2019年08月30日

朝日毎日社会党、キムチ色した高野連

怒髪天を突くとは、コレか。数日前、U-18杯大会で渡韓する日本代表チームが、日の丸を外した無地のポロシャツを着用すると聞き、ドラゴンボールの孫悟空みたいに髪の毛が逆立った。

日本高野連の事務局長なる男は、高校球児の安全を考慮したと説明し、日韓関係悪化の中、「韓国人を刺激したくない」とフザケた台詞を吐く。怒りで身体中の血が逆流し、目の前が暗くなる。

冗談じゃないぞ、馬鹿野郎!敵国の国民感情に配慮して、自国民のプライドを踏みにじるとは、何たる暴挙だ。胸の国旗を外せば、国を代表する資格はない。この単純な理屈も分からないのか。

そもそも、大事な選手の身に危険が及ぶと判断したなら、なぜ、即座に参加を辞退しなかったか。反日で盛り上がる韓国の異常さを目の当たりにすれば、ドタキャンしたところで誰も驚かない。

つまる所、彼らは危険を察知しながら、平然と若者たちを敵地に送り込み、国旗を排除して、わが国の栄誉と威信を著しく傷つけたのだ。高野連なる組織は、国賊以外の何者でもない。

もっとも、さすがに世間が猛反発したため、関係者もこりゃマズイと慌てたか、翌日になって、テレ朝ニュースが「球児たちは『日の丸』を背負って戦います」と報じた。

記事を読むと、「今後は試合外で着用するポロシャツは、日の丸が入ったものを使用する他、試合では従来通り、日の丸のユニフォームでプレーします」とある。・・・うん?何だ、そりゃ?

わざわざ「日の丸のユニフォームでプレイ」と断るところを見ると、もしや、このクズどもめ、当初は選手たちに無地のユニフォームを着せるつもりだったのか?

昨秋、旭日旗の掲揚自粛を韓国から執拗に求められ、日本政府が軍艦派遣を見送った経緯を思い出すがいい。相手にどんな事情があれ、国を代表する者が「無国籍」を装うなど、絶対にあり得ない。

国際大会の舞台に登場する以上は、コレぞニッポン、と一目で分かる衣装を身にまとうのが当然。例えば、代表チームのユニフォームはこんなデザインで如何だろう。


japanese baseball uniform 2.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 09:30| Comment(77) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする