2011年04月20日

iPhoneをソフトバンク以外で使いたいひとへ

個人的にかれこれ20年以上も愛用しているアップル製品。幾世代にも亘り進化を遂げてきたマッキントッシュコンピュータは、常にIT革命の主役です。最近ではiPhoenや iPadも加わって、ますます楽しく広がるアップルの世界。ちなみに、このブログももちろんマックで書いてます。

 

アップルの傑出した創造性は誰もが認めるところ。定評有る経済誌Fortuneの調査でも、最も称賛される企業として堂々の全米No.1です。マーケティングと法務戦略でのし上がったIT業界の巨人マイクロソフトだって、技術開発に関してはアップルをモノマネしてきた感が否めません。

 

さて、そのアップル製品、日本の友人達にも薦めるのだけど、なかなか皆に納得してもらえない。大きな理由はiPhoneやiPadの場合、ソフトバンクがネックなのですね。通信が悪いので、遊びならともかく、とても仕事には使えないと云う声を聞きます。

 

今回の東日本大震災でも、ソフトバンク携帯は被災地で通話が出来なかったとか。新しい企業だけに、競合他社に比べやや通信ネットワークが劣るのでしょうね。

 

でも、ソフトバンクは嫌だけど、iPhoneは使ってみたいと云うひとには朗報があります。

 

実はアメリカでもiPhoneは登場以来、AT&T独占でした。ところが、アメリカ人消費者は絶対に我慢しません。iPhoneを他の電話会社で使いたい、なぜダメなんだ、何とかしてくれと、大挙してメールや電話でアップルに要望を送りつけました。結果、全米最大の携帯電話事業会社ヴェライゾンでも、今年の2月からiPhoneが正式に使えることになったのです。今後は、徐々に他の電話会社でも使用可能になりそうです。

 

 

 

 

もともと、機種により電話会社が限定されるなんてヘンな話。スマートフォンも電話会社も消費者が好みで選べて当たり前ですよね。

 

アップルはコンピュータ製品の一環として携帯電話を作っているだけで、電話業界を牛耳ろうなんて意志はないようです。消費者が望めば、日本市場だって必ずソフトバンク以外にもiPhoneを解放する筈。アップル製品に興味のある皆さん、アップルUS本社か日本支社にお願いしてみましょう。

 

熱心に要望を伝えれば、ドコモやAUでもきっと使えるようになりますよ。孫さんにとっては、あまり嬉しくない話だろうけど。

 

 

 

 

 

 

posted by yohkan at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトバンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック