2013年02月13日

新三原則!核兵器、作って持って持ち込んで!

北朝鮮が核実験を強行した。曲りなりにもミサイルを飛ばせるテロ国家が核弾頭を確保したと聞けば、恐怖感がつのる。アメリカ本土に到達する大陸弾道弾がそう簡単に開発出来るとは思えぬものの、わが国は既に彼らの射的距離内だ。東京や大阪が北の核攻撃で火の海にされる。

 

 

 

 

もちろん国際社会は北朝鮮を厳しく非難している。支那が抵抗して骨抜きを図るにせよ、国際安保理として北朝鮮に対して制裁を課す筈だ。加えて、わが国も独自の追加制裁を断行したい。総連幹部の再入国禁止など生温過ぎて話にならない。北朝鮮への輸出や送金の全面停止。パチンコ産業の廃止。朝鮮総連と民族学校の解体。朝鮮系工作員どもを一網打尽にして厳重に処罰すべきだ。

 

もっとも北朝鮮の対日工作組織を幾ら弾圧しようと、われら日本国民の命や暮らしが、核攻撃の恐怖に晒される事実は変わらない。必要なのは北の脅威に対する防衛強化策だ。ミサイル迎撃体制の増強や防空壕の建設よりも有効な対策はあるのか。答えはYESだ。核抑止力の保持だ。わが国は核武装により北朝鮮を圧倒すべきなのだ。

 

そもそも「非核三原則」即ち「核兵器を作らず、持たず、持ち込ませず」なるスローガンは、法律でも条約でもなく、かって佐藤栄作首相が野党に挑発されて放った荒唐無稽な国会答弁に過ぎない。原子力基本法には平和利用が謳われているが、敵の核攻撃に備えて国防を固めることこそ、最大の「平和利用」ではないか。国際原子力機関IAEAであれ、核拡散防止条約NPTであれ、いざ日本が核武装に踏み切っても然したる抵抗はしまい。

 

と云うことで、今こそ核武装を実現させよう。「核武装三原則」即ち「核兵器、作って持って持ち込んで」を提唱したい。日本やアメリカの核ミサイルが平壌を常時狙うとなれば、さすがに敵もバカな真似はできない。ナイフを振り回すチンピラを追い払うには、日本刀を引き抜いて、刃をぎらりと光らせるのが効果的だ。

 

 

 

 

 

posted by yohkan at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 国防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック