2020年02月26日

安倍総理を信じよ!

昨日、厚労省が「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針の具体化に向けた見解」を発表したので、くどいようだが、またまた武漢肺炎について書かせてもらう。

同省の見解を読み、前回のエントリ「健康管理は自己責任」で述べた「くよくよと過剰に心配せず、手洗いとうがいを励行すべき」との考えは間違っちゃいないぞ、と自信を持った。

加えて肝に銘じるべきは、不要不急の外出を止めて人混みを避けること。風邪程度の症状なら自宅で療養か。ふむふむ。当分、君子危うきに近寄らずで、日々おとなしく過ごせばいい。

無論、持病のある方や、体力の劣る高齢者は注意すべきだし、仮に高熱や肺炎の症状が続くようなら、躊躇なく「帰国者・接触者相談センター」に連絡せよ、と厚労省も勧めている。

いずれにせよ、役所がその道の専門家センセイを集めて知恵を絞ろうと、素人ブロガーが思いつきを綴ろうと、個人としての疾病予防対策の中身は然程変わらない。

当たり前だ。感染症と戦ってきた人類の歴史を振り返るまでもなく、現代人はインフルエンザの流行に慣れている。ウイルスが猛威を振るう時期はじっと耐えるくらい、常識の範疇だ。

いつ病魔が襲うかと恐怖に慄き、ソレばかり考えていたら、武漢肺炎の感染有無にかかわらず、心が弱り体調が悪くなる。明るい気持ちで笑って過ごせば、病気の方から逃げていく。

馬鹿云うな!ある日突然発症して、重篤化し、死んでしまったらどうなるのだ!と怒り狂う心配性いるだろうが、ある種のピンピンコロリ状態と思えば、諦めもつくだろう。

みっともないのは、己の恐怖心に振り回され、国に悪態をつくことだ。対応が遅いじゃないか、と喚いて何になる。未知の新型ウイルスだもの、対策が後手に回るのも致し方ない。

この意味で、保守派として名高い人気作家、百田尚樹さんやクリニック経営者の高須院長が、SNSを通じて猛然と政府や官邸を攻撃し出した姿に、違和感を覚える。


abe christ 3.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 09:31| Comment(107) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月20日

健康管理は自己責任

武漢肺炎については既に幾度かエントリした。「新型ウィルスで倒れるのは誰か?」で、杜撰な管理に伴う感染拡大により、日中それぞれの政権が共倒れになる可能性を論じた。

「WHO如きを信用するな」では世界保健機構の欺瞞性を語った。「プーさん倒れる」では習近平の様子を想像してみた。冗談話ではあれ、筋書きは僅かな真実を含むと思う。

書きたい事は書いたので、次のテーマに移るべきところだが、今回はもう一度、ウイルス関連を取り上げる。マスゴミがこのネタで政権批判を煽り出したので、こりゃいかんと感じたのだ。

解放された武漢からの帰国者やクルーズ船の乗客には、隠れ陽性の人々もいるだろう。数は減少したものの、中国からの来訪者は依然として多く、病人が混じっていても不思議はない。

彼らが日本中、あちらこちらで危険なウイルスを撒き散らすのは間違いないし、医療関係者や接客業者など含め、国内の感染者数は当分の間、刻々と増え続けるに違いない。

但し、とココが重要な点だが、武漢肺炎の爆発的な広がりで、大勢の日本人がバタバタとブッ倒れるとは考え難い。なぜって、今日までの発症者数が極めて少ないからだ。

マスゴミはなぜか、クルーズ船DP号で陽性反応の出た600人余りも日本国内の発症例に算入する荒技で、中国に次ぐ感染国になったと騒ぐが、あんな報道はある種の反日宣伝だ。

本日現在、国内感染者の実数は、症状の出ていない人も含めて約80名。春節の期間中、あれだけ多くの中国人観光客が来日しながら、武漢ウイルスによる国内の感染被害は軽微な範疇だ。

しかも、中共政府の公式発表は信憑性に乏しいものの、都市の封鎖など緊急対策がそれなりに奏功したか、中国本土における発症数もピークを過ぎて減少傾向にあるらしい。

幸い、春を迎える。抵抗力の落ちる寒い冬場こそ、風邪やインフルエンザに要注意だが、暖かくなれば、患うリスクは急減する。武漢肺炎騒ぎも自然に収束するだろう。


coronavirus winter and spring.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 10:13| Comment(101) | 支那中共 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月13日

臨時休業のお知らせ

いつも当ブログにお越し頂きありがとうございます。 事情により、ちょっとだけお休みさせていただきます。

rinji kyuugyou 07.jpg



posted by yohkan at 11:37| Comment(30) | 指定なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月10日

プーさん倒れる

中国国家主席プー・キンペイは、ぶるぶると震えていた。見つめるTVが映し出す大都市はゴーストタウンと化し、腐乱した死体が散乱する。地獄さながらの光景と云っていい。

豪華で巨大な皇帝専用椅子に、堂々たる体躯を沈めてはいるが、そもそも自分でも嫌気がさすほどの小心者だ。失政が招いた悲惨な現状に、身も心も縮み上っている。

去年の秋、あんな指示を出さなければよかった、と後悔の念が湧く。いやいやいや、指示を出した訳じゃない。「コイツら全員を黙らせたいアル」と、うっかり本音を漏らしただけだ。

激化する香港の市民デモを目の当たりにすれば、この国の為政者なら誰でも同じ思いを抱くだろう。軽口を真に受けて、本当にバイオ攻撃を仕掛ける馬鹿がどこにいる。

香港人も殆どが漢民族だ。チベット人やウイグル人とは違って同胞だし、国際社会の監視もあるから、虫ケラ同然にぶち殺す訳にもいかない。しかし、だからと云って生物兵器はマズイだろ。

取り巻きの側近も、手下の役人も、頭のネジがぶっ飛んでいるのだ。皇帝たる俺様の顔色を伺い、ご機嫌を取ろうと平身低頭し、信じ難いほどデタラメなやっつけシゴトで指示に従うフリをする。

鉛筆を舐め舐め、経済成長率をでっち上げるくらいなら、まだいい。列車転覆事故が起きれば、車両と犠牲者を地中に埋めてしまうような、奇想天外な発想に陥るのがクズ役人どもだ。

そう云えば、「新型の香港風邪が流行れば、デモ隊などイチコロアルヨ」と耳元で囁いたのは誰だったか。自分が肯定も否定もせぬうちに、軍に電話を架けた側近がいるに違いない。

「マスク着用禁止令」を出すよう香港当局に命じたと、嬉しそうに報告してきた奴もいたな。武漢ウイルス研究所なら適当な病原体を作ることくらい朝飯前アル、と胸を張っていた気がする。

そのウイルスを香港に運ぶ前に、何故、武漢で感染が発生するのか?無能な研究者が杜撰な管理で病原体をバラ撒き、役人が事態を隠蔽するから大事になる。隠蔽はいかんと、キンペイは思うぞ。

今となっては手遅れだ。世界中の国々が中国人の入国阻止に動く。先進国で未だに門戸を閉ざそうとすらしないのは、危機意識の欠如した隣国ニッポンくらいなものだろう。

そうだ。春まで待たず、さっさと東京に行こう。俺様の訪日に反対する生意気な日本国民も多いらしいが、な〜に、あの国の野党とマスコミは既に掌握済みだ。世論操作など意のままだ。

と考え、立ち上がりかけたものの、強烈な目眩を覚えて椅子にドサリと倒れ込む。おかしい。力が入らない。足がふらつく。熱があるようだ。もしや、震えは高熱によるものだったか?


xi coronavirus.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 09:03| Comment(57) | 支那中共 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月07日

破った原稿、敗れた民主党

おぞましい光景をニュースで見た。数日前、米連邦議会でトランプ大統領が年初恒例の一般教書演説を終えた途端、ペロシ下院議長が、貰ったスピーチ原稿のコピーをビリビリと破り捨てたのだ。

大ベテランの民主党議員にして、女性初の米下院議長を務める強者だ。大統領の自画自賛に我慢ならぬとの気持ちは分からないじゃない。実際、演説を聴く彼女の表情は石のように固かった。

しかし、政界の重鎮が連邦議会の場で、これ程下卑た振る舞いをするものだろうか。自国の元首に対し敬意も払わず、礼節もわきまえず、己の不満を爆発させるペロシ氏の姿にショックを受けた。

連日、国会で野党連中のイチャモンに晒されるわが国の首相と、米国大統領は立場が違う。議会出席権を持たぬ身だからこそ、年のはじめにのみ、国政の総括と方針を全上下院議員に口頭で伝える。

所属政党が異なろうと、演説に賛同できなかろうと、議員として守るべき最低限のマナーやルールはある。大統領を招いた議会側代表者の一人として、議場で高い席に座る人物なら尚更だ。

ペロシ氏は、最左翼と評されるカリフォルニア州サンフランシスコ地区の選出議員ゆえ、リベラルな選挙民のウケを狙い、敢えてTV目線で乱暴なシーンを演じたか。

あるいは、ウクライナ疑惑に関連し、自らが主導した大統領に対する弾劾訴追決議が、上院で無罪評決となることが確実と分かり、ああでもしないと格好がつかなかったかw

ペロシ氏は若い頃、口達者な美人議員として人気者だった。現在、79歳にして尚、元気な部類ではあれ、無理に若造りした高齢女性が、ヒステリックに原稿を破る姿は本当に恐ろしい。


trump and pelosi.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 08:26| Comment(52) | アメリカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月02日

今こそ、英国と手を結ぼう!

新型コロナウイルスのパンデミックに関し、まだまだ云いたい事はあるけれど、毎回、同じテーマでエントリするのも脳がない。もうひとつのビッグニュースについて語ろう。

英国(連合王国)が1月末日、グリニッチ標準時の午後11時(欧州大陸時間午前零時)を以て、欧州連合(EU)から正式に離脱した。国民の多くがユニオンジャック旗を振り、快哉を叫んだ。

この事実が余程苦々しかったか、本邦マスゴミは英国の動きに対し批判的な立場を崩さないが、偏向報道の理由は先月「EU離脱はイケナイコトか?」に書いたので、ここでは触れない。

いずれにせよ、2016年夏の国民投票以来、EUによる陰湿な嫌がらせや国内反対派の執拗な抵抗で困難かに見えた離脱案だが、ジョンソン首相の指導力に国民の支持が集まり、遂に実現と相成った。

離脱の時を迎えて「真の国家の再生、変化の瞬間だ」と国民に訴え、「新しい時代の幕開け」を宣言したジョンソン氏の言葉に嘘はない。英国はEUから国家主権を取り戻したのだ。

独仏の意向に唯々諾々と従う理由は微塵もない。EU本部に集う官僚集団による勝手な差配はもう受けない。自国の進路や運命は自分たちが決める、と英国は決意した。

そもそも愛国心に溢れ、誇り高き英国の人々にとって、通貨や移民管理、防衛など国家が独自に判断すべき重大政策を、他国との寄り合いに丸投げするのは我慢出来ぬ暴挙だったに違いない。

欧州各国との連携で望ましいのは、あくまでも経済共同体であり、貿易ルールの簡素化や物流の促進だった。だからこそ、共通通貨ユーロへの参加は、断固として拒否の姿勢を貫いてきた。

EUの統合が進み、欧州連邦国家の色彩すら帯びてきた今、国家主権を守り抜く国家が離れていくのは当然だ。英国の様子を横目に、今後は、我も我もと離脱を求める国が続出するだろう。

その動きはEUの規模縮小や政策実効性の低下を招き、組織を形骸化させ、最終的に分裂や崩壊に導く。ロシア革命以降の東欧の共産化同様、欧州型トンデモ社会実験の大失敗となるだろう。


abe johnson Japan uk alliance.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 11:40| Comment(70) | 世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする