2021年03月28日

(続)LINEの使用を撤廃せよ

前回に続き、LINEについて書く。敵国の企業に日本国民の大切な個人情報をぶっこ抜かれるとは何たる不始末!何たる無様さ!と腹の虫がおさまらない。

平成15年に成立した「個人情報保護法」は、どうやら不備だらけのザル法らしい。外国の第三者への情報提供を制限する条文が、何ら効力を持たない事実に愕然とする。

各種行政サービスに採用した官公庁は、なぜLINEを意図的に普及させようと企んだのか?、役人と業者の癒着を洗い出せ!と国民が怒り狂うべき場面だ。

ところが世間には、自分たちの交信メッセージなんぞに誰が興味を持つものか、と能天気で無神経な連中が多く、利用して何が悪い?と開き直る馬鹿までいる。

自分と家族、友人知人の電話番号と住所、場合によっては本人確認書類、購入履歴や診療履歴、趣味嗜好性癖まで、敵国に掌握される恐ろしさが想像出来ないのか。

この体たらくだから、舐められるのだ。個人情報漏洩問題に関するLINEの謝罪会見など、わが国を愚弄する放漫且つ無礼な姿勢に吐き気がした。

社長と名乗るのはイカサマ師みたいな風貌の男だ。こいつが嫌そうに頭を下げつつ、「説明が不十分だった」と白々しい台詞を吐く。ふんっ、何を云いやがる。

韓国政府はLINE情報の収集・分析を行っていると公式に認めている。自治体や消費者に説明してきた「個人情報は日本国内で管理」は、真っ赤な嘘じゃないか!(怒)

記者発表には日本人役員のみが登場するなど、表向きはヘンに日本企業を装うLINE社だが、平然と二枚舌を使うあたり、朝鮮流の伝統的行動様式は隠しようがない。

対策として、今後は日本国内で情報管理するとは云うものの、先ずは韓国からのデータ移管作業にちんたら半年かける予定とか。悪意が透けて見える。


line liar.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 16:05| Comment(96) | 韓国・北朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする