2012年12月30日

原始人も驚く原子力規制委の「バ」活断層騒ぎ!

「活断層」と聞けば、何やら学術的でもっともらしい。そこに「破砕帯」なんて、おどろおどろしい響きが加われば、素人は恐怖におののく。ちょっと待て、だ。過去10数万年かの間に地層がズレたかズレないか、そんな大雑把な「仮説」で、経済大国、日本のエネルギー政策を左右されて堪るか。10万年前と云えば、ホモサピエンスがアフリカを出て世界中に広がった時代だ。そりゃ、ちったあ地層くらい動くだろうよ。

 

 

 

 

活断層、活断層と連日騒ぐ原子力規制委員会は、単なる学識者の集まりだ。しかもわが国の誇る原発と核技術を潰して、日本の弱体化を狙う朝鮮人民主党政権が選んだメンバーだ。その上、国会の人事承認も受けていない。と云うか、国会閉会中に野田総理が、原子力災害対策法の「原子力緊急事態宣言」を楯にとって、こっそりでっち上げた。一部の学者が提唱する仮説を利用して、再稼動を阻止し、あわよくば廃炉に持ち込みたい反日勢力の悪意が見える。

 

学者とは云え、バカツダンソー集団にモノを語らせても意味はない。経産省の庭で反原発テント村を続ける左巻きの乞食連中を官僚に取り立てて、原子力行政を任せるような話はないか。学者や研究者を集めて議論させるなら、偏りのなり幅広い意見が求められるのは当然だろう。

 

政権交替が実現した以上、さっさと現在のインチキな原子力規制委員会を解体し、政策に沿って、より建設的な提言の出来る専門家を集めるべきだ。安倍自民党は3年以内に具体的な安全基準を策定して見直しを進め、問題のない原発は再稼動すると公約した。今こそ原発と前向きに取り組め。約束通り、潤沢で安価で安定的なエネルギー供給を速やかに実現して欲しい。

 

 

 

 

 

 

 

posted by yohkan at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック