2020年04月29日

驚き呆れる「テドロス語録」

2月中旬以降、武漢ウイルスの感染者数や死者数を累々と積み上げ、徒らに巷の不安を煽ってきたメディアが、ここに来て、経済問題に焦点をシフトした気がする。

己の生活や仕事、投資活動等々に直接的な影響を与える以上、誰もが昨年度末の赤字決算や今月の倒産件数を注視するのは当然だが、病魔への不安が若干薄れてきた証左でもある。

それもその筈。読者の三助さんが作成されたデータによれば、東京都の週間感染者数の推移を見る限り、どうやら今月初旬から中旬にかけて感染のピークを迎え、徐々に終息しつつつあるようだ。

2月10日週:  16名
2月17日週:  10名
2月24日週:  10名
3月2日週 :  25名
3月9日週 :  26名
3月16日週:  48名
3月23日週: 292名
3月30日週: 602名
4月6日週 :1034名
4月13日週:1015名
4月20日週: 827名
4月27日週: 529名(月火2日間を週換算)

他地域の状況は不明だが、おおかた似たような傾向と察する。海外も同様らしく、早々と外出禁止令を撤回する国や、堂々と勝利宣言を発する国すらあるくらいだ。

第二波襲来の懸念から慎重な姿勢は崩せないが、早晩、日本政府も緊急事態終了を告げるだろう。巧みな政策で感染を抑え込んだ安倍政権の判断と指導力を、大いに称賛したい。

さて、騒ぎが鎮まり半年も経てば、「ああ、そんな事があったっけ」状態になるのが人の常だ。特効薬さえ登場すれば、エボラ熱やSARSと同様、チャンコロナは単なる感染症のひとつと化す。

但し、歴史的な厄災をもたらした張本人として、世界中の人々の記憶に残り、長く憎悪と侮蔑に対象になりそうな男が二人いる。首魁の習近平と子飼のテドロスだ。

キンペ&中共政府の非道さを書き出せば筆が止まらないので割愛するが、WHOの事務局長についてはネットで話題の「テドロス語録」を紹介しよう。長〜いコピペで恐縮だが、お許し願い度い。


corona tedros who.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 08:54| Comment(114) | 指定なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする