2011年11月01日

ひゅ〜どろどろ!借金漬けのギリシャが怖い!

大雑把に云えば、ギリシャのGDPは30兆円くらいしかない。500兆円を超える日本のGDPに比較すれば、その規模は約20分の1だ。その小国の国家債務が40兆円以上にも膨らんで、にっちもさっちも行かなくなった。自国通貨の債務なら、国家たるもの好きなだけ札を刷って借金返済に充てればいいが、ギリシャの場合、ユーロ建てだから勝手なことは出来ない。歳出削減による財政規律でどうのこうの云ってるが、そんなもんで借金が返せるほど世の中甘くはない。ギリシャも破れかぶれだろう。さあ殺せみたいな雰囲気で、市民が暴動を起こしている。

 

もっとも、あっさりギリシャが倒れると貸した側が困る。ああ、ここまでロクでもない奴だったのか。ギリシャなんぞに貸すんじゃなかった。と思っても、もう遅い。致し方なく、欧州中央銀行やEU各国の首脳や民間金融機関が集まって救済策を打ち出した。貸した金の半分を棒引きしてやるから、ちゃんと返せよ。もう返済期限が来ているが、何年も伸ばしてやるからしっかり働いて少しづつでも払うんだぞ。こういう話だ。ギリシャは神妙な顔をして聞いている。はい、わかりましたと頭を下げる。でも心の中では舌を出しているに違いない。しっかり働いて返せるくらいなら、そもそもここまで借金してねえよ。そんな感じだ。

 

さて、アメリカ時間の31日、ニューヨークのMF Global 証券が会社更生法適用を申請した。ユーロ債券に社運を掛けたもののギリシャ絡みでやられましたと、悲しい声明を出している。その直後、MF Global に大口出資していた投資顧問会社 J.C.Flowersもかなりの痛手だと云う噂が流れ始めた。金融業界は人と人、会社と会社が無限に繋がっている。どこかが狂いだすと、歪みやひずみが連鎖的に広がる。今日の株価は下げたものの暴落はしていないし、3年前のリーマンショックみたいな大混乱は起きないだろう。ただギリシャ危機の影響は避けようがないから、漠たる不安が広がる。

 

 

 

 

今日はハロウィンで仮装した人々が街を行く。吸血鬼、魔女、幽霊あたりが定番だが、へんに愛嬌が有って、ちっとも怖くない。怖がらせたければ、ギリシャ神話の神々なんかどうだろう。神様はたいてい裸だから、然したる衣装もいらない。腰に布を巻いて、月桂冠でも被れば出来上がりだ。裸じゃ身ぐるみ剥がされたように見えるかも知れないが、これこそが経済破綻の怖さと云うものだ。

 

 

 

 

 

 

posted by yohkan at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック