2013年07月29日

サッカー競技場を旭日旗にしちゃおうぜ!

サッカー東アジア杯でまた韓国が反日感情を爆発させた。わが国を非難する横断幕や、テロリスト安重根の巨大な幕まで登場したと云うから呆れる。純粋にスポーツを楽しむ文化レベルに達していない国だから、憎き日本相手の試合となれば、まるで反日祭りの様相を呈する。

 

もっとも今回の横断幕が日本人にとって不快であっても、FIFAに韓国の処分を求めるのは難しい。「歴史を忘れた民族に未来はない」との文言で、しかも朝鮮文字だ。自国民に歴史を忘れるなと戒めたと云われれば、それっきりだ。安重根だって、韓国以外では誰も知らない無名の犯罪者だ。

 

韓国がスポーツに持ち込む反日メッセージに、いちいち目くじらを立てても意味はない。もともと韓国人が喚く対日非難など気違いの戯言だ。へんに反応すれば、先方の病状が悪化する。むしろ、われわれは敵の云い分など一切無視して、いつも通り、日本流の遣り方で自国チームを応援すべきなのだ。

 

例えば、旭日旗だ。なぜか韓国人がこの旗をナチスの鍵十字と同一視して、あらぬ非難を浴びせる。旭日戦犯旗と珍妙な名前で呼んだりする。しかし、彼らが如何に火病を起こそうと、旭日旗の持ち込みを控える理由はない。

 

伝統の奉祝旗であり軍旗であるライジングサンは、正当な国旗として日の丸同様、世界で認知されている。日本人の誇りと喜びの象徴だ。これほど国際試合の応援に相応しい旗はない。いっそ、サッカー競技場そのものを旭日デザイン風にしたら如何かと思うくらいだ。

 

 

 

 

こんな競技場なら観客は喜び、選手は燃え上がるに違いない。その上、あんなピッチでプレイが出来るか、と韓国チームが来なくなれば、一石二鳥だ。日韓対決などと騒ぐのは韓国側だけで、こちらは三流国を相手にする気など全くない。

 

 

 

 

 

 

 

posted by yohkan at 12:07| Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: