2011年10月05日

iPhone独占終了で恐怖に顔のひきつる孫正義!

昨日、米アップルの新製品発表会があった。iPhone4Sの革新性がイマイチだとか 腕時計型ipod nanoが単なるアイデア商品だとか批判はあるが、斬新な製品を次々と世に送り出すところは、さすがにアップルだ。発表会直後に株価下落と報道されたが、スティーブ・ジョブス会長が登場しなかったためだろう。同社にとって、いやいやIT業界全体にとってそれだけの重鎮だ。先ほど逝去されたと聞き、とても悲しい。心からご冥福を祈りたい。

 

さて、iPhone4Sから取扱い電話会社が世界中で増える。アメリカではAT&T、Verizonに加えて、三番手の Splintも陣営に加わる。日本でもソフトバンク独占が崩れ、KDDIが取扱いを開始する。これまでソフトバンクの貧弱な通信体制が最大のネックだったから、どこでも繋がるKDDIの参画により日本国内のiPhone利用者が爆発的に増えるだろう。スマートフォンは既に単なる電話じゃなくて、生活密着型の汎用携帯コンピュータだ。ユーザーフレンドリーなアップル製品がより多くの日本人に愛される契機になるに違いない。

 

但しKDDIの取扱い開始はアップルにとって市場拡大のチャンスでも、ソフトバンクを窮地に立たせることになる。死刑宣告を受けたに等しい。ソフトバンクは何の技術も設備も持たず、ただiPhone独占だけにすがってきた。莫大な経費をかけた派手な宣伝と孫正義の詐欺師まがいのパフォーマンスで生き延びてきた企業だ。もともと2兆円超の過剰債務を抱えたまま、iPhone顧客の多くがKDDIに奪われてしまえば、生きる術がない。

 

 

 

 

 

これまで数年ごとに囁かれてきたソフトバンク経営危機説が既に再燃し、株価は暴落している。苦し紛れに菅&孫ででっち上げようとした自然エネルギー発電詐欺は必ず頓挫する。太陽光発電なんて、あまりの効率の悪さから海外でも政府補助金がカットされ、パネル会社が倒産している。早晩、ソフトバンクはにっちもさっちもいかない状況に追い込まれるだろう。

 

同社はデータセンター等の事業インフラを韓国を移すとふざけたコトをヌカしていたが、その韓国の経済破綻がほぼ確定した。通貨ウオンが暴落して、あらゆる産業が大混乱している。云ってみれば国家として死に体だ。ソフトバンクが韓国絡みで何か悪さをしようにも出来ない環境となった。

 

白犬を父役に仕立て日本人を犬の子と嘲笑ってきた、醜悪なTVコマーシャルもお茶の間から消えるだろう。ざまあ見ろと云う他はない。

 

 

 

 

 

 
posted by yohkan at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトバンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/376471536

この記事へのトラックバック