2020年12月13日

カネさえあれば何でも出来る

「元気があれば何でも出来る」と云ったのは、アントニオ猪木氏だ。この言葉にそうだ、そうだ、と賛同し、長い行列を作って氏から強烈なビンタを貰い、無邪気に喜ぶのが日本人だ。

一方、「カネ(ドル)さえあれば何でも出来る」と云ったのは、「中国人民大学国際関係学院」教授・副学院長にして「中国共産党外交戦略研究センター」副センター長の翟東昇氏だ。

習近平のブレイン役を勤めるこの学者、「中国共産党はカネのチカラで、米国の上層部と密接なコネクションを築いてきたんだゾ」と豪語する演説で一躍、時の人となった。

センセイは「札束1つで解決できなければ、札束を2つ出せばいい」と乱暴な言葉を続け、「この30年、40年の間、我々は米国の核心的な権力層を利用してきた」と胸を張る。

極め付けは、政界のエリートやウォール街と関係良好なバイデンが大統領になったと喜ぶ下りか。「誰が投資ファンド会社を息子のハンターに与えたか?分かりますよね?」と聴衆に語りかける。

会場中が問いかけに爆笑する。敵国の面を札束でビンタする自国政府の外交政策(?)が嬉しくて堪らないらしい。賄賂は犯罪だろ、不正を暴露しちゃマズいだろ、なんて反応は見当たらない。

如何なる手を使おうと勝てば良いと考えるから、誰もがゲラゲラ笑えるのだ。「カネさえあれば何でも出来る」に賛同して無邪気に喜ぶ中国人の姿に、彼我の大きな違いを感じる。

支那数千年の伝統か、孫氏の兵法か、単なる拝金主義か、中華思想では、敵を賄賂漬けにして操るのは、戦わずして勝つ立派な戦略なのだとか。ああ、そうですか、と恐れ入ってしまう。

90年代初頭以降、外国資本や技術の導入で急成長した中国にとって、潤沢な外貨の使い道がコレだったのね。そう思うと、積極的な支援に徹した先進諸国の間抜けさに愕然とする。


hunter biden and xi rev.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 14:56| Comment(98) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月06日

捕らえられたか、バイデン?

米大統領選に関するエントリが続くのをご容赦願いたい。不正選挙の実態が次々と明るみに出る前代未聞の展開から目が離せないのだ。他にも話題はあるが、コレに比較すると色褪せる。

大手マスゴミはバイデンの不正行為について口をつぐみ、必死で政権交代を既成事実化するつもりらしいが、そうは問屋が卸さない。米国の公聴会や法廷で、悪事が克明に暴露されつつある。

最早、不正が闇から闇に葬られる恐れはない。選挙に携わった人々が、組織的な投票・集計詐欺を示す具体的な証言や証拠で、民主党陣営の卑劣な行為を浮き彫りにしてくれた。

数学理論的に到底不可能なバイデン票の急伸を可能にしたのはデータ改竄だ。米軍がCIAとの銃撃戦を経て、確かな物証となるドミニオン社のサーバーを押収済みだとか。

いずれにせよ、トランプ大統領側は選挙詐欺の全貌を掴んだに違いない。個々の容疑者を特定し、組織の実態を暴き、犯行内容を把握した。最高裁を納得すさせる準備も整った。

だからこそ数日前、大統領は国民に対する演説で、不正選挙の実態を克明に伝えることが出来たのだ。裏付けのない推論なら、選挙民を前に堂々と語れる筈がない。

米国の正義と民主主義を守るため「選挙の透明性」を確保せねばならぬと、草の根民衆の先頭に立ち、悪の勢力と雄々しく戦うトランプ大統領。その姿に感動し、勝利を祈るばかりだ。

さて、公式発表はないが、敵の首謀者が当局に身柄を拘束されたとの噂を聞く。ジョージ・ソロス、ジーナ・ハスペル(CIA長官)、オバマ、ヒラリークリントンなどの名が上がる。

ジョー・バイデン本人も捕まったか。愛犬と遊ぶ最中に足首を骨折したと唐突なニュースに驚いたが、装着したのは単なる医療用ギブスではなく、逃亡防止目的のGPSかも知れない。


biden busted.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 10:03| Comment(81) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月29日

土下座しろ、バイデン!

米大統領選の行方、未だ決まらず。但し、バイデン陣営の組織的で大掛かりな選挙詐欺が明るみに出た以上、既に発表された勝敗が意味を成さないのは明らかだ。

偽投票用紙や重複投票だけでも大問題なのに、ドミニオン社が計数データを改竄し、その操作に中共、イラン、ヴェネズエラなどの敵国が絡んでいたとなれば、事態は更に深刻だ。

不正票を除き再集計となるか、選挙結果が無効化されるか。共和党陣営が提出する数々の証拠や証言を精査して下す、最高裁か軍事法廷の判断をじっと待つしかない。

この前代未聞のスキャンダル発生に誰よりも驚き、怒り狂うのは米国の選挙民だろう。共和党・民主党、どちらの支持者であれ、国家の土台をぶち壊す暴挙など許せる筈がない。

贔屓政党の勝敗など大した話じゃない。人々が望むのは、正義が不義を打つ展開だ。不当に苛められた主人公が困難を乗り越え、終幕で卑劣な悪漢どもを叩きのめす勧善懲悪のドラマだ。

悪玉が善玉に倒され、滅ぼされ、悔恨する姿が見たい。庶民感情は万国共通で、かっての西部劇や時代劇、あるいは「半沢直樹」のドラマに心躍らせ、拍手喝采を送る理由がソレだ。

トランプ大統領は最後に勝利をもぎ取り、雄叫びを上げるだろう。同時に、己の悪事がバレて敗北に至りながらも、謝罪も反省もせず虚勢を張るバイデンを厳しく責め立てる筈だ。

「地べたをなめるように選挙制度にすがり、民主主義を信じて投票し、あなたに蔑まれ、土下座させられそうになった選挙民の痛みを、怒りを、悔しさを思い知っていただく」

「このわたしに頭を下げるのは、民主党大統領候補にして元副大統領のプライドが許さない。もしそう思っているのなら、大きな間違いだ。あなたが謝るのは、わたしではない」

「謝るべきは、これまであなたが雨の日に傘を取り上げ、トカゲの尻尾として切り捨ててきた、すべての選挙民だ。国民に対し謝ってください。土下座してください!」

膝から床に崩れ落ちながらも、ぐずぐずと詫びを渋るバイデンの頭上で、正義の怒りが炸裂する。頰を伝う涙を拭おうともせず、大統領は絶叫する。「土下座しろ、バイデン!」


biden dogeza.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 09:10| Comment(51) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月23日

(続)ジョーとカマラの喋くり漫才

♪チャカチャカチャンチャン

「ジョーで〜す」「カマラで〜す」「二人合わせて・・・」

カマラ「・・・ホワイトハウスは無理みたいやな」
ジョー「無理か?」
カ「全米で不正行為がバレとるもん」
ジ「・・・・・」
カ「ジュリアーニは宣誓供述書を仰山持ってはるし」
ジ「嫌なモン、持っとるなあ」
カ「ドミニオンのサーバーも差し抑えられてん」
ジ「そら、アカンな」
カ「あたしらの行き先は連邦刑務所かも知れん」
ジ「心配すな。知らぬ存ぜぬで貫き通すのや」
カ「証拠を突きつけられて、責められるんやで」
ジ「涎垂らして笑っとったらエエ」
カ「出来るか?」
ジ「出来る。ワシは正真正銘の痴呆症や(キリッ)」

ジ「云うとくけどな、大統領の椅子なんぞに未練はないで」
カ「さよか」
ジ「史上最大の不正投票組織の存在を認めている、このワシや」
カ「うっかり口を滑らせとったな」
ジ「いや、うっかりやない。真の正直者なのや」
カ「バカが付くけどな」
ジ「正直者の頭に神宿る」
カ「見放されとるがな」
ジ「桜の木を切ったワシントンはんは素直に謝罪したんや」
カ「選挙民を裏切ったバイデンはんも素直に謝罪するんやな」
ジ「せや。で、大統領になんねん」
カ「未練たっぷりやないかい」

カ「で、この先、どうなんのやろ」
ジ「議会がトランプさんの再選を決めますな」
カ「おっ、ソコまで覚悟しとんのかい」
ジ「当たり前や。トランプさんは立派なお方や」
カ「・・・・・」
ジ「公約を果たす実行力。国民を豊かに富ます指導力」
カ「・・・・・」
ジ「巧みな外交と内政。文句のつけようがあらへん」
カ「・・・・・」
ジ「トランプさんは米国史に輝く偉大な大統領や」
カ「ソコまで云うか?」
ジ「電気椅子が嫌なら、大統領の御慈悲にすがりつくのや」


biden harris manzai 2.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 10:55| Comment(57) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月13日

ジョーとカマラの喋くり漫才

♪チャカチャカチャンチャン

「ジョーで〜す」「カマラで〜す」「二人合わせて、ホワイトハウスや。うわはははははは」

カマラ「勝ちましたなあw」
ジョー「勝ちましたでェ」
カ「これであたしは副大統領様や」
ジ「うん?副大統領はワシやろ。あんたが大統領や」
カ「・・・・・?」
ジ「ワシは副大統領として、あんたを支えますで。オバマはん」
カ「誰と間違えとんねん。あたしはカマラや」
ジ「誰やソレ?知らんがな、そんなん。オカマか」
カ「失礼な!正真正銘のオンナや。史上初の女性副大統領や」
ジ「中年オトコが汚い女装して、よう云うわ」
カ「しばくで、ボケ爺い!」

カ「あんたの息子、何とかせいや。スキャンダルに肝冷やしたで」
ジ「すまんのう。親の心、子知らず云うてな」
カ「教育ちゅうモンは難しいけどな」
ジ「さすがにこの歳や。親がその気でも、息子が勃たん」
カ「下ネタかい!」
ジ「ハンターは若い頃のワシに似て、モテ過ぎるからいかん」
カ「何や、今度はモテ自慢か」
ジ「昔は選挙区でも事務所でも、女がワーワーキャーキャーと」
カ「黄色い声を上げてくれたんやな」
ジ「いや、助平なワシから逃げ回っとった」

カ「不正や詐欺やと騒いどりますな、トランプは」
ジ「あんなん、負け犬の遠吠えや」
カ「おっ、強気やないか」
ジ「ワシには米国政治史上最大の不正投票組織がついとるのや」
カ「ソレ、云うたらアカン奴や」
ジ「投票箱はワシらのモンやし、票の集計も操作出来るんやで」
カ「あんた、手ェが後ろに回るで」
ジ「いや、ワシは平気や。捕まっても罪にはならん」
カ「えらい自信やな」
ジ「痴呆症やからな。心神喪失を理由に不起訴か無罪や」
カ「腹黒いボケ老人やなあ」


biden harris manzai.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 09:00| Comment(91) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月09日

某国の謀略?

米大統領選は当方の予想に反する展開を見せた。トランプ氏の再選を祝うつもりで開票速報を追っていたら、終盤間際に突如劣勢に転じ、ついには早々にバイデン候補の勝利確定が報じられてしまう。

メディアの論調を思えば驚くには当たらない選挙結果だが、自らが思い描いた筋書きとあまりに違うので、呆気に取られて思考が停止した。ブログの更新がやや遅れたのはそのせいだ。

つらつら考えるに、トランプ氏は僅か1期でホワイトハウスを去るべき大統領ではない筈だ。自国をより強く、より安全に、より繁栄させるために類稀な指導力を発揮してきた。

大統領選に立候補時の公約を、愚直なまでに次々と実行した。オバマ政権によるダメージを修復して、米国の対外的な存在感を取り戻し、国内景気を回復させて巧みな経済運営に徹した。

故に信任が得られず、再選が阻まれる事自体、とても奇妙な現象なのだ。陰謀論を語るつもりはないが、何者かの卑劣な謀略により不当に陥れられたのではないか?と疑るのは自然だろう。

例えば、不法な情報窃取行為で国際社会の反発を買い、米国と鋭く対峙したがため、独裁政権崩壊の危機を迎えた某国なら、スパイ活動でトランプ氏の失脚を図ったとて不思議はない。

周知の通り、何の躊躇いもなく嘘をつくお国柄だ。稼ぎに稼いだ莫大な外貨で投じて、世界のメディアを操縦する力を得た以上、虚報の拡散で、トランプ憎しの世論をでっち上げるなど朝飯前だ。

2020年の選挙を念頭に危険なウイルスを地球規模でバラ撒き、米国人の罹患者を爆発的に増やして社会不安を惹き起こした。ロックダウンや外出自粛規制で、順調だった米国経済を痛めつけた。

一方で、工作員に「分断と格差」を声高に論じさせ、米国内の右派と左派の対立を煽り、あるいは歴史的に根深い人種問題を持ち出して社会を混乱させつつ、各地で暴動を煽動させた。

全てはトランプ大統領の権威と信用を失墜させるためだ。氏の再選を阻止し、その後釜に認知症の老人を据えて、傀儡として思いのままに操るためだ。

トドメは堂々たる不正選挙か。米選挙管理制度の不備や感染対策と称した郵便投票を悪用して、票の仕分けや計数作業を操作すれば、某国の悲願、即ち打倒トランプが実現する。


xi paints it blue.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 06:15| Comment(52) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月30日

吸血鬼バイデン、ヤバイデン

クリスマスを日本に定着させ、敗戦国をキリスト教化する進駐軍の試みは半分しか成功しなかった。電飾で飾る樅の木やサンタのプレゼントこそ日本社会に浸透したが、宗教性は消滅した。

何事も柔軟に受容するわが国だが、異国の宗教は排除する。仮に受け入れれば、日本流に改変し再構築する。神仏習合はその典型で、お釈迦様もびっくり仰天の日本型仏教と化した。

ハロウィンも同様で、導入時点で宗教性はバッサリ斬り捨てた。仮装行列に繰り出す若者達は、その昔、収穫期に先祖の霊を迎え、感謝の祈りを捧げた宗教儀式が起源とは知らないだろう。

霊魂の里帰りは教理に反すると、古典的な祭事を弾圧したローマ教会の横暴さは想像も出来ないか。死ねば必ず天国か地獄に行くから、蘇る死者は悪霊か妖怪と決めつけるのがキリスト教だ。

そして、ソレならソレで結構だと開き直り、ゾンビ、吸血鬼、魔女、幽霊など魑魅魍魎の装いで馬鹿騒ぎをするあたり、抑圧された民衆の意地と知れば、より仮装に身が入るに違いない。

ハロウインの土着宗教あるいは伝統文化的側面を尊重するなら、キティちゃんやバカボンのパパに扮するのは筋違いだ。超ミニのナース姿は個人的に大好きだが、コレも論外ではある。

カワイイ子のエロいコスプレは諸手を挙げて歓迎するが、あくまでも奇怪で不気味な扮装に徹して欲しい。伝統に則り、地獄や墓場を想起させる悪のオーラを放って欲しい。

さて、ハロウィンのイラストは過去に幾つも作画してきたが、登場させたのはオザーさんや枝野クンなど民主党系の反日議員ばかり。理由は、悪霊まがいの凶悪な人相が似合うからだ。

但し、今回は大統領選直前でもあり、趣を変えて、日本ではなくアメリカの民主党議員を題材にしてみた。


biden vampireのコピー.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 14:14| Comment(151) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月23日

将軍、決戦を制す

天下分け目の戦い、その火蓋が切られて僅か一刻余り。夜明け前から平野を覆っていた濃霧が薄れるや、自軍が敵軍を圧倒する戦場が眼前に現れた。

土煙の中、旗挿物を翻して、じりじりと前線を押し上げる我が共和軍の勢いを見よ。傷付き倒れ混乱し、武器も馬も軍旗も戦意も失い、ひたすら敗走する敵勢力と好対照を為す。

瓦版が「優勢」と予想した民主軍が驚くほど脆い。陣幕内中央に座り、戦況に目を凝らす都蘭府将軍の頬が緩む。憎きボケ老人め、さぞや慌てふためき、腰を抜かしているだろう。

前線から駆け戻った伝令が、膝をつき吉報を伝える。「お屋形様に申し上げます。梅伝大将がご次男、藩太氏が潰走中、地元の土民に首を刈り取られた由にござりまする」

「さもあろう」将軍は鷹揚に頷く。梅伝藩太なら、唐国や烏克蘭から多額の賄賂を得てきた確証がある。その上、児童への性的暴行も噂される人非人だ。民草から恨まれて当然。

別の伝令が進み出て、声高らかに報告する。「黒い命が何とやらと喚き、放火や略奪を働く輩どもは、我が軍に恐れを為して全員逐電した由にござりまする」

「よかろう」将軍は再び頷く。卑賎な僧兵や暴徒が刀を投げ捨て我先に逃げる姿が、遠目に見える。テニスラケットを投げ捨て最後尾を走るアレは、黒覆面の女子選手か。

参謀が都蘭府将軍に駆け寄り、更なる吉報を伝える。「敵副将が討死致した由にこざりまする。桑港出身で釜羅と申す強者が倒れた以上、加州が我が方の手中に落ちるは必定かと」

「何?デカマラ?敵の副将は然程に己が逸物を誇るのか?」大御所の勘違いに気付いた参謀が慌てて訂正する。「いやいやいや、姓は針酢、名は釜羅。かの武将は女性にござりまする」

「女子でござったか?して、逸物自慢とは面妖な・・・」、腑に落ちぬ表情で首を捻る。「さては今様のLGB何とかであろう。う〜む、コレも乱世ゆえか・・・」

無駄な思案にふけるところに、「お屋形様!」と叫びながら現れたのは辺洲副将だ。普段は静かな武人だが、顔面を朱に染めて興奮の様子が隠せない。将軍が尋ねる。「おお、如何致した?」


trump in sekigahara.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 09:03| Comment(52) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月09日

スーパートランプが勝利する!

米大統領候補のTV討論会は面白いショーだ。非難と批判の応酬は言葉による格闘技で、両候補が持論をぶつけ合う姿は、もつれ合いながら殴り合うボクシングにも似る。

昨日(現地時間、7日夜)放送の副大統領候補討論会も楽しめた。トランプ・バイデン 戦の前座試合のようではあれ、ペンス・ハリス両氏ががっぷり四つに組む姿は見応えがあった。

但し、レフェリー役を務める司会者の偏向ぶりにはウンザリした。前週同様、共和党候補のスピーチを遮って話の腰を折り、民主党候補にポイントを稼がせようとの魂胆が丸見えだった。

共和党に厳しく民主党に優しいのがメディアの常とは云え、バイデン&ハリス組を露骨に贔屓するディベートの演出は醜い。トランプ&ペンス組に対する差別的な扱いが目に余る。

加えて討論会終了後、メディア各社が「民主党陣営優勢」と大々的に報じるのだから、政治的公平さなど微塵もない。本邦マスゴミもソレに倣い、切り貼り報道でトランプ陣営をこき下ろす。

ゆえに結構多くの日本国民が米民主党の政権奪取を予想するようだが、フェイクニュースに騙されてはいけない。当ブログ主は、トランプ大統領の再選勝利を固く信じる。理由は三つある。

一つ目、2016年大統領選立候補時の殆ど全ての公約を実現した行動力・指導力の素晴らしさだ。有言実行の人こそが信用を勝ち得るのは、洋の東西を問わない。公約は膏薬じゃないのだ。

二つ目、就任以降の4年間で、米国は国際社会における存在感を増し、景気が上向き、雇用が改善した。コロナ禍は経済は疲弊させたが、元凶はウイルスを意図的に拡散した中共だと誰もが知る。

三つ目、戦うことは美しく、強いことこそ正義とするアメリカの美学だ。開拓者精神の表れか、進んで困難に挑戦し自力で逆境を跳ね返し、勝利する者こそが称賛され、尊敬されるのだ。

悪の帝国たる中共と、あるいはBLMやANTIFAなどテロ集団による暴動やフェイクメディアの人格攻撃と戦う。勝ち抜いて、全米国民を幸福にせんと使命感に燃える男。よっ、大統領!

武漢肺炎感染後も僅か数日で健康を取り戻し、専用ヘリでホワイトハウスに帰還したトランプ氏の姿は、まさに英雄だった。全米を感動で泣かせたスーパーヒーローが、選挙で負ける筈がない。


super trump.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 09:22| Comment(33) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月12日

あしたのジョーバイデン

前エントリの都知事選に続き、選挙の話だ。米大統領選は、現職のトランプ氏が圧倒的に有利と目されていたが、ここに来て、民主党のバイデン候補が優勢とあちらこちらで聞く。

現地メディアの調査によれば、支持率でバイデン氏がトランプ氏を抜き去ったとか。コロナ禍の疲弊やBLMの暴動により社会不安が増幅し、現政権への不満が増幅しているからと、解説が付く。

もっとも、支持率ごときはTVや新聞が恣意的に操作出来るし、発信元が支那ニュース網と揶揄されるCNNあたりじゃ、報道を鵜呑みには出来ない。単純に、悪質なフェイクかも知れない。

中共の影響下にあるマスゴミ各社が共和党をこき下ろし、民主党を持ち上げるのは、いつもの事だし、選挙も間近となれば、普段より偏向報道に力が入っても驚くには当たらない。

思い出すのは4年前の大統領選だ。投票当日でさえ、民主党候補の勝利を予想していた報道陣がどれだけ多かったか。想定外の惨敗に、クリントン女史がにわかに発狂したとの噂は事実だろう。

選挙の予想を外すのは、報道各社やジャーナリストにとっての赤っ恥かと思うが、そうでもないらしい。神経の図太い連中ゆえ、負けた途端に勝者側の「不正投票」を論じたりもするw

いずれにせよ、マスゴミは当面、バイデン候補押しに徹する筈だ。そして、トランプ大統領は再選を阻まれ、現政権の外交政策は頓挫する、あるいは変質するとの予想を執拗に繰り返す。

ソレこそが中共政府の願望であると同時に、トランプ政権と同調して対中強硬路線に走るなよ、との意味合いで、アメリカの同盟国への牽制になるからだ。

こう考えると、現在一時的に脚光を浴びるバイデン候補も哀れな存在ではある。中共のメディア戦略上の手駒として、勝てる見込みもないのに、現役チャンピオンと一戦を交えるのだ。

リング上で滅多打ちにされ、幾度も幾度もマットに沈み、判定負けを喰らう。あしたのジョー・バイデンは呟くだろう。「燃えたよ、燃え尽きた、真っ白にな・・・」


ashitano joe biden.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 15:31| Comment(89) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする