2013年07月28日

日本政府はわれらの同胞、呉善花さんを守れ!

評論家の呉善花さんは韓国出身ながら、同国に対する冷静で批判的な論評や著作で有名だ。ともすれば思い込みや先入観により韓国を誤解しがちなわれわれ日本人に、かの国の実態とその対処法を教えてくれる有難い先生だ。例えば同氏が先頃、Blogosに書いた「朴大統領『親日幻想』に騙されるな」を読めば、目から鱗がぽろぽろ落ちる。ふむふむと頷かざるを得ない。

 

 

 

 

さて、その呉善花さんが韓国で入国を拒否された。然したる理由はない。同国政府にすれば好まざる人物なのだろうが、今回の渡韓目的は結婚式への出席で、政治活動を目的としたワケじゃない。もちろん如何に韓国を批判しようと、犯罪者でもテロリストでもない。空港で追い返すとは、あまりにも理不尽な仕打ちだ。

 

やはり後進国なんだよね、とヘンに納得するべきじゃない。あるいは、出身国を批判すれば入国できなくても仕方がないと、傍観者を気取ってもいけない。正当な理由なき入国拒否は、日韓相互に取り決めたビザ免除措置に対する違反だし、そもそも日本人に対する侮辱であり、重大な人権侵害だ。

 

そうなのだ。呉善花さんは既に日本国籍を取得した、立派な日本人だ。生まれ育ちが外国であっても日本国民であり、われわれの同胞だ。日本政府は一国民に対する不当な扱いを看過することなく、毅然として韓国政府に抗議せよ。いざとなれば、対抗措置として韓国人の入国を厳しく制限すればいい。

 

世の中には偏狭な考え方がある。帰化人に対して差別的感情を持ったり、なかには、いざとなれば国籍を剥奪して本国へ送還せよ、みたいな過激な意見を吐く人もいる。そんな無茶を云ってはいけない。帰化条件の緩さなど、改善すべき法律上・入国管理上の問題はあるけれど、出身地や民族に関係なく、帰化すればその日から皆、日本人だ。

 

日本政府は呉善花さんを守れ。韓国政府に同氏の入国を認めさせろ。われわれ日本人同胞がそう声を上げよう!

 

 

 

 

 

 

posted by yohkan at 11:54| Comment(0) | 韓国・北朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: