2011年06月06日

菅を斬れ!女渡世人、森まさこ参上!

参議院予算委員会に着流しの女性議員が現れた。質問席に立つと、腰をかがめ、右手を前に突き出し、仁義を切った。

 

「お控えなすって」

 

会議室の空気がぴりぴりと緊張する。議長をはじめ居並ぶ政治家達が姿勢を正す。

 

「早速のお控え、ありがとうにござんす。手前、姓は森、名はまさこ、人呼んで」と、ここで言葉を切る。緋牡丹お竜か、壷振りお銀か、余程、名のある侠客に違いない。

 

「人呼んで・・・森まさこと発します。」そのまんまであった。

 

 

 

 

「では、早速、質問をはじめさせて頂きやす。菅親分は視察をしてベントを遅らせ、福島の住民を被曝させた。また、SPEEDIの情報を隠匿して、住民に避難の機会を与えなかった。いずれも防災基本計画に違反しておりやす。ご答弁を願いやす。」

 

「菅直人君」入れ墨のある両肩をいからせながら、議長が野太い声を響かせた。腹の晒の白さが眩しい。

 

親分の菅は目をしょぼつかせている。顔に生気がない。尋ねられたくない質問であった。

 

「ええ、あのう、そのう、ベントはしどろでありまして、情報はもどろであります。あのう、そのう」

しどろもどろである。

 

菅のいい加減な答弁で怒った森まさこは、さっと机の上に飛び乗った。

 

「見ておくんなっせ。女だてらに、こぎゃんもんば背負って生きとっとよ!」片肌を脱ぐと、肩には鮮やかな緋牡丹の彫り物があった。会議室全体がどよめいた。

 

森は帯に隠してあったドスを取り出すと、小走りで菅親分に駆け寄った。刃を突き付けられた菅はぶるぶると震えつつ、涙ながらに語り出す。

 

「はい、もも森先生の仰る通りです。ぼぼぼ防災基本計画を無視しました。いいい、違反してました。カッコつけて視察してるうちに、ベントが遅れました。俺ん家、福島じゃないし、住民なんぞ勝手に被曝すりゃいいだろうと思い・・・」

 

菅の弁明など馬鹿馬鹿しくて、これ以上、書く気にならない。皆さんも読む気になりませんよね。

 

 

 

 

 

 

 

posted by yohkan at 06:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 菅を斬れ・菅&孫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック