサイルに怯えながら、念仏(?)平和主義如きで、心安らかには暮らせない。

宗教人が世界平和を祈り、人類愛を語るは慣れっこだから、文句をつける気など微塵もないが、わざわざ遠路遥々来日して「核廃絶」かよ?と違和感を覚える。

ソレがテーマなら敢えて被爆国ではなくて、むしろ核保有国をあまねく巡回し、しっかり説教すべきだろう。実際、そちらの国々にはキリスト教信者も数多い。

さて、核云々を別にして、何がローマ教皇の来日目的か?・・・ズバリ、布教だろう。宗教の指導者だもの、教えを広めて、信者を獲得することこそがオシゴトに決まっている。


popes's prayer.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 09:07| Comment(76) | 指定なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月22日

奉祝、即位礼正殿の儀

本22日、皇居・宮殿に諸外国の元首・祝賀使節をはじめ国内外の要人を招き、「即位礼正殿の儀」が執り行われる。今上陛下のご即位をお披露目する、とびきり目出度い国家行事だ。

当然ながら、TV各局がライブで報道中だ。早朝、天皇皇后両陛下がそれぞれ赤坂離宮から皇居に向かわれた。生憎の空模様だが、都心の緑がしっとりと深く、美しさが目に染みる。

昼頃に放送される式典本番が楽しみだ。見もせぬ時点で、アレコレ推測を書くのも野暮だが、わが国の歴史と伝統に根差した、誇らしくも荘厳な催しとなるに違いない。

高御座をはじめ、皇室に伝わる貴重な調度品が並ぶ「松の間」に、天皇、皇后両陛下や皇族方が束帯、十二単の古式装束で臨まれるとか。豪華絢爛な平安絵巻がリアルに蘇るだろう。

台風19号による甚大な被害の影響で、当初予定の祝賀パレードは延期されたが、今日の大雨を思えば、日程変更は正解だった。11月10日は、必ずや晴天であって欲しい。

勿論、パレードが延期されようと、悪天候であろうと、沿道に繰り出す人々もいる。国民的慶事だからこそ、日の丸の小旗を手に、両陛下のお姿を拝みたい気持ちはよく分かる。

しかし、ソレって厳戒警備の邪魔にならないか。総勢2000人にも上るVIPの車列がを行き交う中、一般人がウロチョロすれば、警察の皆さんに迷惑を掛けるかも知れない。

今年限りの特別な祝日だ。自宅で斎戒沐浴し、TV桟敷にちんまりと正座して式典の様子を眺めつつ、ちびちびと祝杯を挙げるのが相応しいw

「即位礼正殿の儀」の良き日に際し、国民・臣民のひとりとして、皇室の弥栄とわが国の発展・繁栄を祈りつつ、謹んで陛下の御即位をお祝い申し上げます。天皇陛下、万歳!


hoshuku tennoheika gosokui.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 10:00| Comment(64) | 指定なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月08日

統一会派のゾンビ達

ブログを始めて丸9年が経つ。民主党政権への猛烈な怒りで、止むに止まれず執筆と作画を開始して、当初の数年間は毎日更新した。余程の事情がない限り、休載しなかった。

何しろ、政府が連日、何かしらの問題を起こしてくれた。わが国の名誉を踏み躙り、特亜最優先で国益を毀損し、防衛力や警察力を徹底的に破壊しようと企んだ。心休まらぬ日々が続いた。

2012年末、安倍&自民党が政権を奪還し、巧みな内政経済・外交政策で国力を回復して、今日に至る。数々の安倍批判も聞くが、民主党政権の悪夢を思い起こせば、文句を云う筋合いにない。

安倍政権による繁栄と安定に感謝しつつ、平穏な暮らしを営むうち、政治への関心もやや薄くなり、ブログを綴る気持ちが失せた。総理にお任せすればいいじゃないの、と云う心持ちになった。

素人が背伸びして能書きを垂れても、意味はない。己の投票行動で、信頼できる政治家や政党を選び、日本の舵取りをお願いすればいい。そう考えて、一時はブログ終了宣言をしたくらいだ。

その後、読者の皆様による応援や励ましを頂き、ブログを再開して間欠的更新で継続中ではある。但し、お気付きと思うが、実は、結構な手抜きをしている。

イラストの多くがデータの使い回しなのだ。手描きであれば物理的に難しいだが、一部を除き全てデジタル画像だから、パーツを並べ替えたり、部分的に修正すれば、再利用が可能だ。

あれ?コレ、以前に見たことあるよな?と感じる絵が、幾度も登場するのは、その為だ。前置きと云うか、言い訳が長くなった。本日もご覧の通り、過去ログの焼き直しで、すみません。


touitsukaiha zombies.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 11:11| Comment(59) | 指定なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月22日

共産カルトの教典「資本論」

ちょうど30年前、東西冷戦の象徴だった「ベルリンの壁」が崩壊した。その後、あっと云う間に、ソ連・東欧の共産圏が瓦解して、70年もの長期にも及ぶ壮大な社会実験が終わった。

共産主義の失敗は明らかだった。家族制度と社会秩序を破壊し、一党独裁体制で国家を専制する試みは、自由と人権を圧殺する全体主義を生み、人々の夢や希望を打ち砕き、命を奪った。

粛清・殺戮された犠牲者数は、ソ連で2千万人、中共で6千5百万人と聞く。国際政治学者のブレジンスキー氏は「20世紀における共産主義との遭遇は、歴史の悲劇に他ならない」と断じた。

欧米では、もう誰も共産主義など信じちゃいない。カール・マルクスなる男の妄想が生んだ、厄災をもたらす「狂気の思想」に過ぎぬと知り、恨み辛みや侮蔑、あるいは嘲笑の対象でしかない。

ゆえに選挙ともなれば、共産党のポスターが街中にベタベタ貼られ、共産主義を賛美する街宣車が走り回る日本の現実は、先進諸国からの来訪者を大いに驚愕させるだろう。

冷静に考えて、1952年の破防法成立以来、公安警察が一貫して監視を続けるテロ組織が、なぜ天下の公党として活動出来るのか?どう取り繕おうと、共産党は革命を目指すゲリラ軍に過ぎない。

ソフト路線を装う彼らは、東アジアに残存する冷戦構造を利用し、敵側の利益を代弁する形で、メディアにおける露出度を高める。共産思想のイメージ刷新に向け、宣伝工作を熱心に行う。

昨日付の産経新聞によれば、共産党の志位委員長が都内で講演し、「マルクスの『資本論』には、現代日本の私たちを励ますさまざまな命題がある」と論じて、同書の意義を訴えたそうだ。

「資本論」を党として新たに翻訳したらしいが、経済学の体裁で、亡国思想を蔓延させる意図は明白だ。有害無益な教えを垂れて信者獲得を目指す手口は、まさにカルト宗教だ。

教典の出版を誇らしげに語る志位サンは、教祖様のマルクスを気取るつもりかも知れないが、絵にしてみれば、風貌がどことなく、オウム真理教の麻原彰晃にも似る。


karl marx shii.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 12:25| Comment(33) | 指定なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月19日

皇統は男系のみ!

最近の世論調査で、女系天皇に「賛成」との回答が64%に達したと知り、仰天する。朝日や毎日の飛ばし記事なら驚きもしないが、調査を実施したのが産経新聞ゆえ、嘘ではないだろう。

調査方法やサンプル数は不明だが、半数以上の国民が女系天皇を認めているのが事実とすれば、メディアの「女系天皇」連呼がそれなりの波及効果をもたらしたと考えるしかない。

但し、産経は、女性天皇と女系天皇の違いに関して「理解していない」との回答が過半数だと書く。事情を理解してない相手に、賛成・反対を尋ねてどうする?と、率直な疑問を感じる。

当ブログ読者の皆さんには説明不要だが、あえて書けば、わが国は有史以来、父親が皇統に属する子孫のみが、皇位を継承してきた。あくまでも男系であり、女系の概念は存在しない。

仮に母親のみが皇統に属する子孫が即位して、女系天皇となれば、男子のY染色体で綿々と紡いできた本来の皇統は断絶し、終了する。実に分かりやすい単純な話だ。

にも関わらず、女性と女系の違いが理解できない人が多いのは、反日パヨク勢力が、過去に存在した女性天皇を引き合いに出して、新概念の女系天皇と混同させるからだ。

肉食系、草食系など、〇〇系は然したる意味はなくとも面白い言葉が多く、誰もが心理的抵抗を持たずに使い、流行語になったりもするが、軽〜いノリで女系の天皇を認めるわけにはいかない。

伝統の否定も皇統の断絶もOKよ、ってな事態になれば、もはや女系にとどまらず、ギャル系、熟女系、美魔女系、アキバ系等々の天皇や宮家が生まれるだろう。


future tenno.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 14:26| Comment(93) | 指定なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月02日

謹賀令和!

あけまして、おめでとうございます!・・・と、ご挨拶すべきかな。平成から令和に元号が変わリ、新時代の幕が開けた。

平成最後の日は、陽気なお祭り騒ぎが最高潮に達し、ハロウィンや大晦日同様、渋谷のスクランブル交差点で揉みくちゃになる奴、道頓堀にダイブする奴まで現れた。

一夜明けて、新天皇が即位された令和の初日は、国全体が祝賀ムードに包まれる。天皇皇后両陛下の車列を一眼拝もうと、沿道を埋め尽くした市民が、手に手に日の丸の小旗を打ち振る。

いいね。こんな「改元」もいいじゃないの、と納得する。30年前の昭和天皇崩御による悲しみと憂いに満ちた代替わりとは、趣が異なり、明るく楽しく、誰もがウキウキと心を躍らせる。

正直に云おう。ゴリゴリの保守派に与する気は全くないが、新天皇による詔書渙発も待たず、即位のひと月も前に政府が元号を制定するのは、何かヘンだろ?と疑問を感じていた。

そもそも、先帝陛下が「譲位」のご意志を述べられた際、あれっ?終身在位では?と首を捻り、政府やメディアが連発する「退位」は意味合いが違うぞ、と違和感を覚えていた。

譲位と改元に関する政府の動きがやや僭越にも見え、「不敬」なんて言葉がちらりと頭の片隅を過ぎったりもした。皇統の破壊に繋がりかねないと、少し不安にもなった。

ところが、だ。そんな疑問や違和感や不安は、あっさり氷解した。日本中が晴れやかな気分で新しい時代の幕開けを迎えることが出来たんだもの、素敵じゃないか。コレも安倍政権の功績だ。

皇室を中心に全ての日本国民が結束し、国の弥栄を願い祈る。こうやって、われわれは三千年近くの歴史を紡いできたのだ。そして、永遠の未来に繋がる。


shin gengo reiwa.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 11:08| Comment(110) | 指定なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月01日

新時代は「令和」

新元号「令和」が発表された。先週、紹介した渋谷のJK300人の予想は、見事に覆った。「安久」でも「平和」でもない。「嵐」も「タピオカ」も、あの「卍」も落選した。当たり前かw

前エントリのイラストには「安晋」と記したが、コレも採用されなかった。改元で反日パヨク「アベガー族」を狂い死にさせるチャンスだったのに、とちょっぴり残念ではある。

「令和」と聞いても、ピンと来ないが、記者会見の席で、首相は「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ」との意味を語り、さらにこう続けた。

「春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように一人ひとりが明日への希望とともに、それぞれの花を大きく咲かせることができる、そうした日本でありたいとの願いを込め、決定した」

なるほどね〜。令と和の二文字でホントにそんな意味が成立するのかョ?と、疑問の余地はあるが、野暮な詮索は辞めておく。新時代に相応しい、素敵な元号と受け止めたい。

典拠となったのは万葉集の序文であり、元号として、初の国書由来だそうだ。驚くじゃないか。己の無知を曝け出すようだが、これまでずっと漢籍が原典だったと聞いて、びっくり仰天だ。

大昔ならいざ知らず、現在の「平成」ですら、『史記』と『書経』が由来だったとは、情けない。遡れば、昭和も『書経』、大正と明治は『易経』、慶應は『文選』とバリバリの支那流だ。


abe shotoku taishi.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 20:56| Comment(120) | 指定なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする