2013年02月25日

反TTP派のデマにはウンザリだ!

日米首脳会談後のインタビューで、安倍首相はTPP交渉参加について「なるべく早い時期に決断したい」と発言した。反対派は、この言葉尻だけ捉えて未だ思案中と決めつけているようだが、「オバマ大統領との議論を踏まえて、聖域なき関税撤廃が前提ではないと確認しました」と笑顔を見せ、帰国後「政府全権事項として、政府に対し一任をして頂く、そうお願いしたいと思っております」とも述べた以上、TPP交渉参加はほぼ決まりと見るのが自然だろう。貿易自由化を推進し、国を富ませる安倍首相を熱く支持したい。

 

困るのは、漸く国内調整の段階に至ったのに、荒唐無稽な危険説でTPPを攻撃する反対者がいることだ。無論、既得権益を手放したくない農業団体などが、デマを拡散してでも執拗に反対するのは理解できる。ところが己の損得とは無関係に、TPPが日本の制度を全てぶち壊すと信じて疑わぬ人々がいる。何を根拠にと思うが、反対意見に耳を傾けると、どうやら保守系(?)と呼ぶ評論家たちの主張を真に受けているらしい。

 

 

 

 

例えば、ISD条項やラチェット規定が危険だと大騒ぎしたのは、人気者の若手評論家Nセンセイだ。この人、雰囲気も爽やかだし話も上手いが、云うコトは無茶苦茶だ。ISD条項が国家による協定違反を第三者機関で解決しようと定めるは、約束を破る国の裁判が信用できっこないからだ。わが国も企業保護のため、数々の経済協定にISD条項を含めてきた事実がある。ラチェット規定は、ルール制度後、自由貿易の趣旨を後退させる法律や制度を禁じる決め事だ。海外から投資を誘い込んだ上で、規制をでっち上げて企業行動を阻害する不埒な国があっては困るからだ。

 

こうした国際交易上の常識的な約束を、一部の評論家センセイたちが危険だと煽り不安を撒き散らすからと云って、何故、多くの人々が感化されるのかよく判らない。冷静に考えて、EUだってNAFTAだって、加盟国それぞれの制度や法律はきっちり守られているし、文化や生活様式が崩壊した事実はない。何事も賛成や反対の意見があって当然だが、反対の根拠がデマではなあと暗澹たる思いになる。

 

尚、TPPに関するデマについて判り易く纏めているサイトとしてこちらをお勧めする。NセンセイをTPP芸人なんて呼んでいるので、TPP反対派の人は激怒しちゃうかも知れないが、是非、ご一読頂き度い。勉強になる。

http://taste.sakura.ne.jp/static/farm/society/tpp.html#toc2

 

 

 

 

 

 

 

posted by yohkan at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | TPP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック