2023年04月18日

テロリスト如きは即刻射殺せよ

或る時は検討使、また或る時は財務省の操り人形と、度々、岸田首相を批判する当ブログではあるけれど、決して現政権を倒したいと望む訳じゃない。

国防・経済・内政外交いずれも懸案事項が山積みする今こそ、行動力や指導力を発揮し、出来ることなら安倍路線を踏襲して欲しいと願うからこそ、辛口評価を綴るに過ぎない。

ゆえに数日前、地方遊説中に首相がテロ遭遇とのニュースには驚愕した。その後、無事と知って胸を撫で下ろしたが、一時は悪夢の再来かと焦りに焦った。

報道によれば、地元の漁師さんが咄嗟の気転で犯人を取り押さえたとか。要人が民衆と触れ合う選挙運動中だからこそ、警察はもっと確り警護せよ、と憤りを覚える。

キッシー暗殺未遂事件の容疑者は弁護士を通じて語ると生意気をヌカし、黙秘中とやらで詳細不明ながら、安倍総理暗殺テロの「模倣犯」なのは明白だろう。

察するに、安倍さんの暗殺犯が同じく引きこもりの容疑者にとって憧れの存在だったか。遊説中の首相を襲う犯行は勿論、顔つきや服装までコピーしたようで気味が悪い。

アイドルの髪型や服装を真似するノリで凶行に及ぶとは狂気の沙汰だが、テロリストを持ち上げるマスゴミやパヨクの異様な姿勢に触れ、その気になったとしても不思議はない。

アベガー族の卑しい習性か、彼らは安倍さんの死を自業自得と嘲笑い、その一方で暗殺犯の心情や主張に寄り添ってきた。まさに被害者を貶め、加害者を持ち上げたのだ。

屁理屈の如き犯行理由を大々的に報じ、テロリストを新興宗教の犠牲者だと祭り上げて擁護し、ワイドショーではパヨク弁護士どもが社会正義を訴えて、政府を糾弾した。

遂には世直しの英雄だと褒め称えたり、暗殺犯を主人公に映画を作る馬鹿まで現れる始末。減刑嘆願に加え、励ましの便りや多額の寄付が獄中に寄せられたと聞く。

猿真似男はコレを見て「ふむふむ、ああやって首相を斃せば、メディアにモテ囃されてヒーローに成れるのか!」と錯覚し、キッシー目掛けて手製爆弾を投げつけたに違いない。


monkey terrorist のコピー.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 08:30| Comment(39) | TrackBack(0) | 指定なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする