2019年11月27日

教皇様の対日マーケティング

来日したフランシスコ教皇の一挙手一投足が脚光を浴びた。広島長崎を巡って東京ドーム。信者が大挙してミサに集まり、熱烈歓迎を叫び、記念グッズを手にして感涙にむせぶ。

宗教界の超大物故、過熱報道も無理はないが、ダライ・ラマ14世の来日時は頑なに「報道しない自由」を発揮するマスゴミが、露骨に掌を返す姿が珍妙ではある。

無論、カトリックとチベット仏教では、世界の信者数が違う。前者の11億人越えに対し、後者は1千万人程度。広義のキリスト教徒と仏教徒を比べても、21億人と4億人だから随分開きがある。

但し、数の差が報道姿勢の決め手ではない。ローマ教皇の大報道は、反核パヨク運動にモッテコイの有難い説教を垂れてくれるからで、方やダライ・ラマ14世の無視は、中共への迎合に過ぎない。

ニュースは、教皇が被曝犠牲者を悼み、鎮魂の祈りを捧げる姿を繰り返し流す。ご祈祷は有難いが、「悲劇を二度と繰り返しません」と本気で決意するなら、わが国が核武装するしかない。

にもかかわらず、ひたすら「核なき世界」の到来を祈られても、われわれ一般人は困惑する。隣国の核ミサイルに怯えながら、念仏(?)平和主義如きで、心安らかには暮らせない。

宗教人が世界平和を祈り、人類愛を語るは慣れっこだから、文句をつける気など微塵もないが、わざわざ遠路遥々来日して「核廃絶」かよ?と違和感を覚える。

ソレがテーマなら敢えて被爆国ではなくて、むしろ核保有国をあまねく巡回し、しっかり説教すべきだろう。実際、そちらの国々にはキリスト教信者も数多い。

さて、核云々を別にして、何がローマ教皇の来日目的か?・・・ズバリ、布教だろう。宗教の指導者だもの、教えを広めて、信者を獲得することこそがオシゴトに決まっている。


popes's prayer.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 09:07| Comment(76) | 指定なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月23日

不正義が、みずほ銀行を潰すか?

「企業は社会の公器なり」は、松下電器(現パナソニック)の創業者、松下幸之助翁の名言だ。企業は世間様のモノゆえ、国家社会への貢献こそが使命だと説いた。

天下の資本と人材を集め、土地を占有して事業を営む以上、人々により豊かな暮らしをもたらして、適正な利潤を上げ、納税を通じて社会的責任を果たせ、との教えでもある。

全ての経営者が肝に銘ずべき言葉と思うが、例えば、ソフトバンクの創業者、孫正義氏なら馬耳東風と聞き流すだろう。企業を公器と思わなければ、耳に痛い筈の言葉も響かない。

会計上の黒字決算で、孫氏本人は多額の報酬や配当を受けながら、ソフトバンクグループ(SBG)は税務上の損失を重ね、赤字決算を続けて、ひたすら納税を避ける。

お粗末な携帯電話事業や博打打ち同様のベンチャー投資だけでもみっともないのに、企業の納税義務すら果たさないのだから、故松下翁が孫氏とSBGの姿を見たら、卒倒するに違いない。

そのSBGが先日、傘下のヤフージャパンと韓国ネイバー子会社 LINE の合併案を発表した。両社のユーザー数は合計1億数千万人に上るそうで、巨大寡占メディア誕生とマスゴミが囃し立てる。

孫氏が韓国政府から要請され、業績不振に喘ぐ LINE の救済に乗り出したとの噂もあるが、裏事情はどうでもいい。単純に、ああ、またアドバルーンをあげてるなと思う。

孫氏の提供する話題はいつも「世界最大」云々の大風呂敷だ。米通信スプリントや英半導体アームの買収も、期待値を目一杯膨らませ、数兆円もの投資に強気一点張りで臨んだ。

輝ける優良企業があっさり買収される筈はなく、ちょっと調べれば、かなりの訳アリと分かる。デカイ儲け話で兆単位の円を手中にする詐欺じゃないか?と疑いたくもなる。

従来から怪しげな投資話をネタに、社債発行と銀行借入で負債を拡大してきたのが、SBGの実態だ。LINEを傘下に収めるのも、巨額のカネ集め目的だっとして不思議はない。

海外ではS&Pやムーディーズによる信用格付けが低く、「ジャンク債」扱いのSBG社債も、国内では驚くなかれ、日本格付研究所が「A-」を与えているから、取り敢えず資金の調達は出来る。

もっとも、クーポン目当ての購入者を募る社債と違い、融資を依頼される銀行は困惑するだろう。運用先の少ない昨今でも、リスクは取り難い。メインバンクのみずほ銀行は、どう対応するのか。


son on line.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 07:55| Comment(59) | ソフトバンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月20日

安倍作品一挙公開!

万歳!万歳!目出度いじゃないか。本日を以て、安倍首相の通算在職日数が2886日に達した。明日には憲政史上最長と謳われた桂太郎翁の記録を抜き去り、単独トップに躍り出る。

06年9月に発足した第一次安倍政権は、体調不良により僅か1年で終わったものの、12年9月の総裁選に勝利した上、同年12月の衆院選で自民党を圧勝させ、首相として復活を遂げた。

その後のご活躍をここで詳しく述べる必要はないだろう。と云うより、外交、内政のひとつひとつを取り上げ解説していたら、百科事典並みのボリュームになってしまう。

巧みな外交で国際社会における日本の存在感を増し、アベノミクスで景気を回復・拡大させてくれただけじゃない。道半ばとは云え、官僚支配の社会主義的岩盤規制に風穴を開けてくれた。

発狂する「アベガーッ!」族のおぞましくも醜い姿を見るがいい。民主党政権の残滓が払拭しきれないわが国だが、反日勢力と戦い、政治を日本人の手に取り戻してくれたのは安倍首相だ。

現在の自民党総裁任期は21年9月末日まであり、満了予定時の首相在任期間は3567日。支持者として、そんな中途半端な数字で首相の座を降りられては堪らない。

安倍さんの次は安倍さんだ。背中から撃つ党内きっての卑怯者、石破サンや、言語明瞭意味不明のセクシー兄ちゃん、シンジロー君に舵取りを任せれば、日本丸は座礁する。

是非、安倍さんに総裁任期の再延長をお願いしたい。5000日、いや、10000日でも構わない。いっそ永久に首相在職期間を伸ばし続け、歴史に残る「安倍時代」を築いて頂こう。

さて、熱烈なる支持を日々綴り続ける当ブログゆえ、安倍首相への感謝や賛美を題材に数多く作画してきた。本日は「首相在職日数最長到達記念」と称して、その幾つかをご覧にいれる。


abe cutlet curry.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 10:44| Comment(30) | 自由民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月16日

ムクゲを見る会?

「紅葉」の秋を迎えて、まさか「桜」の話題とは想像もしなかった。四季の境目が曖昧になり、季節感の乏しい現代社会とは云え、え?今頃、桜かよ?と、違和感を抱く。

しかも、突如浮上した「桜を見る会」は、反日野党勢力が安倍政権を揺さぶるイチャモン攻撃のネタに過ぎぬと知って驚く。モリカケの次は、桜かよ。コイツら、正気か?と呆れる。

春になれば、皆で集い桜を愛でるのは、わが国の伝統文化だ。各界の功労者や著名人、スポーツ選手、各国大使館の外交官らを首相主催の鑑賞会に招き、一体、何が問題なのか?

税金の使途として疑問視する声も聞くが、多少の経費がかかるのは致し方ない。「長屋の花見」じゃあるまいし、VIPを引き連れ、お茶と沢庵を振舞うだけで済む訳がない。

あろうことか、野党側はこんな馬鹿話について、予算委員会における集中審議を要求したと云う。おいおい、国会を何と心得る。国民を愚弄するのもいい加減にしろ!

議論すべき重要テーマが山積みの臨時国会だ。憲法改正協議は野党側の抵抗によってままならずとも、北朝鮮関連の防衛施策や、高齢者への社会保障問題など、与野党の丁々発止が予想された。

政府が合意に漕ぎ着けた日米貿易協定が、然したる紛糾もなく国会承認に至るのは結構だが、多方面に利害関係者がいるだけに、国会質疑でひと揉めしそうな案件ではあった。

ところが、そんなモノァ眼中にもねえや、と言わんばかりに、ひたすら「アベガーッ!」と叫ぶ野党議員どもの姿に、多くの日本国民は脱力感と目眩を覚えたのではないか。

反日野党はごく少数派の代弁者でしかない事実は、政党支持率や得票数で明白だが、血税を得て議員を務める以上は、それなりにきちんと国会の場で政策論争に挑むべきなのだ。

偏った思想と生半可な知識だけでは、与党側にあっさり論破されるのがオチでも、議論自体に意義がある。能力の欠如で、経済・外交・国防など難しい政策が語れぬなら、議員など辞職せよ!


abe sakurawomirukai.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 10:33| Comment(66) | 民主党 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月11日

ソフトバンクグループのお父さん(倒産)

ソフトバンクグループ(SBG)の総帥、孫正義会長兼社長が自ら語る輝かしい成功物語とは裏腹に、世間から一流の経済人として認められないのは致し方ないだろう。

英 Vodafone 日本法人を買収し、携帯電話事業を拡大させたものの、成功要因は当初、米アップル社のiPhoneを独占的に扱えたことだけで、然したる付加価値を生んだ訳ではない。

iPhoneがKDDIやNTTDocomoなど他社にも解放され、独占が崩れた途端にビジネスは先細りとなったのは、ソフトバンクがキャリアとして必要な設備投資も行わず、回線障害が多発したためだ。

SBGは傘下にソフトバンク、ヤフージャパンを有し、後者を通じ先頃、ZOZO 社株の過半数を取得した。他には6年前、米電話会社スプリントも買収しているが、いずれも業績はパッとしない。

近年注目を集めるのは、SBGが一昨年に設立した投資会社ソフトバンクヴィジョンファンドで、10兆円規模(SBG3兆円、外部投資者7兆円)の資金運用成績が問われることになった。

投資の成果は長期的視野で判断すべきだが、SBGは本年度第二四半期(7〜9月)で「投資評価損」による ▲7000億円の最終損失を計上したのだから、胸が張れる成績ではない。

直近の決算会見では、孫氏本人が米シェアオフィス「ウィーワーク」に対する投資判断がまずかったと認めつつ、「(業績は)ボロボロです。真っ赤っかの大赤字」と自嘲気味に語る有様だ。

SBGをIT分野の牽引車的投資マシンと称えていたメディアが、手のひらを返し、孫正義の名を「『損』正義」に変えたほうがよいと揶揄するあたりが、事態の深刻さを示す。

赤字決算を節税対策の一環と見る向きもあるようだが、現在の同社にそんな余裕はない。「孫氏、強気の姿勢崩さず」と伝えられるが、実際は忍び寄る「倒産」の影に怯えているのではないか。


son goes bankrupt.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 12:56| Comment(51) | ソフトバンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月07日

米国のパリ協定離脱を称えよ!

4日、米政府が「パリ協定」離脱を国連に通告した。所定のプロセスを経て、1年後に正式決定となる仕組みゆえ、離脱実現は2020年11月4日。奇しくも、大統領選投票日の翌日に当たる。

前回立候補時の公約を堂々と実現するトランプ氏の指導力が、次期選挙戦に好影響を与えぬ筈がない。多くの米国民は来年の今頃、大統領再選と協定離脱で祝杯を挙げるだろう。

2015年にパリ協定参加を決めたのは前民主党政権だ。重要な外交・内政政策でありながら、上院の批准すら受けぬまま進めたのは、国内の反対を恐れたオバマ大統領の暴走だった。

権威に従順で、場の空気に流され易い日本人と、米国人は性格が違う。一部の科学者や研究機関が然したる根拠や証拠もないまま、独善的に主張する温暖化説を、ハナから懐疑的に見ていた。

10年前に起きたクライメートゲート事件で、気温上昇を裏付けるために改竄したデータや、口裏を合わせる科学者間のメールが暴露され、以降、学説の信用度は地に落ちた。

ホッケースティック曲線(産業革命以降の急激な気温上昇を示すグラフ)を発表して学界の権威と化したマン教授はじめ温暖化主張派が、自由闊達な議論を排除した、とまで云われ始める。

反駁する統計データを示し温暖化を否定する学者が、続々と訴訟や恫喝の対象になったり、講演や出版の差し止めなどに被害に合い、職まで失ってきたのは事実らしい。

もっとも、データ捏造や言論封殺に関係なくとも、誰もがヘンだな?と感じる話だ。過去30年の実績に照らせば、温暖化派学者の主張とは裏腹に、世界の平均気温は然程上昇していない。

南極の氷は溶けないし、北極も無事だ。白熊は絶滅せず、頭数が増えている。米東海岸の北部など、毎冬の豪雪で死者が出る。アル・ゴアの野郎、嘘ばかりつきやがって、が庶民の偽らざる本音だ。


trump quits paris climate accord.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 11:58| Comment(40) | 温暖化詐欺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月04日

首里城再建よりも辺野古移転が先だ!

数日前のTVニュースで、首里城がめらめらと焼け落ちる姿に仰天した。眼前に広がる悲惨極まる光景に唖然とした。何よりも驚いたのは、彼の地に城が存在したことだ。

妻子を連れて沖縄に旅行したのは、かれこれ40年近く前ゆえ、記憶は曖昧だが、首里城跡を訪れ、写真を幾枚も撮ったのは確かだ。当時は戦後に再建された守礼門だけがあった。

聞くところ、首里城はごく近年、平成時代に建設されたと云う。2000年に世界遺産として登録されたのは、石垣や石段、石門などかっての城郭を構成する地下の遺構群だ。

巨額の建設費と30年に及ぶ月日をかけた建築物の焼失は残念だが、冷静に捉えれば、城自体は文化財でも何でもない。ディズニーランドのシンデレラ城同様、アトラクション用の施設だ。

日本国民が心から嘆くべき損失は、400点以上にも及ぶ絵画や漆器など、真に歴史的な文化遺産だ。琉球王国から沖縄県に伝えられたわが国の宝が、無残にも灰塵に帰したことが悔やまれる。

失った史料は永遠に戻らないが、これだけ深刻な被害が発生した以上、事故であれ放火であれ、管理・防災体制に不備がなかったか、原因を究明し、関係者の責任を追求せなばならない。

事の重大さを、沖縄流の「なんくるないさ〜」で誤魔化されて堪るか。首里城公園を管理する「沖縄美ら島財団」が早速、謝罪会見を行ったが、「ごめんなさい」で済むような話ではない。

にもかかわらず、火災の翌日、玉城デニー知事が首里城再建に関して国の支援を求めたのは、どう云う魂胆か。県側の管理監督責任を認めようともせず、「カネ寄越せ」とは余りにも図々しい。

しかも、日頃から政府の国防方針に反して、辺野古移転を邪魔立てする男が、大火事に見舞われた途端、態度を豹変させ、首相や官房長官に平身低頭する姿が酷く卑しい。

政府に頼み事をするつもりなら、先ずは知事自らが陣頭に立ち、辺野古に集まるパヨク市民運動家どもを蹴散らして、基地建設を円滑且つ迅速に進めるべく全力を尽くすのが筋ではないか。


fuun denny jo.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 09:31| Comment(42) | 国防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする