2021年03月10日

来る日米首脳会談に一言

トランプ氏の指摘は100%正しい。昨秋の米大統領選でバイデン&民主党陣営は大胆且つ卑劣極まる不正工作を積み重ね、共和党から勝利を盗んだのだ。

「失礼じゃないかッ!」とケント某氏が怒り狂ったとて、不正の事実は否定できない。多くの証拠や証言があり、バイデン・ジャンプの不自然さは数学で証明出来る。

米国の世論調査によれば、殆どの共和党支持者に加え、民主党支持者の3分の1ですらバイデンが勝ったとは信じていない。多くの市民が露骨なインチキに呆れた証左だ。

反則技であれ勝ちは勝ちだ、と開き直る新大統領をマスゴミが幾ら持ち上げたところで、民主主義を踏み躙った人物を米国社会が素直に認める筈はない。

ゆえに、就任式ごっこの直後から、映画セットのホワイトハウスで執務するフリを続けるものの、未だにエアフォースワンにも乗れず、施政方針演説すら行えない。

国内の大衆向けならお芝居とフェイクニュースで誤魔化せるにせよ、さて、外交をどうするつもりか。国際社会に跋扈する海千山千のヤクザな首脳たちを騙すのは無理だ。

しかも投票の不正集計に100カ国以上が関わったとの噂もある。イカサマ選挙に協力した国々はソレなりの見返りを期待し、バイデンを脅す側に回ったとて不思議はないゾ。

・・・とツラツラ考えていたら、米大統領が来月にも菅首相をホワイトハウスに招聘し、首脳会談開催を調整中との報道が飛び込んで来た。ふ〜ん、そうなのか。

インド太平洋地域で傍若無人な振る舞いに及ぶ中共に対峙するため、日米同盟の重要性を内外に示す狙いと、ニュース解説は伝えるが、俄かには信じ難い。

米新政権はバリバリの親中派だ。親子揃ってシナ企業から賄賂を受ける大統領と、習近平の子飼いと呼ばれる副大統領が、あの国に本気で対抗するとは思えない。

外国要人との接触を極力避け、先日もカナダの首相との首脳会談をオンラインで済ませた大統領が、最初の面談相手に菅首相を選ぶのは、単に御し易いからではないのか。


suga at whitehouse.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 09:00| Comment(63) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする