2013年05月16日

暴走する原子力規制委員会はヤクザか!?

原子力規制委員会の暴走が止まらない。然したる科学的根拠もないのに、敦賀原発の直下を走る断層を活断層だと決めつけて、再稼動阻止の執念に燃える。いい加減な調査結果に翻弄される日本原子力発電が反発したら、「だったら、活断層でない証拠を持ってこい」と開き直る。お前らはヤクザか。

 

 

 

 

コンクリートの破片で活断層を信じ込むような間抜け学者め、先ずは活断層だと云う証拠を示せるなら示してみろ。いや、それ以前に、12万年もの太古の昔、一度や二度、地層が動いたからと云って、原発を停止させねばならぬ理由を説明してみろ。

 

バ活断層騒ぎだけでも酷い話なのに、返す刀で高速増殖炉原型炉「もんじゅ」をバッサリぶった斬ったのには仰天した。運転禁止命令を出した上、「もんじゅ」を所有する日本原子力開発機構を指して「こういう組織が存在していることが問題だ」と大見得を切る。何を云うか。お前ら、規制委員会のほうが余程問題ではないか。

 

もともと売国民主党がわが国の経済力を破壊し特亜勢力を利する為に発足させた原子力規制委員会だ。ロクな連中ではないのは知っていたが、仮にも学者だ。根拠も希薄なまま、なぜ、ひたすら反原発に突っ走るのだ。と思い調べたら、彼らの掲げる「原子力規制委員会の組織理念はこれだ。

 

「わが国の原子力規制組織に対する国内外の信頼回復を図り、国民の安全を最優先に、原子力の安全管理を立て直し、真の安全文化を確立すべく、設置された」

 

安全はもちろん大切だ。しかし、全原発を止めっぱなしにするのが最良の策と考えるなら安直過ぎる。安価で潤沢で良質なエネルギーを放棄し、さらに核技術を捨て去れば、経済が疲弊するだけでなく、安全保障政策が破綻して国民の命や暮らしが危険に晒される。

 

安全と聞けば、条件反射的に原発停止と廃炉しか思いつかぬバカ学者を集めても無意味だ。安倍政権はこんな穀潰し委員会をさっさと解散させ、新たな原子力「推進」委員会をぶち上げろ。そして、学者共の意見も参考にするにせよ、政府として責任ある国家エネルギー政策を示せ。原発なしで健全な経済成長は望めない。アベノミクスが絵に描いた餅になってしまう。

 

 

 

 

 

 

posted by yohkan at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック