2015年11月22日

三島由紀夫、再び

産経新聞の一面に「三島由紀夫」の文字が躍る。何かと思えば、自衛隊市ヶ谷駐屯地に乗り込み、自決してから、25日で45年になると云う。

へええ、もうそんなに経つのか、と驚く。衝撃的な事件だっただけに、今も記憶は生々しい。まるで昨日の出来事のようだ。

しかし、ここで三島の自決を語るつもりはない。正直なところ、自衛官相手に青ざめた表情で演説する姿や、総監室の床に置かれた本人の首など、思い出したくもない。

壮絶な死に様は、世間を騒然とさせた。しかし三島の死後、いつまで、玩具の兵隊みたいな軍服姿ばかりが、取り沙汰されるのか。

三島由紀夫は文学の世界における天才だった。狂気にも似た美意識で、めくるめく虚構の舞台を構築し、鬼気迫る人間ドラマを描き出す異能だった。

若い頃からの三島文学の熱心なファンとして一言云わせてもらう。彼の自決を讃え、憂国の思想を誉めそやす風潮には、違和感を覚える。なぜなら、あの死は・・・

と書き出して、ふと、思い出す。あれ?2年前にエントリしてるじゃないの。それならいっそ、再掲載すればいい。決して手抜きじゃないことは判って欲しいw

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

戦前の軍部には、共産主義を妄信する将校達がいた。1931年の三月事件、十月事件は、陸軍将校が引き起した国家転覆クーデター未遂事件だ。翌1932年の515事件では、海軍将校が犬養毅首相を暗殺した。1936年の226事件は、皇道派の陸軍将校が1500名近い兵を引き連れて閣僚を襲い、警視庁、参謀本部や東京朝日新聞を占拠した。


mishima yukio's death.jpg


世界的な大恐慌の煽りで失業が蔓延し、わが国の貧困層が喘ぐ一方で、社会主義革命を経たソ連が一時的に輝いて見えた時期ではあれ、こうした革命ゴッコに興じるテロ軍人を賛美するのは正気の沙汰ではない。しかし、当時の世論は青年将校に同情し、その偽りの正義を称えて英雄視した。

1925年に生まれた三島由紀夫氏も、青年将校を英雄視したひとりだ。226事件発生時に僅か11歳でしかないが、早熟の天才と呼ばれた氏にとって、一連のテロ事件は人格形成上の一大事であったに違いない。聡明な人物ゆえ、共産思想の噓と堕落を見破るのは容易だったろうが、殺伐とした暗い社会に颯爽と登場し、日本刀を振るう若い将校達のカッコ良さ(?)に少年三島は魅せられたのではないか。

三島由紀夫氏は43年前、軍服に身を包んで自衛隊に突撃したが、クーデターと呼ぶにはあまりに唐突でお粗末過ぎた。本人は、少年時代に憧れた、美しい青年将校を生身で演じてみたかったのだ。割腹して果てたのは、小説や戯曲を超える創作活動であり、唯美的な芸術表現だ。単なるお芝居ではあるが、文字通り、命を賭けた熱演だった。

三島由紀夫の人生を描いた、1985年の日米合作映画 ”Mishima: A Life in Four Chapters"は、製作総指揮をフランシスコッポラ、ジョージルーカスが務め、緒形拳が主演した傑作だが、わが国では未公開のまま、幻の作品となっている。右翼の執拗な反対で公開出来ないらしい。国家社会主義思想に侵された右翼、即ち左翼モドキって、ホントに面倒くさい連中だなと思う。





posted by yohkan at 10:33| Comment(44) | TrackBack(1) | 指定なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
226事件と三島由紀夫のクーデター未遂事件とは、違うと思います。
226事件には、それほど大きな大義がなかったと思います。
一方、三島由紀夫のクーデター未遂事件は、【戦後体制=アメリカ支配の打破】【独立主権の回復】という大きな大義がありました。
個人的には、もっと生きて活躍してほしかったです。
文学的には、川端康成よりノーベル賞としての評価は高かったようです。


Posted by coffee at 2015年11月22日 11:10
To coffeeさん こんにちは

そうなんです。226事件なんて、何の大義もへったくれもない。左巻き将校の暴走であり、だからこそ、先帝陛下自ら、制圧すべしと白馬に跨ったのです。

三島由紀夫のクーデター未遂事件は別物ですね。見出すべき大義があるとすれば、それこそが天才の名演によって、もたらされる「美」だったのではないでしょうか。
Posted by yohkan at 2015年11月22日 12:20
こんにちは。

戦前の軍部もいろいろでしょう。
下剋上的な、統制の弛緩した部分や、アカの手先のような一派も確かに力を持っていた。
ただ、それが陸海軍の主流かというと、そうとは思えない。

それはともかく、帰化されたドナルド・キーンさんのインタビューを最近見ましたが、昭和40年頃に、ノーベル文学賞の選考筋から、日本人作家の推薦を求められたとか。
キーンさんは、1に谷崎、次点として三嶋と川端を上げたそうです。
で、間もなく谷崎が没し、年功序列的な感じで川端が選出されたと言ってましたね。
この辺は大きな異論はありませんが、大江を選んだ実態を知りたいところですな。

九州場所千秋楽です。
今しがた、石浦が2倍の体重の徳真鵬に気合の相撲で勝ち、何とか7勝8敗としました。
錦木は荒鷲のけたぐりもものとせず2桁勝利。
幕内はすんなり日馬で決まるか、楽しみですね。
Posted by 三助 at 2015年11月22日 14:41
>世界的な大恐慌の煽りで失業が蔓延し、わが国の貧困層が喘ぐ一方で、社会主義革命を経たソ連が一時的に輝いて見えた時期

 ロシア革命以降の社会主義革命の流れがわが国にも少なからぬ影響を及ぼしてきたことを思わずにいられません。関東大震災後の混乱も社会主義運動家が日本統治下の朝鮮人をたきつけた側面があったといわれるぐらいですからね。
 二・二六事件はそれが最悪の形で現れたクーデターであることは論を待ちません。

>当時の世論は青年将校に同情し、その偽りの正義を称えて英雄視した。

 想像するだけでおぞましくなります。軍部に共産思想にかぶれたものが多かったことと併せて、なんとしても教科書に載せねばならない背景です。教科書執筆者に共産かぶれが多く、検定する文科省にもその隠れた同調者がいる現状では心もとない話ですが。
 三島由紀夫の事件を二・二六と同列視はできません。ただ、三島も民主主義とは相容れぬ手法を促した点は押さえておきたいものです。

>国家社会主義思想に侵された右翼、即ち左翼モドキって、ホントに面倒くさい連中だなと思う。

 私の言いたかったことそのまま代弁していただき、御礼申し上げます。

-----------------------------------------

To 三助さん

 なんとも締まらない千秋楽でしたね。優勝がかかった白鵬、日馬富士、松鳳山がそろって黒星となって日馬に賜杯が転がり込んできましたが、当人もインタビューではバツの悪そうな問答でした。旅立ったばかりの北の湖理事長も複雑な思いをなさっているでしょう。

>石浦が2倍の体重の徳真鵬に気合の相撲で勝ち、何とか7勝8敗としました。

 力の入った一番でしたね。残念ながら負け越しましたが、九州巡業で鍛えて、一月場所での奮起に期待しましょう。

>錦木は荒鷲のけたぐりもものとせず2桁勝利。

 いい出足でした。相手をよく見て、腰も据わった完璧な取り口でした。大きな10勝目。早ければ三月場所の入幕が見えてきました。

 今宵は北海道限定ビール「サッポロクラシック」(近所のスーパーで偶然売っていました)を片手に動画サイトで北の湖往年の名勝負を見つつその功績をしのぶことにします。
Posted by nihonmatsu1973 at 2015年11月22日 19:33
yohkanさん、ちょっと嬉しいニュースを。

http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1447855300/

小坪市議のブログで、神奈川県綾瀬市議笠間氏が、我らが高市早苗総務大臣に質問し、@大臣として、(総務省官僚に)当該人物について徹底調査を指示済み。
A調査結果も得ている。
Bだが、マイナンバーについては、当該法人(及び会社員)は関係していない。
以上の理由のため、エフセキュア自体には処分を下さないとのこと。
但し今後も監視の目は緩めない。
と、確認を取られたらしいです。

マスゴミが都合の悪いことは報道「しない」自由を行使しても、一般人がネットで情報を得て、政治を動かすことが出来た嬉しい事例ですね。
これからも一人一人が出来ることを精一杯やって行きたいと思いました。

ところで、北の湖理事長の訃報がニュースで流れた際見覚えのあるある病院が。
何故福岡の?と、思ったら、九州場所だったからなんですね。
ご冥福をお祈り致します。
ただ、ネットの噂レベルですが、相撲界って在日に浸食されていて、北の湖理事長も在日だと聞いたことがあり、パチンコマネーで日本人の千代の富士を押しのけて理事長になったと読んだ記憶があるのでちょっと複雑です。←絶対ガセの自信があればどなたか論破願います。
Posted by 桜咲く at 2015年11月22日 21:20
ブログ主様、お返事はどうぞお気になさらないで下さい^^

三島の話す英語は、上品なイギリス英語ですね。

不肖理系の自分でも、学生時代に友人から「金閣寺」を勧められ、その美意識に圧倒されました。

話は変わりまして、
文部省や法務省は、大陸半島の官僚に憧れているかのようですね。

満州という、共産主義的ユートピアや独裁が好きなんですね。

文部省は、明治時代には、合理的思考の海軍や、海軍をお気に入りだった明治天皇と、敵対していたそうです。

明治初期、「君が代」にメロディー・伴奏をつけるとき、海軍が採用した、雅楽を活かした現在のメロディー・伴奏に対抗して、賛美歌のような、全く日本らしくないメロディーを、対抗馬としてぶつけました(不評だったので不採用)。

また、台湾を併合した明治天皇が、台湾で最も高い山を「新高山」と名付けると、すかさず「♪ふ〜じ〜は、に〜っぽ〜ん、い〜ち〜の〜、やま〜ぁ♪」という文部省唱歌「富士山」を作りました。

法務省も、「大陸法のほうが、英米法よりも、洗練され優秀」という美学を固持しています。

バランスが大事だと思うんですけどね…

文部省や法務省は、「自分たちは頭がいいのだから、その他大勢は、言う通りにしときゃいいんだ!自分たちに間違いはない!絶対!絶対!!」と思い込んでいるのだと思います。

一種のヒステリーですね…
Posted by bitte at 2015年11月22日 23:13
To 三助さん こんばんは

谷崎、三島、川端あたりは、ノーベル賞候補としてわかる人選ですが、大江ってどこから出てきちゃったんでしょうね。思想云々じゃなくて、屁理屈の羅列みたいな駄文しか書けないのに。

今、起床したので、まだ相撲の結果知らないんです。知らないまま、ダイジェスト見ようかなって思います。

石浦、勝ち越しを逃したものの、立派な成績ですね。
Posted by yohkan at 2015年11月22日 23:58
To nihonmatsu1973さん こんばんは

軍部が極右将校に引きずられて、クーデター事件が起きた。学校教育では、単純にこう教えられるだけのようすでん。「右翼が悪い」と云う刷り込みですね。跳ね上がり将校どもの脳内は、むしろ左翼ですが。

歴史は全体で捉えないといけませんね。ロシア革命の影響抜きに、戦争への道は辿れません。

えええ!白鵬、日馬富士、松鳳山がそろって黒星!?へなへなへな。しまらない千秋楽ですね。

錦木、二桁勝利とは立派ですね。来年は、昇進の年ですね。
Posted by yohkan at 2015年11月23日 00:06
To 桜咲くさん こんばんは

ネットの声を背景に、総務大臣が徹底調査を指示してくれたのは嬉しいですが、当該企業のFーSecureが無関係とは、やや信じ難いですね。総務省の小役人どもの責任逃れみたいな気もします。

え?パチンコマネーで理事長に??北の湖って、そう云う人だったのですか?急逝されたとは云え、メディアが随分褒めちぎるなあ、と思ってはいましたが。
Posted by yohkan at 2015年11月23日 00:10
To bitteさん こんばんは

お返事せずにはいられませんよ。だってとても貴重なご意見ですもの。

>文部省や法務省は、「自分たちは頭がいいのだから、その他大勢は、言う通りにしときゃいいんだ!

そのとおり!公僕でありながら、珍妙なエリート意識に酔い、役人どもが踏ん反り返る姿は浅ましくも、はしたないですね。大半は税金泥棒です。役人なんぞどんどんクビにして、小さな政府を目指したいものです。

彼らが大陸法、つまりは戦前の独仏的な思想を取り入れたがるのは、官僚が強い制度だからでしょう。英米風の自由主義で徹底されると、役人どもは権限が縮小して都合が悪い。

そうそう、三島氏は綺麗な英語を話しましたね。戦前の貴族ってのは、さすがに上品なエリートばかりでした。戦後、その階級がいなくなったことで、日本は品のない国に転落したように思います。
Posted by yohkan at 2015年11月23日 00:18
ようかんはん、まいどおおきに。
三島由紀夫先生の自決は当時小学生やった私にとって衝撃的なもんどした。あの事件をきっかけに『潮騒』とか『金閣寺』とか『青の時代』とか三島先生の作品を読むようになったんを憶えてますわ。
ほんで映画 ”Mishima: A Life in Four Chapters"が日本で公開されへんのんは右翼の人らの反対やのうて遺族の人らの意向やそうどすなあ。著作権は三島先生の息子はんが持ってはるそうでっせ。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1410025619

日本ではビデオやDVDは売ってへんし、レンタルビデオ店でも見かけたことがおへんしな。ほんまにがっかりどす。ちょっと前に日本の出版社が『三島由紀夫と1970年』ゆう単行本を出さはった際、遺族の承諾を得んと”Mishima”のDVDを付録にしてたゆう話を耳にしたことがあるけど、いまだに現物を確認できてまへん。まだ売ってんのかどうかよう知りまへんけど。
Posted by rakuhoku367 at 2015年11月23日 01:11
当時、アカヒ新聞で報道された写真に、生首が床に置かれていた記憶が蘇りますね。
当時、学生運動が盛んになりつつあった時代だけに、自衛官にしてみれば時代錯誤の演説に聞こえたのでしょうか。

が、時代は淀むこと無く流れております。

余命三年時事日記が出版されるようです。

余命三年時事日記 単行本(ソフトカバー)
余命プロジェクトチーム著

出版社: 青林堂 (2015/12/17)
言語: 日本語
ISBN-10: 4792605369
ISBN-13: 978-4792605360
発売日: 2015/12/17

明日にでも、近くの本屋さんに予約を入れるつもりです。
年始年末も近いですから、何冊か予約し配るつもりです。

・シナ包囲網が、明確になってきました。
 ロシアも国名の名指しこそ避けましたが、ISに資金提供しているのはシナであるとの認識を示しております。

 事によると、ロシアも包囲網に入る可能性が有りますね。

>日豪外相 東アジアサミットで国際法順守共有を
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151121/k10010315401000.html

>日印首脳、マレーシアで会談 南シナ海「共通の懸念」で一致
http://www.47news.jp/CN/201511/CN2015112101001348.html

>南シナ海問題で米大統領「埋め立て停止を」
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151121/k10010315471000.html

>日中韓、経済協力演出も 中韓との溝は変わらず
http://www.sankei.com/politics/news/151121/plt1511210017-n1.html

中国が日本の積極的平和主義に警戒感を示す中、カンボジアのフン・セン首相は安倍首相との会談で、「積極的平和主義に何の憂慮も抱いていない」と表明した。
Posted by 犬田 at 2015年11月23日 02:02
・ISIS、「日本人を虐殺する」
http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/60004-

>その作戦を南アジアのアメリカの同盟国、バングラデシュで拡大するつもりだ」と主張しました。

BPOを対象に・・・って、事でしょうかね?
仮に日本国内・・・という事であれば、武器の調達はどうするのでしょうか?
BC兵器であっても、協力者が必要ですしねぇ。
暴動・暴力で日本の社会不安増大させたい連中って・・・あ!いた。
Posted by 犬田 at 2015年11月23日 02:13
Yohkan様

三島由紀夫を愛読されてたんだ。
だから文章上手なんだo(^-^)o

みぃ、関西の大学出たけど、哲学の教授が、昔龍谷大学で講義を担当していた頃、熱心に授業を聴き質問にきた学生がいて、その学生が金閣寺に火をつけたとのこと。だから私の講義がなければ、三島由紀夫は『金閣寺』が書けなかった。と、話していた。


どんな講義なんだと思うけど。

三島由紀夫の『金閣寺』は読んだことがないので、主人公の心理をどう描いていたのか分からない。

ただ数年前、この犯人が在日朝鮮人だったと聞いて納得です。

毎年寺社仏閣を狙い放火しますもの。在日朝鮮人プラス韓国人そして重文級の仏像を盗んでいく。

三島由紀夫は名家の生まれで祖母に可愛がられ幼少の頃、女性の着物を着せられていたのじゃなかったけ?(うろ覚え)

だから反動で男らしさに憧れ、そこから独特の美意識が育っていったとか。実際バイセクシャルだったみたいだし。


だけど三島の今で言う右寄りの国家観や戦前の日本人にあって戦後の日本人が失ったもの、そこからくる日本人のモラルの低下や家族の崩壊など、三島の予言した通りだなと思います。

Posted by みぃ at 2015年11月23日 02:33
犬田様

居ますよね。
金閣寺を焼失させたお仲間が。

実際ISには日本人も参加しているとか。

京都YMCAで10年位前、李とかいう在日朝鮮人が講義をしたとか。

朝鮮人はどんどん日本国籍を取得して日本の中から革命をおこし日本人を奴隷した姿を目にするまでは、死ねないと。

そして李は、数年前日本国籍を取得。
この手の日本人がISに参加している可能性は多いにあると思います。


Posted by みぃ at 2015年11月23日 02:46
To みぃさん

>朝鮮人はどんどん日本国籍を取得して日本の中から革命をおこし日本人を奴隷した姿を目にするまでは、死ねないと。

暴力革命で好き勝手に出来る政府を作り、自分達が両班になり自由に凶暴性を謳歌したい・・・ってだけですから。
構想も無く、非常に稚拙・希薄なのが特徴・・・学生運動的なチンピラの発想です。

笑えないのは、チョン公カスゴミに騙され”自民党にお灸をすえてやる”と言っていたアホが、選んだチョン公民主党の日本人逆差別政策により、逆にお灸をすえられたのは”わずか数年前”です。

下チョンからISISに参加したチョン公が居る・・・という話が出たのがわずか数週間前です。
二三日前に既に死亡という話が出ていたかと・・・一体何があったのでしょうかねえ。(笑)

>三島由紀夫の『金閣寺』は読んだことがないので、主人公の心理をどう描いていたのか分からない。

昔読んだ記憶ですが、主人公は金閣寺の美に憑依(取り憑かれた)された学僧が、一人称で告白する・・・そんな倒錯した内容だったかと。
川端康成のノーベル賞受賞なんざよりは、三島の方が余程優れている作家であるとは思いました。

個人的には、金閣寺創建の歴史的な目的・時代背景の方がより面白いです。
Posted by 犬田 at 2015年11月23日 08:56
To rakuhoku367さん こんにちは

ほほう、三島氏の遺族が映画公開に反対してるのですか。いい映画なだけに、残念ですねえ。

それにしても、日本国内だけ公開を禁じて、何の意味があるのでしょう。映画に描かれた三島像は、日本人の目に触れさせたくないってことですかね。理解不能です。
Posted by yohkan at 2015年11月23日 09:53
To 犬田さん こんにちは

生首がふたつ並んでましたよね。衝撃的な写真は、朝日新聞でしたか。朝日は購読してなかった筈ですが、写真ははっきり覚えてます。

余命さんの本が出るのですか。青林堂やりますね。

あっと言う間に支那包囲網を築いた、安倍政権の外交の巧みさには、感心するばかりですね。ロシアもこちらにつくとすれば、キンペ、顔が真っ青でしょう。

日本人憎しで、テロを起こすとすれば、ISISよりも、半島系の可能性が高いですね。
Posted by yohkan at 2015年11月23日 09:59
To みぃさん こんにちは

確かに三島文学のファンですが。いえいえ、あたしの文章なんぞ。お恥ずかしい。

>私の講義がなければ、三島由紀夫は『金閣寺』が書けなかった。と

なんだ、そりゃ(笑)

金閣寺の放火犯が朝鮮人だったとは知りませんでした。靖国で立ち小便しちゃう奴らですから、まあ、そうかなって気も。ISISみたいな真似はやめて欲しいもんですね。

例の「ニュートラルな、抜け目のない」云々ですよね。三島氏の目には、ふがいない戦後日本の姿が汚らしく映っていたのでしょう。でも、そんなに戦中・戦前が素晴らしかったのかしらん?そこ、疑問です。
Posted by yohkan at 2015年11月23日 10:05
To 犬田さん、みぃさん

>下チョンからISISに参加したチョン公が居る・・・という話が出たのが

うわ、恐ろしい。ああいう連中が爆弾を腹に巻いて、反日活動をするかと思うとぞっとします。

>川端康成のノーベル賞受賞なんざよりは、三島の方が余程優れている作家であるとは思いました。

同感です。

金閣寺創建って、足利幕府が支那の使者をもてなすためだったと聞いたことがあります。道理で、ぎんぎらぎんで、ちょっと品に欠けるかな。
Posted by yohkan at 2015年11月23日 10:09
Yohkanさん、おはようございます。

東西一の作家であることは認めますが、どういう加減か三島文学を読んだことがないのでコメントの仕様もなく、皆様のエントリーを読んでいるだけでした。

今、お昼の犬HKニュースで祝新嘗祭の靖国神社で爆発があったとか。
電池に導火線みたいなものが発見されたようですが、雑魚の火遊び程度で良かったです。

しかし、神道、天皇制、日本の伝統を許せない連中がいるのですが、殆どは朝鮮半島人でしょう。

確か金閣寺の住職は下朝鮮人と聞いたことがありますよ。こういう所にも特亜の悪事が忍び寄っているのです。


鹿苑寺金閣の住職と言えば、京都のお寺さんの中でもトップクラスでしょうから、発言力があるでしょう。

そんな訳で京都の寺社仏閣は最近、首都圏の駅がそうである様に、日本語と英語のみならず、朝鮮語ともしかしたら簡単中文も併記されているかもです。

rakuhoku367さんご存じでないですか?

Posted by tropicasso at 2015年11月23日 12:29
靖国神社で爆発騒ぎがあったんですか?
許せないわ〜

私は三島由紀夫の文体が美しいのは認めますが、どうにも合わなくて途中で挫折、未だ完読してないと言う…
それより昨日はエフセキュアの続報を知り、それをyohkanさんに報告したい一心でスレチの断りもなく書き込みしてしまいましたσ^_^;

>金閣寺

rakuhoku367さんにお伺いしているのに横から失礼します。
金閣寺の住職が在日かどうかはわかりませんが、
2年程前『そよ風』と言う保守系ブログで、「金閣寺のパンフレットに日本語の上にハングル文字が入っている事に抗議しましょう。」運動がなされた時、それより更に2年程前金閣寺を訪れた私は慌ててパンフレットを確認。
確かに日本語の上にハングル文字が載っていて不愉快になり、金閣寺に電凸しました。
(因みに同じ日に訪れた銀閣寺のパンフレットにハングル文字は無し。)
その後暫く経ってからそよ風さんちで、金閣寺のパンフレットからハングル文字が削除されたと報告がありました。
から、私は金閣寺に対して、「やれば出来る子」だと好意的に思っていたんですけどねぇ…
Posted by 桜咲く at 2015年11月23日 13:18
To 桜咲くさん

 小坪議員のブログは私も時折目にします。今回のエフセキュア社の問題で高市総務相から「今後も監視の目は緩めない」との回答を引き出した件にもうなずきました。小坪氏といえば、地元福岡・行橋市役所で共産党機関紙の勧誘。配布が公然と行われてきたことを追及してきた人でしたね。氏の姿勢が各地の自治体で同様の例があることを浮き彫りにしたことも見逃せません。
 マスコミが報道せずともネットの力と人々の情報収集、発信力で埋もれた事実を掘り起こす時代になったわけですね。

>相撲界って在日に浸食されて

 北の湖理事長の出自について、ネット上のうわさの真偽はわかりません。ただ、あちら系統の力士が散見されることは確かでしょう。
 北の湖と同時期に幕内で十分な実績を挙げながら引退後、協会に残らなかった力士も幕下に落ちても長く現役で取り続けた力士もいました。確証がないので固有名詞は挙げませんが、もしかしたら年寄名跡取得要件のひとつ「国籍」でひっかかったのかもしれません。

>(北の湖理事長が)急逝されたとは云え、メディアが随分褒めちぎるなあ、と思ってはいましたが。

 訃報記事ですからね。ただ、1度目の理事長在職中は某スポーツ紙で気の毒になるぐらいの批判記事があふれました。理事長就任前、ライバル紙の解説者だったせいもあるのでしょうが(一連の不祥事に)「無責任」「師匠に丸投げ」などひどいものでした。その新聞がいやに訃報記事で褒めちぎるのを読んで強烈な違和感が残りました。手のひら返しはメディアの常套手段。ため息が出ます。
Posted by nihonmatsu1973 at 2015年11月23日 15:19
ようかんはん、tropicassoはん、まいどおおきに。
金閣寺(鹿苑寺)の住職は有馬頼底ゆうお坊さんで、銀閣寺(慈照寺)、相国寺の住職も兼ねてはります。有馬正頼男爵と水野忠亮子爵の娘との間に生まれた由緒正しい家柄の人やさかい、たぶん生粋の日本人どすやろうなあ。そやけどやってはることは訪朝して復元された高麗時代の名刹とされる霊通寺の落成記念の合同法要を行ったり、「憲法9条は仏教の精神、戦争に道開く安倍さんあきません」と集団的自衛権に反対する文章を『赤旗』で書いてはったり、哲学者の鶴見俊輔はん、京都大学名誉教授の上田正昭国際日本文化研究センター名誉教授の山折哲雄はんらと連名で「朝鮮学校のカリキュラムは学習指導要領に準拠し、行政や市民の見学も実施されて公開性に問題はない。拉致問題と関連づけるような意見は外交・政治問題と教育問題を短絡させたものだ」と批判しながら朝鮮学校を高校授業料無償化の対象にする要望書を当時首相やったルーピーと川端達夫文部科学大臣に送付したことがありましたで。ほんで宗教者「九条の会」の呼びかけ人やそうどすわ。
京都の寺社仏閣にハングルや簡体字が書いてあるかどうかはよう知りまへん。何でか分からへんけど、京都のもんは地元の寺社仏閣や名所旧跡へめったに足を運ばへんのが普通どす。ぎょうさんの人で混み合うとるとこに拝観料を出してまでわざわざ行かしまへん。私も金閣寺には子供の時に一回だけ行ったきりどすわ。
Posted by rakuhoku367 at 2015年11月23日 20:11
すんまへん、ちょっと間違いましたわ。
「京都大学名誉教授の上田正昭国際日本文化研究センター名誉教授の山折哲雄はん」のとこは「京都大学名誉教授の上田正昭はん、国際日本文化研究センター名誉教授の山折哲雄はん」どす。失礼にも敬称を落としてしまいました。ほんまは呼び捨てにしたいぐらいに気分の悪いことしはったんやけど、礼儀やさかいな。
Posted by rakuhoku367 at 2015年11月23日 20:17
北の湖理事長の現役当時は、今よりも在日かどうかという情報は一般的によく漏れていたように感じます(それほど隠していなかったような)。
当時の関取でいえば、北の湖理事長の前任の理事長である三重ノ海。
元関脇の金城(栃光)。
この辺は間違いないところでしょう。
古くは力道山も有名ですね。
北の湖さんが在日という話は全く聞いたことありませんが、出身の北海道壮瞥町という、おそらく極めて過疎な地域だと思いますが、こういう地域にもいるのでしょうか?
もし朝鮮動乱の辺りの来日だとすると、こんな辺境に住むものなんでしょうかね?
また、北の湖さんは、中学在学時に大相撲デビューし、20歳前くらいに「北の湖物語」のようなものもよく出てましたが、そこで履歴を改竄していれば、かかわった多くの人が知っていたことになりますが、漏れ聞いたことはありません。
相撲界が在日に浸食されていたら、年寄株取得に関し、日本国籍取得を厳守した北の湖理事長をはじめとする幹部の姿勢と矛盾しませんか?
毎年靖国神社で奉納相撲も行ってますよ。
パチンコマネーは残念ですが、相撲以外にも多くのプロスポーツを毒してますな。

また、追悼でほめちぎると言えば、大鵬さんの方がはるかに上でしょう。
未だに大鵬特集は年に何度か放送してます。

ソースの真偽判断は人それぞれでいいと思いますが、それなりの根拠を持たずに出すのは如何なものでしょう。
管見するに、サッカーの中田英俊やイチロー同様の話ではないかと。
Posted by 三助 at 2015年11月23日 20:39
25日で没後45年を迎える三島由紀夫(健在ならば90歳)ですが、作品は全く読んだことがありません。
ただ、45年前の陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地での軍服姿での演説の映像はインパクトがあります(楯の会という組織を知ったのも含めて)。

それから45年過ぎた今の文学界。
今年はお笑いコンビ「ピース」の又吉直樹氏の処女作「火花」が芥川賞を受賞。
お笑い界初の快挙と話題になったと同時に古舘伊知郎が「芥川賞と本屋大賞、いつの間に同じ価値観になったの?」と妙な言葉で批判しました。

倫世の感がありますね。

----------------------------------------------------------------
ユーキャンとは違うネット流行語です。
http://hosyusokuhou.jp/archives/46050261.html

ユーキャンとダブるのもありますが、「ぱよぱよちーん」「偏差値28」「佐野る」「川崎国」「志位るず」は納得ですね。

ただ、スポーツではどちらもエディーHCの「JAPAN WAY」が入ってないことが残念です。
Posted by hirotaku-72 at 2015年11月23日 20:45
>ソースの真偽判断は人それぞれでいいと思いますが、それなりの根拠を持たずに出すのは如何なものでしょう。

私もイマイチ信じきれずにいたので、敢えて>絶対ガセの自信があればどなたか論破願います。
と、書き込みました。
でも、>年寄株取得に関し、日本国籍取得を厳守した北の湖理事長をはじめとする幹部の姿勢と矛盾しませんか?毎年靖国で奉納相撲も行っていますよ。

こう言った事実を知りませんでしたので思い切って書き込みして良かったです。
教えて下さりありがとうございました。

>管見するに、サッカーの中田英俊やイチロー同様の話ではないかと。

相撲業界は全く未知の世界ですが、サッカーや野球事情は少しは心得ているので、
中田やイチロー選手の在日説をネットで目にする度に失笑する桜咲くです。
Posted by 桜咲く at 2015年11月23日 21:20
To tropicassoさん こんばんは

靖国神社で爆発とは、ぞっとしますね。神社をはじめ日本の伝統を逆恨みするテロリストなぞ、さっさとつかまえて厳罰に処したいものです。

え?金閣寺の住職が下朝鮮人!?冗談じゃありませんね。わが国を代表するお寺を、なぜ適正人種に委ねるのか(怒)

Posted by yohkan at 2015年11月23日 23:15
To 桜咲くさん こんばんは

そうですか、三島由紀夫の作品はお好きじゃありませんか。

ほほう、金閣寺に電凸して、パンフレットから朝鮮文字を削除させましたか。やらなきゃいけませんね。行動あるのみ、ですね!
Posted by yohkan at 2015年11月23日 23:18
To nihonmatsu1973さん こんばんは

>マスコミが報道せずともネットの力と人々の情報収集、発信力で埋もれた事実を掘り起こす時代になった

ネットの興隆によって、マスコミによる支配を脱したとは、嬉しいことですね。

スポーツ・芸能界に朝鮮系が多いのは事実ですが、何となく相撲は別物だと思ってました。イメージ的に、日本の伝統と敵性人種が結びつかないのですよね。
Posted by yohkan at 2015年11月23日 23:23
To rakuhoku357さん こんばんは

ほほう、金閣寺の住職は有名な人なのですか。日本人と聞いて安心しましたよ。

でも「赤旗」とはねえ、宗教を否定する共産主義を肯定する住職とは、まるでブラックユーモアですね。

京都の人は神社仏閣や名所旧跡に行きませんか。ま、そんなものですかねえ。素敵な古都にお住まいなのに、もったいないなあ、なんて感じちゃいますが。
Posted by yohkan at 2015年11月23日 23:27
To rakuhoku367さん

>失礼にも敬称を落としてしまいました。

了解しました。
Posted by yohkan at 2015年11月23日 23:28
To 三助さん こんばんは

角界にも在日がいるって、当たりまえですよね。海外からの力士でグローバル化したスポーツですものね。北の湖さんが仮に在日だって、別にそれで何がどうって話でもありません。たぶん違うような気がしますが。

ああ、そう云えば、中田やイチローもそんな噂が出たことありますね。活躍する人を見ると、在日だと言いたがる連中がいるのかな。
Posted by yohkan at 2015年11月23日 23:42
To hirotaku-72さん こんばんは

三島氏の評価は人それぞれでしょう。でもねえ、軍服姿の自決だけで思い出されるってのは悲しいなあ。せめて戦後日本の文学界で活躍した「文豪」として記憶して欲しいです。ファンの気持ちです。

お笑い芸人の書いた小説、読んでませんが、面白いのかな。興味はありますね。まあ、あの手この手で注目させようと、出版界も大変だなあって思います。

> 「ぱよぱよちーん」「偏差値28」「佐野る」「川崎国」「志位るず」

うわははは、この流行語いいじゃありませんか。対象を差し上げたいですよ。
Posted by yohkan at 2015年11月23日 23:49
To 桜咲くさん こんばんは

北の湖、中田、イチロー、スポーツ界のスーパースター達は皆、在日であって欲しい。と考え、意識的に噂を流す在日の人々がいるんでしょうね。

イチローあたりは真っ向から否定してましたよねw
Posted by yohkan at 2015年11月23日 23:52
rakuhoku367さん、
Yohkanさん、こんばんは

鹿苑寺の住職が日本人というのは一安心ですが、何でもリベラルなその行動様式は半島系のものですね。

ルーピーの実母は韓国系であるというのは実しやかな定説ですし、奥さんのお父さんは室蘭の朝鮮総連を立ち上げた生粋の北朝鮮人ということぉ聞くと成る程ねとなりますね。

流石に元総理ですし、マスごみとしては同類項なので批判をする筈はあませんが、韓国人の墓碑に傅くあの言動は見事にあちらのDNAでしょ。

相撲界も在日半島系人が多数いても相撲の美学をちゃんと守れれば構いません。

白鵬の一代年寄というのは北の湖存命だったら実現しなかったのではないですか?

今後の理事長の判断でしょうが、功労者なので私はモンゴル国籍でも、一向に構わないと思います。一代限りだし。
Posted by tropicasso at 2015年11月24日 00:17
rakuhoku367さん、

鹿苑寺受嘱の詳細説明素晴らしいですね。感謝です、ありがとうざおました。


京都人さんは「灯台元暗し」ということなんですね。
私も芦屋・大阪に15年住んでいましたが、阪急で1時間と思いうと行きそうで行かない町でしたね。

今から思うと少し残念でした。
Posted by tropicasso at 2015年11月24日 00:20
・【サヨク悲報】保守界隈に誹謗中傷ツイート(時に脅迫紛いも)を繰り返してきた“ぱよちん系”ツイ垢主が『新潟日報社上越支社 報道部長』であることが特定され、謝罪に追い込まれる
http://www.honmotakeshi.com/archives/46989349.html

>新潟日報社上越支局長報道部長坂本秀樹
壇みつたろう ?@sadmaz6
ジャンヌおつるは、自己批判せよ!まず、自分の顔を自分で殴れ!その男に媚びる目を自分でつぶせ!そして、四肢を肘膝から切断せよ!その姿で、朝鮮学校の子どもたち、そして親に謝罪しろ!最後は西村、川東、桜井の喉笛を食いちぎれ!そこまでしなければ、お前の罪は消えない!

>壇宿六(闇のキャンディーズ) @sadmaz6
@BarlKarth おっしゃりたいこと?あるよ。はよ、弁護士の仕事やめろ。プロのハゲとして生きろ。

Twitterが、馬鹿発見器である証明だわな・・・
カスゴミがSNSをやると、”報道部長”ですらこの程度の頭、幼稚園児かよ?(大笑)

一般常識の欠片すら持ち合わせていない馬鹿でも、社会の木鐸”報道部長”・・・・”同人誌”の初心者レベルじゃね?

顔を話題に上げるのも品がないですが、知能不足じゃね?と思えるような嫌味なバカ面。
この手の顔を見るにつけ、無性に徹底的に虐めたい衝動に駆られるのが不思議です。

この手の顔が不自由な連中には、根性がひん曲がる病気がデフォで標準装備らしい。
https://www.google.co.jp/search?q=%E5%9D%82%E6%9C%AC%E7%A7%80%E6%A8%B9&num=100&safe=off&hl=ja&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwiY_cLZ6qbJAhWkrKYKHeEODHYQ_AUICCgB&biw=1280&bih=611
Posted by 犬田 at 2015年11月24日 00:53
To tropicassoさん

反日行動は不快だし、犯罪は論外ですが、別に在日朝鮮系だからいけないとか、排除するとかってのは、単なる差別だし筋違いでしょうね。

ルーピー鳩山にしても、元首相の立場を悪用して国の名誉を貶めるから、批難されるのです。こちらも、出自を理由に批判しているわけじゃありません。まあ、韓国の墓碑に土下座する姿には仰天しちゃいましたが。

ファンとしては、モンゴル国籍の親方がいても全然構わないと思いますが、所詮、相撲協会は、格闘技の興行団体ですから、それなりに彼ら独自の統制ルールがあるのでしょう。
Posted by yohkan at 2015年11月24日 00:55
To tropicassoさん、rakuhoku367さん

確かに、東京生まれのあたしも、東京タワーも上野の西郷さんも子供の頃に一度行ったきりですねえ。地元住民ってそんなものなのでしょう。

でも、サラリーマンになって大阪に住んでいたときは、頻繁に京都に行きましたよ。四季折々、とんでもなく美しい町なのですよねえ。

京都って憧れの土地です。いずれ帰国したら、一度住んでみたいなあって思います。
Posted by yohkan at 2015年11月24日 00:59
To 犬田さん

うわははは。「知能不足じゃね?と思えるような嫌味なバカ面」って、犬田さん、きつ〜い。写真見て、そのまんまなんだもの、爆笑しちゃいました。

新潟日報社ってどんな新聞か知りませんが、報道部長ともなれば、それなりの常識や見識は持っていそうなものですが・・・(呆)

ぱよちんの仲間って、レベルが低いなあ。何だか大人になりきれていないような。まあ、そういう人たちだから、反日行動に走っちゃうのですかね。
Posted by yohkan at 2015年11月24日 01:05
>金閣寺創建って、足利幕府が支那の使者をもてなすためだったと聞いたことがあります。道理で、ぎんぎらぎんで、ちょっと品に欠けるかな。

キンキラキンにさり気なくではなく・・・思い切り主張してますね。(笑)

金閣寺(鹿苑寺)創建の目的の一つに、支那の使者接待というのもあります。
鹿苑寺は相国寺の一部ですから、相国寺がそれに該当しますかね。
*応永年間に、明より日本国王に封ぜられ、臣源義満の書簡が有ります。
*これをネタに、シナが日本はシナ領土・・・と言い出すのを期待しております。(大笑)

金閣寺(鹿苑寺)は、現在は舎利殿(金閣)が有名ですね。
一階は公家様式、二階は武家様式、そして三階は中国の禅宗様式。
創建当時金箔が貼られていたのは、2・3階のみ・3階のみという説もあるようです。
意地の悪い見方をすれば、貴族を足蹴に2F以上武家+当時武家に流行していた禅(舶来文化)という構図です。

以下は、あまり書かれていない事かと思いますが・・・

元々が、足利義満(女計従兄弟の後円融上皇の別当・後円融上皇とは異常な確執状態)が、後円融上皇の権力を実力で横取りする為の御所(北山第)として造営され、政治中枢の全てを集約し政治の中心(政権略奪)としたのです。

また、舎利殿屋上の鳳凰像、相国寺(御所を見下ろす109メートルの巨大な七重の塔があった)というのも、限りなく厭味ったらしく意味深です。
義満が、腹の底から朝廷(貴族)を本気でバカにしていた気持ちの表れが金閣という形になったという見方も。

足利義満が、女系の従兄弟の北朝第5代・後円融天皇の女御を寝とったとかしないとか、怒り狂った後円融天皇が女御を刀の峰でめった打ちしたとかしないとか、執拗且つ陰湿な圧力を加え続けていたらしい。
自分にも側室が多数いるのに、貴族の奥さんを供出させたとか、重度の偏執狂でもあったらしい。

この辺りは、中々公的資料には無く、記憶に頼っておりますのでソースは勘弁。
確か、貴族の日記に書かれていたかと思いますが、誰だったかが思い出せない。
Posted by 犬田 at 2015年11月24日 02:56
To 犬田さん 

鎌倉時代までは貴族は貴族、武士は武士みたいな感じだったのが、室町時代あたりは、貴族を足蹴にする気風になってきちゃったのですかね。

ほほう、義満って皇族を寝取っちゃったのですか。

いやあ、犬田さんの歴史のお話はいつ伺っても、面白いですね。
Posted by yohkan at 2015年11月24日 05:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/430063335

この記事へのトラックバック

朝日と毎日だけ名前が違う「山本慶一」虚偽報道!・他は「崔慶一」韓国籍の稲川会系の暴力団幹部
Excerpt: ↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓ 逮捕されたのは稲川会系暴力団幹部、崔慶一容疑者ら4人 産経新聞「崔慶一」 http://www.sankei...
Weblog: 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
Tracked: 2015-11-22 11:11