2012年11月22日

安倍自民党の公約に感動の涙がこぼれる!

有難い。ひたすら有難い。読み進むうち、気がつけば感動の涙が頬を濡らす。ああ、救われたと安堵する。それが自民党の政権公約集だ。中身は救国の処方箋がぎっしり詰まっている。広範囲な政治のテーマを網羅しているので、難易度や緊急度は様々だが、いずれも真摯な具体策が述べられている。メディアのフィルターを通さず、是非、「自民党政策集 J−ファイル2012」(リンク)をクリックしてお読み頂き度い。

 

公約集なんて、ごちゃごちゃと読むのが面倒だと横着を云うなら、要約版「日本を守るマニフェスト、政策パンフレット」(リンク)でもいい。掲載されている安倍総裁の写真のみならず、そこに書かれた一語一語がわれわれ国民に安心感と希望を与えてくれる。自民党が如何に立派な政党か、どれだけ本物の政策集団か、一目で判る。選挙民必読だ。

 

前政権と比べてみるがいい。民主党は復興を放棄して被災者を苛め抜き、公共事業を激減させて防災体制を破壊した。外交と国防を徹底的に弱体化させて、敵国の領土侵略を招いた。原発を止め、過度な円高を維持して日本経済を破壊し、電力企業や輸出企業を瀕死の状態に追い込んだ。最後には人権法や外国人参政権で、日本国の乗っ取りまで企んだ。実に危ないところだった。この売国民主党の反日工作を全てぶっ潰すのが、次期安倍政権だ。

 

 

 

 

支那朝鮮などの敵国を除けば、同盟国のアメリカをはじめ世界中の国々が、わが国の復活に期待している。優れた頭脳と技術と創造性で世界をより豊かにして欲しい、と多くの人々が願っている。国際社会の声に応え、より強い国となって、世界経済の機関車の役割を果たそうではないか。な〜んて、考えるうちに、あっ、また不覚にも再び涙がぽろぽろとこぼれる。

 

つつつ、つらかったんだよう。かか、悲しかったんだよう。この3年間、毎日毎日、日本をぶち壊していく民主党に怯えていたんだよう・・・・・と、あとは号泣で言葉にならない。安倍さんの胸にすがって、おいおい泣きたい。ああ、有難い!

 

 

 

 

 

 

posted by yohkan at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 自由民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック