2013年03月19日

侍敗れたり!日本野球はココが悪い!

WBCの準決勝敗退は無惨だった。試合後、内川選手が涙を流したと聞くが、気持はよくわかる。しかし何も大の男が泣くことはない。と云うか、内川が悪いわけじゃない。明らかに山本監督の采配ミスだ。「走れるなら走れ」とサインを送ったそうだが、そんないい加減な話があるか。曖昧な指示で現場を混乱させる指揮官は失格だ。

 

 

 

 

それにしても8回裏は、一死、一塁二塁でバッターボックスには4番打者だった。あの場面でダブルスティールなんて奇策がどこから出てくるのだ。チャンスがモノに出来るか否かは別にして、堂々と勝負すべきではないか。小細工を弄して憤死するとは間抜けにも程がある。

 

そもそもプロ野球は、超人的な身体能力を持ったスターたちが、びゅんびゅん投げ、どかんどかん打ち、神業みたいに球を取ったり投げたりする見世物だ。観客や視聴者を技能と演出で魅了するスポーツエンタテーメントだ。自国の代表チームや贔屓チームに勝って欲しいのは当然だが、試合ごとの勝ち負けなんてどうでもいい。われわれは芸が見たいのだ。

 

金を取って客に見せる以上、腕も折れよと投げ、渾身の力を振り絞ってフルスイングせよ。高校野球やリトルリーグじゃあるまいし、いい歳した大人が、ベンチの指令に従い小細工を積み重ねる姿は何ともいじましく、みっともない。日本野球のレベルがどれだけ向上しようと、ちまちましたプレイに徹する限り、メジャーリーグみたいな迫力や興奮は生まれない。

 

文句のついでに、もうひとつ云わせてもらう。日本から来たチンドン屋まがいの応援団は、何が楽しくて気違いじみた騒音を発するのだ。ここぞと云うチャンスに声援を送る気持ちはよく分かる。しかし試合開始と同時にけたたましいラッパを吹き、終了まで太鼓を叩き続ける神経は異常だ。選手は気が散るし他の観客にも迷惑だ。大人しい観戦マナーを身につけることは出来ないものか。

 

と、こうして日本野球やファンを批判すると、わが国独自の伝統や文化を否定する気かとか、お前は西洋被れだとか、感情的な非難を浴びるんだろうな。最近はTPP推進論を書く度にそんなコメントを貰う(笑)。

 

ま、いいや。何はともあれ、これと云った怪我人も出ず、WBCが無事終了してよかった。各選手はしっかり調整に励み、ベストコンディションで本戦に臨んで欲しい。シーズンの開幕はもうすぐだ。やはり野球は面白い。

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by yohkan at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック