2020年02月07日

破った原稿、敗れた民主党

おぞましい光景をニュースで見た。数日前、米連邦議会でトランプ大統領が年初恒例の一般教書演説を終えた途端、ペロシ下院議長が、貰ったスピーチ原稿のコピーをビリビリと破り捨てたのだ。

大ベテランの民主党議員にして、女性初の米下院議長を務める強者だ。大統領の自画自賛に我慢ならぬとの気持ちは分からないじゃない。実際、演説を聴く彼女の表情は石のように固かった。

しかし、政界の重鎮が連邦議会の場で、これ程下卑た振る舞いをするものだろうか。自国の元首に対し敬意も払わず、礼節もわきまえず、己の不満を爆発させるペロシ氏の姿にショックを受けた。

連日、国会で野党連中のイチャモンに晒されるわが国の首相と、米国大統領は立場が違う。議会出席権を持たぬ身だからこそ、年のはじめにのみ、国政の総括と方針を全上下院議員に口頭で伝える。

所属政党が異なろうと、演説に賛同できなかろうと、議員として守るべき最低限のマナーやルールはある。大統領を招いた議会側代表者の一人として、議場で高い席に座る人物なら尚更だ。

ペロシ氏は、最左翼と評されるカリフォルニア州サンフランシスコ地区の選出議員ゆえ、リベラルな選挙民のウケを狙い、敢えてTV目線で乱暴なシーンを演じたか。

あるいは、ウクライナ疑惑に関連し、自らが主導した大統領に対する弾劾訴追決議が、上院で無罪評決となることが確実と分かり、ああでもしないと格好がつかなかったかw

ペロシ氏は若い頃、口達者な美人議員として人気者だった。現在、79歳にして尚、元気な部類ではあれ、無理に若造りした高齢女性が、ヒステリックに原稿を破る姿は本当に恐ろしい。


trump and pelosi.jpg


それにしても、民主党の支持者は、大統領に対する下院議長の非礼を称賛するのだろうか?幾ら何でもやり過ぎだろと、良識の欠如を非難する声を上げないのか?

仮に彼らが日本の「アベガ〜ッ!」族同様、大統領を徒に侮蔑し、意味不明な罵詈雑言を浴びせる「トランプガ〜ッ!」族であれば、民主党の党勢衰退は避けようがない。

理由は云うまでもないだろう。己の能力や努力の不足を棚に上げ、ひたすら国の権力者を憎み、口汚く罵る連中に対して、中道的な一般市民は共感も理解もせず、拒否反応を示すからだ。

実際、今秋の大統領選を睨み、トランプ氏再選を果たすべく着実な選挙運動を進める共和党に対し、民主党は候補者選びの段階で迷走する体たらくで、有力な対抗馬が存在しない。

緒戦のアイオワ州党員集会における得票は、ブティジェッジ氏なる38歳の新人をトップに、社会主義者のサンダース上院議員、ウォーレン上院議員、バイデン前副大統領と続き、大混戦だった。

支那ネットワークと揶揄されるCNNなど、反トランプ陣営のメディア情報を元に、民主党寄りの報道に徹する本邦マスゴミの希望的観測は、あっさり打ち砕かれるだろう。

トランプ氏は必ずや再選を果たす。ペロシ氏のスピーチ原稿破りは「民主党敗れたり」を象徴する愚行として、しっかり記憶しておこう。11月の大統領選が楽しみだ。




posted by yohkan at 08:26| Comment(52) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Yohkanさん、

いやいや、この話題はとてもタイムリーですし、今年はトランプ大統領再選が良くも悪くもアメリカの一大関心事ですから、ビックリ仰天の画像でしたね!

トランプ再選は元来からある勝利は間違いないし、私もトランプ応援派ですから、嬉しい結果です!

それにしてもN.ペロシの原稿破りはアメリカ合衆国大統領への冒涜のなにものでもありません!

彼女は弾劾が無理だというのは知っていましたが、A,シフとかもう一人の強硬派委員長が兎に角、トランプ嫌いなのでそれに乗せられた感はありましたが、それにしてもこの行為は長く、彼女の議員生活の汚点として語り継がれるでしょうね!

日本の嘘つきメディアが今後報道内容に困るのは大歓迎です!
民主党ってどこも碌でもないことが判明しました!


Posted by tropicasso at 2020年02月07日 11:12
こんにちは。

予告通りのペロシさんの蛮行ネタですな。
このおばはん、79歳ですか!
60代くらいかと思いきや、トランプさんよりずっと年長の、えらい大年増でした(笑)
しかしねえ、どの党派が勝っても、負けた方は多数決の結果に従うってのが、民主主義の基本原則原理じゃなかったんですかねえ?
御本尊の米国がこれでは、yohkanさん書かれたように、民主党の衰退というか、良識の欠如は隠せませんな。
チビの安住もこれにあやかって、「クズ」「出入禁止」「0点」とか朱書した新聞を、国会内でビリビリに破るパフォーマンスでもやれば、お友達の朝日新聞やTBSくらいは、「日本でも横暴な権力者へ正義の鉄槌!」とか書いてくれるかも(笑)
安住は阿呆だから、間違えて朝日新聞を破っちまうかも(笑)
Posted by 三助 at 2020年02月07日 11:17
yohkan様、こんにちは。

この様子は私もテレビで見ました。また、ヨーロッパの「トランプ嫌い」のマスゴミも取り上げていましたね。

今までアメリカ議会では、政策の違いがあっても自国の大統領には敬意を払うのが当たり前だったと思います。

それだけ民主党の劣化が進んでいるのでしょう。それよりもひどいのは、日本の旧民主党議員。テレビ中継があると、目立とうとしてウソの連発。国民が期待して言いない「桜を見る会」の話題だけ。

今、国会で議論して欲しいのは、コロナウイルス感染者が世界で2番目に多いのが我が国。このまま絵をこまねいていると、日本が感染指定国にする国が増えてくる可能性があります。

とくに腹が立ったのはホテル三日月に対する意味不明の批判。

そのための対策を与野党を問わず、議論してほしいものです。実際、現場で対応に当たっている公務員の皆さんも疲労が蓄積しているようで、今後、増える経過観察対象者をどのようにフォローするかを議論すべきです。

話題が逸れて失礼しましたが、政府も含めて危機感が弱すぎる気がします。

Posted by ブリンデン at 2020年02月07日 11:57
To trppicassoさん

確かに、どこでも民主党ってのは禄でもありませんねw

日本のマスゴミは絶対にそう云いませんが、トランプ大統領&共和党が米国民の信頼を得ているのは事実でしょう。就任後の業績も立派ですし、再選は確実。方や、民主党は迷走の感が強いですね。

今回の原稿破りはペロシさんの議員生活の汚点であることは間違いないですね。但し、ツイッターなんぞを見る限り、米民主党支持者から、大統領への欠礼への非難は聞こえてきません。むしろ「よくやった」なんて声ばかり。呆れてしまいます。


Posted by yohkan at 2020年02月07日 12:45
To 三助さん

大変な大年増ですよね。ヒルアロン酸でも打ちまくったか、顔は昔と変わりませんが、議場を去る時の歩く姿なんか、随分歳とったなと思わざるを得ません。

>どの党派が勝っても、負けた方は多数決の結果に従うってのが、民主主義の基本原則原理じゃなかったんですかねえ?

長年、大統領選では勝っても負けても相手を称え合う、と云う印象でしたが、近年は様相が変わりましたね。相手に「悪」のレッテルを貼って人格攻撃を繰り返すあたり、民主党の反共和党宣伝は常軌を逸しています。

> 安住は阿呆だから、間違えて朝日新聞を破っちまうかも(笑)

うわはははは。師匠、冴えてますね!(笑)

反自民、反安倍政権は何をしようと「正義の鉄槌」として褒めてもらえますからねえ。マスゴミに登場したいチビッコ安積クンなら、ホントに国会で新聞を破いちゃうかも知れませんよw

Posted by yohkan at 2020年02月07日 12:56
To ブリンデンさん

悪の権化みたいな独裁者がいる国もあるけれど、国家元首に対しては、国の内外共に、ソレなりの敬意を表すのは大人の常識であり良識です。仮に習近平を招くのであれば、嫌でも、国賓として扱わざるを得ない。

大統領への敬意は、個人に対してと云うより、米国の国家や制度に対して示すモノ。下院議長ともあろう人物の原稿破りには仰天しました。仰る通り、民主党の劣化に他なりません。

> とくに腹が立ったのはホテル三日月に対する意味不明の批判。

無意味な政府批判ですよね。政府の感染症対策に関しては、野党から何ら提言なく(武漢からの帰国に際し、空路の運賃を国が払ってのは聞きましたが)、ひたすらイチャモンをつけるのを見て、腹が立ちます。ああ云う連中それぞれに、投票する選挙民が何万人もいるのかと思うと、うんざりします。

Posted by yohkan at 2020年02月07日 13:06
yohkanさん、

Update ご苦労様です。

三時半にカミサンが私の仕事部屋に「チーズ・ケーキ」を差し入れしてくれたので、
「LOSER ペロシさん」の顔を楽しみながら読みました。

> スピーチ原稿のコピーをビリビリと破り捨てたのだ。

昨夜は、これを見た瞬間、トランプさんの勝利だと思いましたよ。


Posted by seesaa1824 at 2020年02月07日 16:31
To seesaa1824さん

おやつはチーズケーキでしたか。優しい奥様ですね。ペロシさんの顔が鬼に見えますでしょ。

>これを見た瞬間、トランプさんの勝利だと思いましたよ。

あたしもピッと、そう感じました。で、このエントリとなったんです。
Posted by yohkan at 2020年02月07日 17:24
>ヒルアロン酸でも打ちまくったか

デビ夫人と、ヒアルロン酸入り商品の通販CMにでも出演依頼でも来るんじゃないですか(笑)

デビ「あ〜ら、奥様、ほんとうに79歳! 59歳くらいにしか見えませんことよ!」

ペロちゃん「いやですわ、ミセス・デビこそお若くていらっしゃりますわ」

デ「何か秘訣でもあるのかしら?」

ぺ「誰にも話したことないんですけど、DHCが新たに開発したこの商品をトライしてみただけですのよ。夫人は何か特別なことは?」

デ「あたしはもっぱら朝鮮民主主義人民共和国産の高麗人参のみですわ。ほっほっほ」

バカ売れ間違いなし!
Posted by 三助 at 2020年02月07日 18:53
Yohkanさま。みなさま。

ほう、ヒアルロン酸と高麗人参、そんなに効果がありますか。(^^♪
では、悩めるわが伴侶にも、勧めて見なくてはですかね。(笑)

まあ、トランプさん、がんばってますよね。(^^♪しっかし、どこの国でも、マスゴミになっちゃうって、これもシナマネーの威力なのかしらん。
それにしても、シナポチWHOに、1000万ドルの拠出金を我が国が払うって。マジかよ〜。教祖さま、ほんとですかぁ???
Posted by まさじい。 at 2020年02月07日 20:42
To 三助さん

>デ「あたしはもっぱら朝鮮民主主義人民共和国産の高麗人参のみですわ。ほっほっほ」

ギャハハハハ、三助師匠、冴えてますね。冴えまくってます。怖いですw

ペロシ下院議長のヒルアロン酸まみれの顔つきで、デビ夫人とのCMを思いつくなんて!その発想があれば、このブログももうちょいと人気が出るんですけどねえ・・・。師匠、あたしをお見捨てなきよう願います。

Posted by yohkan at 2020年02月07日 20:57
To まさじい。さん

ヒアルロン酸と高麗人参が話題になるって、高齢者ブログならではですね〜w って、あれ???よく読んだら「ヒアルロン酸」か。今の今まで「ヒルアロン酸」だと思ってました!恥ずかしい〜!!

>それにしても、シナポチWHOに、1000万ドルの拠出金を我が国が払うって。マジかよ〜。教祖さま、ほんとですかぁ???

馬鹿政治家と木端役人が主導する金満国家のわが国、たかが10億円くらいの拠出金など、ドブに捨てたって屁とも思わない(キリッ)。ニッポンからは幾らでも毟れると、国際社会で笑われてますよね〜

でも、コレはきっと、安倍流「高等戦術」に違いない。シナマネーの威力で世界を牛耳る中共を凌ぐ、素晴らしい日本円活用大作戦なのです。われわれ信者は教祖様が世界をお救いになるお姿を、ひたすら手を合わせて拝もうではありませんか!

Posted by yohkan at 2020年02月07日 21:11
>日本の旧民主党議員
>国民が期待していない「桜を見る会」の話題だけ。

こんなイチャモンも。
https://news.livedoor.com/article/detail/17776255/

金八こと武田鉄矢は自分の奥さんのエピソード話したに過ぎないのに何で「差別」だの「時代錯誤」だの言うのかな?

蓮舫もこんなことに突っ込むな!
キンペー擁護したいからって。

------------------
ペロシ議長の態度、度肝を抜きましたね。
ここまで感情露にした議員見たことない。

集計もトラブってこりゃ、トランプ再選でしょう。





Posted by hirotaku-72 at 2020年02月07日 22:36
To hirotaka-72さん

ご紹介の記事を読みました。武田鉄矢さんが結婚時に姓変更を指して「女の覚悟の問題」と語ったら、蓮舫が文句を付けたのですね。世の中の大抵の日本人は武田さんと同じように考えているだろうし、発言に問題ありとも思えません。

う〜む、夫婦別姓を主張するパヨク連中は、なぜ、こんなイチャモンをつけるのかしらん??そもそも別姓を認めたとして、ソレで誰が得するんだろ?・・・謎です。

> 集計もトラブってこりゃ、トランプ再選でしょう。

アイオワ州の予備選で、ゲイを告白した若い市長さんがトップに躍り出たので、民主党の幹部が大慌てしたんでしょうね。おい、集計のやり直しで、バイデンの票をもうちょっと増やせないか、みたいな騒ぎになったものと察しますw

民主党の重鎮たるペロシ女史がヒステリーを起こすのも、まあ、無理はないのかも(笑)

Posted by yohkan at 2020年02月08日 09:06
yohkanさん、hiritaku-72さん、

おはよう御座います。

hirotaku-72さんの、

> 金八こと武田鉄矢は自分の奥さんのエピソード話したに過ぎないのに何で「差別」だの「時代錯誤」だの言うのかな?

> 蓮舫もこんなことに突っ込むな!
キンペー擁護したいからって。

hirotaku-72さんのご主旨と、全然関係ありませんが、武田鉄矢さん、ゴルフ好きなのか、昔、私もゴルフを楽しんでいた頃、車で15分くらいのTBS緑山スタジオ近くの(敷地内だったかも?)ゴルフ練習場で、晩ご飯の後、よく行ってました。

ある夜、練習打席が、武田さんと隣り合わせになり、目が合った際、今晩は、お上手ですね?と、声を掛けたら、あの何時ものナイスなニコニコ笑顔で「有り難うございます」と、返事をくれました。いい男だなぁって、思いましたよ。

その後、数ヶ月後に、確か彼がプロゴルファーを目指す映画が上映されました。映画館には行きませんでしたが、テレビで見ました。なかなか面白い映画でした。題名忘れました。このブログに集まる皆さんの中で、この映画を観た方もいらっしゃると思います。
Posted by seesaa1824 at 2020年02月08日 11:21
こんにちは。

>悩めるわが伴侶にも、勧めて見なくてはですかね。(笑)

是非、第2のデビ、ペロちゃんをお目指し下さいませ。

yohkanさん、くだらぬヒアルロン酸ネタで、高尚な内容で知られる当ブログのお目を汚しましたこと、猛省いたします。
では付録です。

愛国画報特別付録相撲部通信第151号

★今1月場所は歴史的な大混戦場所★
今号は、だいぶマニアックなデータをいじった内容になりますので、その辺お含みおきの上、お読みください。

幕尻の徳勝龍の優勝で終えた1月場所ですが、数字の上からも、未曾有の大混戦下剋上場所だったことがわかります。
データは全て1970年以来の50年ほどのものになります。

横綱大関全員の勝敗(勝率)から
勝率ワースト( )内は優勝者
1.20年1月(前頭17 徳勝龍)18勝21敗・462
2.92年5月(関脇 曙)     9勝10敗・474
3.01年9月(前頭2 琴光喜) 26勝27敗・491
4.19年9月(関脇 御嶽海)  20勝20敗・500
5.75年7月(小結 金剛)   17勝17敗・500
6.19年1月(関脇 玉鷲)   30勝29敗・508
※50年間で5割を切ったのは3場所のみ

小結・関脇も含めた三役以上の勝敗(勝率)から
勝率ワースト( )内は優勝者
1.20年1月(前頭17 徳勝龍)46勝53敗・465
2.92年11月(大関 曙)   64勝64敗・500
3.01年9月(前頭2 琴光喜) 57勝56敗・504
4.05年3月(横綱 朝青龍)  61勝59敗・508
5.18年1月(前頭3 栃ノ心) 57勝54敗・514
※50年間で初めて三役以上の上位陣で5割を切りました

2つの表から、ここ50年間で、横綱大関陣、小結関脇も含めた総上位陣のどちらも負け越したのは、今1月場所が唯一で初めて。
つまり、今場所は、横綱大関も酷かったけど、小結関脇も勝ち越したのは朝乃山のみで、千秋楽まで優勝争いを演じたのも、平幕の正代という惨状だったわけです。
横綱大関陣の勝率ワースト6に、ここ1年のうち3場所(昨年1,9月と今1月)が入ってくるとは、いかに現状の上位陣が不安定かを明確に示していると言えるでしょう。
その9月と今1月の間の11月場所は、白鵬優勝で、数字自体は持ち直しておりましたが、実態は鶴竜、豪栄道、高安が休場し、貴景勝も9勝6敗と、全く芳しいものではありませんでした。
表に2つある92年の曙優勝の場所がありますが、この時期、前年の91年から、千代の富士、大乃国、旭富士、北勝海の4横綱が次々に引退し、横綱不在となった年。
今年から来年にかけて、92年のような混乱混戦に拍車がかかり、しばらくは徳勝龍のように大穴の優勝が見られるかもしれませんので、プリ遠にもまだまだチャンスはある!

個人的には、75年7月の平幕金剛の初優勝の印象が強く残ります。
二所ノ関親方死去に二所勢が総奮起し、上位陣がボロボロになった場所でもありました。

Copyright:愛国画報本舗
Posted by 三助 at 2020年02月08日 11:26
c/o yohkanさん、

三助さん、おはよう御座います。

愛国画報特別付録相撲部通信第151号

いつもながら濃い内容の情報を楽しく拝読致しました。ペーストして、三助師匠レポート・ブックに保存しました。

確か初場所直前の頃だったと記憶してますが、三助さんが仰ったとおり確実に新旧交代の時を迎えているのですね?

> 幕尻の徳勝龍の優勝で終えた1月場所ですが、数字の上からも、未曾有の大混戦下剋上場所だったことがわかります。

これには、吃驚でした。
Posted by seesaa1824 at 2020年02月08日 12:01
To seesaa1824さん

>プロゴルファーを目指す映画

「プロゴルファー織部金次郎」シリーズですね。
主演の武田鉄矢さん原作で高井研一郎氏の作画で漫画誌に連載され、1993年から98年まで5作公開されました。

武田鉄矢さんの映画での代表作の一つですね。

私は見てはいませんが、ゴルフ好きの父と亡き弟が見ていました。


To 三助さん

令和2年の初場所は稀にみる下克上場所でしたか。
幕尻力士が優勝するのも頷けます。

豪栄道関が引退表明しましたし、改元とともに大相撲も新時代到来の予感ですね。

Posted by hirotaku-72 at 2020年02月08日 13:40
To seesaa1824さん

ほほう、武田鉄矢さんと一緒にゴルフの練習をされましたか。いい男だなあ、って分かりますよ。人の良さそうな方ですものね。人柄はTVや映画の画面を通じても、伝わるものですね。

>数ヶ月後に、確か彼がプロゴルファーを目指す映画が上映されました。

ってことは役作りのゴルフ練習だったのですね。へ〜、どんな映画でしょう?

気づけば、俳優としての武田さんは寅さん映画でしか見たことないです。だから、いつまで経っても、フォークソングブームの時代に歌手だったイメージのままです。

Posted by yohkan at 2020年02月08日 14:48
To 三助さん

いえいえいえ、お目汚しなどと勿体無いお言葉です。師匠のギャグ炸裂にコメント欄を見るのが楽しくて、楽しくてw

さて、相撲部通信の最新号、ありがとうございます。今年の初場所は、まさに「未曾有の大混戦下剋上場所」だったんだなあと感じ入りました。こうして勝率を数字で示して頂くと、実に分かり易いですね。

>ここ50年間で、横綱大関陣、小結関脇も含めた総上位陣のどちらも負け越したのは、今1月場所が唯一で初めて。

つまり、普通はああ云う展開って、あり得ないと。われわれはラッキーにも(?)、珍しい場所を経験したのですね。確かに上位陣が揃いも揃って負け越すなんて、記憶がありません。

だからこそ、徳勝龍みたいな幕尻にもマグレ的な優勝の目が出てくるのですね。で、プリ遠にもチャンスありですか。徳勝龍レベルと一緒にしちゃ、遠藤が可哀想にも思えますが、相手は優勝力士だから文句も言えませんね(笑)

金剛、覚えてますよ。ユニークな力士で、いろいろ面白いコト言ってましたよねw。優勝はしたものの、直後に引退したんじゃなかったでしたっけ?

Posted by yohkan at 2020年02月08日 15:06
To hirotaku-72さん

seesaa1824さんが語られたのは、「プロゴルファー織部金次郎」シリーズでしたか。映画の題名はどこかで聞いたことがあります。お父上と弟さんはゴルフがお好きだったのですね。

> 改元とともに大相撲も新時代到来の予感ですね。

若手がどんどん活躍してくれると楽しいですね。


Posted by yohkan at 2020年02月08日 15:08
c/o yohkanさん

hirotaku - 72さん、

> 「プロゴルファー織部金次郎」シリーズですね。

全作のご紹介有難う御座います。全作は観てません。お父上と亡くなった弟さんが、このシリーズを見ていたのですね。そのうち録画を探してみます。

ところで、hirotaku72さんは、ご旅行、それも、私にとっては、いつか行ってみたいと羨むくらいの所に行かれてましたよね? 最近は如何ですか?
Posted by seesaa1824 at 2020年02月08日 16:01
yohkanさん、seesaa1824さん、hirotaku-72さん、いつもご愛読ありがとうございます。

1月場所は、大混戦だったことは誰が見てもわかるんですが、過去の長い相撲史上ではどういった位置づけになるんだろう?
こんな場所はあったんだろうか?と思ったんですね。
真っ先に浮かんだのが、75年7月の金剛初優勝の大混戦場所。
ところが、その数値も遥かに上回る上位総崩れの場所が、今場所だったわけです。
50年さかのぼっても、これ以上の混戦場所はなく、それ以前にもあるかどうか。
しかも、ここ1年、玉鷲の初優勝以来、どんどんこの傾向が強まっていますので、世代交代待ったなしというのが、いよいよ本格化してきたということでしょう。
それに抗う白鵬、鶴竜という構図が、しばらく見所に一つとなるかもしれません。
無論、白鵬が全勝優勝して巻き返すこともあるでしょうけど、来月の3月場所は白鵬も35歳。
いくら不世出の大横綱とはいえ、長くは続かんでしょう。

>勝率を数字で示して頂くと、実に分かり易いですね。

ありがとうございます。やはり数字が一番納得しやすいですもんね。

>普通はああ云う展開って、あり得ないと

やはり、横綱が2人とも休場したら大関、大関が不振なら関脇小結がカバーするのが普通です。
それが、平幕どうしで千秋楽に賜杯を争うとは、なかなかありません。
8年前の旭天鵬の平幕優勝の際は、優勝決定戦で同じく平幕の栃煌山と争ったわけですが、この場所の大関横綱の勝率は・610、三役以上が・545と、そこまで崩れてはいません。
今場所、三役以上の勝率が5割を切ったということは、単純に考えて、平幕>三役以上の強さだったわけです(幕尻近い力士は十両との対戦もあるので、正確には言えませんが)。
よって、こんな場所は史上初だったんじゃないかなと(1970年以前はわかりませんが)。

>プリ遠にもチャンスありですか

当然です。ドン(と机を叩く音)
プリ遠は一度の優勝のチャンスではありません。
四つ相撲の神髄を究め、魁皇を凌ぐ名大関として、相撲史に残ることでしょう(と妄想)。
Posted by 三助 at 2020年02月08日 17:27
To seesaa1824さん

>ご旅行、いつか行ってみたいと羨むくらいの所に行かれてましたよね? 最近は如何ですか?

最近では昨年7月のアイルランドですね。
首都ダブリンはトリニティカレッジの図書館やパブ巡りで本場のギネスビールを堪能し、モハーの断崖などを見ましたが、アラン諸島は悪天候でのしけで断念したので次回アラン諸島宿泊の「倍返し」でリベンジしたいです。

ただ、現在新型コロナウイルス拡大の影響で支那どころか他国もツアー中止になりかねなくてGWが心配です。
昨年GWは喪中で自粛だったが今年も10連休なのでリベンジしたい矢先なだけに…。

1日も早く収まって欲しいです。

Posted by hirotaku-72 at 2020年02月08日 20:28
To 三助さん

あらら、ドンッと机を叩かれちゃいましたねw。プリ遠が大関?しかも、魁皇を凌ぎますか?ううむ、寡黙な魁皇も、無愛想な遠藤よりはずっと愛嬌がありましたよね〜

そもそも横綱モドキに過ぎない鶴竜は論外ですが、天才白鵬と云えども、今後、優勝を続けるのは無理でしょうね。年齢の壁にぶつかったとすれば、潔く身を引くのも横綱の務め。好成績を残した人だけに、汚い相撲で悪い印象を残して欲しくはないですね。白鵬ファンの一人としてそう思います。

へ〜、旭天鵬の平幕優勝は8年も前になりますか。ベテラン力士の努力と精進に土俵の神様が微笑んだ、素晴らしい場所でしたね。あの時、賜杯を争った栃煌山は現在も一応は幕内に残るものの、往年の迫力もなく、鳴かず飛ばず。人生いろいろですねえ。

> 単純に考えて、平幕>三役以上の強さだったわけです

ファンにとって面白い展開には違いないけど、それなら「番付」って何だよ、ってコトになっちゃいます。大阪場所に向け、取り敢えずは三役力士の奮起を望みます。

Posted by yohkan at 2020年02月08日 20:31
「分断」を加速させるのは誰?アメリカ下院議長の「引き裂き」で米国政治は混沌必至か

(抜粋)

米国政治に明るい渡瀬裕哉氏は最新著作の中で、トランプ再選の可能性は五分五分かやや不利と分析していましたが、民主党が過激な左派におもねる行動を続ける限り、この情勢は流動化していく可能性があります。

そんな米国の状況を見て、これはどこの国も変わらない、民主主義国家が直面する課題の1つなのだろうなと。

日本でもアメリカでも、「格差」や「分断」は大きなテーマの1つです。

そして左派政治家・有識者を中心に、「格差と分断を生み出しているのは、アベ政権(or トランプ)だ!」という、激しい批判が巻き起こります。

価値観が多様化され、資本主義が高度に発達した社会においては、かつてより格差や分断が顕在化されていることは確かでしょう。

しかしそれを拡大・再生産し、「飯のタネ」にしているのは果たして誰なのか。それこそが(左派を中心とした)メディアや学者、それに乗っかる政治家であると、同じく渡瀬氏は著作の中で喝破しています。

日本の国会でも相変わらず、予算委員会ではスキャンダル問題専門家のような野党議員が跋扈し、すべてを属人的な理由に押し付けて政権批判を続けています。

そのような過激・過剰な姿勢はますます世論を先鋭化させ、一部の支持者のみを囲い込み、価値観の分断は進むばかりではないでしょうか。

「多様性」を旗頭とする左派勢力こそが、相手の主張や政策にリスペクトを持たないというのは、なんとも皮肉な事態です。

他国でも生じたこうした現象や悪しき政治パフォーマンスを他山の石とし、我が国の国会ではできるだけ建設的で相手への敬意を持った議論が行われるよう、私自身も心がけていきたいと思います。
https://blogos.com/article/434643/

ワタセユウヤ
@yuyawatase
一般教書演説には、米兵に対する敬意が含まれていたが、それを破り捨てるのは決定的にマイナス。ペロシ下院議長が政治的にアホすぎる。大統領候補者というよりも弾劾にかまけた議会民主党のせいで、民主党は苦しくなるだろうなと

ペロシとかいうおばはんの愚行は、少なくとも米兵の大半は敵に回したな。

民主党にはとてもじゃないが国政を任せられないという印象を与えてしまったな。大失態だな。

何度でも言うが
「私は君の意見には賛成できない。だが、君が意見を述べる権利は守る」
これが本当のリベラルではないか?

格差ってどこにある?人の心にあると私は思っています。
人を見下すことをやめない限り、自分の弱さを認めることはできないんじゃないかと思います。
Posted by 黒猫 at 2020年02月08日 21:02
Yohkanさん、
三助師匠、

一寸、乗り遅れましたが、今回の相撲部通信の分析はとても面白いですね。流石師匠です(和歌の素養も素晴らしいです)!

誰が見ても初場所の混沌さはファンにとっては、逆な意味で最高に面白い番狂わせだったので大いに楽しめました。

つまり、非常に例外なことが起こったということですが、番付が力量の格付けですから普段は起こりえないですからね。

協会も意図して出来るシナリオではありませんが、それだけ三役下剋上の時代だと言えますね。

さて、誰が次期横綱に名乗りをあげるのでしょうかね?

Posted by tropicasso at 2020年02月08日 23:02
閑話休題:
新型肺炎の騒ぎの間にも、日韓関係はめでたく悪化の一途を辿ってま〜す
台湾も地味に感染者数が増加しつつあるという話
台湾の措置を絶賛して日本をdisってた女優さん、お元気ですか?
ヘタを打つと韓国やシンガポールみたいになるってよ

韓国外交長官「日本企業の資産の現金化、政府の介入は不可能」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200206-00000032-cnippou-kr

韓国外相が唐突に差し押さえた資産について、売却命令が出されても韓国政府は介入できないと予防線を張り始めた。早ければ2月、遅くとも3月という認識でいるが、近いうちに資産売却があるのは可能性大

肺炎騒ぎの間にも在韓米軍は無給休職の通知を出したし防衛費の交渉も次の日程が組まれていない。そういう中で韓国外相が唐突に資産売却に言及。
韓国も、日本との話し合いができていないのを口実に日本のせいにしてやらかすんじゃね?

ウイルスで経済が減速してるのに、報復合戦が始まったら韓国には致命的。日本はもう韓国に折れてやることはないし。

が、韓国は4月に総選挙を控えている。対日姿勢を強硬にしなければならない理由がある

日本がもう折れてやることはないという証左

韓日「造船業紛争」に日本が総力戦…首相官邸「100%勝てるように」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200206-00000033-cnippou-kr

国交省はトップがアレだから、文科省、厚労省と並んで信用できないから外務省と経産省が脇を固めるところに日本の本気度が伺える。つまり、日本は韓国との関係改善する気はさらさらないという意思表示。
外務省は河野前外相、茂木外相を経て正常化が進んだようだ。
チャーター機を率先して派遣したのも茂木外相だった。中国側のとの交渉が世界で最も早かった。その結果感染者数が増えているという皮肉な結果になったが…かといって武漢にいる日本人を見捨てるわけにはいかないし。苦労をして日本に帰国できるように取り計らったのに、検査を拒否する何様のヤツは中国に捨ててけ。それで死んだって自業自得だ。体力のない国は見捨てざるを得ないというのが現状だし。
Posted by 黒猫 at 2020年02月08日 23:30
c/o: yohkanさん

To hirotaku-72さん

御早う御座います。

> 最近では昨年7月のアイルランドですね。
首都ダブリンはトリニティカレッジの図書館やパブ巡りで本場のギネスビールを堪能し

良いですね? 羨ましいです。Danny Boyですね。

次回の旅報告を楽しみにしています。
Posted by seesaa1824 at 2020年02月09日 08:17
To 黒猫さん

選挙対策の反日運動に暴走する文政権など放っておくしかないですね。日本が折れてやる必要がないことは云うまでもありません。

でも、あそこまで経済がガタガタになって、それでも文ちゃん率いる一味に票が集まるとすれば、南鮮人が何を望んでいるのか謎ですね。やはり、北に吸収されるのが楽しみなのかしらん?

> 外務省は河野前外相、茂木外相を経て正常化が進んだようだ。
チャーター機を率先して派遣したのも茂木外相だった。

まさに大臣の指導力ですね。外務省の役人任せだったら、国は何もしないまま、武漢の在留邦人は放置されたことでしょう。

>「私は君の意見には賛成できない。だが、君が意見を述べる権利は守る」これが本当のリベラルではないか?

素晴らしい。その通りです。誰が何を云おうと自由だし、その権利がある。この原則を守りたいもんですが、中には反対意見に逆上し、相手の言論を封じようとするお馬鹿さん連中もいるんですよね。

自称リベラルが「ヘイト」のレッテル貼りで言論封殺を企てるなんて、まるでブラックジョーク。彼らの大半は共産主義者ゆえ、身勝手な情報統制を望むのも、分かるっちゃ、わかりますけどw

Posted by yohkan at 2020年02月09日 08:35
To hirotaku-72さん

アラン諸島へのご旅行を計画されているのですか。絶景の地らしいですね。

でも、武漢肺炎騒ぎが続けば、海外旅行に影響必至ですね。中国人の来訪者が激減した今こそ、われわれが国内旅行をする時かもしれません。

To seesaa1824さん

>良いですね? 羨ましいです。Danny Boyですね。

題名を聞き、懐かしいなあと思って、Celtic Women の ’Danny Boy’ を聴きました。名曲ですね。


Posted by yohkan at 2020年02月09日 08:40
To tropicassoさん

>さて、誰が次期横綱に名乗りをあげるのでしょうかね?

朝乃山あたりが名乗りを上げてくれると嬉しいんですけどねえ。さあ、どうなるか。
Posted by yohkan at 2020年02月09日 08:42
Yohkanさん、
三助師匠、

朝乃山は大関、横綱昇進の最有力候補だと同意見です!
それ以外は一寸見当たらないですよね。

貴景勝は大関止まりと見ますし、遠ちゃんも性格変えて前向きに明るくならないと大関は無理でしょうし、豊山も贔屓の竜電もまだまだですしね。

炎鵬は怪我なければひょっとして大関昇進までの挑戦はありますけど、さて?ですしね。

霧馬山も結構、良い力士ですね。

Posted by tropicasso at 2020年02月09日 10:48
Yohkanさん、連投です。

アイオワで38歳という超若手、ハーバード大卒、8か国語堪能のプティジェッジ氏が予想に反して一位になった一方、バイデンの大敗という好対照でしたね。

いくらなんでも左翼のサンダースやウォーレンが最終候補になることはないと思いますが、それにしても無名、金なしの彼が初戦を取るとは殆ど予想外でしたね。

将来は新しい風を待望する向きもあるでしょうが、現時点では経済・雇用状況絶好調でチャイナ対抗のトランプ大統領が再選されると思いますね。

大統領を好き嫌いで選んではいけませんね。仕事の結果が全てですよね。そういう意味でペロシ女史の国会内公然とした公文書破棄は問題ではないですかね?

トランプ再選は安倍教祖とも馬が合うので日本にもWinですし、こういう関係は大事にする方が断然得です(私は外人ですがトランプ支持しますけど、彼の元で仕事はしたくないかも)。

日本は共和党大統領時代の方が調子良いと思いますしね。

Posted by tropicasso at 2020年02月09日 11:23
こんにちは。

tropicassoさん、いつもご愛読ありがとうございます。

>逆な意味で最高に面白い番狂わせだったので大いに楽しめました

その通りですな。いつも光があまり当たらない力士も、取り上げてみると、どうしてどうして、なかなかの役者だったりしますよね。
でも、毎場所こうなると、yohkanさんもお書きの通り、じゃあ番付ってなんだよ?ともなってしまいますので、新旧交代は速やかに進み、朝乃山と遠藤の遠朝時代が来るよう祈ります。
炎鵬は、昨夕の「バースデー」というTBS系番組でも特集されてましたが、やはり慢性的に故障がちのようで、さすがに大関は厳しいのではないかなと。
ただ、彼は白鵬も評す通り、相撲勘や技のキレなどは天才だと思います。
体型の近い石浦とも、取り口は相当違いますし、石浦よりずっと柔軟で、動きにも格段の差が見えます。
その分、無理も重ねているのでしょう。
1月場所、序二段で全勝優勝した宇良に早く戻ってきてもらって、宇良と炎鵬の取組を見たいものですね。

次期大関は朝乃山に絞られてきましたが、横綱となるとわかりませんね。
白鵬をぶち倒した遠藤の相撲を思い起こしてください。
「ふっふふふふ、もうあんたの時代は終わったよ。おじさん」
と遠藤は自らを鼓舞するように土俵上で心の声を発したわけです。
炎鵬が焼き肉パワーなら、遠藤にも茶漬けがある!
う〜ん、やっぱり茶漬けではねえ(苦笑)

相撲部各位
本日日曜日
16:05〜 フジ系列地上波
大相撲トーナメントが放送されます。
琴欧州や高見盛なども出るOB戦もやるかもしれませんので、是非ご覧ください。
Posted by 三助 at 2020年02月09日 12:15
To tropicassoさん

就任後の内政・外交両面の実績と、国を纏める指導力から考えて、トランプさん以外に、チャンスはないでしょう。サンダースやウォーレン両氏のパヨクらしい主張を聞いていると、アメリカ国民の多くが支持する訳ないじゃん、て気がします。

ご指摘の通り、歴代の共和党大統領時代の方が、日米関係はうまく行くし、日本の国力もアップしてきましたよね。民主党大統領は日本イジメみたいな真似をする。ルーズベルト、トルーマンの時代は最悪でしたね。原爆まで落としやがって(怒)

クリントン時代も日本企業に対する訴訟の嵐でしたが、ブッシュジニアがわが国を救ってくれました。オバマさんは、意識的に中国の台頭を助長したのだから、あれも間接的な日本イジメだったと理解しとく方が良さそうですw

> 朝乃山は大関、横綱昇進の最有力候補だと同意見です!

嬉しいですね。ともに応援しようではありませんか!

霧馬山もいいですね。スピード出世しそうなオーラがありますよ。先場所、彼の土俵を見た時、さすがはご慧眼と三助師匠に対し頭が下がる思いでした。場所前に注目力士としてご推奨されてましたのでね。

Posted by yohkan at 2020年02月09日 12:41
中国の飼い犬WHOも国際的批判の激しさに折れたようだ
日米でWHOに札束ビンタもしたけど

安倍首相は以前から「感染症対策に地域的な空白を作ってはいけない。オブザーバーでもいいから台湾を参加させろ」と何度も主張していましたから。

WHO本部で開催された執行理事会=2月3日、スイス・ジュネーブ(共同)
世界保健機関(WHO)当局者は8日の記者会見で、新型コロナウイルスによる肺炎の治療法やワクチンについて話し合う11〜12日の会合に、台湾が参加すると明らかにした。台湾はWHO非加盟国で、中国の反対によりWHO総会へのオブザーバー参加も認められない状態がここ数年続いており、異例の対応となった。
(略)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200209-00000027-kyodonews-soci

政治に絡めて意地悪したのは中国で、加担したのがWHO
最低
事務局長の解任を求める署名には、台湾のWHO参加拒否の問題も含まれてるからね
30万人以上も賛同したから、さすがに批判回避に動いたんだろう
事務局長はこのままじゃ次期エチオピア大統領の座を狙う所じゃなくなるもんね(笑)

何にしても、札束で国際機関や各国の横面を叩いていた、中国外交の限界が見えたのは結構なことだ
世界にこんな災厄もたらした中国は何一つ世界に対して偉そうな口叩く権利はないんだよ!お黙り!!まず自分とこの国を何とかしろよ!
Posted by 黒猫 at 2020年02月09日 14:12
To 黒猫さん

結構なニュースですね、WHOの会合に台湾も参加することになりましたか。安倍総理の後押しが効いたんじゃないでしょうか。誇らしいですね。台湾の皆さんもお喜びでしょう。

逆に考えれば、また一歩、中共が追い詰められたのですね。うふふ

>世界にこんな災厄もたらした中国は何一つ世界に対して偉そうな口叩く権利はないんだよ!お黙り!!

その通り!中共が偉そうに振る舞うなんて、不快極まりない話です。まずはウイルス拡散の責任を取れ、と言いたいです。WHOを使った情報操作ごときで、責任逃れは出来ませんよ!

Posted by yohkan at 2020年02月09日 17:15
Yohkanさん、
三助師匠、

>本日日曜日
16:05〜 フジ系列地上波
大相撲トーナメントが放送されます。

えっ! これって今晩19時フジ系地上波ですよね?
これまで色々見逃してきたので今日は手帳に書いて万全の態勢で拝見しようと思ってます!

Posted by tropicasso at 2020年02月09日 17:54
Yohkanさん、

話題が違うので遠慮してました。

武漢肺炎の日本側の対応は間違いなく安倍総理が陣頭指揮しておられますよ!

加藤厚生相、赤羽公明国交相なんて全然機能していませよ!
本来、この二人が指揮権取って総理に速やかに対応策を上申するべきなのに、どう対応して良いか分からずダンマリを決め込んでいたは間違いないです! はい、

派閥推薦なんて碌でもない任用なんて止めるべきです。あくまで人物本位で何期でも務める制度に改めるべきです。当選回数?それなんじゃでしょう!

流石に茂木外相はタフネゴシエーターなので王毅外相を説き伏せてバス手配で帰国者を空港まで運ばせたりと大したもんです。

平時は誰でも総理は務まりますが、有事・緊急時には腹を括って国家国民の為に動ける強いリーダーシップを持っていない政治家は最初からお呼びでなりません!

民主的ではあるが、時代遅れ法治国家の日本で、係る健康安全保障危機に法律ギリギリを安倍総理の強い指揮権で差配しているのは見事ですね。

Posted by tropicasso at 2020年02月09日 18:05
餓鬼でもあるまいに、『曲がりなりにも一國の政に携はる人間が餓鬼の如きパープリンな眞似をするな阿呆が!!』と怒鳴り度くはなりまするが同時に、『之でトランプは失脚アルニダよ〜』と意気込んだ積りが終ってみれば大山鳴動すれど鼠一匹現れ來らずと言ふ結果だったと言ふのを鑑みれば、『標的を『楽に』して遣り度き』程度の憐れみも感じられ無くは無い訳でありますw。
Posted by 葦原の中つ國の民 at 2020年02月09日 18:42
>tropicassoさん

その19時からのジャンクスポーツと大相撲トーナメントは別ですよ。
大相撲トーナメントは、今日国技館で実施され、フジ系を中心に午後生中継されてました。
録画して、これから見ますけど、優勝は高安。
炎鵬と師匠の白鵬の取組もあり、白鵬が潜りに来る炎鵬の額を抑えて、両者制止するなど、花相撲ならではの息の合った師弟コンビでしたが、お約束のように見事に炎鵬が大横綱を投げ飛ばしました。
白鵬は、初場所で遠藤に完敗した直後の土俵上での表情と全く違って、
「ほれみろ、オレの弟子はこんなに強いんだぞ!」
と、既に親方モードだったかもしれません(笑)
Posted by 三助 at 2020年02月09日 18:51
To tropicassoさん

当エントリと違うテーマであれ、今は武漢肺炎こそが誰にとっても関心事。ソレについて明日、あらためてエントリしようかなと思ってます。

>武漢肺炎の日本側の対応は間違いなく安倍総理が陣頭指揮しておられますよ!

その通り!安倍総理のご指導がなくば、バタバタと日本人が死んでいったに違いないです。タフネゴシエーターの茂木大臣、よく頑張って下さってます。ホント、安倍政権でなければ、外務省や厚労省のクズ役人どもの無能さで、感染症被害が爆発的に拡大したでしょう。

> 民主的ではあるが、時代遅れ法治国家の日本で、

危機を一切想定せず、「善人説」で法律を扱うって馬鹿の極みですよね。日本人の底抜けの間抜けさが、ひたすら悔しいです。

Posted by yohkan at 2020年02月09日 19:59
To 葦原の中つ國の民さん

今回エントリの件、下院議長ともあろう政界の重鎮が、国家元首たる大統領の存在を真っ向から否定し、侮蔑するような真似をしていいのかよ、とショックを受けました。トランプさんのスピーチには、海外で活躍する米軍兵士を称える文言もあったことを踏まえれば、米国の正義や良識を踏みにじったことになるかも知れません。

>『之でトランプは失脚アルニダよ〜』と意気込んだ積りが終ってみれば大山鳴動すれど鼠一匹現れ來らずと言ふ結果だったと

「原稿破り」のパフォーマンスで、英雄視されると期待していたとすれば、ペロシ女史の馬鹿さは底知れませんね。野党の茶番で失脚するほど、米国大統領は軽い存在ではありませんw

Posted by yohkan at 2020年02月09日 20:06
c/o: yohkanさん

tropicassoさん、こんばんは。

> 武漢肺炎の日本側の対応は間違いなく安倍総理が陣頭指揮しておられますよ!

tropicassoさんの御意見を読み、大変嬉しかったです。私の場合、安倍総理の陣頭指揮に“違いない”との単なる想像(願望)でしたが、tropicassoさんのお言葉に触れて、心の底から嬉しく感じました。
Posted by seesaa1824 at 2020年02月09日 20:06
To 三助さん

あれれ、大相撲トーナメントがあったのですか。残念ながら、見逃しちゃいました。高安が優勝ですか、ヘ〜(信じ難い結果かなw)

> 「ほれみろ、オレの弟子はこんなに強いんだぞ!」と、既に親方モードだったかもしれません(笑)

いいですねえ。弟子を育てる才能で、白鵬はまだまだ相撲界に貢献してくれますね。素晴らしい!

昨日のTBS「バース・デイ」、怪我をモノともせず頑張る炎鵬の姿に涙が出ましたよ。いいなあ、大相撲って!

Posted by yohkan at 2020年02月09日 20:11
To seesaa1824さん、tropicassoさん

>安倍総理の陣頭指揮に“違いない”との

そりゃ、違いないです。安倍総理への感謝で胸が一杯です!

皆さん、冷静に考えてください。安倍政権だから、この程度で済んでるんです。仮に鳩ポッポや菅直人の民主党政権だったら、冗談抜きに、国民の半数くらいは死んでるんじゃないでしょうか。本当に恐ろしいです。

Posted by yohkan at 2020年02月09日 20:16
閑話休題:
食事って本当に大事だね

【横浜で隔離中の豪華客船】外国人乗客『降ろせ!』→『降ろさなくていい日本寄港になってから飯がうますぎる』

横浜で隔離中の豪華客船「ダイアモンドプリンセス」の乗客が食事に大喜びしていることが話題になっていました。新型肺炎の感染が確認されて横浜で隔離されているダイアモンドプリンセスにおいて、乗客の食事内容が日本から持ち込まれたものに切り替わったため、「劇的に美味しくなった」と喜びの声が出ているようです。そんな隔離措置のなかで起こる不思議な現象に、海外からは多くのコメントが寄せられていました。

ってか豪華客船でしょ?今まで何食べさせられてたのさ?

まあ、ああいう状況では食事も大きな楽しみなんだろうな
Posted by 黒猫 at 2020年02月09日 21:46
cc. Yohkanさん、
seesaa1824さん、

前回も私のコメントに破格の謝辞を戴き恐縮しておりましたが、御礼が遅れて恐縮至極です。

今回、Yohkanさん即ち安倍真理教団?のブログですから、冷静に状況を見ていたら安倍総理の指導力が際立っています。

安倍総理の凄い所は先に述べましたが現状法体系が性善説で佳き日本の風土に根差した人権とか個人情報重視したもので構成されている中、公共の安全面から聊か踏み込んでいるところが安倍総理の鬼神迫る確たる判断の凄さをひしひしと感じます。

流石に野党も異議を唱えませんがナマジ死者が多数発生となれば間違いなくバイブ辻元や蓮舫辺りが突っ込んでくること間違いないです。

実体は厚労相や国交大臣は法律遵守が先決=自己保身で大臣として国家・国民の為にすべきことが何かトンと理解できない三流政治家ということですね。見掛けも三流でしょう!

故に、安倍総理の実績が評価されこれまで、三選がある訳でどう考えても来年10月以降も四選ありきでないと日本は確実に迷走します。

唯、安倍総理は来る四選目は元来ご自身が実現したい「戦後レジームからの脱却」を掲げてこれまでの悪習を大型爆撃で全破壊して戴きたいです!

本来、菅官房長官が執行大臣なんでしょうが、巷のニュースでは河井案里とかの不手際が菅さん寄りの政治家に集中している様でリーダーシップが希薄になってきている様ですね。これが事実なら下らん話です!

横浜港に停泊中の客船乗客も隔離処置ではありますが、結局、船上感染拡大を黙認している訳ですよね。これも厚労省の事勿れ主義・前例踏襲・前例なければ現状維持=何もしないという行動様式そのものです。

だから、小さな政府を志向して徹底的に意思の無い・役立たずに役所、役人共を大挙して縮小するべきです。

残念ながら、日本人は災害でも疫病でも直ぐに政府の怠慢を言い募る習性がありますが、全部、自分達でやるからお上は不要という独立自尊の精神を取り戻すべきです。

お上に頼んだところで100%の現状復帰はありえませんから、所詮、自分達で立ち上がらないと埒があきません。





Posted by tropicasso at 2020年02月09日 23:38
To 黒猫さん

>【横浜で隔離中の豪華客船】外国人乗客『降ろせ!』→『降ろさなくていい日本寄港になってから飯がうますぎる』

うわはははは。横浜ですので、てっきり「シュウマイ弁当」の類を差し入れしてるのかと思ってましたが、何がどうなっているのやら。「シュウマイ弁当」でも格段にうまく感じるほど、豪華客船の食事がお粗末だったのかしらん?w

クルーズの旅って、随分いろんな宣伝を見掛けますが、こんな事件があると、興味はあっても、二の足を踏む人が多いでしょうね。

Posted by yohkan at 2020年02月10日 08:34
To tropicassoさん

貴コメントを拝読し、深く頷きました。幾度も幾度も頷き過ぎて、ヘッドバンギング状態です。同感です。激しく同意します。

いろんな問題の解決策はココ↓に集約されてますね。

> だから、小さな政府を志向して徹底的に意思の無い・役立たずに役所、役人共を大挙して縮小するべきです。

福沢諭吉先生の尊い教えがあるにもかかわらず、日本人が独立自尊の気概を持たず、何かと云えば、政府の怠慢を言い募る習性は実に情けないですが、一方で何から何まで規制でがんじがらめにして、己の身勝手な差配をゴリ押しするのが、政府のバカ役人どもであるのも実です。官僚独裁型一見資本主義国家風社会主義国ニッポンの官民もたれあい構造ですw

腰抜け日本人と上から目線の偉そうな小姑役人は表裏一体と云うか、鶏と卵の関係でしょうね。あるいは自尊心もへったくれもない幼児と、四六時中そのガキを抱きしめてる、甘いけど残酷な母親との関係かも知れませんw

日本の活力を取り戻すには、tropicassoさんご指摘の通り、役人の数をバッサリ減らすのが一番です!

小さな政府にして、民間がやれることは全て民間でやる。政府はレフリー役に徹して、余計な口出しはしない。役人から勝手な通達を出す権限を奪い、法治国家として真っ当な姿に戻す。これで幼児型の日本人も中学生くらいには成長できるんじゃないですかね(笑)。いずれは独立自尊っていいよなあと思えるくらいには、必ずなる筈です。

Posted by yohkan at 2020年02月10日 08:54
【米国:一般教書演説後】「民主党には二度と投票しない 」という声が続出

(略)

民主党支持者だった女性の電話:
「私は民主党員ですがもう民主党には投票しません」
「自分の国に良いことが起きていて、私たちがどれほどこの国を愛しているかを知っているのに、彼らがそこに座っているのはとんでもないことだと思います。そして、彼らは自分の国を嫌っているようでした…それはとんでもないことです。私は二度と民主党に投票しません!」
「家族全員がヒラリー候補に投票しましたが、今度は民主党候補に投票することはありません。」

2020.02.07 2020.02.08
https://www.newshonyaku.com/19563/

※補足 状況の説明

トランプ大統領一般教書演説、素晴らしくて拍手喝采
→後ろに座っていた民主党のペロシ議長、拍手喝采の最中に大統領の真後ろで演説の紙をびりびり破るパフォーマンス。動画検証で、あらかじめ破く準備をしていたことが発覚(演説前から破り口が作ってあった。
→民主党支持者がその態度を見て激怒
→破り捨てる場面の動画をトランプ大統領がツイート。ペロシ議長はツイッター社等に動画の拡散を禁止するよう要請。祭りにw

Hideki Kakeya
@hkakeya
ナンシー・ペロシ下院議長がトランプの一般教書演説を破り捨てる。これが世界の左翼。意見の違う人間に対して敬意が一切ない。公の場でこういうことができる神経は、普通の人間には理解できない。

ただのおたんこなすのヒステリーババアだな

日本でも下品で恥を知らない人たちがのさばっていますね。それでも、沖縄など他でも当選してしまうのは支持者も同類だからでしょうねぇ。
おまエラなんかそこいらの草でも食ってろ!

米国民主党はシナとロシアと手を組み、日本の屑野党はシナとヨンと手を組んでいる。
屑民族に侵食されている日米英の劣化は止まらない。
Posted by 黒猫 at 2020年02月10日 22:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: