2012年03月05日

原発再稼動は必要だ!馬鹿と貧乏人は目を覚ませ!

2月中旬、慶應義塾大学のパネルデータ設計・解析センターが「東日本大震災に関する特別調査」を実施して結果を発表した。これが面白い。「原発事故・放射能への不安」と云う項目で「文系・低所得者層ほど不安・恐怖が拡大」と結論付けている。さすがは客観的で冷静な学術調査だ。納得のひと言だ。

 

早い話、放射能だ、反原発だとヒステリックに大騒ぎしている連中は、馬鹿か貧乏人かどちらかだ、と云ったワケだ。なかなか思っても口に出しにくい言葉だが、平気で発表した慶應義塾は偉い。これぞ学問の府のあるべき姿だ。もちろん左巻き連中から批判や非難も起きたらしいが、文句をつけるほうが筋違いだ。

 

ただし、科学的知識が乏しくて放射能を怖がるのは理解出来るが、貧しさと放射能の不安がどこで結びつくのか。貧富の差で放射能汚染に対する恐怖度に違いが出るとは思えない。むしろ貧しいと、左巻きの反日思想に染まり易いのではないか。ちょっとばかり経済的に厳しい状況に陥っても、国家や社会に対する不満でスネたり、ひねくれたりはしたくないものだ。

 

さて、細野環境相兼原発事故担当大臣が「原発の再稼動は必要だ」と明言した。いいじゃないの。いいこと云うじゃないのと感心した。もう二度とモナ男なんて呼ばないぞと決意した。国を預かる大臣たる者、再稼動推進は当然の見解だが、馬鹿と貧乏人の票で政権の座についた民主党ゆえ、勇気ある発言と呼んでも差し支えないだろう。

 

原発をすべて停止されたら、安定的で安価な電力供給は不可能だ。原発なしで、わが国の誇る先端的で活力溢れる産業の維持は出来ない。馬鹿と貧乏人の無意味な放射能ヒステリーを排除して、原発力により明るく強い日本を取り戻すべきなのだ。きっと細野大臣もそう云いたかったに違いない。

 

 

 

 

ちなみに科学的知識が乏しいがために放射能が怖い人は、ラッキー博士や稲博士など放射線医療の学者による最新知識を得ることをお勧めしたい。また貧乏がゆえにヒステリーを起こしている人は、どうしたら豊かになれるか冷静に考えることだ。人生や社会に前向きな気持ちになれば、原発再稼動も必要だと気がつく筈だ。

 

ま、それにしても、くどいようだが、慶應義塾は立派だ。慶應・早稲田は私学の雄として並び称されるが、だいぶレベルが違うようだ。入試問題に反日思想を盛り込む通称バカ田大学と一緒にしちゃ慶應が気の毒だ。

 

 

 

 

 

 

 

posted by yohkan at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック