2019年08月06日

韓流反日宣伝がゲージツか?

「芸術とは何か?」との質問に答えるのは、結構難しい。絵や彫刻、小説、音楽や映画・演劇、ファッションなど、いろんなモノが頭に浮かぶけど、要領よく、さっと一言に纏まらない。

ネット検索したら「表現者あるいは表現物と、鑑賞者が相互に作用し合うことなどで、精神的・感覚的な変動を得ようとする活動」とある。ああ、なるほどね。さすがはお手軽辞書のWikipediaだ。

でも、表現や表現物が芸術だとするなら、何でも範疇に入りそうだ。これもアート、あれもアート、森羅万象が芸術です、と言い切れないコトもない。早い話が、何でもアリか。

ゆえに、芸術祭なら何をやっても許されると、「あいちトリエンナーレ」の主催者は考えたのだろう。「表現の不自由展・その後」が物議を醸すなら、「ゲージツです」で押し切れと。

ふざけちゃいけない。元々は在韓米軍に轢き殺された少女を模したらしいが、コレを慰安婦(戦地娼婦)像に仕立てて展示するかと思えば、昭和天皇の御真影写真を燃やして踏み潰す。

安倍首相の人形を作って、その口にハイヒールを突っ込む。展示会場には、なぜか朝鮮民謡を流す。こうなりゃ、韓流反日運動の直輸入だ。こちらはあまりの不快さに吐き気を催す。

勿論、外国の運動を真似て、あえてわが国で披露したがる連中もいるし、ソレを見て喜ぶヘソ曲がりも、少数ながらいるのだろう。しかし、あくまでも私的にこっそりやればいい。

愛知県と名古屋市と文化庁から、10億円にも上る巨額の公的助成金を得て実行すべき催しでは、絶対にない。侮辱を受けた上、税金を掠め取られる日本国民が、激怒するのは当然だ。

狂った企画を立てた芸術監督(?)は、津田大介なる人物と聞くが、正直なところ、どこの誰か知らない。ネットでは金髪ブタ野郎呼ばわりされているが、うん、まあ、見掛けはそうかなw

承認したのは大村知事。このヒト、中止決定に追い込まれたのが余程悔しかったのか、己の不始末を謝罪するでもなく、「河村市長の展覧会批判は憲法違反だ」と筋違いに怒る。

ガソリン放火を匂わせる物騒な脅しのファックスを受けたと、揃って深刻な表情を見せるが、ソレだけで被害者面に徹するあたりは、よほど神経構造があちら風なのか。

ふたりが「あいちトリエンナーレ」向け助成金の着服を狙ったとは考え難いが、反日組織に活動資金を提供する目的だった可能性は否定出来ない。国は徹底的に捜査を進めるべきだろう。


ohmura and blond pig.jpg

続きを読む
posted by yohkan at 09:09| Comment(68) | 韓国・北朝鮮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする