2020年03月27日

国のために何ができるのか

現時点では収束時期の予想すらつかぬチャンコロナウイルス感染の拡大が、今後、どれだけの経済損失を生むのか。消費の大幅な落込みは明らかで、景気後退は避けようもない。

ゆえに政府は各業界のヒヤリングを進めて、緊急経済対策を検討中だ。詳細不明ながら、国民への現金や商品券支給に加え、外食や旅行代金の助成、中小企業の資金繰り支援などの案が上がる。

財政出動の規模は、リーマン・ショック直後の対策費15兆円の倍以上に膨らむ見込みとか。米国の2兆ドル(220兆円)の対策費に比較すれば小さいが、ソレなりに政府の本気度が伺える。

政治家が陳情に応えて票田を拡大し、役人が予算を分捕る好機到来か、とココで皮肉るつもりはない。大不況の到来を阻止すべく、国家がリソースを総動員すべき場面なのだ。

政府が打ち出す緊急経済対策こそが、有効な処方箋であって欲しい。わが国が元気を取り戻せるよう、経済の血流を促し、産業構造刷新の起爆剤となるカンフル剤を望みたい。

但し、ここで一言云わせて頂く。コロナ騒動なる不可抗力に依る突然の需要鈍化であれ、己の損失を政府に補填して貰おうと浅ましい期待を抱くのは、ヒトとして恥ずべき所業だ。

マトモな経営者なら、出鱈目極まる共産国家に事業の命運を掛けるヘマはしない。サンプライチェーンからインバウンド消費に至るまで、中国をアテにした企業が潰れるのは自業自得だ。

個人も同様だ。所得半減や失業の憂き目に合うとすれば気の毒だが、生きて行けぬと悟るなら、首を括るしかない。突発的な人生の危機に備え、預金や保険を用意しなかった己が悪いのだ。


abe kennedy rev.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 09:15| Comment(74) | 指定なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月22日

武漢ウイルスの新しい呼称

人民日報系列の環境時報が「新型コロナウイルスへの甘い対応で、感染を拡大させた欧米諸国は反省せよ」と書く。共産党の機関紙的メディアの社説とは云え、随分な無茶を云う。

武漢肺炎の異常性を告発した医師を処刑する隠蔽工作や、昨秋来、事態を放置した初動の遅れには頬被りし、他国の危機管理能力欠如を非難するあたりは、支那一流の図々しさだ。

しかも、習近平は感染多発に悩む欧州各国や韓国、イランの首脳に見舞いの電報を送った上、医療資材の供与を申し出たと聞く。己の非を詫びるどころか、虚勢を張る様子に唖然とする。

徹底管理で感染症を抑え込んだ自国は諸外国を支援するほどの余裕あり、と強調したいのだろうが、「ウイルスをばら撒きやがった支那が、今さら何を云いやがる」が国際社会の率直な反応だろう。

もっとも、開き直りもこの辺で辞めておけば良かったのだ。お調子に乗って、中国政府の報道官が「ウイルスを中国に持ち込んだのは米軍だ」と発表したのは、やり過ぎだった。

「感染症の中国発祥は濡れ衣だ」「われわれは被害者アル、お前らが加害者アル」なんて、子供染みた苦し紛れの嘘っぱちが、米国相手に通じる筈もない。

トランプ大統領は記者会見で、中国の虚偽発言をキッパリ否定した上、発生源を示す的確な感染症の名称だとして「中国ウイルス(Chinese Virus)」と連呼し始めた。

なるほど、コレほど分かり易い名称もない。日本政府も「新型コロナウイルス感染症」なる呼称を直ちに止め、米国と歩調を合せて「中国ウイルス」と呼ぶべきだ。

いや、いっそ「チャンコロナ」は如何か。中国発のウイルスだと誰もが分かるし、覚え易く、呼び易い。中国にとっても、Chinese Virus よりはまだマシじゃないのか。


chancorona.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 14:55| Comment(73) | 支那中共 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月17日

反日パヨクの「コロナ」で銭儲け

くどいようだが、また、武漢コロナの話をさせて貰う。このところ書いてきた楽観説とは裏腹に、世界中で感染が多発して株価が大暴落するなど、嫌な局面になってきた。

但し、コロナの分析サイトWorldometerで、総死亡者数 Total Deathsの国際比較を見て、対人口比を思えば、わが国の被害は軽微で決して深刻に悩むべき状況にはない。

多くの簡易検査で医療崩壊を招き、死者数を激増させた韓国やイタリアなどと比べれば、検査対象を重症者や帰国者に絞り込む日本政府の慎重で現実的な対策の優秀さは一目瞭然だ。

にもかかわらず、マスゴミは、日本の感染者が諸外国に比して少ないのは単純に検査数が僅かだからと解説し、実態を隠蔽するな!国民を殺す気か!と叫び、政府を敵視する。

奴ら得意の日本サゲ韓国アゲは相変わらずで、既に大失敗が明白な韓国の「ドライブスルー型PCR検査」を、理想とすべき防疫体制と称賛するあたりは、常軌を逸している(笑)

「国民総検査」の必要性を力説する顔ぶれは、鳩山由紀夫や大村愛知県知事、舛添元都知事などの政治家に有象無象の芸人やタレントを加えた、日頃から半島愛を語る香ばしい連中だ。

なかでも過激なのが、度々TVに登場する自称専門家、例えば岡田晴恵や上昌広などの医師モドキ(?)で、「厚生省による検査妨害」デマを拡散するなど、そのぶっ飛び方に呆れる他はない。

どうしてこうなっちゃうのかねえ?と首を捻っていた矢先、孫正義が「簡易検査キットを100万セット配る」とぶち上げたので、ははあ、カネ儲けも目的だったのね、と漸く筋書きが読めてきた。

簡易キットによる検査拡大で医療崩壊を招き、ついでに東京五輪を潰すニダ、との韓流反日工作ではあるにせよ、孫サンとお仲間の「国民総検査」オシは欲得絡みに違いない。

何しろ東北大震災発生の際、愚民の放射能ヒステリーに乗じて原発に「悪」のレッテルを張り、菅直人と組んだメガソーラー計画の推進で、濡れ手に粟の丸儲けを企んだ政商だ。

武漢パンデミックで再び愚民の感染恐怖ヒステリーに乗じ、ロクでもない韓国製簡易検査キットの在庫品を大量に入手して、厚生省や医療機関相手にボロ儲けを狙ったのだろう。


coronavirus inspection.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 08:49| Comment(93) | ソフトバンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月12日

中国を嫌いにならないで下さい

春が来た。としか、表現しようのない天気が続く。日差しが明るく、ポカポカと暖かい。眩しい空を眺めるだけで笑顔になれる。満開の桜が楽しめるのは、もうすぐだ。

コロナ、コロナと騒いできたが、もうソロソロいいんじゃね?と思う。今頃になってWHOのテドロス事務局長がパンデミックを認めたが、だからこそ事態は収束間近だと感じる。

なぜって、こいつは「警報を出すほど深刻な事態じゃない」とか「上手く対処してくれる中国に感謝すべき」とか、終始、事実と180°異なる発言で、世界中を呆れさせてきたからだ。

「イタリアの対応は素晴らしい。日本はダメだ」と公言して赤っ恥をかいた自称感染症専門家、上昌弘なる怪しい医師(?)と同様、メッセージは単なる政治宣伝と解釈すればいい。

武漢コロナあるいはCOVID-19の蔓延は世界各国に共通する現象で、決して中国だけのビョーキではないぞ、とテドロスは云いたいのだ。行間には「中国を悪者にするな」との真意が滲む。

世界のサプライチェーンから外されたら、中国経済は破綻し、衛星国にも被害が及ぶ。故に「武漢コロナは嫌いでも、中国を嫌いにならないで下さい」と泣いて頭を下げる心持ちか。

武漢市の異常に高い死亡率、同市ウイルス研究所の存在、更には生物化学兵器の可能性、中共政府の隠蔽工作等々から目を逸らさせんと、必死で努力するエチオピア人の健気さが涙ぐましい。


who tedros loves china.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 13:15| Comment(79) | 世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月06日

涙溢れる忠犬物語

日本人の様々な美徳が先の敗戦によって失われた、と嘆く声を聞く。例えば「忠義心」なんて言葉は死語と化し、最早、時代劇か歌舞伎の台詞くらいにしか使われない。

辞書に拠れば、主君や国家に対し真心を尽くして仕えるとの意。民主主義よコンニチワ、立憲君主制よサヨウナラで、国家意識が消え失せた戦後日本だもの、この言葉が忘れられるのも無理はない。

とは云え、嬉々として私生活を犠牲にし、過酷な長時間労働に励むサラリーマンを見れば、対象が君主・国家から会社・上司に変わろうと、忠義の精神は決して絶滅していないと判る。

給与アップや昇進狙いの「滅私奉公」演技など、忠義心ではないと否定する向きもあろうが、武士や軍人のソレも処世術だったかも知れない。人のやることは、いつの時代もそう変わらない。

勿論、誰もが認めるホンモノの忠義心もあり、歴史上は「忠臣蔵」がその典型か。どう考えてもバカ殿でしかない浅野内匠頭に忠誠を尽くし、命を投げ打った赤穂浪士は今も尊敬の対象だ。

身近なところでは、渋谷駅前の「忠犬ハチ公」がいる。銅像が手垢で黒光りするほど観光客が撫で回す人気の源泉は、上野先生に対し愛犬が捧げる忠義心への感動だ。

アレは犬畜生の餌欲しさだなんて、ツマラヌ解説は聞きたくない。無心に主人を愛し、信じ、その逝去も知らず、ひたすらに待ち焦がれるハチ公の姿に、世界中の人々が感涙で頬を濡らす。

雨の日も風の日も、帰らぬ主人をじっと待つ老犬の真似など、そうそう出来る筈もない。「忠義心」なる言葉が通じない現代で、ソレがやれるのは、たぶん、自民党の二階幹事長くらいだろう。

如何なる状況にあろうとも、主人を愛し、信じ、慕い、常に真心を尽くして献身的奉仕に徹する。江戸時代の殿様なら「あっぱれな忠義心」と、褒美を摂らせるレベルに違いない。

尻尾をふって習近平にすがりつく姿は、氏の名誉と尊厳をいささかも傷つけるモノではない。むしろ、日本国民から心ない非難を浴びようとも、決して揺るがぬ盲目的な支那愛が胸を打つ。


xi & dog nikai.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 09:45| Comment(103) | 自由民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月02日

休校で何が悪い!

武漢肺炎の蔓延防止目的で、本日を以て全国的に公立小中高校が休校となる。学校を閉鎖するか否かは各都道府県の首長に判断に委ねるらしいが、国の要請に従う地域が大半だろう。

聞けば本件、日本医師会が集団感染の連鎖拡大を抑えるための具体策として、今月を防止強化月間と定めて学校の春休みを前倒しするよう、安倍首相に強く要望していたのだとか。

インフルエンザは大抵、子供たちが学校で感染してウイルスを各家庭に持ち帰り、じわじわと社会全体に広がる。医療の専門家が休校措置こそ有効な予防策と判断するのは、素人にも頷ける。

ふと気づけば、私立校や大学なら3月を丸々春休みに充てるところも多い。公立校を数週間休みにするくらいなら学業への支障も少ない筈で、コレで疫病が防げるなら有難い話だ。

ところがだ。首相が休校措置を発表した途端、マスゴミ各社が猛烈な政権批判を展開し始めた。サクラが不発に終わった腹いせか、休校とは何だ!とヒステリックに喚き立てる。

勉強の遅れを心配し、卒業式の中止を嘆く親心は分からんじゃないが、子供を持つ共働き夫婦は仕事を続けられない、なんて文言は、パンデミックを恐れるべき現状況下ではイチャモンの類だ。

仮に学校で集団感染が発生すれば、充分な予防策を怠ったと、政府を口汚く罵るに違いないマスゴミが、平素は大好物の「子供の人権」や「安心安全」をコロリと忘れているらしい。

不安に苛まれ、不満を燻らせる視聴者や読者に被害者意識を与え、「世間が悪い」と訴えて、政府や官邸を加害者に仕立てる彼らの常套手段は、実に浅ましく、そして薄汚い。

とは云え、まだまだマスゴミの影響力が侮れないのも事実。家で無邪気に遊ぶ子の姿を眺めつつ、徐々に「アベガ〜族」化する働くママさんなんぞもいるかと思えば、気が重い。


abe kyuukou rev .jpg

続きを読む
posted by yohkan at 09:13| Comment(83) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする