2011年06月02日

黒い小沢か、赤い菅か、因縁の勝負!!

現時点では内閣不信任案採決の結果は分からない。ただ分かっているのは、結果の如何にかかわらず、どっち道、菅さんはおしまいってことです。可決すりゃ当然だけど、否決されたって、党が分裂状態なんだもの、いつまでも総理の椅子にしがみつけるわけがない。

 

この意味では、党首討論で激しく菅総理の無能さを糾弾し、徹底的に闘うぞと宣言した谷垣総裁は、一応勝利をおさめたことになるんだと思う。優柔不断とか、頼りにならないとか云われていたけど、やることはやったじゃないの素直に褒めたい。とにかく復興を確たるものとするためには、大馬鹿野郎を権力の座から引きずり下ろさないと始まりません。

 

ただし、谷垣さんには可哀想だけど、世間は菅vs谷垣の図式で盛り上げてくれませんね。最大野党の総裁なのに、今ひとつ存在感が薄いのかなあ。ゴングが鳴ったと思ったら、菅vs小沢の勝負、血で血を洗う因縁の戦いに注目が集まってます。

 

 

 

 

このふたり、どう見たって黒と赤、正反対の敵同士でしょ。片や腹ん中真っ黒、片や頭ん中真っ赤っか。片や金権政治家、片や市民運動家。ぶつかりあって当然です。

 

きっと互いに口汚く罵り合うんだろうなと思いつつ、あえて上の吹き出しに台詞はいれませんでした。適当な言葉を入れてください。

 

「この野郎、在日からの献金、震災のどさくさにこっそり返しやがって」

「馬鹿野郎、返すだけマシだ。テメエなんぞ、土建屋からの献金、返しもしねえじゃねえか」

 

とか、いろんな台詞で遊べそうです。

 

不信任案採決の結果は、「ざまみろ」「畜生」みたいな台詞になりそうな気がするけど、さあ、どうなるか。数時間後が楽しみです。

 

 

 

 

 

 

posted by yohkan at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック