2021年03月03日

台湾産パイナップルを買おう!

今回のエントリは、数日前にフロリダで開催された保守政治活動会議(CPAC)におけるトランプさんの演説をテーマにするつもりだったが、ころりと気が変わった。

エアフォース・ワンで登場したり、大統領の象徴たる「金の鷹」の付いた国旗を会場に飾ったり、現役続行中にも見えるトランプさんだが、期待した爆弾発言はなかった。

新党結成を否定し、共和党の結束を呼び掛けるあたりは常識の範疇だ。バイデン就任後の失政を糾弾するものの、民主党の政権奪取自体は受け入れた様子が気に入らない。

一時的な軍事政権への移行を経て、今月、再び大統領に返り咲く話はどこに行っちゃったんだろ?ボケ爺いをさっさとムショ送りにするんじゃなかったのか?と不満を覚える。

と云うことで、米大統領選とは全く無関係な話題だ。今日は台湾産パイナップルについて書く。ご存知と思うが、3月1日付を以て中国が禁輸措置に踏み切った。

害虫問題が理由と中国当局は説明するが、パイナップル輸出量の97%を占める相手先による突然の禁輸は、経済的手段を用いた政治的圧力とみるべきだろう。

昨今、大陸離れの動きを見せる台湾に対する露骨な恫喝であり、陰湿なイジメだ。蔡総統が「豪州産ワインに続く、中国の不公正な貿易慣行」と非難するのは頷ける。

このニュースを受け、わが国のSNSには台湾への同情や応援が溢れ始め、当然ながら中国の横暴さをなじる声も加わった。コレが中国人には面白くないらしい。

華為など中国企業に対する米国の禁輸措置に関し、日本人は対米批判をしなかったじゃないか。一方的な中国批判は「ダブルスタンダード」だと、レコードチャイナが書く。

呆れるのはこちら側だ。われわれ日本人にとって米国は大切な同盟国、台湾は親密な友好国で、中国如きは憎き敵国。この程度の認識が、あの国の連中にはないのか?(笑)


taiwan pineapple rev.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 12:28| Comment(72) | 世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする