2012年12月04日

元首相に格差あり!麻生と菅の人気度の違い!

麻生元首相は大変な人気者だ。世界の首脳たちが一目置く大物政治家でありながら、気さくなべらんめえ調で国民に優しく語り掛ける。天性の明るさが持ち味で、笑顔がとびきり素敵だ。麻生さんには来る安倍政権できっと重職を担って頂けるだろう、そう思うだけで、ついこちらまで顔がほころんでしまう。

 

麻生さんの博多遊説風景(クリック)をご覧頂き度い。読者のshiratamaさんからご紹介頂いたこの動画は、町の人々と握手しているだけなのに、見るところ、皆が幸せのオーラに包まれている。支持者の熱気や期待が画面から滲み出す。本物の政治家ってコレなんだよなと感じる。

 

云うまでもなく、元首相クラスなら誰でも盛り上がるってものじゃない。握手で元気をもらえるどころか、元気を吸い取られるような、いやいや、むしろ毒気にあてられて、こちらが病気になりそうな政治家だっている。例えば菅直人氏だ。あの人の発するオーラはどんよりと暗い。全身から邪悪な敵意を漂わせているようだ。

 

 

 

 

だから菅さんが辻立ちで演説しても、通行人は誰も立ち止まらないし、むしろ小走りになって逃げる。関わり合いになるとロクなことはない、と皆が知らん顔して離れ、本人がぽつんと取り残される。麻生さんと菅さんの対比で、自民党と民主党の体質の違いがよくわかる。暗い時代はもうすぐ終わる。日本の夜明けがやってくる。

 

 

 

 

 

 

posted by yohkan at 08:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック