2012年07月10日

ソウルに「追軍売春婦の像」をぶち立てろ!

またまた、韓国発の捏造ニュースだ。朝鮮日報によると、ソウル外交筋の話としてクリントン米国務長官が慰安婦でなく「日本軍の性奴隷」と呼ぶべきだと指摘したと云う。ところはがアメリカのメディアを幾ら検索しても、そんな話はどこにも出てこない。冷静に考えれば、米国政府の主要閣僚が極めてセンシティブな外交問題について、そんなに軽々しい発言をするワケがない。

 

韓国人記者が妄想と強迫観念で書いた記事なのか、取材先の外交筋が嘘をつきまるくのか、そのあたりの事情は判らない。もっと単純に、反日的な記事を書けば売れると、新聞社が煽っているのかも知れない。でも所詮は捏造ばかりの韓国だ。わが国のメディアが伝聞で報道するなら、せめて米国大使館あたりに照会し、事実の有無を確認すべきじゃないのか。

 

産経新聞ともあろう一流紙が何の検証もせず、こんなくだらない記事を堂々と載せることに呆れざるを得ない。アメリカ国内で韓国勢力が組織的に反日運動を進めるのは、日米を引き離したいからだ。クリントン女史があたかも日本を責めたように報じれば、読者に的外れで不必要な反米感情を抱かせる懸念もある。先ずはわが国の主要メディアが、韓国の日米離反工作に踊らされぬよう、充分注意して欲しい。

 

さて、在ソウルの日本大使館に軽トラックで突撃した韓国人が逮捕された。大使館前に反日団体が設置した売春婦少女像に「竹島は日本の領土」と書かれた杭が縛り付けられたため、火病を起こして凶行に及んだと云う。杭が気に入らなければ勝手にどかせばいいし、そもそも日本大使館の正面に不法な像を作るほうが悪い。

 

自分たちは虚偽の主張を繰り返すくせに、真実を突きつけられると逆上するのが、いかにも韓国人気質だ。わざわざソウルに出向き、売春婦像に杭を結びつけてくれた維新政党・新風の鈴木信行代表は、韓国の元売春婦団体に名誉毀損と冒涜の疑いで起訴されたと云う。従軍慰安婦と朝日新聞風に呼んだところで、実態は軍人相手の売春婦だ。正直に売春婦と呼んで何が悪い。いっそ、かってのお姐ちゃんたちの活躍を称える意味で、こんな銅像を日本大使館の正門にでも建ててやったらどうだ。

 

 

 

 

こいつを見たら発狂する現地人が出てくるだろう。次回は軽トラックじゃなくて、タンクローリーで突っ込んでくる奴が現れるかもしれないが、それでも構わない。大使館を閉鎖して韓国との国交を断絶すればいい。

 

 

 

 

 

 

 

posted by yohkan at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国・北朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック