2021年09月30日

高市氏の大健闘

自民党総裁選は大方の予想通り、決選投票で岸田氏が河野氏を下した。反日野党まがいの候補を退ける結果を得て、最悪は回避できたと安堵する。

唯一腑に落ちないのは、身近な職場仲間の国会議員から充分な信頼を得られない河野氏に、なぜ都道府県の党員票が集中したのか?と云う点だ。

国会議員は党員含む一般国民が選ぶ。中央と地方で政治の趣が異なるにせよ、議員票と党員票の動きがかけ離れるのは、何とも不思議な現象だ。

全国の自民党員は、職域や地域の義理人情で登録しているだけで、政治には無関心なのか?TVのワイドショーに踊らさせる高齢の情弱者ばかりか?

あるいは身元調査もなく自民党員になれ、求められるのは僅かな会費のみゆえ、敵の工作員やプロ市民が反日活動の一環で大勢登録しているのか?

もしや「河野ジャンプ」と呼ぶべき不正票の水増し行為はなかったか?と、ついつい米大統領選のバイデンジャンプを思い出し、疑心暗鬼に陥る。

いずれにせよ、有象無象の党員に総裁選の投票用紙を与えるのは乱暴過ぎる。国政の執行における指導者を選ぶのだから、国会議員にのみ選ばせるべきだろう。

「党員票は国民の声に近いから重視すべき」は、マスゴミの詭弁だ。自民党の進路を己の情報工作で思うがまま捻じ曲げたい、唯ソレだけの話だ。

さて、本日掲載の挿絵について、意味合いを問われそうなので予め答えておく。実はこのイラスト、昨日の投開票直前に祈りを込めて作画したのだ。

真正面から理念を語り、確固たる存在感を示す高市氏の姿が、ブログ主の脳内で日本神話に重なり、新総裁就任は確実と信じて祝福の意を込めた。


takaichi goddess.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 06:52| Comment(39) | 自由民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする